告白する時に緊張してしまう原因とは? 対処法やおすすめの言葉を紹介

告白するとき緊張してしまう方は多くいます。その中には、緊張してうまく言葉が出ないせいで告白を止めてしまった方や、緊張しなければいいのにと思っている方もいるでしょう。この記事は、告白するときに緊張してしまう原因と、対処法について紹介しています。

(目次)

緊張しているからといってメールでの告白はNG?

緊張しているからといってメールでの告白はNG?

緊張している場合は、メールで告白しても問題はないといえます。メールやLINEを使った告白は、直接会って告白するときと比べ成功率があまり変わらない傾向にあります。

しかし、メールでの告白は軽くみられてしまい本気度が伝わりにくい、といった問題があります。メールで告白することは問題ありませんが、緊張するからといってメールを使って告白するよりも、できれば直接会って告白すると相手に気持ちが伝わりやすいといえるでしょう。

告白するときに緊張してしまう原因7つ

告白するときに緊張してしまう原因7つ

告白するなら成功させたいと思っている方は多いでしょう。しかし、告白するときに緊張してしまったらどうしようと考えてもいる方もいるのではないでしょうか。

こちらでは、告白するときに緊張してしまう主な原因を紹介しています。

1:初めての告白で不安を感じている

初めての告白で不安を感じているときに、緊張してしまう方は多いでしょう。

初めて告白するとき、体験したことがないことを経験するとき、人は不安になります。そのため、初めての告白が成功するか、失敗するかわからないという理由から、告白するときに人は緊張するのでしょう。

2:泣いてしまうかもしれないという不安

告白中に泣いてしまうかもしれないという不安から、緊張することがあります。告白中、急に切ない気持ちになり、泣きたくなってしまうこともあるでしょう。

好きな人の前で感情のコントロールが効かなくなってしまい「泣きたくないのに、泣いてしまったらどうしよう」と思うと、告白するときに緊張してしまいます。

3:ネガティブ思考になっている

告白するときネガティブ思考になっている場合も、緊張してしまいます。ネガティブ思考になる理由は「告白しても失敗するのではないか」ということで、頭がいっぱいになるためです。

4:好きな人の前だから

告白しなくても、好きな人の前というのは緊張するのが当たり前といえます。一般的に好きな人の前では、どんなときでも緊張してしまうでしょう。

見ているだけでも緊張してしまう好きな人に、これから告白しようと思っているのですから、緊張してもおかしくはないでしょう。

5:滑舌の悪さなどが気になってしまう

好きな人の前で上手く話せないのではないかと思うと、緊張する原因になります。たとえば、普段から「滑舌が悪い」「声が小さい」と言われている場合などは、上手に話せるか気になるでしょう。

普段から聞き返されることが多い方の場合は、告白するときも滑舌の悪さや声の大きさが気になってしまうため、告白するときに緊張してしまいます。

6:振られた後の関係などを気にしている

告白するときに振られた後のことを考えていると、緊張する原因になります。「振られても今までと同じような関係でいられるかどうか」といった告白後のことを気にする方も多いでしょう。

告白後の関係を考えて絶対に失敗したくないと思うほど、告白するときに緊張してしまいます。

7:まだきちんと関係性を築けていない

告白するときに緊張してしまうのは、相手との関係性をきちんと築けていないからでしょう。

告白の成功率には、相手との関係性が関わってきます。お互いに挨拶する程度では親密とはいえませんし、相手は自分のことを知らない状態であれば、全くの他人といっても過言ではない関係性です。

告白するには、せめて世間話ができる程度は仲良くなっていることをおすすめします。ある程度お互いのことを知っている関係性であれば、告白のときでもそれほど緊張しないでしょう。

告白のときに緊張し過ぎないための対処法16選

告白のときに緊張し過ぎないための対処法16選

告白するときは誰でも緊張するものです。では、告白するとき緊張し過ぎないようにするには、どうしたら良いのでしょうか。ここでは、告白のときに緊張し過ぎないための対処法についてご紹介します。ご興味がある方は、参考にしてください。

1:自分に自信をつけて告白に臨む

告白するとき緊張しないために、自分に自信をつけてから告白に臨むという方法があります。

自分に自信をつけるには、自分磨きがおすすめです。自分磨きは、外見だけでなく内面も磨きましょう。スキルアップしていく自分を感じることができれば、自分に自信がつくでしょう。

自分に自信がついたところで告白すれば、好きな人の前でも緊張することなく堂々とした態度が自然に取れるため、緊張しなくて済みます。

2:相手について探ってから告白する

告白する前に、相手について探っておくといった方法もあります。たとえば、好きな人はどういうタイプが好きなのか、気になる異性はいるのか、ということを探っておくのです。

告白前に好きな相手を探ってみて「告白しても成功する確率は低そうだ」と感じた場合、告白の中止を検討するのも1つの方法になります。

3:最初は世間話などから入る

告白するときにいきなり告白するのではなく、緊張を和らげるため、世間話から入る方法もあります。いつものように世間話を始めて、相手と自分の緊張をほぐしていくのです。

そして、お互いがリラックスしてきたと思ったときに告白すれば、お互いが緊張している状態での告白とはならないでしょう。

4:相手に緊張している事を伝えて自分を落ち着かせる

緊張していることを隠そうとすると、余計に緊張してしまいます。そこで、自分の緊張をほぐすためにも、相手に緊張している事を素直に伝えてみましょう。

緊張していることを素直に伝えておけば、緊張した顔や緊張し過ぎて無表情となっている表情を見て、相手から怖がられるという事態も回避できます。

また、素直に自分の状態を伝えることは、相手から「緊張するほど自分のことが好きなのか」と好印象を持ってもられる可能性もあります。

5:お酒の席で告白する

お酒の力を借りて告白する方法も、緊張しないようにする1つの対処法といえます。リラックスしている状態になっていくのが、お酒の席です。

お酒を飲んでいるときは時間が進むにつれて、自分も相手もリラックスした状態になっていくでしょう。そのため、お互いにお酒が進んでいるときこそ緊張せず告白できる、良いタイミングです。

6:深呼吸や体を軽く動かして緊張をほぐす

告白する前に深呼吸をしたり、軽く体を動かしたりして、緊張をほぐしてみましょう。深呼吸することで、リラックス効果が期待できます。また、手足をぶらぶら振るといった簡単な軽いストレッチも、緊張をほぐすのにはおすすめです。

深呼吸も軽い運動も緊張をほぐすのに王道な方法ですが、自分をリラックスさせるには効果的な方法になります。

7:相手に伝えたい事をまとめておく

告白するときに、相手へ伝えたいと思っていることをまとめておきましょう。いざ「告白だ」と思うと緊張してしまい、何を伝えて良いかわからなくなってしまうことが考えられるからです。

何を伝えたら良いかわからなくなってしまったときのために、ある程度自分の伝えたいことをまとめておいてください。伝えたいことをまとめておけば、頭が真っ白になってしまっても、多少ぐちゃぐちゃな内容ながらも、何が言いたいかは相手に伝わるでしょう。

8:当たって砕けろ精神で構える

最初から結果に期待せず、当たって砕けろの精神でいきましょう。緊張するのは、よくない結果を恐れているからです。よって、告白するときは緊張しないよう「告白して成功すればラッキーだな」という軽い気持ちで挑戦してみてください。

9:アロマオイルやバッチフラワーレメディでリラックスする

告白の緊張を和らげるために、アロマオイルやバッチフラワーレメディを使用してリラックスしてみましょう。アロマオイルは、匂いを嗅ぐとリラックス効果が期待できます。

バッチフラワーレメディなら2、3滴口の中に垂らしてみてください。どちらも使用すると緊張をほぐして、バランスの良い状態に整えてくれるでしょう。

10:甘いものやハーブティー等を飲む・食べる

告白前に、甘いものやハーブティーなど、リラックス効果が期待できる食べものや飲みものを口にしてみてください。

多くの方が、疲れているときにリラックス効果を期待して、甘いものを口にします。同様に、告白の緊張をほぐすため、口に入れるとホッとできる食べ物を利用してみましょう。

11:ガムを噛んで口を動かす

ガムを噛んで口を動かすことも、緊張をほぐす効果が期待できます。物を噛み、口の中を動かすことで、不安を和らげられるからです。

また、告白前にガムを噛むと不安を和らげるだけでなく、口臭対策もできます。

12:告白の練習をしてみる

告白の緊張を和らげるために、告白を練習してみましょう。練習相手は友達でかまいませんが、人を相手に練習することが恥ずかしいときは、ぬいぐるみなどを相手に、告白の本番前に練習してみます。

告白の練習では実際に相手に伝えたい言葉や、告白したときの相手の様子などを想像しながら練習してみましょう。こうして告白を練習しておけば、いざ告白の本番となったときに、言葉がスムーズに出てくるようになります。

13:自身に言い聞かせる

緊張しないように、声に出して自分に言い聞かせるのも、告白時の緊張をほぐす効果が期待できます。自分に言い聞かせるときは大きな声を出す必要はなく、小さな声で「がんばれ自分、がんばれ」と言い聞かせるのです。

告白するときに緊張しないよう、人に怪しまれない程度に、自分に励みとなる言葉をつぶやいてみましょう。

14:告白する事だけに意識を持っていく

告白するときは、告白する事だけに意識を持っていくと緊張が和らぎます。告白するとき緊張するのは、振られたときのことや「上手く気持ちを伝えられないかもしれない」といった、告白以外のことを考えているからです。

緊張しないためにも、告白する以外の余計なことは考えずに、自分の気持ちを言い切ることのみに集中してみてください。

15:好きな曲を聴いてリラックスする

告白するとき緊張しそうなら、好きな曲を聞いてリラックスしてみましょう。このときに聞く曲は、ラブソングでもクラッシック音楽でも、自分がしっくりする曲を選んでみてください。

告白の緊張をとるのにどの曲が良いという決まりはないので、貴方にとって心が落ち着く曲であれば何でも大丈夫です。

16:視線を相手の眉間・鼻辺りに合わせる

告白するときの視線を相手の眉間か鼻辺りに合わせると、緊張しにくくなります。告白するとき本気であることを伝えようとして、まっすぐに相手の目を見てしまうと、余計に緊張してしまうでしょう。

まっすぐに相手の目を見て告白したい気持ちはわかりますが、緊張してしまっては上手く告白できなくなってしまいます。そんなときは、視線を相手の眉間か鼻辺りに目線を合わせると、緊張しにくくなるでしょう。

この方法なら視線を相手の目から反らしても、相手に悟られることがないため、いかに自分が本気であるかという気持ちを伝えることも可能にします。

直接ではなくLINEでの告白について3つ

直接ではなくLINEでの告白について3つ

直接告白するとどうしても緊張してしまうという方は、LINEを使って告白することも検討するでしょう。LINEでの告白も問題はありませんが、LINEでの告白は文字でのやり取りとなるため、お互いの顔を見ながらのやり取りとは違った、注意をしなければならないことがあります。

そんなLINEでの告白について意識した方が良いことを3つ紹介しますので、LINEを使った告白を考えている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

1:相手の意識をこちら側に寄せる

LINEで告白するときはいきなり本題に入るのではなく、本題に入る前に相手の意識をこちら側に寄せる一言を送ってください。

相手をこちら側に寄せる一言は「こんばんは」といった挨拶ではなく「大事な話をしたいんだけど」や「ちょっと真剣に話を聞いてもらってもいい?」といった、告白の前置きとなるような文章にします。

そうした前置きの文章に、相手から「どうしたの?」といった、こちらを気にするような返信が送られてきたときに告白しましょう。

2:送る時間帯は仕事終わりの夜にする

LINEで告白する場合、告白の文章を送る時間帯は、仕事終わりの夜がおすすめです。なぜこの時間帯が告白におすすめなのかというと、相手も昼の時間帯は、仕事や学校など何らかの用事がある場合があるからです。

また、この時間帯は1日の中でも仕事を終え、リラックスしている時間帯でもあるので、効果的といえるでしょう。

昼間の忙しい時間帯にLINEを送ってしまうと、相手がそれどころではない場合、返信してもらえませんし、うっとうしく思われてしまうことも考えられます。しかし、1日が終わる夜の時間帯であれば、こちらからのLINEを受けとめて返信してくれるでしょう。

3:お互いの気持ちが落ち着いているときにする

LINEで告白するときは、お互いに気持ちが落ち着いているときにしましょう。お互いの気持ちが高ぶっているときや、イライラしているときにLINEで告白してしまうと、LINEの文面が荒れてしまいます。

LINEでの告白はお互いの顔が見えないため、送られてきた文章を相手がどのような気持ちで打ったのかがわかりません。

そのため、相手は何気ない文章のつもりで送った文面に、感情的になってしまったり、こちらの意思が上手く伝わらずに誤解させてしまったりすることも考えられます。

また、文章というのは、文面にその時の感情が表れやすい傾向にあるというのも気をつけなければならないことでしょう。LINEでの告白は、お互いに誤解を招かないようにするためにも、お互いが落ち着いているときが良いタイミングです。

告白するときにおすすめの言葉3選

告白するときにおすすめの言葉3選

告白するときに選ぶ言葉は、相手に気持ちが伝わりやすいよう、なるべくシンプルでストレートな言葉がおすすめです。こちらでは、告白するときにおすすめな言葉を3つ紹介しています。告白するとき、どのような言葉を使おうか迷っている場合は、ぜひ参考にしてください。

1:好きです!付き合ってください

告白の言葉は、シンプルな方が相手に伝わりやすいです。そのため、告白するときは「好きです!付き合ってください」とストレートに伝えてみてください。

告白するときは緊張しているので、あれこれと難しい言葉を選ぶと出てこないことも考えられます。しかし、短いからといって「付き合ってよ!」など、相手を威嚇するような強い口調になりそうな言葉は控えた方が良いでしょう。

「好きです」というシンプルな言葉と、丁寧口調となる「付き合ってください」という言葉を組み合わせた「好きです!付き合ってください」という言葉は、シンプルでありながら印象の良い言葉といえます。

2:お友達以上の関係になりたいです

「お友達以上の関係になりたいです」も、告白のときにおすすめしたい言葉です。今までは親しい友人といった関係だった場合、これからは恋人としてより深い関係になりたいという気持ちが、シンプルに表れている言葉であるからです。

また、この言葉を言われた相手も、友達以上の関係になるという覚悟が決まる言葉でもあります。

3:私ではダメですか?

「私ではダメですか?」という言葉も、告白するときにおすすめです。言われた方は、思わずドキッとしてしまう言葉でしょう。

この言葉は、告白する人間が自己主張しているかのような印象をもたれる言葉ではありますが、謙虚で控えめながら、かわいい印象を与える言葉なので、言われた相手も悪い気持ちはしないでしょう。

告白するときの緊張を和らげて成功させよう!

告白するときの緊張を和らげて成功させよう!

告白するときはどうしても緊張してしまうものです。それは自然なことであるため、自分なりに緊張する原因と対処法を身につけておく必要があります。

原因と対処法を学んでおくことで、告白時の緊張を少しでも和らげ、告白を成功に導きましょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む