Powered by mavhicon japan
menu
seach

男女は脳が違う?男脳を攻略せよ!男のDNAから読み解く「男」という生き物とは

男女は脳が違う?男脳を攻略せよ!男のDNAから読み解く「男」という生き物とは

好きな人 心理 恋愛 胸キュン

「男って分からない……」とため息を吐いたことはありませんか?男性の脳は私たち女の子とはベツモノ。だからこそ、お互いに歩み寄りが必要。

どんな風に男脳は出来ているのか、男のDNAはどうなっているのか、そしてどうすれば大好きな彼のキュンツボを押せるのか!?
じっくり検証していきましょう。
 

マズローの欲求5段階説を理解すべし

「何それ?」という声が聞こえて来そうですが、簡単です。人はどんな欲求を満たすと、次のステージへ進んでいけるかというピラミッドです。ちょっと解説しましょう。

1:自己実現欲求(自分が生きた証を社会に、歴史に残したい)
2:尊厳欲求(他者から尊敬されたい、他社に認められたい)
3:社会的欲求(仲間が欲しい、社会に属したい)
4:安全欲求(危険から身を守りたい、寒さや雨から逃れたい)
5:生理的欲求(食べたい、寝たいなど生きるための欲求)
参考元:マズローの欲求5段階説


こんなピラミッドになります。
これはどの男性も意識していることで、あなたが今好きな彼はどの段階にいるか、よく観察してみましょう。社会で働いている彼なら、だいたい3~4のあたりを行ったり来たりしているのではないでしょうか。

男性という生き物は、自分が社会で認められることを毎日の目標にしており、そしてそれが叶った50代くらいになると、1の自己実現欲求が芽生えてきて、会社の取締役に落ち着いたり、自分で会社を起こしたりするんです。

20代~30代くらいの男性であれば2の尊厳欲求に憧れがあると見て間違いありません。
と言うことは……?
 

嘘じゃなく、「すごい」と思える所を見つけてあげよう

答えは彼の「人として尊敬できる部分」を見つけてあげて、それを恥ずかしがらずに言葉にして伝えてあげましょう。

男性は「尊敬する」と言われると舞い上がる生き物です。どんな人にも必ずいくつかは素敵な部分があるはず。

それを見つけられないのは、女の子の方に落ち度があると思うべし。
じっくり彼という人を考えてみて、ここ素敵だな、こういうところ尊敬するな、という部分をめちゃくちゃ褒めて褒めて褒めまくる!

そうすることで実はあなたが彼をコントロール出来るんですね。男性って自分を褒めたり尊敬したりしてくれる人から離れません。

要所要所で、「あなたってホントすごい。尊敬する。本当だよ。」と真面目に言ってあげて下さい。

それだけで彼はどんどん頑張る男になるし、あなたも愛され大事にされるんです!
 

ちょっと振り返る、男性の歴史

男女は脳が違う?男脳を攻略せよ!男のDNAから読み解く「男」という生き物とは

ご想像通り、男性の歴史は闘いの繰り返しです。人類が生れて400万年。私たちのご先祖さまはずっと闘っていたのですね。
古代まだ人類が未熟だったころから男性は隣にいる男性より勝ろうと努力を重ねていたのです。

一夫多妻制の頃は自分がどれだけ繁殖能力があるか誇示するためにたくさん子どもを産ませ、狩りやら争そいごとやらで男性は常に自己顕示をしなければなりませんでした。

そんな男のDNAが今の男性にも残っています。
まず繁殖能力誇示。これは今では浮気と呼ばれてしまいます。

でも、男性にとってはDNAに組み込まれた先祖からの歴史ゆえなのですから、あまり強く責めても意味がありません。
結婚もしていないのにもう浮気!?となるまえに、何が出来るでしょうか?
 

浮気されない女の条件

一言で言うと、いつまでも「すべてを与えない女の子」でいることです。
これは結婚してからもそうです。自分を捧げ、あなたに尽くしますという古風な女の子はすぐに浮気されます。

それよりも、「自由奔放、私は私、あなたはあなたで!」という面を持ちながら、「嘘を吐かない信頼できる頭のいい女の子」は恋愛で勝ち続けます。

100%浮気されない女の子はいませんが、浮気する暇もないくらい彼を楽しませて夢中にさせる女の子でいればいいのです。

それはあなたが思うほど難しいことではありません。ただ、小さな嘘も言わない努力をして、恋愛一本で他に楽しみがないような、男性がいないと生きて行けないような弱さを捨てること。

そして、セックスでは自分ばっかり気持ちいい思いをしていないで、彼にもどんどん尽くすこと。お互いに気持ちいい時間を過ごす努力ですね。

男という生き物は外で闘っています。会社で闘っているんです。私たち女の子の比ではないほどに。そんな彼らを癒せる母性と色気、この辺が浮気防止のキーと言えます。
 

男性社会で活躍するあなたが乗り越えなければならない壁って?

男女は脳が違う?男脳を攻略せよ!男のDNAから読み解く「男」という生き物とは

男性社会で活躍していると、色んな悩み、苦しみを抱えてもがくようになるのが女の子です。

男性と同じように仕事をこなさなければ上司とトラブルになるし、部下もたくさんミスをしてくれる。生理でお腹が痛くても、彼とケンカして鬱な気分でも、仕事は仕事。

まず、男性上司は本能的に女の子が社会進出するのを好ましいと感じていないんです。

それは先ほどから出てきている男のDNA。女は子を産む道具であった時代が長くあります。そんな時代があったせいで、男性の脳には「女は家庭」と刷り込まれているのです。

つまり、男性が出世するよりも女性が出世する方が何倍も難しい社会なんですね。そんな社会であなたが乗り越えなければならない壁とは何でしょう。

それは「女を感じさせない仕事ぶり」と「結果」ではないでしょうか。

仕事中男性は「闘って」いますから、そんな時に「オンナ」を感じさせる存在は邪魔なんです。仕事で何かあって「泣く」なんて、絶対にやってはいけないこと。

何があっても「男性がやらないこと」をやってはいけません。

そして、「結果」をしっかり出し続けることです。これってすごく厳しいけど、男性は当たり前のようにそれを要求されています。

男性と肩を並べて仕事をする以上、家に仕事を持ち帰ったり、仕事でデートがキャンセルになったりなど当たり前と思うことです。

要は、どれだけ本気で仕事に打ち込むか。本気でやっていないから、オンナはダメだと叩かれるわけです。男性並みに結果を出して、数字を上げていけば誰も文句は言いません。
 

男性がキュンしてくれるポイントについて

男女は脳が違う?男脳を攻略せよ!男のDNAから読み解く「男」という生き物とは

次に、男心について探っていきましょう。
男性はけっこう古風です。昭和じゃない!?って思うようなシチュエーションにキュンキュンしてみたり、女の子の意外な面にキュンキュンしていたりするようです。

ここではまず実用的なキュン死ポイントを挙げていきたいと思います!

・LINEで一言「ばか」
これは拗ねている時に使えます。構ってもらえなかったり、既読スルーされている時など彼にイライラしちゃったあなたの不満をぶつける方法です。下手にくどくどと文章を書き連ねてLINEするより、一言「ばか」でいいんです。
この「ばか」は非常に男性ウケがよろしく、「……かわいい!」とキュンキュンくるようです。
そして、彼から連絡が来たら「あー?」なんて声は出さずに、「もしもし?もー!つまんなかったー!」と可愛い声でちょっとだけ文句を言います。それ以上は言わないこと。さじ加減、大事です。

・笑いを取りに敢えて行く
例えば、髪を黒く染めたとき。「どうかな?黒過ぎる?ヅラっぽいかな?」と真顔で相談を持ち掛けるなど、髪を染めた自分に対しての意見など求めず、それを話題に笑いを取りたいくらいのサービス精神が大人の女性には必須です。
他にも、「これで笑わせられるかな」という貪欲な姿勢は非常に男性には好まれ、そんな一面がある女の子にはある意味キュンとしている男性陣なのです。


と、このように、どちらのパターンも女の子が「下」になっていますね。これが大事なんです。
どんな男性でも女の子より上でいたいもの。頭ごなしに見下されたりなどしたら、絶対にあなたを許してくれないのが男性です。

どんな時でも可愛い女の子らしさや「あなたが上よ」という控えめな姿勢で。前述の私とあなたは別、とさっぱりきっぱり線を引く女の子でありながら、可愛く甘えたり、笑いを取れたりする女の子は最強なんです。

男性はこの400万年で常に闘ってきた生き物です。男性が会社で闘うようになってから、ほんの100年程度しか経っていません。

それまでずっと命に係わる闘いをしてきた男性ですから、何が欲しいって「癒し」!これに尽きるんです!

400万年癒されたくて彷徨っている男性のDNAを、可愛らしさや笑いや誠実さで、あなたの存在そのもので癒してあげることが出来たら、彼はキュン死にします。
 

まとめ

闘ってきたということは、全てにおいて「結果」を求めるということです。
それは人間関係にも言えます。男性はあなたとの関係にも結果を予測しながらお付き合いをしています。

例えば結婚を意識しながらのお付き合いなら、あなたは女性的な感覚で、フィーリングや食の好みや時間の過ごし方を観察しますよね。

一方、彼はあなたと子どもが出来たらどんな子どもになるか、双方の親が要介護状態になったらしっかり介護してくれるか、そして二人が年老いたらどんな生活が出来るだろう、まで考えながら付き合っているものなんです。

男女の違いとして心得ておきたいのは、男性は「成功したい、勝ちたい。」そう思って毎日を暮らしているということ。
いちばん最初に出てきたマズローの法則の、第一欲求の部分まで登りつめたいのが男性なんです。

その邪魔をしない女の子、逆にその助けになる女の子がやっぱり愛されます。

男女の違いを理性で理解しているだけでなく、日常的に理解している女の子であるために、ヒステリックで子宮的な感情をうまくコントロールできるようにしたいですね。

そのために私たちが出来ることは、「不安」「猜疑心」「独占欲」などから解放されること。
どうだっていいや、と手放してしまえばラクなんです。

彼はあなたの所有物ではなく、ひとつの人生を必死で歩んでいる一人の人間。

彼の人生にどう関わっていきたいか、そしてあなたもマズローの法則で天辺まで行く人間になりたいか、なれるか、そんなことを考えながら、ずる賢く彼を振り回しましょう!

  • 恋活・恋愛

    ビデオチャットでオンラインデート! モテテクも教えちゃいます

    schedule2020.06.18

  • 【婚活マンガ】Calm Love ~穏やかな愛~・第15話「そわそわ」
    恋活・恋愛

    【婚活マンガ】Calm Love ~穏やかな愛~・第15話「そわそわ」

    schedule2017.10.22

  • 【婚活ブログ】
    恋活・恋愛

    【婚活漫画】レンには恋がわからぬ・第1話「なにもいえねえ」

    schedule2017.03.27