婚活&恋愛コラムiVERY

恋愛・結婚の価値観とは何か? 合いそうで合わない男女の考え方

恋活・恋愛

恋活・恋愛

恋愛や結婚の価値観とはなんぞや。そんな疑問にぶつかることがありますよね。

価値観とは物事の優先順位であったり、判断の基準、重きの置き方などのことを言います。

そんな価値観は個人だけでなく、男と女という括りでも違いがあるのです。

今後の恋愛や結婚のために、男女の考え方の違いを知りたい。今お付き合いしている人と価値観が合わない気がする。

そんなあなたへ、男女における恋愛・結婚に対する価値観の違いについてご紹介します。

1. 付き合う前、恋愛観の価値観違い

好きになるきっかけ

恋愛・結婚の価値観とは何か? 合いそうで合わない男女の考え方

・女性
女性が男性を好きになるきっかけは、信頼できる相手だと確信したとき。そして、男性に安心感を覚えたときです。信頼も安心も時間をかけて得られるもの。そのため、女性は相手を好きになるまでに時間がかかります。

何度か交流をし、接触を重ねることで相性の良さを確認。信頼できる相手と判断でき、なおかつ安心できる男性にのみ心を許せるのです。

・男性
男性が女性を好きになるのは一瞬のこと。女性を一目見たときにもう恋の行方が決まると言っても良いでしょう。男性は視覚情報に重きを置いています。そのため、まず見た目から女性を判断するのです。

男性は女性よりも一目惚れが多いのは、会った瞬間に見た目で判断するからこそ。男性の好きという気持ちには、熱しやすく冷めやすいという特徴もあります。

恋人に求めること

・女性
恋人に優しくしてもらうこと、大切にしてもらうことを求めます。女性は特別でありたいと願っているため、他の女性にしないことを男性に求めるのです。そのため、他の女性と同じように扱われることに対しては厳しい目を向けます。

また、女性は恋人に用がなくても連絡を取ることを求めます。電話やメッセージなどの繋がりも大切にし、質より量を重視しています。

・男性
男性は恋人に癒しを求めています。日頃の疲れを女性の気遣いや笑顔で癒してほしいと考えるのです。

また、必要とされていると思えるよう、甘えてほしい、頼ってほしいとも考えています。恋人に必要とされていると実感することで、満たされるのです。

チェックポイント

・女性
女性は一緒にいて恥ずかしくない人かチェックしています。チェックポイントとしては「マナーや常識があるか」「TPOがわかっている人か」「感謝の気持ちをもてる人か」など。

付き合う前は「この人が私の彼氏です」と、紹介できる人なのかに重きを置いているのです。将来のパートナーになるかもしれないからこそ、女性は厳しい目で男性をチェックしています。

・男性
男性がチェックするのは女性の容姿です。連れ添って歩くことが誇らしく思える、そんな容姿の女性を求めます。顔立ちや体型をチェックしたうえで、お付き合いを考えるのです。

また、服装や髪型、化粧などの身だしなみもチェックしています。男性は女性にいつまでもキレイでいてほしいと願っているもの。だからこそ、キレイであろうと努力している女性ほど好印象を持ちます。

2. 付き合ってから、恋愛の価値観の違い

恋人への想いや接し方

恋愛・結婚の価値観とは何か? 合いそうで合わない男女の考え方

・女性
女性の場合、徐々に恋人への想いが大きくなっていきます。そのため、付き合い始めは距離があっても、時間が経つにつれベッタリになるのです。

ただ、今の関係や将来については現実的に考えているため、想いが大きくなっても冷静な一面もあります。

・男性
男性は恋人への想いがピークの状態からお付き合いが始まります。そのため、お付き合いスタート時から距離が近く、早くスキンシップを取りたがるのです。

一人で舞い上がってしまう場合もあり、恋人と温度差ができてしまうことも。最初のピークを過ぎ、時間が経過していくと燃えるような想いも下火になっていきます。

愛情表現の方法

・女性
女性は愛情を言葉で表現します。そして、自分がたくさん言ってほしいからこそ、恋人へもたくさん愛情のある言葉をかけます。

「好き」「愛してる」「あなただだけだよ」など、惜しみなく言葉で伝えるのです。

・男性
男性は言葉よりも態度や行動で愛情を表現します。たとえば「スキンシップを多くとる」「サプライズをして喜ばせる」「なるべく早く仕事を終えて帰宅する」など。

言葉ではなく、行動や態度で語ろうとするため「愛情を察して」というスタンスになります。

愛情を感じるポイント

・女性
女性は愛情のある言葉はもちろんのこと、愛情表現の回数からも愛情の大きさを見出します。女性は愛情表現に対して質よりも量を重要視するもの。

そのため、一度の贅沢旅行よりも、キスやハグ、愛情のある言葉などを毎日のようにかけてもらう方が愛情を感じるのです。

・男性
男性も愛情のある言葉をかけてもらうことで、愛情を実感します。言葉で表現することが苦手だからこそ、恋人から積極的に伝えてもらえるのは嬉しいものです。

また、女性の気遣いや労りにも愛情を感じます。仕事で疲れて帰ったときに、笑顔で迎えてもらい、労いの言葉をかけてもらうことに愛情を見出すのです。

3. 結婚についての価値観の違い

結婚に対するイメージ

恋愛・結婚の価値観とは何か? 合いそうで合わない男女の考え方

・女性
女性は結婚を二人の始まりと捉えています。女性にとって結婚は新たな家庭を作るスタート地点なのです。結婚をすると妊娠・出産、子育てと女性には人生のイベントが盛りだくさん。そのため、新たな人生のスタートとして、節目として捉えやすいのです。

働き盛りの女性や、仕事が軌道にのった女性は、結婚を足かせと捉えることも。女性が置かれている状況によっても、結婚に対するイメージは変わっていきます。

妊娠・出産には適齢があるため、子どもをほしいと考える女性ほど結婚には積極的。結婚に対するイメージも良く、新しい幸せな家庭を夢見ている女性も多いです。

・男性
男性は結婚すると自由を奪うものとして捉えています。結婚に対してマイナスイメージが強いのです。たとえば、結婚することにより制約と責任が生まれると考えています。人によっては「結婚は墓場だ」「結婚したら終わりだ」などと言い、結婚を終点と捉える場合も。

男性は結婚することにより、家庭を支えていく義務と責任が生じます。また、一生働き続けなければならない現実を実感。それにより、家庭に縛られるというイメージが強くなってしまうのです。

結婚をしたいと思うタイミング

・女性
結婚・出産の適齢期を迎えることで女性は結婚を意識。どうしても女性の身体の都合上、妊娠・出産には期限があります。そのため、子どもを授かりやすい適齢期の間には結婚したいと考えるのです。

また、ほかにも「友達が結婚した」「仕事をやめたいと思った」「妊娠した」というタイミングでも結婚したいと考えます。

・男性
恋人との幸せな家庭を想像できたとき。結婚できたらなと考えていた年齢に近づいたとき、男性は結婚をしたいと考えます。

男性もぼんやりと結婚のことは考えているものの、「30歳までには」「30歳過ぎたら」など30歳がボーダーラインとなることが多いです。

結婚相手に求めること

・女性
女性は男性に対し経済力と自立を求めます。共働きだとしても、男性には女性が働けなくなっても養っていけるだけの経済力がほしいのです。経済力があれば出産・子育てのことも、不安なく前向きに考えられるでしょう。

また、自分で物事を判断・決断できるような、頼れる男性も求めています。トラブルやハプニングがあった際に、冷静に対処できる男性が理想です。頼りになり、守ってくれる男性だからこそ、安心して家庭のことを考えられます。

・男性
男性は結婚相手に対し癒しを求めます。仕事で疲れて帰った際に、笑顔で迎え労ってくれる女性が良いのです。

家族のために働くからこそ、結婚相手からの気遣いや思いやりが重要と考えます。癒しをもらうことで「この人のためなら頑張れる」と、思えるのです。

4. 別れた時の価値観の違い

別れたいと考えるきっかけ

恋愛・結婚の価値観とは何か? 合いそうで合わない男女の考え方

・女性
恋人との将来が想像できなくなったとき。また、将来を考えた際に、今の恋人とは苦労しそうだと判断したときに別れを考えます。男性よりも現実派なところが女性にはあるのです。

女性は付き合い始めるときから、結婚を視野に入れています。そのため、将来の生活を基準に考えているのです。

・男性
自分がいなくても恋人は大丈夫そうだ。そう感じたときに男性は別れを考えます。

男性は女性を守りたいと考え、必要とされることを望みます。そのため、必要とされている実感ができないと、気持ちも離れていくのです。

別れた後の感情の変化

・女性
別れてすぐの時期は悲しみのどん底にいます。ただ、数ヶ月経てば気持ちが切り替わり、元恋人は過去の人へと変わります。

女性は気持ちの切り替え上手。そのため、数ヶ月後にはもう新しい恋をしていたり、新しい恋人がいたりします。

・男性
別れてすぐは解放感に満たされ、取り戻した自由に浮かれてしまいます。しかし、時間が経つにつれて元恋人との別れを実感し、後悔し始めるのです。

男性は気持ちの切り替えが苦手。そのため、過去の人を引きずりやすく、繰り返し思い出してしまいます。別れてから立ち直るまでに、長い時間が必要なのです。

復縁に対する考え方

・女性
女性は過去の恋人に固執しないため、復縁願望を持つことは少ないです。気持ちの切り替えが早く、過去よりも今を大切にします。

女性の場合、新しい人との思い出が、元恋人たちとの思い出の上に重ね塗られていきます。別れた恋人たちは過去の人でしかなく、今の恋人が一番なのです。

・男性
男性は過去の恋人に固執し、復縁を望みやすい傾向にあります。後悔しやすく、元恋人に未練を残しやすいため、また元に戻りたいと願うのです。

男性の場合、過去の恋人たちとの思い出は横並びに飾られます。そうして、新しい恋人との思い出もまた、横に並べられていくのです。

5. 価値観の違いで別れたくない! 別れない方法

付き合う前にしっかりリサーチをする

恋愛・結婚の価値観とは何か? 合いそうで合わない男女の考え方

価値観の違いは付き合う前から探ることができます。そのため、しっかりリサーチをしたうえでお付き合いを始める判断をしましょう。

リサーチするためには、付き合う前にお互いの考え方を共有すること。結婚や子育て、仕事、食事、お金の使い方など。付き合う前から話を掘り下げていくこで、相手の価値観が分かりますよ。

また、過去の話を聞いたり、恋人の友人から話を聞いたりするのも手です。付き合う前に人柄を知ることで、どのような価値観を持っているのかが分かります。

好きより嫌いなことが合う人を選ぶ

価値観が近い人を選ぶなら、負の感情を共有できる人を選びましょう。

価値観が合うか判断する際、好きの価値観だけを意識しがち。しかし、一緒に過ごすには嫌いの価値観も考えることが大切です。

好きの価値観は肯定しやすいもの。それに比べ、嫌いという価値観はマイナスの感情のため、合わないとなかなか肯定・共感が難しいのです。

相手の大事な価値観を否定しない

たとえ理解できない価値観があっても、真っ向から否定しないようにしましょう。

価値観を否定するのは、その人自身を否定することに繋りかねません。また、否定することは自分の価値観の押し付けでもあります。

価値観は人それぞれ違って当たり前。だからこそ、受け入れがたい、理解しがたい価値観であっても否定することは良くないのです。

価値観の相違があったなら、それぞれどうしてその価値観に辿り着いたのか話を聞いてみましょう。

わからなくても理解するための努力をする

価値観のなかには理解が難しいものもありますよね。そうした価値観に出会ったとき、拒絶するのではなく「そういう価値観もあるのだな」と、受け止めましょう。

すぐに拒否反応を示すのではなく、一度自分のなかで受け止めるのです。

理解できない価値観に対し、無理に合わせることは必要ありません。理解する努力をしたうえで、受け入れることが難しいならそれで良いのです。

その旨を相手に伝え、話し合いの場を設けましょう。

6. 価値観が違うから面白い! 理解し合える関係を

価値観は人それぞれ違うもの。だからこそ、お互いを知っていくことで、新たな発見に出会えます。

異なる価値観を持つ人に出会っても、前向きに受け止めましょう。お互いに否定せず、理解し合える関係を築いていくことが、お付き合いを長続きさせるコツですよ。

価値観が違ってもお互いが相手を理解しようと努めることで、上手くいきます。

  • 結婚に繋がるきっかけとなった出会いは? どこで出会える?
    恋活・恋愛

    出会いの場でモテる話し方とは? 自己紹介のコツも紹介

    schedule2019.07.23

  • 【婚活ブログ】【婚活漫画】アラサー街コン物語・第11話「グループシャッフル」
    恋活・恋愛

    【婚活漫画】アラサー街コン物語・第11話「グループシャッフル」

    schedule2017.07.24

  • 彼氏いない歴21年の大学生はどうすれば彼氏できる?元コンパの女王がお答えします!
    恋活・恋愛

    彼氏いない歴21年の大学生はどうすれば彼氏できる?元コンパの女王がお答えします!

    schedule2017.08.26

  • 人気記事ランキング

    カテゴリ

    趣味コン・趣味活

    全国の婚活パーティー

    主要都市の婚活パーティー

    北海道・東北の婚活パーティー
    関東の婚活パーティー
    北陸・甲信越の婚活パーティー
    東海の婚活パーティー
    近畿の婚活パーティー
    中国・四国の婚活パーティー
    九州・沖縄の婚活パーティー