恋愛を成就させるためには、自分磨きやアプローチも大切ですが、時には駆け引きも必要です。
駆け引きなんて失敗しそうと思うかもしれませんが、心理学では効果が実証されています。

それでは、男性との恋を成就するための、恋愛心理学のテクニックをご紹介します。
 

接触を繰り返すだけで恋?単純接触効果

恋愛心理学で駆け引き!恋が成就する心理学テクニック

「単純接触効果」は、アメリカの心理学者であるロバート・ザイアンス氏が証明した心理学効果で、ザイアンス効果という別名で有名です。

この単純接触効果とは、興味を示さない相手でも、繰り返し接触することで好感度が上がっていく心理になります。
その単純接触効果を恋愛のテクニックに活用する方法は、気になる男性との会う回数を増やすことが成就のコツです。

まず、接触は直接会う以外の方法でも構いません。
例えば、電話やメール、LINEといったコミュニケーションツールの活用も、十分接触に価します。

なので、直接会って長時間一緒にいることより、デートへどう繋げていくかコミュニケーションを充実させる方が大切だと言えるでしょう。

例えば、デートプランを立てる時はなるべく多く言葉を交わせるように心掛けてみてください。

もちろん、デートが終わった後も「ありがとう」と感謝を告げたり、「またお出かけしよう」とまた会いたい趣旨を連絡したりすることで、自然と接触する回数も増えていくでしょう。

デートやお食事など直接会う回数を増やすことも大切ですが、コミュニケーションによる間接的な接触を増やすことも、恋の駆け引きには大切ですよ。

しかし、ただ回数を多くしても心理学的に成功とはいえません。
1日1回や、週2~3回と相手の都合も配慮したペースも好感度を高めるためには有効です。

単純接触効果のテクニックを活かせは、直接会うと緊張してしまう女の子も、連絡なら少しは気軽に実行することができるでしょう。

そして、お互いを理解して会うことを繰り返せば、自然と緊張せず素直にデートを楽しむことができるかもしれません。
 

恋愛心理学の大定番!吊り橋効果

恋愛心理学で駆け引き!恋が成就する心理学テクニック

恋の駆け引きで定番なのが「吊り橋効果」ではないでしょうか。
女の子と男性が2人きりで怖いと感じる場所や、思わず肝を冷やしてしまいそうなヒヤヒヤする体験による恐怖心のドキドキを、相手へのトキメキだと思い込んでしまう心理です。

この吊り橋効果を利用することで、外的要因のドキドキを恋だと勘違いさせ、男性との恋愛関係に発展させることができます。

よく、デートで遊園地やドライブを提案する方は多いかと思います。
それらの場所は、吊り橋効果の理に適っていると言えるでしょう。

まず、遊園地といえばジェットコースターやフリーフォールといった、高速で移動する乗り物や高い位置に移動するアトラクションは、楽しいですが同時にドキドキしてしまいますね。
また、遊園地にはお化け屋敷もありますので、2人きりで暗くて怖い仕掛けがあるお化け屋敷も吊り橋効果を発揮できるアトラクションです。

一方、ドライブでは海岸沿いや山道など、普段では行くことがない場所へ訪れる方も多いでしょう。
曲がりくねった道が多い山道や断崖絶壁の海岸沿いを通れば、よりスリルがあるドライブとなるので、吊り橋効果にも期待できるはずです。

ただ、この心理学には少々欠点があります。
吊り橋効果での恋心は持続的な効果は得にくく、早くても1週間で効果がなくなる場合がほとんどです。
ですから、単純接触効果と合わせて次のデートを確保するなど、様々な工夫が必要になるでしょう。

しかし、この方法ならアプローチが苦手な女の子でも、遊びに誘う感覚で心理学を活用することに期待できます。
 

秘密を共有して親密度アップ!カリギュラ効果

恋愛心理学で駆け引き!恋が成就する心理学テクニック

カリギュラ効果というのは、禁止されていることをやってしまいたくなる心理です。
押しちゃいけないスイッチを押したくなる心理のことですね。

このカリギュラ効果を恋の駆け引きにどう活用するかというと、2人だけの秘密を共有する方法になります。

「秘密だから言えないけど、言いたくなる」といった、何かの秘密を知った時、誰かに話したくなる心理もカリギュラ効果なのです。

気になる男性に誰にも知られたくない秘密を共有することで、自然と仲間意識が生まれます。
そうなると、男性も自然と興味を示してくれるはずです。

そしてカリギュラ効果を恋愛テクニックへ活かす場合、他人の秘密ではなく自分の秘密を打ち明けましょう。

例えば、プライベートや仕事で悩んでいること、もしくは自分の苦手なことや弱点を男性へ打ち明けることがポイントです。

他人には知られたくない自分の情報を知ることで、男性も自分を信頼してくれていると思ってくれます。

ただ注意するべき点は、秘密だからといって全てを話しても効果があるわけではありません。
あくまでも、特別な秘密を男性と共有することが、カリギュラ効果を使った恋の駆け引きでのポイントです。

また、秘密を打ち明ける前に、相手のことを興味がないフリをしてみるのもおすすめになります。
男性に「もしかして嫌われているかも…」と不安要素を与えつつ、特別な秘密を打ち明けることで男性は翻弄されつつも、女の子の魅力にはまっていくでしょう。
 

恋の駆け引きは押してダメなら引いてみる

恋愛心理学で駆け引き!恋が成就する心理学テクニック

「押してダメなら引いてみる」は一般的にも認知の高い言葉です。
恋愛心理学では、この駆け引きもとても有効だと言われています。

恋をしている女の子には奥手もいれば、積極的にアプローチをする方も多いでしょう。
しかし、必死にアプローチしても、相手がなかなか振り向いてくれない男性は多く、むしろ好意を鬱陶しいと感じてしまう場合もあります。

なので、積極的なアプローチも適度でないといけません。
そこで「仮眠効果」を活用してみましょう。

仮眠効果(スリーパー効果)とはC.I.ホヴランド博士が提唱したコミュニケーション効果で、信憑性の低い情報が一定期間を経過して、急に意識されることです。

簡単に説明すると、何気なく聞き流していた話題が、何かをきっかけに急に大きな話題になった状況を仮眠効果と言います。

恋愛テクニックとしては、今までアプローチしてきた女の子が急に引いた態度を取り始めると、その態度に寂しさや焦りを感じます。
そこから自然と女の子を意識し、むしろ男性から接触が増えることに期待できるのです。

しかし、この仮眠効果は必ず成功するわけではありません。
どんなにアプローチをしていても、男性によっては女の子を好意的に見ているわけではないからです。

ですから、引く前のアプローチも強引に好意を押し付けるのではなく、相手への気遣いや優しさを持って接すること、そして曖昧な好意ではなく明確な好意を伝えることが、仮眠効果を成功させるコツと言えます。

積極的なアプローチで親密になりつつ、時には引いた態度で男性の気を引くことも成就には大切ですよ。
 

そのギャップが魅力!ゲインロス効果

「ゲインロス効果」とは、利益などプラスの印象を意味するゲインとマイナスな印象である損失を意味するロスを組み合わせています。

つまり、プラスの印象とマイナスの印象を使い分けることで、ギャップを生みだすことができる効果です。

簡単に言うと、ギャップ萌えというのがゲインロス効果の恋愛心理になります。

少女漫画のシチュエーションで強面男性が動物を可愛がる姿が描かれ、それに主人公だけではなく読者までキュンとした覚えはないでしょうか。
まさに、普段と異なるギャップを見せることで、相手に鮮烈な印象を与えることができるのです。
このゲインロス効果は女の子だけではなく、男性にも有効になります。

例えば、普段はパンツスタイルの女の子​が可憐なスカートやセクシーで大人っぽいファッションをしていると、新たな魅力を男性側は感じてしまうでしょう。

また、派手なファッションやメイクが好きな方でも、実は家庭的な部分があれば、それは大きな魅力に繋がり、男性も改めて印象や認識を変え、意識してくれることがあります。

また、見た目だけではなく、態度でギャップをつくる方法も有効です。

例えば、一見おとなしそうな方は男性と一緒に居る時は少しはしゃいでみたり、面白い話題を振ってみたりすると良いでしょう。

普段から元気な女の子なら、静かに読書をしている姿などインテリな部分をアピールしても良いかもしれません。

他にも、ボーイッシュの女の子なら花や動物が好きな一面など、正反対な印象を気になる男性に見せてみましょう。

ただし、マイナスイマージに繋がってしまうギャップを見せるのは避け、またわざとらしいギャップにならないように、自然体でのギャップを意識してみてください。
 

相手の好意を受け答え!好意の返報性

恋愛心理学で駆け引き!恋が成就する心理学テクニック

「好意の返報性」とは、相手に好意を受けた時にお返しがしたいという心理です。

例えば、友達から誕生日プレゼントや旅行のお土産をもらうと、次は自分でお返しがしたくなりますよね。
その心理が好意の返報性に当てはまります。

つまり、男性に好意を向ければ、自然と相手も自分に好意を返してくれるわけです。

しかし、ただストレートな好意を伝えても、恋愛関係に発展することは難しいと言えます。
好意の返報性ではさりげなく好意を伝えることが大切です。

その好意とは相手に親しみをこめて名前を呼んだり、相手の趣味を真剣に聞いてあげたり、他にも相手の成功を喜ぶ、褒めるなど、相手が返しやすい好意にとどめることがポイントになります。

そのため、「好き」とストレートすぎる好意は男性も返しきれず、さらに受け止められない罪悪感から関係もギクシャクしてしまうでしょう。

小さな好意を積み重ねているうちに、好きという好意を返せる関係になれるはずです。
 

おわりに

恋の駆け引きに使える恋愛心理学のテクニックを6つご紹介しましたが、いかがでしょうか。
恋には苦難がありますが、ご紹介した心理学テクニックを心得ていれば、気になる男性とも距離を縮めることができるはずです。
恋の成就のために、心理学のテクニックを取り入れてみましょう。