婚活&恋愛コラムiVERY

結婚相手に求める貯金額ってどのくらい? 結婚するにはいくら必要?

婚活・結婚

婚活・結婚

結婚相手がどれぐらいの貯金を持っているのか、すごく気になりますよね。

なんたって、まず先立つものがなければ平穏な生活は営めません。

ひたすら愛を追求するのにも憧れるけど、やっぱりちゃんと貯金もある人と結ばれたいというのが本音です。

でも、実際に、結婚相手にいくら貯金があれば安心してゴールインできるのでしょうか。

1. 結婚式+新婚旅行にかかる費用

結婚相手に求める貯金額ってどのくらい? 結婚するにはいくら必要?

結婚式はその規模によってかかる費用が大きく変わってきます。

仲間内でこじんまりとした式を挙げるなら数十万円で済むかもしれませんが、結婚式場で披露宴までするとなると最低でも200万、式の内容によっては300万を軽く超えてしまうケースも珍しくありません。

その後で新婚旅行に出かけるなら、その為の費用も必要。国内に2,3泊なら費用も抑えられますが、海外で何日も宿泊となると50~70万ぐらいはみておいた方が良いでしょう。

結婚式も新婚旅行も、予算を削ろうと思えばいくらでも削れてしまうものだけに、自分や結婚相手に十分な資金がなければ、不本意ながら地味婚や国内旅行ということにもなりそうです。

2. 新居にかかる費用

どちらかが一人暮らしをしていたり、親の家での同居が決まっていたりするのであれば良いのですが、新たに新居を構えるとなると結構なお金がかかります。

賃貸の場合

結婚相手に求める貯金額ってどのくらい? 結婚するにはいくら必要?

アパートやマンションを借りる場合は、まず敷金や礼金で数十万円。

最近は「出る時にちゃんと元通りにしてくれればいいから」と、礼金(家賃の2か月分ぐらいが相場)しか取らない物件も増えていますが、この場合は万一の破損に備えて家賃の2~3ヶ月分ぐらいの額を貯金しておくことが必要です。

<その他にかかる費用>

  • 不動産屋さんに支払う仲介手数料/相場は家賃の1ヶ月分
  • 火災保険/年間で約2万円
  • 駐車場代/物件の敷地内にあれば月2,000円~、月極駐車場を利用する場合は月4,000~
  • 引っ越し代/二人分なら60,000~80,000円程度

中古住宅を購入する場合

地方の中古物件なら数百万で手に入れることもできますが、そこまで値段が下がっている物件はリフォームが必要となる場合が多いので、その為の費用が約100~500万。大規模なリフォームをしたり、こだわりが強かったりする場合は、リフォーム費用だけで1,000万を超えることもあるでしょう。

都会だとそもそも土地の値段が高いので、家自体にはほとんど価値がない場合でも、購入費用は地方の数倍。リフォームも含めれば総額で5,000万近くまで膨れ上がるケースも珍しくありません。

また、家を持つと固定資産税が毎年かかってくるし、マンションなら管理費や修繕積立金も毎月必要となるので、その分も見込んだ上で十分に生活していけるだけの貯金があるのが望ましいです。更に、自宅に専用の駐車場がない場合は、毎月の駐車場代も必要となりますよ!

<中古物件の購入に関してかかる費用>

  • 不動産屋さんに支払う仲介手数料/売買価格が400万以上の場合は物件価格の3%。売買価格が安くなるにつれて仲介手数料の金額は上がる
  • ローン保証料・融資事務手数料/住宅ローンを組む場合にかかる費用。相場は、保証料が借入金額の2%、事務手数料が3~10万程度
  • 登記費用/司法書士へ支払う報酬や登録免許税など。司法書士によって金額は異なる
  • 不動産取得税/古い物件ほど高額になる
  • 火災保険/年間2万ぐらいが相場。木造一戸建ては燃えやすい為、鉄骨造りの物件に比べて保険料は高め
  • 引っ越し費用や家具の購入代

新築の物件を購入する場合

新築物件の購入には、地方でも最低2,000万、都会なら5,000万ぐらいかかります。

頭金が多い方が後々の支払いも楽になるので、できれば物件価格の2~3割は用意しておきたいところ。

自分や結婚相手に十分な額の貯金があれば、余裕を持った返済計画を組むことができます。

また、暮らし始めた後で固定資産税、マンションの管理費・修繕積立金、駐車場代などが無理なく支払えるかどうかをよく確認しておくことも大切です。

駐車場代は毎月となると結構な金額になるので、注文住宅で建てるならできれば駐車スペースも作っておいた方が良いですよ!

<新築物件の購入に関してかかる費用>

  • 不動産屋さんに支払う仲介手数料/(物件価格×0.03+6万円)×消費税で計算できる
  • ローン保証料・融資事務手数料/住宅ローンを組む場合にかかる費用。相場は、保証料が借入金額の2%、事務手数料が3~10万程度
  • 登記費用/司法書士へ支払う報酬や登録免許税など。司法書士によって金額は異なる
  • 表示登記費用/新築の家を建てたことを国に報告し、住所をいただく為の費用。土地家屋調査士さんへ10万円ほど支払う
  • 火災保険/年間2万ぐらいが相場。木造一戸建ては燃えやすい為、鉄骨造りの物件に比べて保険料は高め
  • 引っ越し費用や家具の購入代

3. いざという時に備えて年収の1年分ぐらいを用意

結婚相手に求める貯金額ってどのくらい? 結婚するにはいくら必要?

今は大企業勤めでもリストラされてしまう時代だし、人間いつ病気になるか分からないので、いざという時に暮らしていけるよう、年収の1年分ぐらいは用意しておくことが必要です。

特に女性は妊娠や出産で働けなくなることもあるので、共働きを前提とした計画を立てるのは危険!

夫が一馬力で家族を養う場合、夫や自分にもしものことがあった場合を考え、余裕を持ってお金を準備しておきましょう。

4. 終わりに

結婚相手の貯金額はできるだけ多いのが理想ですが、男性でも年収300~400万という人が増えているので、男性だけに頼らず、自分でもしっかり貯金をしておくことが大切です。

結婚式や新婚旅行、新居をどうするかによって必要な額はかなり違ってくるので、双方にあまり蓄えがない場合は、無理をせず身の丈に合ったやり方を考えてみましょう。

  • 【婚活漫画】ぽっちゃり漫画家が婚活する勇気をとりもどすまで・第5話「●●」
    婚活・結婚

    【婚活漫画】ぽっちゃり漫画家が婚活する勇気をとりもどすまで・第5話「暴食の原因を探れ!」

    schedule2017.07.15

  • 結婚できない男性に共通する特徴とは? 結婚に向かない男性の特徴も
    婚活・結婚

    結婚できない男性に共通する特徴とは? 結婚に向かない男性の特徴も

    schedule2019.05.10

  • 【婚活ブログ】【婚活漫画】喪女の体当たり婚活記・第20話「ネット社会は意外とせまい」
    婚活・結婚

    【婚活漫画】喪女の体当たり婚活記・第20話「ネット社会は意外とせまい」

    schedule2017.11.02

  • 人気記事ランキング

    カテゴリ

    出会いの場

    全国の婚活パーティー

    主要都市の婚活パーティー

    北海道・東北の婚活パーティー
    関東の婚活パーティー
    北陸・甲信越の婚活パーティー
    東海の婚活パーティー
    近畿の婚活パーティー
    中国・四国の婚活パーティー
    九州・沖縄の婚活パーティー