「彼女が欲しいと思わない」と宣言する男性を好きになってしまったら、あなたはどうしますか?

きっと、アプローチ方法に悩んでしまうことでしょう。彼女が欲しいと思わない男性は、なぜそう思ってしまうのでしょうか?

今回は、彼女が欲しいと思わない男性の心理、そういった男性へのアプローチ方法についてまとめてみました。

1. まずはお友達を目指すことが大切!

これから、彼女が欲しいと思わない理由を4つと、それぞれの攻略方法についてご紹介していきます。

しかし、どういう理由で彼女が欲しいと思わないのかは、ある程度仲良くならないと分かりません。

そこで、まずは気軽に遊べる友達になることを目指しましょう。友人として関係を続けていく中で「なぜ彼女を欲しいと思わないのか」を探っていき、タイプ別のアプローチ方法をとるのがおすすめです。

お相手が身構えてしまわないよう、くれぐれも好意を感じさせないようにしてください。

あくまでも気軽に話せる友達として振舞うことが大切です。

2. 理由①恋愛にトラウマがある

彼女が欲しいと思わない男性の心理と、効果的なアプローチ方法

恋愛にトラウマを抱えている男性は、彼女が欲しいと思わない傾向にあります。

トラウマというのは、付き合っていた人に傷つけられたとか、執拗に追い掛け回されたなど、恋愛に関する心の傷です。

また傷ついたり、嫌な思いをしたりするのが嫌だという思いから、恋愛を避けようと「彼女が欲しいと思わない」と公言するケースがあります。

トラウマを癒すよう心がける

恋愛にトラウマを抱えている男性は、女性に対して偏見を持ってしまった可能性が高いです。その偏見を覆せるよう、相手の気持ちに寄り添って接しましょう。

最初から恋愛モード全開で近づくとお相手は警戒してしまうので、お友達として関係をスタートさせるのがおすすめ。

積極的にアプローチしたり、媚びたりせず、からかい合えるような仲を目指すといいでしょう。

お相手が抱えているトラウマが分かれば、自分はそんなことをしないというアピールをし、お相手が心を開いてくれるのを待つのが得策です。

3. 理由②他に夢中になっているものがある

趣味や勉強、仕事など、自分の時間を全て注ぎ込みたい、夢中になっているものがある男性は「彼女が欲しい」と思わないようです。

恋愛は連絡を取り合ったり、デートをしたりなど、たくさんの時間を費やすことになります。

恋愛よりも優先順位が高いものがある人は、恋愛に時間を取られることを苦痛に感じてしまうのです。

また、恋人に「私と趣味(仕事・勉強)どっちが大切なの!?」などと、好きなことを制限されるのがこの上ないストレスになります。

その為、恋人はいらないと感じる人が多いようです。

一緒に同じものを楽しめる存在になる

恋愛よりも夢中なものがあるタイプは、かなり難攻不落です。

しかし、一緒に夢中になっているものを楽しめる女性であればそうとは限りません。

夢中になっているものを好きな人と一緒に楽しめる、というのはとても幸せなことです。

同じ価値観を共有して、一緒に同じものを楽しめる女性となら交際したいと考える男性も多いでしょう。

お相手と同じ趣味などを持ち、同じくらいマニアックになることで、恋愛関係になれる可能性があります。

4. 理由③女性に合わせるのが面倒だと思っている

彼女が欲しいと思わない男性の心理と、効果的なアプローチ方法

女性の合わせるのは面倒だから、彼女はいらないと感じているケースです。

こういったタイプは「男性は、女性のわがままに付き合ってあげないといけない」「自分の時間を割いて、仕方なく構ってあげないといけない」という、ちょっと上から目線で交際というものを見ています。

前の彼女が面倒な人だったなど、トラウマ型との複合型というパターンもあるでしょう。

追いたくなる存在を目指す

夢中になれる女性が現れると、コロっと態度が変わるのがこのタイプです。

なので、思わず追いたくなるような、手間がかからなそうであっさりとしたクールな態度で接するといいでしょう。

大切なのは、好きだからといってご機嫌をとったり、媚びたりしないこと。

「こいつ、俺のこと好きだな」と感じると冷たい態度を取り始める可能性があります。

友達のようなフランクな付き合いをしつつ、好意を小出しにしたり、急にそっけなくしたりして「俺のこと、好きなの嫌いなの?」と思わせるようなアプローチ方法が効果的です。

5. 理由④強がっているだけ

本当は彼女が欲しいのに、彼女ができないことが恥ずかしいので「彼女は欲しくない」「あえて作っていない」と強がっているケースです。

これまで彼女ができたことがない人や、長い期間彼女がいない人はこのパターンが多いでしょう。

好意があることをアピールする

彼女が欲しいと思わない男性の心理と、効果的なアプローチ方法

強がって彼女が欲しくないと宣言しているタイプは、プライドが高いのが特徴です。

その為、例え好きな女性がいても自分から積極的にアプローチするようなことは、ほとんどありません。

女性から明確なアプローチを受けて「告白すれば確実に付き合える」と確信しなければ告白できないタイプです。

その為「彼女欲しくないの? 残念だな」なんてアプローチすれば、お相手は「脈ありだ!」と思って、あなたに強い関心を抱くことでしょう。

6. まとめ

彼女が欲しくないと思う男性にも、様々なタイプがいます。まずは親しくなってみて、彼女が欲しいと思わない理由を探ってみましょう。

理由が分かったら、紹介したアプローチ方法で相手の反応を見てみてくださいね。きっとチャンスが訪れるはずです。