良妻賢母……夫にとっては良い妻、子どもにとっては賢い母という意味の言葉ですが、女性に生まれたからには一度でいいからこう呼ばれてみたいものですよね。

しかし、実際に良妻賢母となるのは決して簡単なことではありません。

家庭を上手く切り盛りする賢い女性になるには、どんな努力を重ねれば良いのでしょうか?

1. 常に笑顔を絶やさない

良妻賢母を目指す女性必見! 理想実現の為にすべきこととは?

良妻賢母たるもの、些細なことでメソメソしたり、イライラをそのまま家族にぶつけているようではとても務まりません。感情を揺らす出来事に直面しても、グッとこらえて笑顔を作り、夫や子どもに余計な心配をかけさせない努力が必要!

一人で熱中できる趣味や、何でも話せる気のおけない友人を作り、上手に気分転換しながら明るい太陽のような存在で居続けましょう。

ただし、これは何もかも我慢して耐えろということではありません。妻や母親に頼られるのは家族も嬉しいので、悩みがあれば素直に打ち明けても良いのです。

いつまでも同じ愚痴をループさせるようなことはマイナスでしかありませんが、前向きに解決できるなら自分の弱い部分もどんどん見せていきましょう!

2. いいところ探しが上手い

良妻賢母が夫を出世させたり、子どもを自己肯定感の高い人に育てたりできるのは、家族のいいところを見つけて褒めるのが上手だからです。

外で自信を無くして帰ってきても、家では自分をまるごと受け入れてくれる妻や母親がいる。これほど心強い存在が他にあるでしょうか。

人間というのは不思議なもので、「あなたはダメね」と言われ続ければ本当にそうなるし、「あなたなら大丈夫」と言われればぐんぐん成長していくのです。

3. 言うべきことはきちんと指摘する

良妻賢母が家族思いの優しい女性……とはいっても、ベタベタに甘やかすのとはわけが違います。夫や子どもが間違った方向に行ってしまいそうな時は、耳の痛いこともきちんと指摘する!

自分がよく思われることより、家族に幸せになってもらいたいという気持ちの方が強いので、あえて悪役を買って出るのです。

また、家族にビシッと言うからには、自分自身も常識や思いやりのある人でなくては説得力がない為、常に反省を繰り返し、人間として成長する努力も怠りません。

4. 家事を一生懸命こなす

良妻賢母を目指す女性必見! 理想実現の為にすべきこととは?

人間には得意・不得意があるので、良妻賢母だからといって必ずしも家事が得意とは限りません。しかし、苦手だからといって手を抜きまくっていたら、大切な家族に栄養のある食事を食べさせることはできないし、散らかった部屋では気が滅入るばかり。

良妻賢母は苦手なりに工夫して一生懸命家事をやるので、夫や子どもに安心感を与えるし、料理や掃除の腕も少しずつ上達していきます。

何より、「自分は妻(母親)にこんなにも大切にされている」と思えることは、家族にとってかけがえのない贈り物。お互いが感謝の気持ちを持って接するので、良妻賢母のいる家庭はいつも温かい空気に包まれているのです。

5. お金の使い方が上手い

良妻賢母はお金の大切さをよく分かっており、締めるところはきちんと締めますが、必要な時の出費は惜しみません。

「節約、節約!」と家族にやたらと我慢を強いるのは、家族から反発を受け、家庭がギスギスする原因になります。夫は「自分が稼いだお金なのに、どうしてこう我慢ばかりさせられるんだろう」と仕事にもやる気を無くすし、子どもは「必要なお金すら使ってもらえないなんて、自分はきっと価値のない子どもなんだ」と母親を信用しなくなるのですね。

お金は生きた使い方をしてこそ身になるもの。家族みんなでよく話し合って、我慢するべきこと、お金を使うべきことを明確にしていきましょう。

6. 身だしなみに気を使う

良妻賢母はメイクや髪型、ファッションが人の印象を大きく左右し、自分のルックスが家族への評価にも繋がることを知っています。その為、常に清潔感のある上品な装いを心がけているのです。

1,000円や2,000円で買った安価な洋服でも、毛玉やほつれなどに気をつけ、着こなしを工夫すれば十分おしゃれに見えます。化粧品も、数百円で買えるプチプラで質の良いものがどんどん出てきていますよね。

「うちはお金がないからおしゃれなんて無理」と諦めてしまう人もいますが、主婦が身綺麗にするのにたくさんのお金は必要ありません。綺麗にしていると夫からの愛情も薄れにくいので、夫婦円満で子どもへも良い影響を与えられますよ。

7. 行動力があり、肝が据わっている

良妻賢母を目指す女性必見! 理想実現の為にすべきこととは?

良妻賢母にとって、愛する家族の危機=自分の危機! 夫や子どものピンチには、命を懸ける覚悟で立ち上がります。

ここぞという時には周囲も驚くほどの行動力で解決に導くので、思わぬ不幸に打ちひしがれていたはずの家族も、いつの間にかショックから立ち直って明るい笑顔に。

まさに「肝っ玉母さん」を地で行くのが、家族を愛してやまない良妻賢母の姿です。

8. 終わりに

良妻賢母になれる女性は、自分の家族をとことん愛し、幸せにしたいと思うことを原動力として、色々なことを頑張るのですね。

夫や子どもは「愛されている」というのを実感できるし、お互いが感謝の気持ちを持つので、良妻賢母のいる家庭はいつも温か。

常に太陽のような存在であり続ける為には、自分自身を大切にすることも忘れないようにしましょう。