離れているときでも、彼氏のことが忘れられない依存体質な女性。

一途で可愛らしく思えますが、度を過ぎた依存は嫌がる男性が多いのも確かです。

彼氏のことを好きすぎるがゆえに、嫌われるなんて切ないですよね。

そんな悲しい思いをしないために、ここでは依存体質の克服方法をご紹介します。

1. そもそも依存体質とは?

依存体質な女性が彼氏に依存しなくなるためにはどうしたらいい?

依存とは、「他のものに頼って存在または生活すること」を言います。

つまり、依存体質の人は、精神面や生活面において、彼氏に頼りきって生きているということにもなるのです。

これでは、彼氏が負担を感じてしまっても無理はありませんよね。

彼氏に異常に執着したり、支配したりしようとする癖がある人は、依存体質の可能性が高いです。

人に対する依存は、自分はともかく、相手の精神までをも削ってしまう危険な状態。

二人の幸せのためにも、克服の道を探していきましょう。

2. 依存体質な女性の特徴

自分に自信がない

依存体質な女性が彼氏に依存しなくなるためにはどうしたらいい?

依存体質な女性は、自分に自信がない人がとても多いものです。

自分一人では幸せを掴むことができないと思っているので、「幸せにしてもらいたい」という気持ちが強く、彼氏に依存してしまいがちになります。

自分に価値を感じられない

依存体質な女性の中には、相手に尽くすことで自分の価値を見出そうとする人も多く見られます。

彼氏の身の回りのことはなんでもしてあげたいと思っている人は、実は自分のことが愛せていないのかもしれません。

気遣い屋

気が遣えるというのは長所ですが、相手に合わせるのが当たり前になってしまうと依存に繋がる恐れがあります。

彼氏の気持ちを優先するあまり、彼氏に服従してしまってはいませんか?

初めはもう少し自分の意見が言えていたと思っている人は、気の遣いすぎから依存が始まった可能性も高いです。

友達が少ない

彼氏中心の生活になっているので当たり前だと思っているかもしれませんが、依存体質な人は元々人付き合いが苦手で、友達が少ない傾向にあります。

彼氏を優先しすぎて、数少ない友達とも疎遠になっていませんか?

依存体質の人は元々寂しがり屋な人が多いですが、友達が居ないと「彼氏が居なくなったら一人だ」という意識がますます強くなり、依存度の上昇に繋がってしまいます。

3. 依存体質度チェック

ここまで読んで、「もしかして、私も依存体質かも」と思っている人も多いことでしょう。

そこで、以下に彼氏への依存体質度が確認できる項目をいくつかご用意しましたので、何個当てはまるかチェックしてみてください。

1.彼氏を自分のものだと思っている
2.彼氏と少しでも連絡がとれないと不安になる
3.友達と約束をしていても、彼氏に誘われたら駆けつける
4.恋人との時間を優先するあまり、自分の時間がない
5.彼氏の言うことは絶対的なものとなっている
6.彼氏の身の回りのことをなんでもしてあげたい
7.周りに彼氏以外の人がいない


当てはまる項目が多い程、あなたの依存体質度は高いと言えます。

4. 依存体質の克服方法

依存体質な女性が彼氏に依存しなくなるためにはどうしたらいい?

前項でたくさんチェックがついてしまった人も、落ち込む必要はありません。自分の現状を知ることは、克服への第一歩です。

ここでは、依存体質の克服方法について一緒に考えていきましょう。

自分の自信を取り戻す

依存体質な女性には、自分に自信がない、自分に価値が見出せないという特徴がありましたよね。このような状態では、彼氏の存在に頼りたくなるのも仕方ありません。

しかし、そのせいで彼氏の負担になってしまっているとしたら、改善していく必要があります。

自分の価値を見出すためには、自分自身を見つめなおしてどのような自分も受け入れる事が大切です。

他人の物差しではなく、自分基準のルールを作り、頑張ったと思えたら、しっかりと自分を褒めてあげてください。

例えば、自分へのご褒美として甘いものを買うなど、楽しみを作ると続けやすいかもしれませんね。

まず自分自身を愛することが、依存体質の克服に繋がります。

友達や家族との時間も大事にする

彼氏中心の生活になり、友達や家族と疎遠になってはいませんか?

依存体質の人は、「彼氏が居なくなったら一人になってしまう」という思考に陥ってしまいがちですが、あなたのことを大事に思ってくれる人が他にもいるのではないでしょうか?

彼氏と出会う前の生活を思い出して、友達や家族との時間も少しずつ増やしてみてください。きっと大切にされていることに気づき「一人じゃない」と思うことができますよ。

また、彼氏の考えが絶対だと思っていることも依存してしまう原因の一つです。

他の人の意見も取り入れて、視野を広げていくことが依存体質克服に役立ちます。

彼氏に協力してもらう

本気で依存体質を克服したいと思っている人は、彼氏に相談してみるのが一番です。

まずは、彼氏に克服したいことを伝えた上で、依存による異常行動や嫌なところがないか聞いてみてください。

それを踏まえた上で、会う頻度や連絡回数のルールを二人で決めて、一緒に克服の道を探していきましょう。

大好きな彼氏と決めたルールなら、なんだか守れる気がしませんか?

二人で克服することができたら、以前よりも素敵な信頼し合えるカップルになれるはずですよ。

5. まとめ

対象はなにであれ、依存から抜け出すためには相当な努力が必要になります。

しかし、依存体質を克服することは自分のため、そして彼氏のためでもあるということを忘れないでください。

今まで彼氏を思って尽くしてきたあなたなら、きっと克服することもできるはずです。

依存体質を克服して、彼氏にとっても居心地の良い素敵な彼女になれるといいですね。