Powered by mavhicon japan
menu
seach

告白の際のプレゼントの選び方7選|渡さない方が良いケースについても解説

告白の際のプレゼントの選び方7選|渡さない方が良いケースについても解説

公開: / 更新:

#テクニック #モテ #好きな人 #見極め

好きな人に告白するとき、プレゼントも渡したいという方もいるでしょう。本記事では、プレゼントを渡す絶好のタイミングやプレゼントの選び方などを詳しく説明しています。告白を成功させるためにも、まずは記事をチェックしてみてください。

1. 告白する際にプレゼントを渡すおすすめのタイミング4つ

大好きな人にプレゼントを渡して告白したいと思っても、何気ない日常の中ではなかなか一歩踏み出せない方もいるでしょう。また、いきなり「どうぞ」とプレゼントを渡しても、突然過ぎて相手を驚かせてしまいかねません。

ここでは、告白でプレゼントを渡すの際のおすすめのタイミングを4つご紹介します。ぜひ参考にして、ピンポイントのタイミングで渡してみましょう。

1:クリスマスイブ

クリスマスイブは大切な人と過ごすことが多い日です。誰かに先を越される前に、早めにデートの予定を立てておくのがおすすめです。クリスマスイブに会ってくれる男性なら、こちらに気がある可能性も少なくないでしょう。

クリスマスが近くなると、周りのカップルが羨ましくなったり、人肌が恋しくなる時期でもありますので、クリスマスイブはプレゼントを渡して告白する絶好のチャンスです。

またクリスマスイブはプレゼント交換する人も多いため、デートのお礼としてプレゼントを渡して不自然になってしまう心配はないでしょう。

2:相手の誕生日

誕生日は本人にとって大切な日ですので、プレゼントをもらうと後々まで記憶として残る可能性があります。また家族以外の人に誕生日を祝ってもらうと、それだけでも嬉しくなるでしょう。

もし好きな人からの告白とプレゼントなら、一生の思い出になることもあります。そのため、誕生日の告白は脈ありと感じたときにするといいでしょう。

3:デートの帰り道

デートの帰り道は、デートの余韻に浸っているため「まだ帰りたくない」と思っている可能性があります。万が一、プレゼントを渡して告白する場合は、帰り道の途中の公園など、人気の少ない場所がいいでしょう。

デートの帰り道がおすすめな理由は、告白する雰囲気ではないと感じたらそのまま帰ることもできるという点です。またレストランなどと違ってかしこまっていないため、緊張をほぐしやすいというのもメリットです。

4:ホワイトデー

ホワイトデーは、男性からバレンタインのお返しをもらう日です。バレンタインにチョコレートをもらった場合は、ホワイトデーに会う口実がつけやすく、思い切って告白するというのもいいでしょう。

ただしホワイトデーのお返しが義理の可能性もありますので、お返しをもらったからといって確実に告白が成功するとも限りません。しかし、バレンタインとホワイトデーは自然に告白できる絶好のイベントなので、利用できるならおすすめのタイミングといえます。

2. 告白する際のプレゼントの選び方7選

2回目の告白を成功させる! おすすめのタイミング4つとポイントも紹介

大好きな相手だからといって、自分の好みのものを押し付けたりとびっきり高価なものをプレゼントしたりするのは控えた方がいいでしょう。

ここでは、告白と一緒にプレゼントを渡したいときの選び方を説明します。好きな気持ちは一旦抑えて、相手がもらって困らないようなものを贈りましょう。

1:相手の好みに合わせる

1つ目のポイントは、相手の好みに合ったプレゼントを購入することです。好みでないものをもらっても困るというのもありますが、自分の好みを理解してくれていると感じてもらうことができます。さらに告白の本気度も伝わりやすくなります。

また、人気の高いものであっても、相手が全く興味のないものであれば「何を思ってこれを?」と不穏な雰囲気になってしまう可能性があるため、注意しましょう。

2:金額は安すぎず高すぎない

まだ付き合ってないのに高すぎるプレゼントをもらってしまうと、気持ちが重すぎて困ってしまいます。

一方で、逆に安すぎるプレゼントも、わざわざ告白のタイミングで渡す必要性が感じられず、告白の本気度を疑われてしまう可能性もありますので、安すぎるものは渡さない方がいいでしょうです。

プレゼントの金額は、安すぎず、かといって高すぎないものを準備するのがおすすめです。

3:こだわりが強すぎるプレゼントは避けよう

自分のことを分かってほしいからといって、こだわりを詰め込んだプレゼントを送るのは避けた方がいいでしょう。相手のことを想って選んでも、こだわりの分だけ執着心が強いように受け取られてしまう可能性があります。

また、こだわりが強い人は、付き合う前から面倒くさそうな人物に見られてしまいます。告白するときのプレゼントは変にこだわらず、気兼ねなく受け取ってもらえるようなものにするのがおすすめです。

4:花束は渡すタイミングが重要

花束は鮮度が命ですので、渡すタイミングに合わせて購入する必要があります。デートが始まってすぐに渡してしまうと、デートの間ずっと花束を持ち歩かせてしまうことになります。

プレゼントに花束を選ぶ場合は、帰り際などにさっと渡せるときがおすすめです。

また当日に購入できない場合は、別のものにした変更する方がいいでしょう。

5:手作りのプレゼントは避ける

手作りのプレゼントは、その後の扱いに困ってしまうことがあります。時間をかけて作っても、その分重く受け取られてしまう可能性もあります。

また、「褒めてあげなければ」などと相手に気を遣わせてしまうこともあるので、手作りが得意であっても、付き合う前は避けた方が無難でしょう。

6:手紙はメッセージ程度におさえる

告白する際に手紙を渡す場合は、長文にならないように気をつけましょう。あまり長々と書くと、一番伝えたいことが分かりにくく、くどい印象になってしまいます。また手紙の内容は、重く受け取られないようにメッセージ程度にしておくといいでしょう。

手紙をプレゼントするメリットは、面と向かっていうのが恥ずかしいことでも手紙なら伝えやすいという点です。

手紙が必ずしも悪い印象を与えてしまうというわけではないので、要点を押さえて丁寧な字で書いてみましょう。

7:手に持てるぐらいの大きさにする

告白するときのプレゼントは、大きすぎないものにするのがおすすめです。あまり大きすぎると、もらってから持ち歩くのが大変になってしまいます。また大きすぎるプレゼントは、付き合う前の場合、気持ちを重く受け取られてしまう可能性があります。

3. 告白の際にプレゼントを渡さない方が良いケース3つ

告白をするのにおすすめの場所9つ! シチュエーションを大切にしよう

告白する際、実は相手にプレゼントを渡さない方がいい場合もあります。プレゼントを渡して、それが確実に好印象に繋つながるというわけではないので、注意しましょう。ここでは、プレゼントを渡さない方がいいと思われるケースを3つ紹介します。

1:関係性があまりできていない場合

1つ目のケースは、お互いの関係性がまだあまりできていない場合です。そこまで親しくないのに急にプレゼントを渡されると、リアクションにも困ってしまいます。

告白が成功したときはいいですが、付き合いたくない場合、相手に申し訳なく思わせてしまいます。またプレゼントを受け取ってもらえない可能性もあるため控えた方がいいでしょう。

2:完全に脈がない場合

2つ目のケースは、完全に脈がなく断られる可能性が高いと思われるときです。脈なしの場合は、プレゼントを渡すよりも、まずもう少し関係性を親密にすることから初めてみましょう。

脈ありかどうか分からない場合は、ボディータッチや笑顔を向けられることが多いかどうかをチェックしてみましょう。

3:相手がプレゼントで心変わりしたと思われたくない人の場合

3つ目のケースは、プレゼントをもらったから付き合ったと思われたくない人の場合です。プライドの高い人は、告白と一緒にプレゼントをもらうことで「これをあげるから付き合って」と言っているように感じてしまう可能性があります。

こちらはそんな気でプレゼントを渡したわけではないのに、「もので釣れる程度だと思われているんだな」とマイナスに捉えられることもあるため控えた方がいいでしょう。

4. 告白する際にプレゼントを渡すといいシチュエーション4つ

これだけは避けたい「贈り物」のNGマナー。男性に「センスいいね」と褒められる最適なプレゼントとは?

いざ告白しようと思っても、どのタイミングでプレゼントを渡せばいいのか悩んでしまう方もいるでしょう。ここでは、プレゼントを渡すためにぴったりのシチュエーションを4つ紹介します。

変なタイミングで渡してしまうと、告白が成功するどころか相手を困惑させてしまう恐れがあります。告白を焦らず、まずはどのタイミングで渡すかシミュレーションしてみてください。

1:デートの最初より最後に渡す

プレゼントは相手の荷物を増やしてしまうことになりますので、デートの最初よりは最後に渡すのがおすすめです。デートが楽しかった場合は、今日1日を振り返ってまだ帰りたくないと思う方もいるでしょう。

そのため「また遊びたいな」と思っているときにプレゼントを渡されると、ドキッとしてしまいます。ただしこのタイミングは、デートがいい雰囲気だったときに限ります。

デートが成功しなかった場合は、別のタイミングを見計らってみましょう。

2:イベントに絡めて渡す

緊張してなかなか渡せない場合は、何かのイベントに絡めると渡しやすくなります。誕生日やクリスマスはプレゼントを贈る人が多いため、喜んでもらえる可能性があります。また、一緒にイベントに参加してくれたことから、少なくとも脈なしではない可能性もあります。

イベントの雰囲気が告白を後押ししてくれるので、タイミングを見計らってプレゼントも渡してみましょう。

3:雰囲気が重たくなる前に渡す

雰囲気が重たくなってくると、告白やプレゼントが渡しずらくなってしまいます。重い雰囲気のまま告白タイムに突入してしまうと、相手も考えすぎてしまう恐れがあります。

告白してプレゼントを渡す場合は、相手が自然な笑顔を見せてくれているときや、さっと渡せるタイミングがいいでしょう。緊張しやすいタイプの方は、レストランのディナーでガチガチにかしこまっているときよりも、自然なノリで話せているときがチャンスです。

4:できればロマンチックなムードを演出する

ロマンチックなムードの中では、お互いドキドキしているため、告白するのに絶好のタイミングといえます。素敵なイルミネーションや夜景の見える場所へ行ったり、おしゃれなレストランでディナーを楽しんだりするのもロマンチックです。

素敵な雰囲気の中で告白すれば、思い出にも残りやすくいい印象をもってもらいやすいでしょう。

5. 告白の際のプレゼントは重たくなりすぎないように注意しよう

告白するときは、誰でも心臓が飛び出る程緊張してしまうものでしょう。プレゼントの力に頼るだけでなく、告白の内容をしっかり充実させることが重要です。当日は緊張でうまく伝えられない可能性がありますので、事前にシミュレーションし、練習しておくといいでしょう。

また、プレゼントに気持ちを込めすぎると相手にとって重荷になってしまいます。プレゼントを一緒に渡す際は、プレゼントの選びやシチュエーションにもしっかり気をつけましょう。

  • 恋活・恋愛

    意外に多い!? ぽっちゃり好きな男性心理とは

  • 告白された時の返事はどうする? それぞれの場合で使える台詞を5つずつ紹介
    恋活・恋愛

    好意の裏返し!? 見た目いじりをしてくる男性の心理とは

  • 今日からできる! すぐに可愛くなれる11の方法つと会話で注意すべき点とは?
    恋活・恋愛

    男性が「本命」女性にしかしないデートプラン7つ

  • 男性が結婚したくない彼女の特徴│理由やその気にさせる方法もあわせて紹介
    恋活・恋愛

    重たすぎる…可愛いのに彼氏ができない7つの理由

  • 恋人がいない女の子必見! クリスマスを楽しく過ごす方法とは?
    恋活・恋愛

    恋人がいない女の子必見! クリスマスを楽しく過ごす方法とは?