Powered by mavhicon japan
menu
seach

ダイエットの停滞期から脱出したい!効果的な方法とおすすめの取り組み方

ダイエットの停滞期から脱出したい!効果的な方法とおすすめの取り組み方

いい女 おうち時間 オンライン ダイエット

ダイエットのスタート時には順調に結果が出ていたのに、ダイエットを続けるうちに体重が減らない!落ちない!という停滞期に陥って悩んでいませんか?

実はダイエットに停滞期はつきものです。むしろダイエットの本当の成功は、停滞期をいかに克服するかにかかっていると言っても良いでしょう。

今回は、ダイエット最大の落とし穴「停滞期」から脱出する方法とおすすめの取り組み方をご紹介します。

1. なぜ?いつまで?ダイエット停滞期

ダイエットを頑張っているのに体重が一向に落ちなければ、ダイエットをするモチベーションは維持しにくいものです。

何度も体重計に乗って、その度に体重が減らずにため息をついてしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか?

ダイエット停滞期に、心が折れてしまう人は少なくありません。まずは、なぜダイエット停滞期が訪れてしまうのか、停滞期はいつまで続くのかを知っておきましょう。

なぜ体重が減らないのか

食事制限などのダイエットを始めてすぐは意外と体重は減りやすいものの、しばらくすると体重が減らなくなるケースはよくあります。

実は、体重が減らなくなるダイエット停滞期は体の自然な反応です。

人間の体には「ホメオスタシス機能」が備わっていて、体を飢餓から守ろうとしていて、ダイエットで摂取カロリーを抑えると、体を守るために体重減少を推させる機能が働きます。

食事からの摂取カロリーが減り続けるとホメオスタシス機能が働いて、エネルギーをしっかり吸収するだけでなく、エネルギー消費も抑えられてしまいます。

つまり、運動や基礎代謝などでのエネルギー消費量が落ちてしまうので、食事制限をしてもエクササイズをしても痩せにくい体に!

食べていないのに体重が減らないというダイエット停滞期は、生命維持のために必要な体の反応と言えます。

ダイエット停滞期に陥る条件は?

体重が落ちないダイエット停滞期は、生命の危機管理上の自然な反応です。

つまり、急激に体重を落としてしまうとダイエット停滞期に陥いる可能性は高くなります。

ダイエット停滞期に陥る条件は個人差があるものの、目安としては1ヶ月の体重減少率が5%以上を目安にしてください。

体重が100kgの人なら5kg以上、80kgの人なら4kg以上、60kgの人なら3kg、1ヶ月で体重を落とすと停滞期のリスクが高まる計算です。

短期間で一気に痩せると、1ヶ月経たずに停滞期に陥る可能性もあります。つまり、ダイエット停滞期は本気で体重を落としたいと頑張った人が陥りやすい落とし穴です。

停滞期に陥ってしまうと、体重が落ちないという辛い状況が続き、結果的にダイエットに失敗しやすいと言えるでしょう。

これって停滞期?

ある一定の体重までは減ったのに、これ以上は減らない時、ダイエットは忍耐力を試される苦行のようになりがちです。

今、まさに体重が減らないと悩んでいるなら、停滞期の可能性は高いでしょう。

ただし、なんとなく体重が落ちにくくなったから停滞期という曖昧な判断は禁物です。まずは、停滞期かどうかの判断をしてみてくだださい。

ダイエット中も体重は微妙に増減を繰り返しているので、体重計に表示される数値に一喜一憂をしても意味がありません。

しっかりチェックするためにも、ダイエット時には体重を記録して一定期間での変化を確認するようにしましょう。

一般的には、ダイエットスタートから1ヶ月が経過した頃に停滞期になる傾向があります。

順調に減ってきた体重が週単位で変化していないなら、ダイエット停滞期に入ってしまったと判断して良いでしょう。

いつまでダイエット停滞期が続くの?

もし、今まさに体重が減らない辛いダイエット停滞期に陥っているなら、一体いつまで停滞期が続くのかが気になるのではないでしょうか?

停滞期でダイエットに挫折しないように、前もって停滞期の期間を知っておくと安心です。基本的に、ダイエット停滞期は短くて2週間、大体1ヶ月程度は続きます。

その期間は食事制限をしてもエクササイズをしても体重は減りにくい状態です。

そして、1ヶ月ほどかけてホメオスタシス機能の効果がなくなっていくことで、停滞期を抜け出していきます。もちろん、ダイエット停滞期は1度限りではありません。

急激に体重が減れば、また停滞期に陥る可能性があるので、ダイエットは長期戦で臨みましょう。

2. ダイエット停滞期でのNG行為

今までのダイエット内容で体重が落ちない時、ついついやりがちなNG行為をご紹介します。

ダイエット停滞期の過ごし方を間違えると、体重が落ちないどころか停滞期が長引いたり、リバウンドをしたりなどの恐ろしい事態を招く可能性大です。

もし今ダイエット停滞期なら、絶対に避けたいNG行為をチェックしておきましょう。

ダイエット内容を変える

今までのダイエットで体重が落ちないからと、焦ってダイエットの内容を変えるのは停滞期を長引かせる原因となります。

もっと食事を制限すれば痩せられるはずと自己判断して摂取カロリーを抑えてしまえば、飢餓状態が進んでさらにダイエット停滞期が長引くでしょう。

激しいエクササイズをしてもエネルギーの消費量が抑えられ、痩せにくい状態が続きます。停滞期で体重が落ちない場合も、焦ってダイエット内容を変えてはいけません。

ダイエットを中断する

ダイエット停滞期に入ると何をしても体重が減らない状態になります。何をしても体重が減らないなら、ダイエットを続けても無駄と考えてしまう人もいるでしょう。

しかし、停滞期は体がエネルギーを吸収しやすい期間です。食事量が増えエネルギー摂取量が増えれば、体に吸収されるエネルギーも通常より増えることになります。

しかも、エネルギーの消費量も下がり体が省エネモードに入っているので、リバウンドしやすい状態です。

リバウンドを避けるためにも、停滞期にダイエットを中断することは避けてください。

特定の食べ物だけを食べる

停滞期に入った時に、特定の食べ物ばかりを食べる〇〇だけダイエットなどをすることもNG行為です。

朝バナナダイエットやキュウリだけダイエットなど、手軽に始められる方法とは言え、停滞期に「〇〇だけダイエット」に取り組むことはおすすめできません。

ダイエットの基本は、栄養バランスの良い食事です。

特に、ダイエット停滞期に栄養バランスが崩れ体が飢餓状態になり停滞期に拍車がかかるので、特定の食べ物だけを食べるダイエットは避けましょう。

3. ダイエット停滞期からの脱出に効果的な方法

自信がある人には継続力がある? 継続力を身につける方法とは?

停滞期に入って体重が減らない状態が続いたことが、ダイエットの挫折原因となる人はたくさんいます。

まずは、ダイエットに停滞期はつきものと知っておきましょう。体重が減らないことに焦ったり、ストレスを感じたりすればダイエットの成功率は下がってしまいます。

ダイエット停滞期こそ焦らずに、次にご紹介する脱出方法を試してみましょう。

チートデイを作る

停滞期を乗り切る方法として、チートデイを作るという方法があります。チートデイとは食事制限やエクササイズなどのダイエットを一切行わない日です。

体が飢餓状態になっているダイエット停滞期に、あえて一時的にダイエットをストップすることで代謝効果を上げます。

ダイエットをストップして飢餓状態を脱出したと体を騙すことでエネルギー消費が行われるようになるため、停滞期からの早期脱出が期待できます。

もちろん、一時的な体重増加というデメリットはあるものの、早期にダイエット停滞期から抜けだせる方法としては有効です。

チートデイを成功させるために、適切な摂取カロリーを守り、バランスの良い食事を心がけてください。摂取カロリーは多すぎでも少なすぎてもだめです。

またチートデイだから、体を騙すからと言ってもドカ食いは当然NG!3食連続で適量を食べるように意識してください。

そして、チートデイはいつ設けるかも重要で、取り入れるタイミングを間違えれば逆効果となってしまいます。

ダイエットを開始してから順調に体重が減っているかを週単位で確認した上で、体重が減らない状態が1~2週間ほど続いているなら、チートデイを作ってみましょう。

また、体脂肪率によって適切なチートデイの間隔は異なります。基本的に体脂肪率が25%以上の人は、ダイエット停滞期でもチートデイは作りません。

体脂肪率が20%前後ならチートデイの頻度は2週間に1回、15%前後なら10日に1回、10%前後なら1週間に1回程度が基準です。

筋トレをする

ダイエット停滞期からの脱出には筋トレも効果があります。停滞期は体を維持するために基礎代謝が落ちエネルギーが消費されにくい状態です。

人は体温の維持や呼吸など、特に何も運動をしていない時でもエネルギーを消費しています。

ダイエット停滞期には体が省エネモードになっているため、何もしていない時に消費するエネルギー、つまり基礎代謝が落ちます。

基礎代謝を上げるためには筋肉が必要です。筋肉量が少ないと基礎代謝は落ち、体温も落ちて脂肪がつきやすい状態となります。

そのため、ダイエット停滞期には筋トレをして筋肉量を増やし、基礎代謝を上げると良いでしょう。

特に女性の場合は男性と比較して筋肉量が少ない傾向があります。しかも、筋肉量は年齢と共に減るので、意識して筋トレに取り組まないと基礎代謝は落ちる一方です。

ダイエット停滞期を上手に脱出するためにも、日頃から筋トレをしておきましょう。もちろん、筋トレもやりすぎは逆効果です。

適切な負荷をかけながら、楽しんで筋トレに取り組んでみることをおすすめします。

ヨガやランニングも

もしダイエット停滞期で悩んでいるなら、ヨガやランニングもおすすめです。ヨガには基礎代謝を上げるために効果的なポーズも多いので、ぜひ取り組んでみましょう。

体の内側の筋肉に効果的に働きかけるヨガのポーズで、ダイエット停滞期のストレスも吹き飛ばしてみてください。

また、基礎代謝を上げるためにはランニングも効果的です。ランニングで使う足には大きな筋肉があるので、足の筋肉を鍛えると基礎代謝は上がりやすくなります。

血行促進の効果も期待でき、体に新鮮な酸素が供給されて新陳代謝が促され、ダイエット停滞期の気分も晴れやかになるでしょう。

4. ダイエットの停滞期こそ試したいV BAR

ダイエットの停滞期に陥ると、メンタル的にも落ち込んでしまいがちです。

一生懸命ダイエットしているのに思ったように体重が落ちないことにイライラしたり、不安になってしまう人は多いでしょう。

実は、自分だけでダイエットに取り組んでいる人ほど、停滞期から抜け出しにくい傾向があります。

もし、ダイエット停滞期から早く脱出したいと思っているなら、ぜひV BARを試してみましょう。

オンラインでトレーニング

V BARのおうちで参加できるトレーニングはダイエット停滞期におすすめです。特に朝のウォームアップイベントは女性に大人気!

家にいながらビデオチャットで気軽にトレーニングを体験できるだけではなく、プロのトレーナーが爽やかイケメンだと話題になっています。

朝のオンライントレーニングを習慣にすれば、基礎代謝アップでき気持ち良い一日がスタートできますよ。

プロトレーナーが体の動かし方のコツや意識する部分などを詳しく教えてくれるので、自己流とは違った効果的なトレーニングが可能です。

PCやスマホを活用したオンライントレーニングは全国的に流行しています。トレーニング後には参加者同士での交流も可能なので、ダイエット停滞期のモチベーション維持にもピッタリです。

外出自粛やリモートワークなど、スポーツジムなどに通えない状況が続いている中、トレーニングを習慣化したい人はぜひV BARを試してみましょう。

一緒にダイエットできる仲間に出会える

V BARには、運動不足を解消したい人が集まるヨガのクラスもあります。初心者でも気軽に参加でき、プロのヨガインストラクターのレッスンが自宅で受けられて人気です。

ヨガの深い呼吸でリラックスしながら、インストラクターの説明通りに気持ちよく体を動かしてみましょう。

一緒にダイエットする仲間がいて交流ができるので、楽しみながらダイエットを続けられます。V BARには同じ趣味を持つ人との出会いがあります。

ランニング仲間やウォーキング仲間、ボルダリングやフットサルなど気になるスポーツの仲間などを探している人にもおすすめです。

5. おわりに

ヨガは何に効果があるの?ダイエット効果やその他の効果について

ダイエット停滞期を上手に脱出できずにダイエットに失敗する人はたくさんいます。停滞期に陥っているときこそ、一人で悩まずに仲間を見つけてダイエットのモチベーションを維持するようにしましょう。

身近にダイエット仲間がいない、プロのトレーナーを探すのは大変と思っているなら、V BARのイベントがおすすめです。

おうちにいながらオンラインでトレーニングができ、ダイエット仲間も見つかります。

全国で流行中のV BARのオンライン交流を気軽に楽しみながら、ぜひダイエット停滞期を上手に脱出してみてください。

  • ファッション・ビューティー

    ルックス・見た目に自信がない人が恋をした時、絶対に読んでほしいコラム

    schedule2016.06.16

  • 汚い肌は嫌だ! 肌をキレイに保つ方法とは
    ファッション・ビューティー

    汚い肌は嫌だ! 肌をキレイに保つ方法とは

    schedule2019.03.10

  • ファッション・ビューティー

    眠れない夜にとるべき行動とは!?眠れない原因と眠れない夜のNG行動も紹介

    schedule2020.07.07