婚活&恋愛コラム machicon JAPAN

決め手は自虐に打ち勝つ⁉ 褒め上手の簡単テクニック

決め手は自虐に打ち勝つ⁉ 褒め上手の簡単テクニック

公開:

ある女性が「彼氏を作るのなんて、簡単よ」と言ってのけました。私も「そりゃ、〇〇ちゃんならね」と納得しました。

なにせ、彼女は褒め上手。1時間に10回は褒められるものですから、私も彼女といるだけで最高の気分になれるんです。

逆に、私は褒めるのが下手。第一印象は「怖い」「厳しそう」と言われることに定評があります。(そんな定評、ほしくない……)

そこで、褒め上手の彼女が普段どうやっているのかを知るため、他の方との会話を観察させてもらい、テクニックをメモってまいりました。

1. 褒め上手になるには、褒め言葉を学ぶ

そもそもですが、褒めベタは「褒め言葉」のバリエーションが少ないのです。「すごいですね」「さすがですね」くらいしか思いつかない。

これじゃ話が続かないから、褒めるのがしんどい!

対して、褒め上手は「とにかく仕事が早いよね」「業務を丁寧に見てるよね」「気配りがすごい」と、褒め言葉のバリエーションが多い!

言葉の数もそうですが、適当な「すごい」「さすが」よりも、具体的に相手の何がすごいのかを伝えており、言葉に説得力があります。

  • (具体的な動作が)すごい
  • (具体的な動作が)早い
  • (具体的な動作が)きめ細やか
  • (具体的な動作が)大好き

などなど、相手のやっていること+褒め言葉だと、信頼できる褒め言葉になりますね。これが褒め上手が無意識にやっているテクニックだったのです。

2. 褒め上手は自虐に打ち勝つ

そして、褒められた日本人の典型的なリアクションは「いや、そんなことないですよ」です。

そう……ツライことに日本人は褒められると自虐してしまう……。褒めベタはここでひるんでしまい、辛い沈黙が訪れます。

代わりに、褒め上手はここでさらに褒め攻撃をかまします。

  • 「そんなことないよ! もう、〇〇さんがいないとやっていけない!」
  • 「もお、そんなこと言っちゃって。やっぱり、〇〇さんのセンスが一番参考になる!」
  • 「そうやって謙遜しちゃって~。〇〇ちゃん大好き!」

と、絨毯爆撃のような褒め言葉の折り重ねに、自虐した人も嬉しくなって降参してしまうわけです。

これを万人にできる人は、もう男性だけじゃなく人類にモテます。

3. 褒めるテクニックで目指せ人類モテ

ここまでのテクニックをおさらいしてみましょう。まずは、相手の具体的な行動を褒めます。

そして褒め言葉を「そんなことないよ!」と否定されたら、畳みかけるように「〇〇さんがいないと無理」「そういう〇〇さんが大好き」と褒め重ねます。

いきなり実行するのは大変なので、心でシミュレーションしてから褒めてみてください。

ここまで褒められて嬉しくない人はいません。これからは共に褒めテクニックを駆使して、めざせ恋愛強者……!

  • 初対面でめんどくさい女と思われてしまうNG行動とは
    ライフスタイル

    初対面でめんどくさい女と思われてしまうNG行動とは

  • セルフプロデュースで自分の魅力をアップしよう! メリット3つとコツ4つ
    ライフスタイル

    セルフプロデュースで自分の魅力をアップしよう! メリット3つとコツ4つ

  • ライフスタイル

    感受性が強すぎる人必見! ストレスで倒れないコツとは

  • ライフスタイル

    大豆ミートが人気の理由7つ!

  • インドアでもできる大人の趣味5選。自分を高めたい人におすすめ!
    ライフスタイル

    インドアでもできる大人の趣味5選。自分を高めたい人におすすめ!