婚活&恋愛コラムiVERY

60~70年代ファッションが再熱? 今と昔で着こなし方は違うの?

恋活・恋愛

恋活・恋愛

女性のファッションの流行は時代の流れで一巡するとも言われていますが、近年では、60~70年代のファッションも再び流行を見せています。

「リバイバルブーム」とも呼ばれており、若者が懐かしい服を着ているように感じている方も多いのではないでしょうか?

イマドキ風着こなしポイントを押さえれば、タンスやクローゼットの隅に眠っていた昔の服もおしゃれに復活させることができるかもしれません。

今回は、60~70年代のファッションや今と昔の着こなしの違いについてご紹介していきます。

1. 60~70年代に流行ったのはどんなファッション?

60~70年代ファッションが再熱? 今と昔で着こなし方は違うの?

まずは、60~70年代に流行したファッションについていくつかご紹介していきましょう。

ミニスカート

1960年代には、以前のクラシックな雰囲気から一変し、ファッションの自由度が高くなりました。特に爆発的なブームを巻き起こしたのが、ミニスカートの登場です。

それまでの風潮では女性は足を隠したファッションが望ましいとされていたので、脚を大胆に露出するミニスカートは女性たちに大きな衝撃を与えました。

70年代に入ってからも、キュートなミニスカートブームは続きます。

ヒッピースタイル

60~70年代にかけては、戦後の風潮の中で愛と自由と平和を強く求め、歌を愛するヒッピーのファッションスタイルが流行しました。

ボヘミアン柄のワンピースやフォークロアアイテム、ジーンズ、カラフルなTシャツなどビビッドな色と明るい柄物のデザインが特徴で、「ラブ&ピース」という言葉もヒッピースタイルを象徴しています。

厚底シューズ

60~70年代ファッションが再熱? 今と昔で着こなし方は違うの?

ヒッピーブームと同時期に入ってきたパンクブームの影響で、厚底のブーツやサンダルが流行したのもこの時代の特徴です。

70年代に入るとだぼっとしたジーンズやデニムのボトムスが爆発的に流行ったので、デニムボトムに合わせて厚底シューズを履くファッションも好まれました。

ビッグサイズのサングラス

60~70年代には海外の女優やファッションモデルの影響も受け、まん丸や四角など、大きなフレームのサングラスが流行しています。

カラーレンズのものも多く、カラフルでおしゃれな小物使いに注目が集まっていました。

マニッシュスタイル

海外、特にイギリスで流行っていたのはかっちりとしたメンズ風のマニッシュスタイルです。

シックな無地のセットアップや上品なスカーフのアレンジなど、カラフルで自由なヒッピースタイルとは大きく趣向が異なるファッションも同時期の流行です。

2. 今風に着こなすポイントは?

60~70年代ファッションが再熱? 今と昔で着こなし方は違うの?

60~70年代に流行ったレトロファッションを今風に着こなす場合のポイントをアイテム別にご紹介しましょう。

ゆったりしたワンピースなら1枚でキマる

60~70年代に代表されるヒッピースタイルでは、ボヘミアン柄のだぼっとしたワンピースも流行りました。

綿や麻素材の総柄ワンピースなら、アイテムの組み合わせを難しく考えなくても一枚でおしゃれに仕上がります。

小物までヒッピースタイルにしてしまうと古臭く見えてしまうので、靴やバッグは無地のシンプルなものを合わせると今っぽくなります。

フリンジを取り入れるだけでもOK

ヒッピースタイルでは、フリンジを取り入れたアイテムが大流行しました。

最近でも、フリンジの付いたショルダーバッグやイヤリング、モカシンなどが流行っているので、服装がシンプルな時もフリンジアイテムを投入すると一気におしゃれ上級者に見えます。

花柄のオールインワンは大人女子にもおすすめ

デニムのオールインワンは子どもっぽく見えてしまうので着こなしが難しいと感じている方も、ボタニカルな総柄のオールインワンを選ぶと一気に上品になります。

オールインワンは一枚で着こなしがキマるアイテムなのもポイントです。

フレアデニムパンツで体型カバー

70年代ファッションの代名詞とも言えるレディースのだぼっとしたフレアデニムは、体型カバーにもなるのでおすすめです。

フレアデニムは長めの丈感も多いので、同じく70年代ファッションの厚底シューズを合わせるとバランス良く着こなせます。

ビビッドカラーの厚底シューズを選ぶとアクセントになっておしゃれです。

ビッグサングラスでおしゃれとUV対策を両立

60~70年代に流行った大きなフレームのサングラスは、UVカット加工のものを選べば紫外線による目への刺激を防ぐこともできます。

顔の横幅よりも少しだけ大きく、頬に少しかかるサイズのサングラスをかけると、小顔効果も期待できるのでおすすめです。

ヘアバンドやスカーフを使ったアレンジで抜け感を

ヒッピースタイルではヘアバンドを使ったヘアスタイルのアレンジも流行っていましたが、最近でもヘアバンドも上手に取り入れることでゆるりとした大人の雰囲気を演出できます。

特にウェーブスタイルにヘアバンドやスカーフを合わせると、簡単なのに上級者っぽいヘアアレンジになります。

3. おわりに

今回は、60~70年代に流行ったファッションの振り返りとイマドキ風に着こなしたい場合のポイントについてご紹介してきました。

ボヘミアン柄やフリンジ小物、デニムボトムなど、大人でも取り入れやすいアイテムがたくさんあります。

リバイバルブームに乗っかって、若い頃に気に入っていた服を復活させてみてはいかがでしょうか?

  • 【12星座別】あなたの出会い運を占います!
    恋活・恋愛

    【12星座別】あなたの出会い運を占います!

    schedule2018.10.29

  • 天秤座女子必見!あなたと相性のいい血液型は?
    恋活・恋愛

    天秤座女子必見!あなたと相性のいい血液型は?

    schedule2017.08.20

  • 恋愛,苦手
    恋活・恋愛

    新しい自分へ!「恋愛苦手女子」を脱する3つのポイント

    schedule2016.12.04

  • 人気記事ランキング

    カテゴリ

    出会いの場

    全国の婚活パーティー

    主要都市の婚活パーティー

    北海道・東北の婚活パーティー
    関東の婚活パーティー
    北陸・甲信越の婚活パーティー
    東海の婚活パーティー
    近畿の婚活パーティー
    中国・四国の婚活パーティー
    九州・沖縄の婚活パーティー