効率が上がる上手な仕事中のサボり方10パターン|サボる際の注意点も解説

仕事をサボるということに罪悪感を持ってしまう人もいるのではないでしょうか。本記事では、程よく上手に息抜きをするための方法や注意点などを解説しています。心身をリフレッシュすることで、より良い仕事の効率化になりますので、ぜひこの記事を参考にしてください。

(目次)

たまには仕事をサボって息抜きしてもいい?

たまには仕事をサボって息抜きしてもいい?

職場によって環境は異なりますが、仕事をする気力が出ない、仕事に行きたくないなど様々な悩みを抱えたまま、働き続けている人も多いのではないでしょうか。そんな時には、程よく息抜きをすることが大切です。

仕事中に息抜きをすることで、サボってしまったと罪悪感を持つ人もいますが、心身のリフレッシュや仕事の効率アップのために、上手に息抜きをすると良いでしょう。

本記事では、仕事をサボってしまう理由や上手な息抜きの仕方、良くないサボり方やサボり癖がついてしまった時の対処法、サボりたいほど辛い時の対処法などを紹介しています。

仕事をサボってしまう主な理由

仕事をサボってしまう主な理由

働いていると、誰もが一度はサボりたいと思ったことがあるのではないでしょうか。ではなぜ、サボりたいと思ってしまうのか、そこには様々な理由があります。

知らず知らずのうちに溜め込んでしまった職場での人間関係やトラブル、無理に働きすぎているなど、心身に負担がかかっている人も少なくありません。

また、会社の方針や仕事内容など自分では解決できないことがきっかけで、サボりたいと感じる人もいるでしょう。以下では、仕事をサボってしまう主な理由を紹介しています。

日頃から働きすぎている

働きすぎてしまう背景には、残業が当たり前の風潮が根強いことや、上司から頼まれた仕事が断れないなど、様々な理由で働きすぎていませんか。

仕事量がキャパシティを超えていたり、休暇を取ることによって逆に仕事が増えてしまったりと、そういった環境が働きすぎに繋がっているケースが多いと言われています。

そんな時には、自分を休めることも仕事の一つと捉え、思い切って休暇をとるのも良いでしょう。

職場の人間関係に悩みがある

取り巻く環境はそれぞれ違いますが、職場の雰囲気に馴染めない、上司や同僚と折り合いが悪いなど、職場の人間関係に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

人間関係の悪さが原因でサボりたくなるなど、実務以外で仕事への意欲や気力の低下に繋がっている可能性があります。

心の疲弊具合は、なかなか自分ではわかりにくいものです。そんな時は、信頼できる人に相談することをおすすめします。

在宅勤務で集中できない

近年では働き方も変化し、在宅勤務が増加しています。その中で、在宅勤務になってから集中力が維持できなくなった、モチベーションが低下してしまったという人も少なくありません。

緊張感を保てず集中力が削られていくなどの要因として、同居人がいて仕事モードに切り替えができないことや掃除や家事など余分なことをしてしまうことなどが挙げられるでしょう。

職場とは違い周囲に人がいない環境下では、緊張感を保つのは誰しも難しいことです。

仕事内容が自分に合っていない

今の仕事内容が自分に合わないと感じるには、いくつか理由があります。性格や適性に見合っていない場合や苦手と感じている場合は、仕事に対するモチベーションを保つのが難しいこともあるでしょう。

また、やりたいことが他にあるから熱意を持って取り組めない、やる気はあるが成果が出ないなどの理由から、仕事内容が合わないと感じる人もいます。

仕事にやりがいを感じられない

仕事にやりがいを見出したいと思いながらも、なかなかやりがいを感じられないといった悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。生活のために働いている、正当な評価をされていないと感じる、ライフワークバランスが取れないなど、その理由は様々です。

仕事のマンネリ化や、適性に合わない部署に配属されたなどの場合も、やりがいを感じることができなくなるケースもあると言われています。そんな時には、上司に相談をしてみるのも良いでしょう。

体調が優れない

朝起きて、なんとなく体がだるい、なんとなく体調が悪いと感じた時は、仕事を休みたいと思うこともあるでしょう。

体調不良のまま無理に出勤しても、仕事がはかどらなかったり、体調が悪化したりすることもある一方で、発熱や頭痛といった明確な理由ではないことから、休むことに罪悪感を持つ人も少なくありません。

明確な理由がなくても体調不良の時には、割り切って休むことも大切です。

プライベートで悩みがある

仕事をサボりたくなる理由は、職場だけが原因ではありません。プライベートでも、大なり小なり様々な悩みを抱えているという人が多いのではないでしょうか。

プライベートで仕事も手につかなくなるような悩みを抱えている時には、仕事をサボりたいという気持ちになることもあるでしょう。反対に、プライベートが充実している時には、仕事も頑張れるという人も多いです。

上手な仕事中のサボり方10パターン

上手な仕事中のサボり方10パターン

上手にサボることは、上手に息抜きをするということです。しかし、要領よくサボらなければ、後で自分が仕事に追われることになったり、周囲からもサボっているという視線を向けられるのではないかと感じる人も少なくありません。

仕事の効率アップにも繋がる上手いサボり方を心得ておくことで、罪悪感を持たずに、程よく上手にリフレッシュすることができるでしょう。

以下では、上手な仕事中のサボり方を10パターン紹介しています。

1:サボることをポジティブにとらえる

仕事をサボることに、罪悪感を持つ人も多いですが、上手にサボることでコストパフォーマンスが上がるとしたらどうでしょうか。適度な休憩を入れることで、より効率的に集中して仕事ができると言われています。

サボるという罪悪感から、良い仕事をするために程よく息抜きをするのだとポジティブにとらえることも、上手にサボるポイントの一つです。

2:好きな音楽を聴きながら作業をする

どうしてもやる気が出ない時には、自分の好きな音楽やラジオなどを聴きながら、休憩を取ったり仕事をしてみたりするのも良いでしょう。

オフィス内は、パソコンのタイピング音や電話、プリンターの音など、様々な音が溢れています。モチベーションアップやリラックス効果だけではなく、周囲の音が気になって集中できない日などは、雑音を緩和するといった意味でもおすすめです。

3:仕事の効率化を図る

仕事が忙しすぎて、上手に息抜きができないという人も多いでしょう。しかし、業務を効率化することで仕事に追われることも減り、仕事が楽しくなるという人もいます。

現在では、業務効率を上げるための様々なツールが存在するため、自分にあったものを活用し、仕事の効率は落とさずに息抜き時間を確保することができます。

追われる仕事ではなく、決められた時間内で完了させる仕事へと方向転換することは、リフレッシュするのに欠かせない要素と言えるでしょう。

4:仕事にメリハリをつける

自分の息抜き時間を作るためにも、メリハリをつけて仕事をすることは大切なポイントです。やる気になれずにだらだらと業務をこなしても、息抜き時間すら作れずに仕事に追われる結果になってしまうこともあるでしょう。

一日でやるべき仕事を、全力を注ぐ業務とサボっても良い業務に分類したり、優先順位をつけたり、書き出して整理してみるのも良いでしょう。

5:余裕のある業務を引き受ける

仕事を上手にサボっている人は、自分の時間を確保できる業務を入れることが多いと言われています。

仕事を引き受ける時には、起こりうるトラブルや予定外の仕事が入ることも想定して、あらかじめ余裕をもったスケジュールを組むことで、時間に追われず業務をこなすことができます。

トラブルや予定外の仕事がなければ、空いたスケジュールをサボり時間として有意義に過ごせるでしょう。

6:カフェで仕事をする

リモートワークや外回りがある仕事であれば、美味しいコーヒーを飲みながら、ゆったりとしたカフェで作業をするのもおすすめです。Wi-Fiが完備されているカフェがほとんどなので、快適な作業空間といえるでしょう。

カフェに流れる音楽を聴きながら、いつもと違う空間で仕事をすることで、気分転換に繋がります。職場では、電話の音やコピー機の音など雑音が多く集中できない時にも良いでしょう。

7:トイレ休憩を意識的にとる

会社にいると、一人の時間を取ることが難しいこともあるでしょう。そんな時には、意識的にトイレ休憩をとって一息つくのも、上手な息抜きの方法です。

デスクワークが中心であれば、体を動かす意味でも散歩がてらトイレ休憩に行くのは、良い気分転換になります。集中力が切れたら、トイレ休憩をこまめに挟んでみるのも良いでしょう。

8:休憩時間は趣味を楽しむ

上手な息抜きには、オンとオフの切り替えも大切です。休憩中も、頭の中で次の仕事のことを考えていると、心身の休まる時間がありません。

休憩時間はあえて趣味の時間にあててみるなど、短時間でも仕事から離れることでリフレッシュに繋がり、上手にサボった気持ちになれます。

休憩時間に外出ができる職場であれば、散歩がてら外の空気を吸ってリフレッシュすることもおすすめです。

9:外回りには進んで行く

営業職の場合、外回りに積極的に行くことも、上手なサボり方の一つです。会社では人の目がありますが、ひと度営業に出てしまえば、自分の裁量で自由な時間を確保することができます。

疲れがたまり仕事効率が落ちていると感じた時や、体調不良で無理をしている時など、適度に休憩を挟みながら息抜きをすることもおすすめです。

10:雑用を率先的にする

上手いサボり方として、サボり時間が作れる業務を率先して行うのも良いでしょう。内勤であれば、書類郵送手配などの外出が必要な雑用を引き受けるのもおすすめです。

外出ついでにコーヒーを飲んだり携帯をみたりすれば、会社にバレることなくサボることができます。業務もこなしているので、罪悪感を感じる必要もありません。

仕事をサボる際に気をつけたいポイント

仕事をサボる際に気をつけたいポイント

どうしても仕事をサボりたい、仕事を休みたいと感じることもあるでしょう。できる限り会社にバレずに、上手に仕事をサボりたいと思っている人が多いのではないでしょうか。

上手にサボるにはどうしたら良いのか、上手にサボるための休みを取るにはどうしたら良いのかを、ここでは、仕事をサボる時に注意したいポイントや、サボる時の心構えとして紹介しています。

周囲への感謝を忘れない

サボり休みだけではなく、体調不良などでも休暇をもらったら、仕事をカバーしてくれた人や周囲の人たちに感謝の気持ちを伝えましょう。

休んでしまった罪悪感を持つのではなく、助けてもらった分、次に誰かが休んだ時に恩返しとしてカバーしていこうと気持ちを切り替えることで、自分が前向きに仕事に取り組むことができます。

また、感謝することで、今後も周囲からの助けを得られやすくなるでしょう。

繁忙期は避ける

会社には、繁忙期があります。自分がサボることで仕事が回らなくなるなど重要な業務や、会社全体が人手が足りないほど忙しい時期は、サボり休みは避けましょう。

個人や部署、会社全体のスケジュールを確認し、自分が罪悪感を持たずに済む日や、周囲に迷惑がかかりにくい日を選んでサボると良いでしょう。

また、仕事を忘れゆっくりと休むために、自分の仕事のスケジュールも上手に入れておくこともポイントです。

大きな嘘はつかない

今日はどうしても休みたい、なんとなく体調が悪いなど、サボり休みをしたいと感じることは誰にでもあるでしょう。しかし、大げさな理由をつけて休むことは、罪悪感が増すことにも繋がるため、嘘のない程度にして伝えることが大切です。

自分の状態からかけ離れた大きな嘘は避けて、出社をすることで周囲に迷惑がかかるかも知れないという理由を伝えると良いでしょう。

心構えとして、あらかじめ休む理由についての悩みを解決しておきましょう。

休む場合は事前に知らせる

仕事のスケジュールを見るなどして、できるだけ事前に休むことを伝えましょう。せっかく休んでも、仕事を休んだことへの罪悪感や、残してきた仕事を気にしていては、ゆっくりと心身を休めることはできません。

休むなら、仕事のことを忘れられるような休み方をすると良いリフレッシュができるでしょう。

暇そうに見えないよう要所では努力する

自分では上手に息抜きをしているつもりでも、周囲の目は違うこともあります。サボっていると思われては、仕事の評価が下がってしまうこともあるでしょう。

納期がある仕事であれば、上司に仕事の進捗をこまめに報告するなど、共有しておくことで、サボっていると思われずに済みます。

上手に息抜きをするためにも、相談や連絡を欠かさない努力は必要です。

携帯電話ばかり触らない

仕事の進捗の報告や共有など努力をしていても、中には頻繁に携帯を見ていることで、サボっていると指摘されることもあるでしょう。

周囲にサボっていると思われては、上手な息抜きにはならず、自分が罪悪感などで追い詰められてしまう原因にもなります。

サボり時間を有意義なものにするためにも、携帯の触りすぎには気をつけるなどサボり方を工夫しましょう。

良くない仕事のサボり方

良くない仕事のサボり方

サボると一言で言っても、種類があります。自分の心身をリフレッシュさせ、仕事の効率化を図るなどの明確な理由もなく、ただサボりたいと思う時もあるでしょう。しかし、そういったサボり方は、上手なサボり方であるとは言えません。

良くないサボり方をするということは、後から罪悪感や自己嫌悪に陥ったり、自分が最終的に仕事に追われることになったりと、悪循環を生み出す結果にも繋がります。

自分にとっても、周囲や会社にとっても良い影響が出ないサボり方は、息抜きとはかけ離れた別のものと言えるでしょう。

以下では、良くないサボり方の種類について紹介しています。

サボり癖がついている

仕事に対して積極的になれなかったり、これ以上頑張っても意味がないなど損得勘定が芽生えたり、その日の気分で休んでしまうことでサボり癖に繋がることもあります。やるべき仕事を放棄してしまうことは、良いサボり方とは言えないでしょう。

オンとオフのスイッチの切り替えができなかったり、仕事にやりがいを見いだせなかったり、自分が休むことで影響が出ることを考えていないなどの様々な理由で、後先を考えない悪いサボり癖がついてしまうこともあるでしょう。

そうなる前に、上手に息抜きをすることが大切です。

周囲に迷惑をかけてしまう

時には突然、サボり休みをしたくなることやサボりたくなることがあるという人も少なくありません。しかし、後先考えずにサボることは、周囲に迷惑をかける結果になります。

自分が任されていた仕事に責任を持たず中途半端に投げ出すことや、だらだらとサボり続けることは、周囲に迷惑をかけるだけではなく、信頼を失うことにも繋がってしまう良くないサボり方の一つと言われています。

自分自身が気持ちよく息抜きするためにも、仕事の効率化は大きなポイントです。

体調不良になってばかり

体調が優れない時には、仕事を休みたいと思う人も多いのではないでしょうか。しかし、体調不良が原因で頻繁に休むことやサボることが増えると、罪悪感が生まれ、会社に行きにくくなってしまう可能性があります。

精神的なストレスや身体的なストレスなど体調不良にも原因があるため、自分の今の状態を客観的に見て判断することも大切です。

信頼のおける人や友人など、周囲へ話を聞いてもらうこともおすすめです。

大事な所まで手を抜いている

上手に息抜きをする人は、大事な所の手を抜きません。サボって良い仕事と重要な仕事の分類を理解しているからです。しかし、やる気など気分次第でサボりたい時に、サボりたいだけサボる人は、自分の気分が優先なので大事な所の手を抜いてしまうことがあります。

上手にサボることの意味を間違えると、これまでに周囲と築いてきた信頼関係も崩れてしまうなど、自分の大事なことにまで影響が出てしまうこともあるでしょう。

そのため、前もって自分の仕事内容を分類しておくことは大切です。

会社の不利益になることをしている

息抜きという意味合いのサボるということと、自分のやる気次第で手抜きをしてサボるということには、大きな違いがあると言われています。

仕事の効率を上げるためにメリハリをつけて上手にサボることは息抜きですが、仕事を放棄するようにサボることは会社の不利益に繋がります。

会社側から見ると、やる気がなくサボってばかりで、業務にも支障をきたす社員はデメリットでしかありませんが、上手にリフレッシュしながら仕事の成果を上げている社員は重宝されるでしょう。

仕事のサボり癖がついてしまった時の対処法

最初は、仕事の効率アップのために心身をリフレッシュさせる目的で上手にサボっていても、中にはサボること自体が癖になってしまう人も少なくありません。気分転換にサボることが、気分で怠けることに繋がってしまったケースが多いと言われています。

また、サボり癖がつくと、会社を休むことや仕事を放棄すること、だらだらとサボってお給料だけをもらうということに、罪悪感を持ちにくくなる人もいます。

サボり癖は、やる気を奪うだけではなく、信頼を失うなど自分の人生にも大きく影響してしまうため、しっかりと対処して改善していくことが大切です。

以下では、サボり癖を治すための対処法を紹介しています。

人の目がある環境に自分を置く

荒療治に近い対処法ではありますが、あえて人の視線がある環境に身を置くという方法です。そうすることで、程良い緊張感を保つことができます。

周囲に人がいるとサボれる環境ではなくなるため、自然とメリハリがつき、仕事モードに切り替えやすくなるでしょう。在宅勤務の人は、部屋着のまま仕事をしないなど見られていることを意識して、仕事をするのもおすすめです。

新しい仕事に取り組んでみる

仕事にやりがいを感じられないことがきっかけでサボり癖に繋がっている場合には、新しい仕事にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

今まで取り組んだことのない仕事をすることで、やりがいに繋がりモチベーションが上がりやすくなると言われています。仕事がマンネリ化している人にもむいている対処法の一つです。

頑張った自分へご褒美をする

サボり癖を治すために、頑張った自分へのご褒美を決めておくこともおすすめです。そうすることで、仕事を頑張るための指標になるからです。

仕事帰りに大好きなお菓子を買ったり、在宅勤務であれば好きなお店のランチをデリバリーしたりと、自分にとってささやかなご褒美を準備することでやりがいを生み出せます。

勇気を出して仕事を休んでリフレッシュする

心身が疲れてしまうことは、誰にでも起こりうることです。そんな時には、限界が来てしまう前に、思い切って仕事を休んでみるのも良いでしょう。

少しくらい自分がいなくても仕事は大丈夫と割り切って、有給休暇などを利用しながら心身のリフレッシュを図ることも、仕事へのモチベーションアップに繋がります。

また、知らず知らずに溜まった自分の疲れを癒すことにもなります。

どうしても仕事を休んでサボりたいほど辛い場合の対処法

どうしても仕事を休んでサボりたいほど辛い場合の対処法

サボり癖への様々な対処を試してみても、どうしても仕事をサボりたいと感じたり、休みたくなったりする人も少なくありません。それは、サボり癖ではなく心身にストレスが溜まっていることも多いと言われています。

自分では気づかない間に、精神的にも肉体的にも限界が来ていることもあるため、自己判断はせず、自分を客観的に見てみることが必要でしょう。

以下では、どうしても仕事を休んでサボりたい時の対処法を紹介しています。

信頼できる人に相談する

仕事をサボって休みたくなる理由が自分でもわからない時には、周囲の信頼できる人に相談してみることも一つの対処法です。

信頼の置ける人に話すことで、心が軽くなったり、今の気持ちが整理できたりするため、自分の心身の状態を把握することができます。

誰にでも心身が疲れてしまうことはあるでしょう。そんな時には、無理せずに周囲に相談することが大切です。

自分にかかっているストレスを客観的にチェックする

仕事をサボりたいと感じることが増えたり、頻繁に休んでしまったりする時には、自分にかかっているストレスを客観的にチェックすることも大切です。インターネットで、チェックシートと検索するとすぐに見つかります。

無意識に溜まった小さなストレスもやがて大きくなることもあるため、いつもと違うと感じたら、早めにチェックすると良いでしょう。自分では気づきにくいストレスなどもあるため、自己判断をしないことです。

仕事をサボりたいと感じるのには、様々な理由があるでしょう。それが、会社側に原因がある場合や人間関係がどうしても辛い場合など、自分では解決できない問題であれば、転職を検討することも一つの対処法といえます。

会社の方針や仕事内容、職場の人間関係は、簡単に変えることが難しいのも事実だからです。

環境を変えることは簡単ではありませんが、自分のために転職を考えることも大切です。

上手に仕事をサボって効率を上げよう

上手に仕事をサボって効率を上げよう

上手に仕事をサボって効率を上げるための方法や、サボる時の注意点など紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

良い仕事に繋がるような心身のリフレッシュをするために、程よくサボることがおすすめです。上手なサボり方は、上手に息抜きをすることとポジティブにとらえて、リフレッシュ休暇をとるなどしていきましょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む