彼氏が欲しいと願っていても、どこかに素敵な男性はいないかと探していても、見つかる時もあれば見つからない時もあります。

誘われる合コンに顔を出したり、SNSで積極的に動いてみたり、頑張っても運命の相手に出会えない時は出会えないものです。

あまりにも出会えないと、思わず「疲れた……」と呟きたくもなりますが、こんな風な気持ちになった場合、何をすれば良いのでしょうか?

1. 彼氏探しに疲れを感じる理由とは?

彼氏が欲しくて探しているのに、段々と気持ちが疲れてきたと感じる理由は何でしょうか?

欲しくて探していたはずなのに、徐々に疲れを感じてしまう理由をまとめてみました。

焦り

彼氏探しに疲れたら何をすればいい?

最初は見つかるといいなという気持ちで彼氏探しをしていたものの、徐々に見つからないことに焦りを感じ、ここまで来たなら見つけてやる! と意地になってしまった可能性があります。

そこから思ったような彼氏が見つからない、年齢的に彼氏くらいいないと結婚できない、周りはみんな幸せそうといった気持ちが焦りとなり、その感情に疲れてしまったということです。

精神的に追い込んでいた

自分では意識していなくても、精神的に彼氏がいないといけないと自分自身を追い込んでしまい、その結果、気持ちが疲れてしまう方もいるようです。

「周りの年下は結婚している」、「彼氏がいて楽しそう」と感じていることが精神的に自分を追い込んでいるのかもしれません。

理想にこだわりすぎた

今後は素敵な彼氏が欲しいと思ったり、あれこれ彼氏に対して条件を付け過ぎたり、恋愛ドラマのような出会いが欲しいと思ったり、恋愛に対しての理想が高すぎたり、こだわりすぎたりすると、その条件に見合った人を探さなければなりません。

しかし、恋愛ドラマに出てくるようなハイスペックの彼氏は、現実世界ではそう簡単に見つかるものではないため、疲れを感じるという結果になったのかもしれません。

1から恋愛をしていくのが面倒に感じた

多くの出会いの場に足を運ぶと、毎回出会う相手が異なるため、全て1からのスタートになります。

毎回自己紹介から始めていき、同じような会話を繰り返し続けると、段々それが楽しさからつまらなさに感じて、疲れたと感じてしまうのでしょう。

2. 彼氏探しに疲れたらどうすればいい?

様々な理由から、楽しいはずの彼氏探しに疲れを感じてしまった場合、どんな風にしたら良いのでしょうか?

本当に彼氏が必要か考えてみる

彼氏探しに疲れたら何をすればいい?

前の彼氏と別れたから次の彼氏がいないといけないと自己暗示をかけていませんか?

恋愛心理学では、「恋愛普及幻想」という言葉があり、ある一定の年代になると彼氏がいるのが当たり前だと思い込んでしまうことがあるそうです。

それによって、周りの人にみんな彼氏がいるから自分もいないとおかしいと感じてしまい、必死になっている可能性もあります。

もう一度、考えてみてください。本当に彼氏が欲しいですか? この問いに対して、よく考えてみると自然と答えに辿り着くでしょう。

恋愛以外のことを楽しむ

彼氏がいると二人の時間を優先的に考え、恋愛に時間を多く使ってしまいますが、彼氏がいない場合は恋愛に使う時間がなくなり、自分のための時間として多くのことに使えます。

1日は24時間しかなく、そこに仕事や学校など決められたことを行う時間を除くと自分のための時間はわずかしかありません。

彼氏探しに疲れたら、普段できないことにチャレンジしたり、新しい趣味を見つけたりすると充実した自分だけの時間を使えるでしょう。

男性=恋愛を結び付けない

彼氏探しをしている最中は、男性=彼氏候補として常に目を光らせていた方もいるでしょう。

そして、無意識に男性の仕草や行動をチェックし、彼氏として合格かどうかを判断していたかもしれません。

しかし、男性=彼氏候補として見なければ一人の人間として評価でき、そこから新たな関係が生まれてくる可能性もあります。

彼氏探しに疲れたら男性=恋愛を結び付けずに、人間対人間として向き合ってみましょう。

自分を磨く

彼氏探しに疲れたら何をすればいい?

彼氏探しに疲れたら、この機会に自分自身を見つめ直す時間を作ってみましょう。

美容やオシャレ、ジムや習い事など、自分の価値を高めるために何か試してみる良い機会となるでしょう。

自分磨きが良いリフレッシュになり、彼氏探しで疲れた心を癒してくれるだけでなく、自分の価値も高めてくれるでしょう。

この機会に、今までできなかったことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

肩の力を抜いて自然体でいる

彼氏探しをしている時は、常に男性目線で行動をしたり、洋服を選んだりしていたと思いますが、彼氏探しに疲れた今は、いつも通りの自然体で過ごすようにしましょう。

出会いを常に求めているときは狩りの最中のような雰囲気があったり、鋭い目つきに変わったり、いつもと違った雰囲気を出してしまっていた可能性があります。

そんな空気が出ている女の子は、男性も近寄りにくいと感じてしまいます。

いつもと同じように肩の力を抜いて自然体でいる方が、男性も近寄りやすくなるので、いつも通りを心掛けてみましょう。

3. おわりに

彼氏探しに疲れを感じたのは、どんなに頑張っても彼氏が見つからない焦りやいら立ち、精神的な疲れが重なってきた時期だと思います。

また、欲しいという気持ちが全面に出すぎていたため、男性も近寄りにくいと感じていた可能性もあります。

彼氏探しに疲れたと感じたらその気持ちを素直に受け止め、これまで彼氏探しに使っていた時間を自分のために使ってみましょう。

心が穏やかにほぐれてくると、自然と男性からお誘いが来るかもしれませんよ。恋は探すのではなく来るものだと考え、ゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか?