婚活&恋愛コラム machicon JAPAN

キュンとくる告白のセリフ21選! 男女別に成功率が高いものを厳選

キュンとくる告白のセリフ21選! 男女別に成功率が高いものを厳選

公開: / 更新:

# テクニック # モテ # 好きな人 # 恋愛

好きな人ができて告白をしようとしたとき、どんな言葉が自分の思いを伝えられるのか悩んでしまうという人も多いことでしょう。この記事では、男女別で成功率が高い告白のセリフを紹介していきます。自分の思いが相手に伝わるように、自分に合ったセリフを探してみましょう。

1. 好きな相手へ告白をするには?

好きな相手に思いを伝えたいと思っても、言葉が浮かばなかったり、ちゃんと伝わるかどうか自信が持てなかったりしてしまうという方も多いことでしょう。相手が心を動かしてくれるセリフとはどのようなものなのでしょうか。

この記事では、男性がキュンとくる告白のセリフを紹介していきます。相手の胸に届くようなセリフを知って、告白を成功させられるように学んでいきましょう。

2. 女性から男性への成功率が高い告白セリフ総合15選

女性から男性へ告白をする場合において、成功率が高いセリフを15個紹介していきます。男性がどのような言葉を求めているのかを知って、自分の熱い気持ちが伝わるように言葉を選んでみましょう。

いくら思いが強くても、言葉にできなくて相手に伝わらなければ、実るものも実りません。自分の素直な思いを相手の気持ちに届くように伝えられるよう、告白に用いられるセリフを学んでいきましょう。

グッとくるストレートなセリフ3選

まずは、告白のセリフの中でも、グッとくるストレートなセリフを紹介していきます。回りくどく告白をしてしまうと、結局何が言いたいのかわからないと困ってしまう男性もいます。

少し鈍感な男性にも、自分の思いが真っ直ぐ伝わるように、ストレートな言葉を選んでみましょう。ストレートなセリフは少し気恥ずかしい感情にもなりますが、結果的に相手をグッとさせることができるでしょう。

1:あなたが好きです

誤解なく思いを伝えたい場合には、ストレートな告白のセリフである「あなたが好きです」を用いましょう。目の前にいるあなたのことが好きですということを、直接伝えられる言葉です。

緊張はしますが、初めに「あなたが好きです」と伝えることで、どこか落ち着くことができます。その言葉を言った後に強い思いやどんなところが好きなのか、ゆっくりと冷静に伝えてみましょう。

2:私と付き合ってください

相手とどうなりたいか、はっきり伝えるためには、「私と付き合ってください」とストレートなセリフを選びましょう。好きだと伝えるだけの場合より、彼との関係を深めたいという気持ちが伝わります。

ただ思いを伝えることで終わってしまうのではなく、現在の友達や上司部下の関係を変えたいという思いを伝えるために、具体的にどうしたいかを言うことで本気度が相手に伝わるでしょう。

3:あなたの彼女にしてください

相手にとってどんな存在になりたいのか、ストレートなセリフで伝えるには、「あなたの彼女にしてください」と伝えましょう。「彼女」という具体的なワードを入れることで、リアリティが増して相手をドキッとさせることもできるでしょう。

自分のかわいらしさや女性らしさを相手に意識させつつ、思いを伝えることのできる告白のセリフです。相手の目を見て、ストレートに伝えてみましょう。

一途で純粋な思いを伝えるけなげなセリフ5選

続いて、キュンとくる告白のセリフの中でも、一途で純粋な思いを伝えるけなげなセリフについてご紹介します。自分がどれだけ相手のことを思っているのかを伝えることで、相手に思いが届くことでしょう。

告白の返事に迷ったり、まだ好きかわからなくて悩んだりする男性は、女性の熱量を見て前向きに考えてくれるようになることでしょう。早速見ていきます。

1:ずっとあなたが好きでした

1つ目は「ずっとあなたが好きでした」というセリフです。最近急に一目惚れしたような軽い気持ちではなくて、長い間心の中で温めた気持ちをようやく告白することができたということが伝わるでしょう。

「ずっと」とはどれくらいのことだろう、と男性は疑問に思ってくれるでしょうから、好きになったきっかけや、思いが大きくなってきた過程をさらに伝えてみてはいかがでしょうか。

2:これからもずっと一緒にいたいです

2つ目に、「これからもずっと一緒にいたいです」という未来の話をする告白のセリフを紹介します。相手と一緒に過ごす、これから先の未来を強く願っているんだということが伝わり、真剣度を理解してくれることでしょう。

未来のことを考えると、さまざまなイベントや行事を一緒に過ごすことを想像できます。付き合った後の2人のことをリアルに考えてくれたうえで答えを出してくれることでしょう。

3:私じゃだめですか

3つ目に紹介するセリフは、「私じゃだめですか」という、かわいらしさを出した男性の情に訴える告白のセリフです。緊張してしまう告白の場面において、極限状態の中で精一杯の思いを伝えていることがわかることでしょう。

男性は女性のか弱さにキュンとくる人が多い傾向にあります。告白の中にも相手をキュンとさせるようなかわいらしさを取り入れて、男性の気持ちを引き込みましょう。

4:私はあなたの一番になりたいです

続いての告白のセリフは、「私はあなたの一番になりたいです」という言葉です。あなたの一番になりたいということは、彼女にして大事にしてほしいという思いが詰め込まれています。

ただ好きだと思いを伝えるだけでなく、結果としてお付き合いして、男性からも一番大事な存在になりたいという強い思いを伝えることができます。これからの関係性についても見越しているセリフです。

5:友達のままじゃいやなんです

最後に紹介する、一途で純粋な思いを伝えるけなげなセリフは、「友達のままじゃいやなんです」というセリフです。告白相手の男性が、友達のように仲のいい関係の場合、その関係を崩してでも新しい関係性を結びたいという気持ちが伝わります。

仲のいい男友達の場合、恋愛対象として見てくれているのか不安になることもあるでしょう。恋人として付き合ってほしいという思いを伝えましょう。

魅力を最大限引き出すあざとかわいいセリフ2選

続いて、魅力を最大限引き出すあざとかわいいセリフを2つ紹介します。告白相手の男性に自分の魅力を伝え、キュンとさせるセリフや言動をしてみましょう。

これまで恋愛感情を持っていなかった場合にも、あなたの新たな一面を見せることで、男性の気持ちを揺るがすことができることでしょう。男性の女性を守ってあげたくなる男心をくすぐるようなセリフを紹介します。

1:あなたのことが好きになっちゃいました

自分の魅力を最大限引き出すために、「あなたのことが好きになっちゃいました」というあざとかわいいセリフを使ってみましょう。かわいらしさを前面に出して、恋に落ちてしまった自分に照れながら伝えると相手をキュンとさせることができます。

また、あなたの魅力のせいで恋に落ちてしまったというニュアンスも伝わるため、男性はいやな気分はしないことでしょう。

2:あなたのことをもっと好きになってもいいですか?

続いて、「あなたのことをもっと好きになってもいいですか?」と疑問形で伝え、もっと相手の魅力が知りたいということを伝えてみましょう。これからもっと好きになりたいということは、付き合っていく中でさらに好きになれる魅力がまだまだあるということが伝わります。

今がピークではなくて、これからもっといい関係性が築けていけるという未来への期待を込めてセリフを伝えてみましょう。

特別な人だということを伝えられるセリフ2選

次は、相手が特別な人だということを伝えられるセリフを紹介していきます。あなたと付き合いたい、あなただから付き合いたいという相手への強い思いを伝えてみましょう。

自分にそれだけの強い思いを伝えられると、人の心は大きく揺らぎます。自分のことを真剣に考えてくれている人に対して、自分もそれだけの思いを返したいという気持ちになってくれることでしょう。

1:他の誰でもなくあなただから好きになりました

まずは、「他の誰でもなくあなただから好きになりました」という唯一無二の相手であるということを伝えてみましょう。ただ彼氏が欲しいわけではなく、あなたとの関係性を深めたいという思いが強く伝わるセリフです。

男性も告白を受けるときに、ついつい疑ってしまいがちで、自分でなくてもいいのではないかと思ってしまうこともあります。あなただからというストレートなセリフで、相手に熱い思いを伝えてみましょう。

2:誰かのことをこんなに考えたことなんて今までありませんでした

次に紹介する告白のセリフは、「誰かのことをこんなに考えたことなんて今までありませんでした」という言葉です。前例がないくらい、自分の頭の中を支配するような魅力的な人だということが伝わるセリフです。

自分も戸惑ってしまうくらい、あなたのことばかり考えてしまうという、自分の中にあふれる大きな思いを相手にぶつけてみましょう。

ちょっとひねった告白セリフ3選

続いては、告白のセリフの中でも、ちょっとひねったものを3つ紹介していきます。相手をどきっとさせるような、ムードある雰囲気の中伝えると効果も高まることでしょう。

自分を知的に見せたり、ロマンティックを演出したりして、ムードを高められるセリフです。2人だけの世界に酔い知ることができる告白の雰囲気を作ってみましょう。相手の心を揺らすセリフを知っていきましょう。

1:月が綺麗ですね

1つ目に紹介するちょっとひねった告白のセリフは、「月が綺麗ですね」です。夏目漱石が「I love you」を訳したときに、「月が綺麗ですね」という言葉を使ったことから、告白のセリフとして用いられるようになった言葉です。

「あなたを愛しています」という言葉はストレートすぎて、雰囲気や情緒が感じられない点に夏目漱石は違和感を感じて、訳し方を変えたと言われています。

2:私の好きな人は○○な人です

続いて紹介する告白のセリフは、「私の好きな人は○○な人です」という言葉です。<strong><mark>○○の部分に相手に当てはまるワードを入れて、相手に「自分のことかな」と思わせてドキッとさせるセリフとなっています。</mark></strong>

直接好きだと伝えるのが難しい場合、少し匂わせるように「目の前にいる人だよ」や「今グレーのスーツ着てる人だよ」といって、相手に気づいてもらうという告白の方法です。

3:私とこのままの関係でもいいんですか?

続いて、「私とこのままの関係でもいいんですか?」というセリフで相手からの気持ちを聞き出す方法を紹介します。お互いにどこか意識しあっているはずなのに、恋愛として進展がないときに、相手の思いを聞き出すうえで使うことができるセリフです。

このセリフを言うことで、自分の思いは前に進みたいということが伝わります。あとは、男性がもう一歩引っ張ってほしいという気持ちで、この言葉を伝えてみましょう。

3. 男性から女性へのキュンとする告白セリフ6選

ここまで、女性から男性へのキュンとする告白のセリフを紹介してきましたが、ここからは男性から女性への告白のセリフを紹介していきます。女性の心が動くような、惹きつけるセリフを選びましょう。

恋愛においてリードしてほしいと考える女性は多くいます。そのため、告白の言葉や態度から、女性は男性がどのような彼氏になってくれるのか判断しています。しっかりと男らしく告白をしてみましょう。

1:好きです付き合ってください

1つ目の女性が男性からの告白でキュンとするセリフは、「好きです付き合ってください」というセリフです。シンプルで、わかりやすい言葉で、女性は心動かされることでしょう。

回りくどくて何が言いたいかわからない告白よりも、ストレートにどんな思いで、これからどうなりたいのかを伝えてくれる言葉には、好感が持てることでしょう。

2:自分の彼女になってください

続いて、「自分の彼女になってください」というセリフを用いて、どうなりたいかをわかりやすく伝えましょう。一番大事な彼女という存在になってほしいという思いを伝えて、これから大事にしていきたいという思いを伝えます。

彼女になってもらって、色々なイベントや行事を楽しく2人で過ごしていきたいという、未来の話をしてみてもいいでしょう。

3:ずっと隣にいてほしいです

次に紹介する男性から女性への告白のセリフは、「ずっと隣にいてほしいです」です。一緒に歩幅を合わせて、歩んでいきたいという、自分らしさも伝わるセリフです。

うまく相手を引っ張ることができないという男性は、引っ張ることはできなくても隣で笑いあえるような関係を作りたいということを伝えてみましょう。彼女はそんな彼らしさにキュンとさせられることでしょう。

4:今から本気で口説くから

続いて紹介するセリフは、「今から本気で口説くから」という前置きをすることで相手をキュンとさせる言葉です。男らしい一言で女性をキュンとさせたうえで、自分の熱い思いを伝えてみましょう。

相手の男性らしい一面を見せられると、女性はキュンとしてしまいます。この人についていきたいと思わせることができ、男として見てくれるきっかけにもなるでしょう。

5:幸せにしたいです・幸せにします

男性らしく、「幸せにしたいです・幸せにします」という女性の夢をかなえてあげるようなセリフもおすすめです。自分が幸せになりたいというよりも、相手のことを考えているということが伝わり、女性もこの人にゆだねてみようと考えてくれることでしょう。

幸せは多くの女性が願うことで、それを意識したうえで告白してくれる男性には、女性は大きく心を揺さぶられることでしょう。

6:大切にします

「大切にします」という決意表明を行い、これからの2人の関係性に安心してもらえるような言葉を送りましょう。自分のことを大切に考えてくれているという思いは、女性を喜ばせることでしょう。

付き合ってからは、楽しいことばかりではなく喧嘩や言い争いもあるでしょう。しかしこの言葉を伝えておくことで、大切に思ってくれているという気持ちが根底にあることが、付き合った後も続くことでしょう。

4. 告白セリフの効果を高めるコツ7選

社会人が告白するならどのタイミング? 見極めるポイントやおすすめのセリフを紹介

具体的な告白のセリフについて知ってきたので、続いては告白の効果を高めるコツを学んでいきましょう。雰囲気や仕草で、同じ告白のセリフでも、伝わり方は変わってしまいます。

相手に自分の中にある思いが間違いなく伝わるように、伝え方にも注意しましょう。7つのコツについてしっかり押さえていきましょう。

1:シンプルな言葉でまとめる

まず一番に押さえるポイントとしては、「シンプルな言葉でまとめる」ということです。回りくどくて何が言いたいかわからない告白では、相手のフラストレーションを高めてしまい、逆効果です。

自分が何を伝えたくて、どうなりたいかということを相手に伝わるようにシンプルにまとめます。たくさん伝えたいことがあるときは、まずシンプルな言葉で伝えた後に、思いを聞いてほしいと言って話すようにしましょう。

好きな気持ちと今後どうなりたいかをセットで

シンプルな言葉には、好きだという気持ちと、今後どうなりたいかという言葉を含めましょう。好きな気持ちだけだと、だからどうするのと、相手に疑問を持たせてしまいます。

また、どうなりたいかだけだと欲望だけが伝わって、自分への気持ちはそんなに大きくないのかなと誤解を与えてしまいます。シンプルな言葉にも両者を含むように心がけましょう。

2:できるだけストレートに言う

告白は「できるだけストレートに言う」ことが重要なポイントとなってきます。ストレートな熱い思いは、相手の心を動かす効果があるため、告白の際には欠かせません。

緊張する気持ちはわかりますが、相手を不安にさせないためにも自分の中の熱い思いを真っ直ぐ伝えることをおすすめします。

3:茶化さずにはっきり伝える

告白の際は、「茶化さずにはっきり伝える」ことが大事です。普段の関係性から照れてたり、はぐらかしたりしてしまいがちですが、真剣な場で茶化す行為はマイナスポイントです。

こんな大事な場面でも茶化す人なんだという印象を与えてしまい、付き合ってからも心配だという気持ちにさせてしまう恐れがあります。

4:相手の内面と外面の好きなところを伝える

告白の際は、「相手の内面と外面の好きなところを伝える」ようにしましょう。告白された人は、自分のどこを好きになってくれたのか疑問に思うため、しっかりと伝えることが重要です。

内面だけでも外面だけでもなく、両方伝えることで、色々なところを見て好きになってくれたんだと自信を持ってくれることでしょう。

5:相手の目を見て話す

告白をする際は、「相手の目を見て話す」ことが欠かせないポイントです。相手の目を見て話すことで、より真剣さが伝わり成就する確率も上がるでしょう。

告白は緊張して相手の目を見ることができないという気持ちもわかりますが、真っ直ぐな目には真剣さや熱い思いがプラスで伝わる効果があります。

6:上から目線の言葉にならないようにする

告白のセリフの効果を高めるコツとしては、「上から目線の言葉にならないようにする」ことが挙げられます。上から目線の言葉や態度には、相手をイラつかせたり傷つけたりする可能性があります。

上から目線の言葉を掛けられると、冷静でいられなくなり、告白を断ってもいいかという気持ちにさせてしまうことがあるので注意しましょう。

7:直接会って告白をする

「直接会って告白をする」ということが、告白において重要なポイントです。メールや電話での告白は、自分の熱い思いが伝わらない可能性があります。

面と向かっての告白は緊張してしまうから避けたいという思いもあるでしょうが、相手にそんなに熱い思いではないのかと思わせてしまい、逆効果となってしまう可能性もあるので注意が必要です。

シチュエーションにこだわってみるとなおよし

告白のセリフはもちろん、相手の心を動かすうえで重要ですが、シチュエーションにこだわってみるとなおよい結果を生み出すことでしょう。告白の場所や時間など、告白のために準備してきたという行動が、相手の心を動かすことでしょう。

付き合えた後も、告白のシチュエーションはよかったと相手にとっていい思い出にしてもらえることもあるので、欠かさずに考えることが大事です。

5. 告白する前に確認しておくポイント2つ

最後に、告白する前に確認しておく2つのポイントを押さえていきましょう。いざ告白をすると決めたら、すぐに告白したくなるでしょうが、大事なことを忘れずにチェックするようにしましょう。

ポイントを押さえておくかどうかで、結果に影響が出る場合もあります。セリフやシチュエーションを考えた後に、最後にしっかり確認してから行動に移すようにしましょう。

1:相手の都合

告白をする場合には、相手の都合をしっかりと確認するようにしましょう。相手が今どのような状況にあるのかをしっかりと把握したうえで、相手にとってもいいタイミングでの告白が理想的です。

相手が疲れていたり、忙しかったりするときに告白をすると、それどころではないと振られてしまう可能性もあります。相手が今どのような状況で何を求めているのかを知ってから行動に移しましょう。

2:自分の身だしなみ

自分の身だしなみは告白をするシチュエーションに適しているのか、確認してみましょう。シワシワのシャツやくたびれたパンツなどを履いていると、相手にはネガティブな印象を与えてしまうことになります。

告白という大事な場面にもかかわらず、身だしなみが整っていないということは、自分に対する気持ちはその程度なのかと、相手に悪い印象を与えてしまうこともあるので注意が必要です。

6. 自分の気持ちをしっかり伝えるセリフ選びで告白を成功させよう

告白をするのにおすすめの場所9つ! シチュエーションを大切にしよう

キュンとくる告白のセリフや男女別に成功率が高いセリフを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。自分の気持ちをしっかり伝えるセリフ選びで、告白を成功させましょう。

告白のセリフやシチュエーションが整った後は、自分の身だしなみや相手の状況の把握にも注意して、万全の状態で告白に臨みましょう。

  • 友達止まりは嫌!好きな人に意識させる方法8つ
    恋活・恋愛

    好きなタイプを聞かれたら…… ベストな答え方とは?

  • 出会いがあるおすすめの場所4選! 素敵な出会いを探そう!
    恋活・恋愛

    出会いがあるおすすめの場所4選! 素敵な出会いを探そう!

  • 【婚活マンガ】Calm Love ~穏やかな愛~・第8話「初デート」
    恋活・恋愛

    【婚活マンガ】Calm Love ~穏やかな愛~・第8話「初デート」

  • すぐ泣くのをやめたい。誰か、溢れる涙を止めて……! 涙を止める方法って?
    恋活・恋愛

    すぐ泣くのをやめたい。誰か、溢れる涙を止めて……! 涙目にならない方法って?

  • 恋愛の仕方が分からない人へ→あなたが望んでいるのは恋or彼氏?
    恋活・恋愛

    恋愛の仕方が分からない人へ→あなたが望んでいるのは恋or彼氏?