婚活&恋愛コラム machicon JAPAN

デートの定義とは? 男女別のデートの定義総合15選やお出かけスポットを解説

デートの定義とは? 男女別のデートの定義総合15選やお出かけスポットを解説

公開: / 更新:

# デート # 気になる人 # 男心 # 男性向け

「デートって何?」改めて聞かれるとうまく答えられない、という方も多いのではないでしょうか。この記事ではそんな分かりづらい「デートの定義」について紹介します。「あれは、デートだったの?」とモヤモヤしている方はぜひ読んでみてください。

1. 一般的なデートの意味とは?

あなたは「デートとは何か?」と考えたことはありますか。改めて聞かれると、なかなか答えるのが難しい問題なのではないでしょうか。

馴染みの深い「デート」という言葉ですが、異性との軽いお食事から、もっと親密な意味合いまで、一口に「デート」といっても人によって捉え方は様々です。ここでは色々な角度から「デート」について解説していきます。

デートの語源

改めて「デート」とは何か調べてみると、その語源は「日付」「年月日」などを表す「Date」となっています。よく使われているような「異性との約束」や「異性と出かけて食事などをすること」といった恋愛的な意味は含まれていないことが分かります。

とはいえ、一般的に「デート」という言葉を使う場合には、そこに恋愛関係のちょっとした期待が含まれていることが多いのではないでしょうか。まずは、女性目線から見たデートの定義について探っていきます。

2. 女性側でのデートの定義7選

デート前日の準備には何がある? ケアやコーディネートのポイントを解説

どこからがデートか、という線引きは難しいものですが、恋愛的な期待を持って異性と会う時には、男女問わずある特徴が出てくるものです。

では、女性がデートを意識して男性と会う時、どんな行動をとるのでしょうか。女性にとっての「デート」の定義について、7つご紹介していきます。気になる女性がいる方は参考にしてください。

1:会話内容が恋愛に関するものが多い

女性は「デート」の場面では、普段の会話に比べて「どんなタイプが好き?」「付き合ったらどんなデートがしたい?」など、会話の内容が恋愛に関するものが多くなりがちです。

相手のことをもっと知りたい、相手にとって自分が恋愛対象かどうか知りたい、という気持ちから自然と恋愛関係の会話が増える傾向にあります。また、将来の話など2人の未来を想像させるような会話が多い場合も、デートと認識している証拠だといえます。

2:スマホチェックが少ない

デート中に頻繁にスマホチェックをされたら、誰でも「退屈してるのかな?」「自分に興味がないのかな?」と不安になってしまうものです。気になる異性と2人でいる時、女性はスマホチェックをする回数がいつもより少なめになるでしょう。

デートと認識していれば、相手に嫌な思いをさせないようにスマホを見ないようにしますし、何より好意のある相手と楽しい時間を過ごしていると、スマホを見ることを忘れてしまうというのが理由です。

3:メイクや服装など見た目に気を遣っている

女性がその日の約束を「デート」と捉えているかどうかは、メイクや服装にはっきり表れます。デートとなれば、いつもはあまり着ないような女性らしいワンピースや体の線が分かる服装、しっかりメイクで挑む人が多いでしょう。

逆に、男友達とご飯に行くくらいの感覚で出かける場合、誤解されるのを避けるためわざと露出を控えたり、パンツスタイルでメイクも控えめにしたりします。デートの時とそれ以外では、見た目に差をつける女性が多いです。

4:ボディタッチが積極的

肩をトントンと叩いたり2人でいる時に自然と手に触れたりと、積極的にボディタッチをする場合も、女性がデートと認識している時の特徴です。

女性は好意のない相手に触れたいとは思わないものです。ボディタッチが恋愛感情とまでは言い切れませんが、好意を持っていることの証拠にはなります。

5:目の合う回数が多い

会話中やふとした拍子に「目が合った」と感じることはないでしょうか。

人は気になるものを目で追ってしまう習性があり、特に女性の場合その確率が高いと言われています。また、男性より女性の方が恋愛のテクニックとして意識して「視線を送る」傾向にあり、その回数が多いほど相手への好意も大きいといえます。

2人で会っている時によく目が合うなら、女性がデートを意識している可能性が高いでしょう。

6:話し声のトーンが明るく高い

2人で食事をしていると、段々声が明るくなったり、高くなったりする女性もいるでしょう。それは、お酒が入ってテンションが上がっているせいだけではありません。

好意のある異性に対して、男性は声のトーンが下がり、女性は上がる傾向があると言われています。また声のトーンが明るいのは、女性が2人の時間を楽しんでいる証拠です。2人で会っている時、いつもより声が明るく高いと感じたら、相手に好意がある可能性があります。

7:相手が送迎してくれる

今の時代ではレアなケースでもありますが、会うたびに必ず相手の男性が送迎してくれる、という場合もあります。

送迎をしてくれるということは男性が自分のことを大切に思ってくれている証拠です。また、女性がデートの行き帰りに危険な目に遭わないか心配したり、少しでも長く一緒にいたいという気持ちの表れでもあります。

こういうケースは、女性にとってはデートと考える大きな要因となります。

3. 男性側でのデートの定義8選

ランチデートに誘われたらどうする? おすすめの飲食店や見るべき男性のマナーも紹介

ここまで女性側のデートの定義について見てきました。次に、男性側が「デート」と認識している時にする行動について考えてみましょう。女性と比べ、男性が気になる異性のために特別にする行動には以下のような特徴があります。

1:レディーファーストなエスコートをする

日本の男性はレディーファーストが苦手だと言われています。さりげなく女性をエスコートするのは高度なテクニックが必要と感じ、尻込みしてしまう男性が少なくないようです。

そんな男性があえてレディーファーストな行動をとるのは、相手が大切な人だからこそでしょう。デート中にお店のドアを開けてあげたり、車道側を歩いたりするのは、特別な人との特別な一日だと意識しているからなのです。

2:事前にお店を予約している

期待を膨らませて約束の場所に出かけたら、目的のお店がお休みだったり、満席で何十分も待たされたりしては、せっかくの楽しい夜も台無しでしょう。スムーズに食事ができるように、事前にお店を予約している男性は相手を大切に思っている可能性が高いです。

事前に女性の好みをさりげなくリサーチし、雰囲気の良い、評価の高いお店を予約しておくといった心遣いをされたら、相手がデートを意識していることは手に取るように分かるというものです。

3:デート費用を負担する

昔と比べ「男性がデート費用を負担するのは当たり前」という時代ではなく、「初めてのデートから割り勘」というケースも多くなってきましたが、それでも男性がデート代を支払ってくれるとすれば、それは特別な相手だからこそです。

食事の最後に男性が「ここは僕が」とさりげなく伝票を手にして先を歩いてくれたら、女性として意識されている証拠と言って良いでしょう。

4:一日の予定がしっかり組まれている

デートと期待して出かけたのに、いざ会ってみると行く場所も決まっていなければ、食べたいものも女性任せという男性には、百年の恋も冷めてしまいます。

反対に、待ち合わせの場所からランチのお店、移動のルート、途中で立ち寄るカフェ、ディナーのお店まで、女性の好みをリサーチした上でプランが組まれていたら、男性がそれだけ自分のことを思ってくれているということが伝わるでしょう。

5:訪れる場所のリサーチが入念

デートの場合、男性は少しでも良い印象を与えたいと、女性の好みや自宅からの距離などを考え、入念にリサーチした上でデートコースやお店を選ぶものです。

自分が何も言わなくても、男性が好みに合った素敵なお店に連れて行ってくれたり、話題のスポットをさりげなくデートコースに入れてくれたりする場合は、脈ありと考えられます。

6:次の外出予定を計画している

気になる女性とは、またすぐに会いたいと思うのが男性の心理です。この人を逃したくないと思えば、男性は確実に次回も会えるように「今度は○○に行こうか」「来週はいつ会える?」など積極的に聞いてきます。

男性がすぐ次のデートの約束を取りたがるのは、あなたとのデートに乗り気な証です。

7:恋愛感情の有無

男性にとって、恋愛感情のないデートはただの「食事会」や「外出」に過ぎません。2人きりで会ったとしても、そこに恋愛感情がなければデートとは認識しないのです。

恋愛感情の有無の判断は難しいですが、女性は生まれつき勘が鋭い傾向にある人も多いため、持ち前の勘をフルに活用して「お友達」扱いをされていないか、細心の注意を払いましょう。

8:時間を確保して外出している

忙しい男性と会う約束をするのは至難の業ですが、男性はどんなに忙しくても好きな女性のためなら何とか時間を作るものです。

「たまたま時間が空いたから会おう」ではなく、「何としてもこの日だけは時間を作るから会おう」という姿勢で誘うのが男性にとってのデートといえます。

4. 男女共通のデートの定義6選

デートを断られたときの対応方法8つをご紹介|断られてもチャンスはある!

ここまでは男女それぞれが考えるデートの定義について述べましたが、ここからは男女共通のデートの定義とは何かについて解説していきます。性別に関係なく存在する「デートの定義」とは一体何なのでしょうか。

1:どちらかもしくは両者に恋愛感情がある

先程男性側のデートの定義でも出てきましたが、2人が相思相愛であるか、どちらか片方でも恋愛感情を持っていれば、それは「デート」だというのが男女共通の見解です。

自分にその気がなくても、男性が自分に好意を寄せていればデートということになります。また、相手は友達と思って誘ってきても、自分が相手のことを恋愛対象として見ているならそれはデートといえるでしょう。

2:相手の認識や全体の雰囲気

これは少し難しい判断基準ではありますが、「相手がデートと認識しているか」や、「デート全体の雰囲気」で判断するという声もあります。会った時の空気感から察したり、「これってデートだよね?」と直接聞いてみたりするのも効果的です。

3:休日に2人で外出する

平日に仕事の後で会うのは、ただの友人や職場の付き合いでもよくあることです。休日にわざわざ約束して2人だけで会うのはやはり特別なことのため、平日に会うか休日に会うかはデートかどうかを見極める大きなポイントになっているようです。

誘われるのはいつも平日ばかりという方は、一度お休みの日に彼を誘って反応を見てみてはいかがでしょうか。

4:行き先がいわゆるデートスポット

行き先として指定された場所が夜景の綺麗な場所だったり、雰囲気の良いレストランだったりと、いわゆる「デートスポット」の場合、男女ともにデートであると認識しやすいようです。

逆に居酒屋やファストフード店など、友達といつでも気軽に行けるような場所はデートの定義から外れてしまいがちです。

お決まりのデートスポットとは?

「デート」と認識されやすいお決まりのスポットといえばやはり「夜景の綺麗な場所」や「テーマパーク」「映画館」「少し高級なレストラン」などが上位にランクインします。恋愛感情のない男女では行かない場所が挙げられます。

交際が始まると「居酒屋」や「ファストフード店」などでのデートも気楽でOKという意見も出てきますが、まだお互いの気持ちがはっきりしない初期のデートにおいては定番のデートスポットを選んでおいた方が失敗が少ないでしょう。

5:両者ともに関係の発展を考えている

何となく寂しいから仲の良い異性と出かける、今日は暇だから仕事の後同僚と飲みに行く、というその場しのぎの約束はデートとは呼ばないでしょう。そういう約束は誰とでもできますし、お互いにとってそこに何の責任もないからです。

その場だけ、今日一日だけ楽しければいいと考えるのではなく、その先を考え、さらに関係を発展させ、2人の仲を進展させていきたいと思ってするのがデートといえるでしょう。

6:軽いスキンシップがある

女性側のデートの定義でも触れましたが、ポンポンと頭を軽く叩いたり、さりげなく手に触れたり、軽いスキンシップがあると距離が縮まりやすく、男女ともに「デートだ」と意識するきっかけになるようです。

直接言いにくいことも、そっと触れることで伝えることができたり、それまでは友達だと思っていても、肌が触れたことで気付かなかった自分の気持ちに気付かされたりする場合もあります。

5. デートとはどんなものか改めて考えてみよう!

「デート」の意味と定義についておさらいしてみましたが、いかがでしたでしょうか。男女のことは、いつまで経っても謎だらけです。ですが、ご紹介したようなデートの定義を知っておけば、2人の距離感を測るバロメーターになるでしょう。

時には失敗しながらもお互いの気持ちを気遣い合って、より良い関係を築いていく一日となれば、どんなデートにも意味があるといえるのではないでしょうか。

  • 男性が好印象を抱く「得意料理」を集めてみました♪
    恋活・恋愛

    男性が好印象を抱く「得意料理」を集めてみました♪

  • 彼女にかかる維持費はどのくらい? お金がかからないおすすめのデートプランを紹介
    恋活・恋愛

    デートでの割り勘は当たり前? 奢らない男性の6つ心理やスマートな奢られ方

  • 社会人が告白するならどのタイミング? 見極めるポイントやおすすめのセリフを紹介
    恋活・恋愛

    「彼女ヅラうぜぇ…」男性が冷めるLINEの特徴6つ

  • <男性向け>上手な甘え方と女性の本音。甘えんぼ男子は女性にどう思われている?
    恋活・恋愛

    上手な甘え方と女性の本音。甘えんぼ男子は女性にどう思われている?

  • <男性向け>脈なしから逆転する方法! 手順を踏めば気になる女性はあなたのものに!
    恋活・恋愛

    【冷静になれば分かる】彼女持ち男性の見分け方~もう傷つかないために