Powered by mavhicon japan
menu
seach

ひとりで生きる覚悟をした女の子へ…… 幸せに暮らすために必要な準備とは?

ひとりで生きる覚悟をした女の子へ…… 幸せに暮らすために必要な準備とは?

いい女 おうち時間 本音

失恋をしたり、婚活がうまくいかないと、「ひとりで生きていくしかない」と考える女の子もいるでしょう。

ひとりで生きていくことに不安を抱えてしまう人もいるでしょうが、「おひとりさま」という言葉があるように、ひとりで生きていくことを覚悟している、ひとりを楽しんでいる女の子も多いのです。

ひとりで生きることには実は多くのメリットがあります。ひとりでも幸せに暮らすことはできるので、注意点や準備するべきことについてご紹介していきましょう。

1. ひとりで生きることにはどんなメリットが?

まずは、ひとりで生きることにどんなメリットが隠れているのか、チェックしていきましょう。

【自由な時間が多い】

結婚をすると、夫と一緒に過ごすことになり、相手に合わせた生活をしなければいけない部分も多いです。

起きる時間や寝る時間、ご飯の時間など、自分の思っているような時間にできないために、ストレスを抱える女の子も多いのです。自分の趣味に割ける時間も減ってしまうために不満を感じることもあるでしょう。

しかし、ひとりであれば時間も自由に使えます。仕事も趣味も全ての時間を自由にできるので、自分の好きなように過ごせるでしょう。

【お金を自由に使える】

結婚をすると自分で稼いだお金を自由に使えないデメリットがあります。生活費だけではなく、子どもができた際には学費もかかるので、将来を考えて貯蓄もしなければいけません。

趣味がお金のかかるものであると、夫の了解を得てからでないと続けることができない可能性もあります。

しかし、ひとりであれば我慢せずとも自分で稼いだお金を自由に使えます。ストレスなく過ごせることにつながるでしょう。

【他人の面倒を見なくてもいい】

結婚をすると、夫側の親族とも関わり合いを持つことになります。お盆や年末、さらには休みの日などには顔を見せに帰らなくてはいけない場合もあり、ゆっくり過ごせない場合も多いのです。

関係が悪い場合には大きなストレスにもなるでしょう。介護が必要になった場合には義理の両親の面倒を見る必要性も出てきます。

しかし、ひとりであればそういった付き合いもありません。他人の面倒を見る必要もないので安心でしょう。

2. ひとりで生きる際の注意点

ひとりで生きることには、多くの魅力があります。しかし、注意すべき点もあるのであらかじめ把握しておきましょう。

【寂しくなる時がある】

ひとりでいることにふとした瞬間寂しくなることがあるでしょう。年齢が高くなるにつれて、自分の周りにも結婚をして家庭を持っている人が多くなります。

遊びに誘っても家族のことを優先する人が多くなるので、一人で過ごす時間が増える可能性もあります。

特に老後は退職をして人と会う頻度も減ってしまうので、より寂しさを時間することが多くなるでしょう。

【防犯に注意しなければいけない】

女の子のひとり暮らしでは防犯対策が何よりも大切です。年齢に関わらず危険が潜んでいるので、防犯対策をしっかりと考えましょう。

【病気やケガをした時】

体調を崩した際には自分自身で自分の看病をしなければいけません。ご飯を作ることや薬を買いに行くことなど、具合が悪くなっても自分自身で行うため、苦労することもあるでしょう。

また、万が一入院となった場合には自分で着替えといった準備をする必要があります。あらかじめ、相談できる相手を見つけておくことが有効な対策となるでしょう。

3. ひとりで生きるために準備すること

ひとりで生きるためには準備が大切です。いざという時でもスムーズに対応できるよう、今から準備を始めていきましょう。

【病気や介護にかかるお金を確認する】

ひとりで幸せに暮らすためにも、健康は大事です。いつ病気になるかは誰にも分からないので、早い段階での注意が必要となります。

入院した時にかかる費用を計算するだけではなく、通院時にかかる費用についてもチェックしておきましょう。

将来、老人ホームといった施設で過ごそうと考えているのなら、どの程度のお金が必要となるのか理解する必要もあります。困った時に相談できる機関についてもチェックしておきましょう。

【老後資金を貯める】

生活をするためにはお金が必要です。自分のことは自分でどうにかしなくてはいけないため、働けるうちはしっかりと働き、十分な貯蓄をしていきましょう。

老後は年金を受給することができますが、どの程度もらえるのか不透明な部分もあります。年金に頼らずに生活できるよう、今から貯金をして余裕のある暮らしができるよう計画していきましょう。

【住居を確保する】

ひとりで生きることを覚悟してマンションや一戸建てを購入する人も増えています。中古でもリフォームをすることで新築と同様に綺麗で機能的な暮らしをすることは可能です。

マンションは、修繕積立金や管理費が必要になるため、デメリットがあると考える人もいますが、大家さんや周辺住人とのつながりができるために孤独を感じにくいといったメリットもあります。

一戸建てに関しても近所付き合いを多くすることで、つながりを持てるので安心です。ただし、住宅が老朽化した場合には修理業者を自分で選んで修繕してもらう必要が出てくるので、新たなトラブルを招く危険性もあります。

マンションや一戸建てを購入する際にはメリットだけではなくデメリットについても理解し、購入するようにしましょう。

【安定的な仕事を見つける】

結婚すれば夫がいるので職を失った時でもサポートが受けられます。しかし、ひとりであればサポートは受けられないので安定な収入を得られるような仕事を見つける必要があります。

現在働いている職場が問題ない場合には、そのまま働き続ければいいのですが、少しでも不安があれば転職を検討しましょう。年齢を重ねれば転職も難しくなるので、早めの行動が大切です。

そのためにも、資格を取得してスキルアップすることも有効でしょう。英語や中国語といった外国語を習うことも得策です。また、副業ができる環境であるなら、副業を始めるのもおすすめです。

【保険に加入する】

保険に加入していないのであれば、今からでも保険に加入してください。病気になった時やケガをした際に安心できます。

ただし、保険にも様々な種類があるので、しっかりと相談をしてから加入しましょう。

【親の介護について考える】

今は元気な親でも介護や看病が必要になる時は急にやってきます。独身であると介護を親族に押し付けられる可能性もあるでしょう。

しかし、仕事と介護を両立することは難しいです。施設に入所するなど、早い段階で親や兄弟と話し合っておきましょう。

【信頼できる人を見つける】

ひとりで生きるので、夫や子どもといった家族はいません。今は仕事をしているので、職場の人と関わり合いを持てますが、退職をすれば職場の人とは会うことも少なくなるでしょう。

話し相手がいないと孤独を感じてしまいます。最悪の場合、孤独死をしてしまう可能性もあるので、信頼できる人を見つけることも大切なのです。

資格を取るためにスクールに通ったり、趣味の習い事を始めるなど、人脈を作る環境はたくさんあります。困った時に相談できるような信頼できる人を確保し、老後に備えましょう。

4. おわりに

気が利く人は愛される! 物事を先読みしてあなたも重宝されよう!

ひとりで生きることは大変でもありますが、自由に過ごせるので魅力も多くあります。

しかし、今は健康であってもいつ病気を発症するか分かりません。事故に遭いケガをする可能性もあるでしょう。

万が一の時でもスムーズに対処できるよう、貯蓄を始めることや保険に加入するなど、今からでもできる対策を施し老後に備えていきましょう。

夢中になれるものを見つけて、楽しく幸せに過ごせるように上記を参考に準備を進めてみてください。

  • 【婚活はつらいよシリーズ5】処女信仰とケガレ意識の強い男たち。あるいはマリアとバブみについて
    婚活・結婚

    【婚活はつらいよシリーズ5】処女信仰とケガレ意識の強い男たち。あるいはマリアとバブみについて

    schedule2017.05.04

  • 年収450万の男性と結婚したら……リアルな生活事情をご紹介
    婚活・結婚

    年収450万の男性と結婚したら…… 手取りは? 家賃や食費など、リアルな生活事情をご紹介

    schedule2019.06.13

  • 男性が結婚相手に対して妥協するポイントとは? 妻には言えない本音
    婚活・結婚

    男性が結婚相手に対して妥協するポイントとは? 妻には言えない本音

    schedule2019.06.17