地方の街コンに多いのが、前回参加した時と同じ人に再会するケース。実は地方の街コンイベントは、都心と比べて数も少なめ。

その為、同じ人と遭遇するケールは少なくありません。更に同じイベントであれば、常連が参加することもしばしば。

しかし、前回参加した時と同じ人と参加するのは気まずいもの。

そこで今回の記事では、街コンで同じ人と再会した時の対処法についてご紹介します。地方在住者の恋活男女は、ぜひ参考にしてくださいね。

1. 「久しぶり! 元気?」と声をかける

街コンで同じ人と再会した時の対処法。もしかしてピンチ?

筆者が街コンや婚活パーティーに参加していたころ、前回と同じ参加者と再会した時に決まって言われたのがこのセリフです。

流石に、顔見知りなので「初めまして」とは言えませんしね。

また「久しぶり! 元気?」と言われることで、プチ同窓会やオフ会のノリになることも。

ここはいっそ割り切って、お仲間感覚でトークを楽しんでみましょう。もしかすると、案外気が合って仲良くなれるかも?

2. 「いい出会いあった?」とあえて聞いてみる

もし、その人があなたにとって「ナシ」の人であれば、ここはあしらう為に「いい出会いあった?」と尋ねてみましょう。

彼が、もし「出会いはない」と言ったら、あなたから「今日はいい出会いがあるといいね」と伝えるか、または「会場の中にいいなと思う子はいる?」と聞いてみるのもいいですね。

いっそ、ここはひとつ面倒見のいいお母さん役に撤しましょう。どうせ、あなたはその男性に興味がないのですから。

でも、ぶしつけな態度も取れないですし、ならばお節介おばさんになればいいのです。きっと男性は、あなたが他の女性を指南する時点で「僕は恋愛対象外なんだ」と判断するはずです。

3. LINEをブロックした男性との再会はどうすればいい?

街コンで同じ人と再会した時の対処法。もしかしてピンチ?

筆者が婚活をしていた頃、少しでも「なし」と判断した男性に対して積極的にLINE(ライン)ブロックしていました。その為、他のイベントでブロックした男性と遭遇することも少なからずありました。

その時、もし「なぜ連絡くれないの?」などとしつこいのであれば「その時はいい人がいて、ごめんね」と濁しておきましょう。

更に「じゃあ、今ならいい?」と迫って来たら、苦笑いで返せば「どんなに頑張っても、所詮は恋愛対象外なのか」と諦めるはずです。

4. あなたが「いいな」と思っている相手の場合は?

もし、あなたが少しでもいいなと思っている男性との再会であれば、これは逆にチャンスです。むしろ、恋のチャンスとして再会を活かしましょう。

もし、すでにお互いに打ち解けた関係であれば、オフ会のノリで「もしよかったら、この後一緒に飲みませんか?」と声をかけてみてもいいかもしれません。(ただし、彼が他の女性とカップルにならなかった場合に限る)

また、あまり話していない関係であれば「以前、○○のイベントに参加していましたよね?」と声をかけてみるのもありです。彼も、自分のことを覚えてくれていたんだと思うと嬉しいはずです。

5. もしアプローチを断った相手の場合は……

街コンで同じ人と再会した時の対処法。もしかしてピンチ?

最も困る再会が、前回のイベントでアプローチを断った人との再会です。または、一度デートしたものの上手くいかなかった人との再会ですね。

もし、あなたが断った場合であれば男性は「チャンスかも?」と思って再びアプローチしてくる可能性があります。

しかし、あなたはその人を一度でも「ない」と判断したのですから、毅然とした態度で振る舞い続けましょう。そもそも付き合った訳ではないのですから、気まずく感じる必要はありません。

逆に、あなたが断られた場合であれば、未練がましく声をかけたい気持ちになるかもしれません。それでも、ここであなたがいい顔をすれば向こうは調子にのるだけです。何事もなかったかのように振る舞うのが得策です。

6. <まとめ>街コンで同じ人と再会した時の対処法

街コンで同じ人と再会すると、気まずいものですよね。だからといって、あなたが狼狽えていると、もっと気まずくなってしまいます。

特に地方のイベントは数自体が少ない為、同じ人と遭遇する確率は高くなります。「また同じ人と遭遇したらどうしよう」と思うのではなく、そこは割り切って「お久しぶり! 元気?」とオフ会のノリで声をかけてみましょう。

元々街コンとは、出会いだけでなく仲間探しにも有効なイベントです。少しでもいいなと思う男性であれば、どんなキッカケでも繋がっておきたいもの。再会をチャンスと捉えて、楽しく過ごしてみましょう。