婚活&恋愛コラムiVERY

独身女性の特徴、結婚のために取り組むこととは

婚活・結婚

婚活・結婚

30代になっても独身のまま、もしかして……もうこのまま結婚できない? そんな不安にかられ、気持ちが重くなることもありますよね。

若いときは男性なんてたくさんいるから、その気になったらすぐに相手は見つかるでしょ。なんて思っていたものの、いつの間にやら30代になり婚期も逃していた模様。

どうしたら独身から抜け出せるのか。結婚するためにはどうたら良いのか。

不安を抱えながら婚活を始ようと考えるあなたのために、独身でいる人の特徴から婚活で意識したいことをご紹介します。

前向きに婚活をして、これからの人生を一緒に歩んで行けるパートナーを見つけましょう。

1. 独身の女性の割合について

日本での生涯未婚率は2015年の時点で、男性は23.37%、女性は14.06%という調査結果が出ています(国立社会保険・人口問題研究所調べ)

つまり、男性は4人に1人、女性は7人に1人の割合で50歳になっても未婚のままなのです。生涯未婚率は年々上昇しており、これからも上昇すると予想されています。

<参考元>東京新聞『「生涯未婚率」やめます「50歳時」に政府、表現統一』

2. 独身女性が増えた理由とは?

独身女性の特徴、結婚のために取り組むこととは

年々増えている未婚の独身女性。どうして増えたのか、同じ女性として気になりますよね。

結婚を夢みている女性も少なくないはず。それなのにどうして独身女性が増えたのか、考えられる理由をご紹介します。

多種多様な価値観が受け入れられるようになった

昔と異なり、いまでは独身や事実婚、同性愛、同棲、ルームシェアなど。多種多様な男女のあり方が受け入れられています。

グローバル化や男女格差を無くす動きなどから、幅広く様々な価値観が受け入れられるようになったのです。

そのため、独身であっても居心地の悪さが緩和され、周りから煩く言われること、差別されることも減っています。

独身であっても結婚を強要されることがなくなったのも、独身女性が増えた理由のひとつでしょう。

女性の社会進出

高齢化と少子化が進み、働ける人が減少。それにより女性も家事や育児、介護をしながら働くよう推進されはじめました。

また、労働における男女の格差を無くす動きもあり、より女性が社会に出やすくなったのです。そのため、仕事に専念する女性も増え、独身の女性が増えたと考えられます。

結婚する余裕がない

仕事に追われ精神的に余裕がない。収入が少なく経済的に余裕がない。といった理由から、恋愛や結婚まで至らないことも独身女性が増えていると考えられます。

自分のことでいっぱいいっぱいなため、他の人のことまで考える余裕がないのです。また、女性に余裕がないからこそ、男性が近づくチャンスを見極められずにいることも。

魅力があっても、余裕がないと近寄り難い雰囲気も出てしまいます。結婚を考えるならば、時間や心の余裕を作ることが大切ですね。

3. 独身女性は男性からどう思われている?

独身女性の特徴、結婚のために取り組むこととは

独身女性への偏見は少なくなったものの、それでも男性がどう思っているか気になりますよね。

そこで、男性は30歳なかばになっても独身の女性をどう思っているのかご紹介します。

結婚までの展開が早そう

30代になってもまだ未婚の場合、結婚まで急展開になりそうだなと考えます。

結婚適齢期を過ぎてしまったが故に、焦りが生まれていそうだなと予想するのです。

そのため、気になっていても、身構えてしまったり、躊躇してしまう男性もいます。

なにか問題を抱えているのでは

30代ともなると、結婚していてもおかしくない年齢です。にも関わらず独身だと聞くと、本人に問題があるのではと考えます。

性格であったり、価値観であったり。結婚までに至らない原因が、女性にあると疑うのです。

独身であることに対し、ポジティブな理由や納得のいく理由を伝えられるようにすると男性の不安も和らげられるでしょう。

自由な人なんだろう

これまで独身を謳歌してきたと予想し、この女性は自由でいたい人なんだなと思う男性もいます。

独身女性に対し「一人でいるのが好き」「自分のしたいようにする人」という印象を持つのです。

裏を返すと「わがままな女性かもしれない」「一人の時間を優先しそう」というマイナスな印象も与えています。

4. 独身女性の特徴とは

独身女性の特徴、結婚のために取り組むこととは

独身女性には共通する特徴があります。自分は大丈夫と思う人ほど要注意です。

自分自信に当てはまっているものがないか、さっそくチェックしてみてくださいね。

結婚をして脱独身を目指すなら、当てはまった特徴を改善していきましょう。

男性に頼らなくても生活が成り立つ

経済的にも精神的にも自立し、一人で充分に生きていけるのは独身女性の特徴のひとつ。無理に男性を求めずとも、問題なく生きていけるのです。

男性は女性に「頼ってほしい」「必要としてほしい」「甘えてほしい」と願います。そのため、しっかりしすぎる女性に対して「自分が居なくても大丈夫だ」と男性は結論づけてしまうのです。

結婚をしたいなら、男性に弱みを見せましょう。男性が居なくて大丈夫だと思わせない程度に、自立していることが大切です。

とにかく理想が高い

自分からハードルをあげているのも、独身女性の特徴です。「そんな人いる?」と、思えるほど高い理想を持っています。

とにかく理想が高いため、それに見合う男性に出会えず。かといって妥協もしないために、独身となっているのです。

理想と現実は違うもの。無理に合致させようとすればするほど、結婚は遠のいていきます。

理想を持つことは良いのですが、多くを望みすぎないようにしましょう。多くを望むのであれば、それに見合う女になることが大切です。

男性への不信感が強い

過去の経験から、男性に対し良い感情を持っていない。そういった特徴を持つ独身女性もいます。

たとえば、大好きだった彼に浮気されたことがある。結婚間近になって婚約破棄されてしまった。

子供の頃に父親が浮気相手のところへ行ってしまった、など。

男性による酷い仕打ちのせいで、不信感や警戒心が強くなっているのです。

ただ、恋愛や結婚は信頼で成り立ちます。そのため、男性への不信感が強い女性は恋愛や結婚が上手くいかないのです。

男性よりも女友達と居るほうが好き

独身であることを気にせず、友達と楽しく居られたら良いと考えています。

そのため、結婚を先のばしにしたり、そもそも結婚したいと考えていなかったり。男性よりも女友達との時間の方が有意義に感じているのです。

恋人ができたとしても女友達を優先してしまっている。そんな女性は要注意です。女友達は大切ですが、生涯のパートナーとなる人はもっと大切なはず。

たとえ理解を示してくれる男性であっても、フォローは必要です。恋人が特別であること、大切であることを言葉と態度で表しましょう。

最後の一歩が踏み出せない

分に自信がないことや、不安が大きいことが原因で結婚という選択を躊躇してしまう。

そうした独身女性もいます。躊躇している間に、結婚するタイミングを逃してしまったのです。

結婚は一生をともにするパートナーを決めるもの。そのため、誰もが「本当にこの人で良いのかな?」という疑問に直面します。

そうしたときに、恋人と一緒に不安を和らげられるのがベストです。最後の一歩が踏み出せないと、独身女性からは抜け出せませんよ。

5. 独身女性が結婚するには【準備編】

独身女性の特徴、結婚のために取り組むこととは

今は晩婚化が進んでいるため、30代になっても需要はあります。とはいえ、結婚するために準備しておきたいもの。

独身女性が結婚するために準備しておきたいことをご紹介します。

理想像の見直し

これまで抱いていた理想の男性像から、一度離れましょう。理想像を見直し、現実を見るのです。

理想にこだわりすぎてしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

そのため、これだけは譲れないという部分だけ明確にし、理想像を再設定するのです。

理想像は漠然としすぎても結婚相手が定まらなくなります。たとえば「普通の人」という理想像ほど難しいものはありません。

「普通」とは、人によって様々です。価値観によっても大きく変わります。

また「普通」として想定されるスペックを持つ男性は、すでに相手がいることがほとんどです。

「普通」ほど需要があり、モテることを知っておきましょう。

自分の現状を知る

改めて自分を見つめ直すことも、新たな一歩を踏み出すときに大切です。恋愛・結婚を攻略するには、戦略だてが必要となります。

そのため、武器にできる自分の魅力を知っておきましょう。また、自分に似合う服やメイク、髪型なども知ることで、より男性を魅了できるようになりますよ。

自分をいかに魅力ある女性に見せられるかで、男性の食いつき方が変わりますよ。

恋活・婚活モードになる

恋愛や家族愛をテーマにした映画やドラマを観て、気持ちを高めます。

そうすることで、モチベーションが上がり自分磨きを継続しやすくなるのです。

また、感情移入することで恋から遠ざかっていた心のリハビリにもなります。

長いこと独身でいると「恋愛ってどんなだっけ?」「好きってなんだっけ?」と忘れてしまうことも。

そんなときこそ、疑似体験できる映画やドラマを観ましょう。もちろん、漫画や小説も効果的。

自分の固まった心を動かすことで、恋をする準備になるのです。

これまでの恋愛を振り返る

結婚をするために準備するなら、昔の恋愛を最初から思い出してみましょう。

これまでの恋愛を振り返ることで、男性から見た自分の良いところと悪いところが分かります。

たとえば「昔の彼はいつも手料理を喜んで食べてくれた」なら、料理が上手だとアピールできます。

「いつも美味しそうにご飯食べるね〜」と言われていたなら、食事もアピールできる場となります。

「悩みがあったら伝えてほしい」と言われていたなら、もっと弱みを見せて甘えることが必要だったと考えられるのです。

6. 独身女性が結婚するには【行動編】

独身女性の特徴、結婚のために取り組むこととは

結婚のチャンスはあなたの行動しだいで、大きく増えます。

結婚したいあなたへ、婚活で大切な行動についてご紹介します。

婚活へ積極的になる

理想の人を見つけ結婚するために必要なのは、自分から縁を探しに行くこと。待っていてもチャンスは訪れません。

積極的に行動し、自分から機会を作っていくことで大きなチャンスは舞い込んでくるのです。

出会いや縁を大切にする

出会いや縁は偶然が重なって訪れるもの。だからこそ、大切にしていきたいものです。

たとえタイプでなくても、理想と違っていても、恋に落ちることがあります。将来有望であったり、実は良い人であったりすることも。

人生なにがあるか分からないからこそ、ひとつひとつの出会いや縁を大切にしましょう。

女子会から足を遠ざける

本気で結婚したいと考えるなら、独身上等な女友達との交流を一時的に控えましょう。

独身を謳歌しているのは素敵ですが、婚活女性にとってはモチベーションダウンの原因になることも。

結婚を強く意識しなくては、婚活に身が入らなくなってしまいます。そうなっては、せっかくのチャンスも逃してしまうでしょう。

女子会は恋人や婚約者ができた後でも参加できます。ただ、出会いや縁は「今」しかチャンスがないものです。

素敵な人とのチャンスを逃さぬよう、婚活をメインにでかけましょう。

結婚相談所に登録してみる

婚活を考えるなら、仲人さんがサポートしてくれる結婚相談所も活用してみましょう。

結婚相談所は本格的な婚活向き。高額なため、それだけの覚悟を持って結婚相手を見つけたい場合に登録すると良いでしょう。

婚活パーティーへ参加する

出会いの場と言えば婚活パーティーです。婚活パーティーは年代別に開かれるものや、希望の年収以上の男性だけが集まるものがあります。

そのため、理想のステータスを持つ男性にも出会いやすいですよ。結婚相談所よりも堅苦しくなく、マッチングアプリほど年齢層が若すぎないため、30代の婚活に向いています。

7. まとめ

独身で一人で生きていくよりも、一人の男性と一緒に過ごしていきたい。そう思い立ったいまこそ、婚活を始めましょう。

婚活はいつ始めても遅くはありません。婚活の準備からスタートし、行動に移すことで素敵なご縁に巡り会えるでしょう。

待っていてもチャンスは訪れません。出会いを求めまずは婚活パーティーから足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • 【婚活ブログ】【婚活マンガ】タカコ、婚活パーティーへ行く・第7話「投票結果!」
    婚活・結婚

    【婚活マンガ】タカコ、婚活パーティーへ行く・第7話「投票結果!」

    schedule2017.06.11

  • 男性が「結婚したい」と思う女優は?
    婚活・結婚

    男性に人気の「結婚したい女優」 男性が好む結婚相手とは?

    schedule2019.06.02

  • 本当に彼で大丈夫? 婚活相手に迷った時にすべきこと、考えることとは?
    婚活・結婚

    本当に彼で大丈夫? 婚活相手に迷った時にすべきこと、考えることとは?

    schedule2019.06.01

  • 人気記事ランキング

    カテゴリ

    趣味コン・趣味活

    全国の婚活パーティー

    主要都市の婚活パーティー

    北海道・東北の婚活パーティー
    関東の婚活パーティー
    北陸・甲信越の婚活パーティー
    東海の婚活パーティー
    近畿の婚活パーティー
    中国・四国の婚活パーティー
    九州・沖縄の婚活パーティー