恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

「嫌な予感の的中率」診断。当たる時と当たらない時があるのはなぜ?

2019/09/26

1 / 10

仕事中に不安になると何度も確認する

嫌な予感とは、大半は物事に対して不安になる心理から発生する精神状態です。仕事や自分の身に起こる際の嫌な予感と、恋愛や家族など親しい人や気にかけている人に対して起こる嫌な予感とでは、実際予感の当たり具合が異なるはずです。

その原因を「嫌な予感の的中率」診断で確認してみましょう。

 

(診断結果の一例)

—————————————————————
「嫌な予感の的中率10%」と診断されたあなたは……
人に対してまっさらで疑う気持ちがあまりないようです……
—————————————————————

Yes,Noを選んで、10秒診断スタート!

恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

「嫌な予感の的中率」診断。当たる時と当たらない時があるのはなぜ?

2019/09/26

診断結果

嫌な予感の的中率10%

「嫌な予感の的中率」診断。当たる時と当たらない時があるのはなぜ?

人に対してまっさらで疑う気持ちがあまりないようです。他人の発言を鵜吞みにしやすく、噂話などを真に受けてしまうタイプです。基本的にはあっけらかんとした性格なので、不安になることはあっても、どうにかなるさと思うタイプです。
嫌な予感とは自分の身の上に、これから起こるであろう出来事に対して発生するネガティブな感情です。要は失敗したらどうしようなど、ダメだった時をたくさん想像してしまうのです。その点、あなたは自分を信じているので、いい方向へ考えるタイプです。これだけのことをしたから失敗しないと思えることができるのです。自分に自信が持てるまでの努力ができるということは、素晴らしいことです。嫌な予感を感じることが少ないのは、いいことだと捉えてポジティブシンキングに磨きをかけましょう。

嫌な予感の的中率30%

「嫌な予感の的中率」診断。当たる時と当たらない時があるのはなぜ?

嫌な予感とはこれから起こるであろうことに対して不安になる為、精神的にもイライラしたり、実際の行動も落ち着かなくなり不安となる原因の出来事が終わるまで気が休まらないのです。信憑性としては低いような結果が出ていますが、当たることは多いのではないでしょうか? 自分に対して起こるべきことで嫌な予感が当たるというのは、あまりよろしくないことです。
嫌な予感とは不安が大半だと言いましたが、回避できる人の大半は不安材料を取り除く為に行動に移しています。どこか他力本願な部分があるように見受けられます。極端な言い方をすると自分の嫌な予感が当たったというよりは、何もしないから当たってしまうのです。運の大半は自分で掴むものです。嫌な予感が当たらないように最善策を実行する行動力が必要でしょう。

嫌な予感の的中率50%

「嫌な予感の的中率」診断。当たる時と当たらない時があるのはなぜ?

嫌な予感の信憑性は高い方だと思われます。元々人を観察する能力に優れている為、特に人の気持ちやテンションなど感じとることが多いようです。興味のない人に対してはあまり関わろうとしないのですが、好きな人や彼氏など、自分が信じる人に対しては特に気持ちに寄り添いたいと思っているようです。
そんなあなたは特に人に対する嫌な予感の信憑性が高いと言えます。彼氏などの普段の行動や洋服の趣味など違いにすぐ気づいてしまいます。隠し事や噓なども女の勘が働き、見抜いてしまうようです。嫌な予感を与えるような人を好きになってしまうことが多いのかは定かではないですが、お世話をすることが好きなタイプなので、変化に気付きやすいと言えます。普段から嫌な予感が起こらないような状況作りも大切です。彼を信じてあげるようにしましょう。

嫌な予感の的中率80%

「嫌な予感の的中率」診断。当たる時と当たらない時があるのはなぜ?

自分に起こることにたいしても、人に起こることに対しても嫌な予感の信憑性は高いと言えます。根底には状況判断能力が高いことが挙げられます。自分に起こることに対しては、嫌な予感は不安からくるものが大半です。自分で回避する為に何度も確認したり、いい方向へ結果を導く為の行動を起こすので嫌な予感が外れることは多いでしょう。
そもそも嫌な予感自体は当たっているのです。人に対して起こる嫌な予感も同様で自分には直接できないことでも、できるだけ安心できる材料を探してしまうようです。状況証拠が揃っていく段階で、安心材料が増えると嫌な予感自体を感じなくなります。安心材料が少ないと案の定、予感が的中してしまうのです。それはあなた自身が普段から周りをよく観察し、適切な状況判断ができているからだと言えるでしょう。

他の恋学診断にチャレンジする