恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

「集中できない体質」診断。やる気はあるけど、始動が遅い!?

2019/12/11

1 / 10

睡眠時間は4時間以下だ

集中したいときにどうしても気が散ってしまう、やる気になれないということはありませんか? 学生時代は集中力があったのに、社会人になってからうまく集中できなくなる人は多いです。

「集中できない体質」診断で、自ら集中できない体質を作ってしまっていないか確認してみましょう!

 

(診断結果の一例)

—————————————————————
「集中できない体質の可能性30%」と診断されたあなたは……
どんなに集中して仕事をしていても、不意に別件を頼まれてしまったり……
—————————————————————

Yes,Noを選んで、10秒診断スタート!

恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

「集中できない体質」診断。やる気はあるけど、始動が遅い!?

2019/12/11

診断結果

集中できない体質の可能性10%

「集中できない体質」診断。やる気はあるけど、始動が遅い!?

集中できない人の特徴は注意力が散漫だったりします。普段プライベートで人と関わることが少ない場合が多いです。あなたのそばには彼氏がいたり、もしくは一人でも寂しさを感じないタイプなのでしょう。
もしかしたらSNSなどで誰かから連絡が来るかも、という期待を常に持っているのが集中力がない人の特徴です。会社ではバリバリ仕事をしている人でも、家だと途端に集中力が切れてしまうのです。特段SNSに依存している状態ではないので、親しい人と必要最低限の連絡をとると言った状態でしょう。集中力のなさは心のどこかで何かに対して不安を抱えている証拠でもあります。今は特に不安になることが思いつかなかったとしても、誰しもが日々の生活に不安を抱える可能性があるのです。心が安定している時こそ何かに集中してみるのもいいかもしれません。

集中できない体質の可能性30%

「集中できない体質」診断。やる気はあるけど、始動が遅い!?

どんなに集中して仕事をしていても、不意に別件を頼まれてしまったり、問い合わせが入ってきたりして作業を中断せざるを得ない状況に追い込まれてしまうことは多々あります。仕方なくコーヒーを飲んだりガムを噛んだりして集中し直す人も多いでしょう。しかし、一旦途切れた糸はなかなか元には戻りません。そんな時は、一度席を外して5分くらい歩いてみましょう。
窓から外の景色を見るだけでも気分が変わります。デスクに向かって座りっぱなしで眠くなってしまった体を動かすことによって、脳を活性化させ意識をリセットできるのです。久し振りに会う他部署の人と話をするとさらにリセットできるでしょう。家で集中したいときはストレッチをすることです。間違っても途中でテレビをつけて見入ってしまわないように、静かな環境で行いましょう。

集中できない体質の可能性50%

「集中できない体質」診断。やる気はあるけど、始動が遅い!?

「集中力がある」というのは、心が安定している時に目の前の物事以外の事を考えないようにできている状態です。もしちょっとしたことでイライラするのであれば、それはカルシウム不足からくる集中力の減退かもしれません。
カルシウムは骨を形成するだけでなく、イライラを鎮める効果があります。普段つまむお菓子を小魚などのカルシウムが豊富なものにしてみると実感できます。噛むという行為が自然とイライラを抑えてくれるのです。そして、脳を活性化するのにいいと言われるのが糖分、チョコレートなどです。やはり口を動かすことで、集中力を高めることができます。まずは、間食のおやつの内容を変えることから始めましょう。

集中できない体質の可能性80%

「集中できない体質」診断。やる気はあるけど、始動が遅い!?

集中できない体質になってしまっている可能性が高いです。学生時代はきちんと勉強ができて、まじめに机に向かっていたとしても、大人になってから集中力が保てない人はたくさんいます。それは、環境や自分の置かれている立場など、精神的な要因が少なからずあります。「集中しなければ」という強い意志を持たなくてはいけません。
それでも気が散ってしまうようならば、規則正しい生活を送ることを心がけましょう。睡眠時間が少ないと、日中の業務に支障が出て健康の維持が難しくなります。色々考えることは必要ですが、年がら年中考えすぎてもいい方向へは進みません。メリハリをつけて、忘れるひと時もあっていいのです。効率のよい生活が営めるようになれば、徐々に運も向いてきます。体質は自分の意志で変えられます。食生活なども見直してみるといいでしょう。

他の恋学診断にチャレンジする