「こんな人と友人にはなれない…」人が離れていく人の特徴5つ

あなたは「この人とは関わりたくないな……」と思うような人に出会ったことはありませんか? 人それぞれ性格や価値観が違うため、当然合う・合わないはあります。しかし「関わりたくない」と思われるような人には、いくつかの共通点があるんです。そこで今回は「こんな人と友人にはなれない」と思われてしまう人の特徴を5つご紹介します。

「こんな人と友人にはなれない」と思われてしまう人の5つの特徴

「こんな人と友人にはなれない」と思われてしまう人の5つの特徴

口を開けば悪口を言う

「こんな人と友人にはなれない」と思われてしまう人の特徴1つ目は「口を開けば悪口を言う」です。悪口ばかり言う人は、決して周りから好かれることはありません。「性格が悪い」「腹黒い」などの印象を抱かれ、周りからどんどん人が去っていきます。

また、仲の良い人の悪口を平気で言う傾向が。すると、自分の評価を下げるのはもちろん信頼を失うことになります。悪口ばかり言う人と付き合うメリットはないと言っても過言ではありません。

むしろ、周りのやる気やモチベーションを下げます。そのため「こんな人と友人にはなれない」と思われてしまうでしょう。

いつも悲観的

いつも悲観的な人は、褒められたり励まされたりしても、素直に受け入れられない傾向があります。たとえば「それってお世辞でしょ」「どうせ無理だから」「そんなのありえない」など。

こうした言葉で周りの優しさや気遣いを跳ね返してしまいます。自信がないのは悪いことではありません。

しかし、行き過ぎた悲観的な考えや言葉は、次第に周りを疲れさせます。ネガティブは周りにも伝わるため、雰囲気が悪くなることも少なくありません。無理をし過ぎる必要はありませんが、前向きな思考を持てる人でいたいですね。

他人に横柄な態度を取る

他人に横柄な態度を取る人は少なくありません。たとえば、店員さんに怒鳴ったり、タメ口で話したりなど。また、目上の人には愛想良く振る舞い、後輩には強く当たるといった人もいます。

他人に横柄な態度を取る人は「優れている」「自分が一番正しい」といったように、自己中心的な傾向があります。基本的には自分中心の考えしかできないため、「こんな人と友人にはなれない」と思われるのは明らかです。

人の話を聞かない

人の話を聞かないのも「こんな人と友人にはなれない」と思われてしまう人の特徴の1つです。話を聞かない人は、相手の話はおかまいなしに自分のことを語りたがります。たとえば、聞いてもいないような武勇伝や自慢話など。

これは、強い承認欲求の現れです。「すごいね」「面白いね」などと言われると、気分が上がり、ますますお喋りになります。

しかし、一方的に話していてもコミュニケーションは成り立ちません。「自分の話ばっかりでつまらない」「人の話を聞かないなんて自分勝手」など、良い印象は抱かれないでしょう。

平気で噓をつく

残念ながら、平気で嘘をつく人は意外とたくさんいます。嘘は大小問わず、人を傷つけるものです。信頼している人に嘘をつかれたときの心の傷は計り知れませんよね。

しかし、平気で嘘をつく人はそんなことお構いなし。結果的に信頼を失うことになっても、また嘘に嘘を重ねます。嘘をつくことが習慣化しているため、罪悪感は微塵もありません。

そんな人と付き合っていても、自分が傷つくだけです。そのため「こんな人と友人にはなれない」と思われてしまうのです。

おわりに

おわりに

今回は「こんな人と友人にはなれない」と思われてしまう人の特徴を5つご紹介しました。今回ご紹介した特徴の共通点は「自分のことしか考えていない」ということ。

周りへの気遣いや思いやりが足りないため、結果的に人が去っていきます。出会う人全員から好かれることは難しいですが、誰に対しても誠意をもって接することが大切です。

そして、少しでも多くの人に「あなたと出会えて良かった」と思われるような人を目指していきましょう。

Written by 逢坂汐里

逢坂汐里の他の記事を読む