もしや「こじらせ女子」?気になる特徴と脱却方法とは

「こじらせ女子」は、過去の辛い記憶のせいで物事を複雑に捉えてしまいがち。そのせいで人間関係や恋愛がややこしくなってしまうんです。

散々こじらせてきたアナタ! もう苦しみや葛藤は手放しませんか? 今回は、こじらせ女子の特徴とその脱却方法を紹介していきます。早くこじらせ女子から抜け出して、人間関係や恋愛を上手に進めましょう!

こじらせ女子の特徴とは?

愛されたい欲が強い

愛されたい欲が強い

こじらせ女子は、愛されたい「気持ち」ではなく、愛されたい「欲」がすごく強いんです。どういうことか? 自分の心の隙間を相手に埋めてもらおうとします。

相手が〇〇してくれるから=自分がごきげんになる。この方程式で生きているのです。「愛してよ!」「 もっと〇〇して!」 言葉で発してなくても、その心の声は相手に伝わっていますよ。

最初は相手に追いかけられていたのに、いつの間にか相手を追いかけている人は自分の行動を振り返ってみましょう。相手ばかりに要求していませんか?

不平不満ばかり言って自分は何もしない

自分や相手の嫌な所ばかり見てしまう。不平不満ばかり言って自分では何も改善しようとしないのが、こじらせ女子の特徴です。

上手くいっている人からアドバイスをもらっても、私なんて……と自虐して終わり。ネガティブに陥ってるように見せかけて、自分を改善するのがめんどくさいだけです。

周りの人たちは「不平不満ばかり言ってないでその性格をどうにかしなよ」と思っているはずですよ。

自分で何でもしてしまう甘え下手

仕事ができる女性は、何でも自分でやってしまいます。本当は頼みたいけど、自分でやった方が早いから他人に頼ろうとしないんです。仕事をバリバリしているアナタ! 甘え下手ではありませんか?

頼み事をして相手に断られるのが怖い人、過去に甘えた経験がない人は甘えることに躊躇してしまうかもしれません。

でも、好きな男性がいる方は勇気を出して甘えてみましょう。甘える=素直な気持ちを話す、でいいんです。男性は女性の役に立てると喜びますよ。

過去の出来事にいつまでもとらわれている

過去の出来事にいつまでもとらわれている

こじらせ女子は「過去に〇〇だったから、きっとこうなるだろう」と、またまた勝手に自分の方程式を作ってしまいます。

「きっとまた振られる」「誘いを断られたから私のことが嫌いなんだ」と、起きていないことを想像しネガティブに陥って自爆します。

過去は過去! 未来はアナタが自由に描けるんです。過去があるから今の自分があると思えるようになれば、過去と比較せず一歩踏み出すことも怖くなくなりますよ。

相手の言葉を素直に受け取れない

こじらせ女子は、相手の言葉を素直に受け取ることができません。私もそんな時期がありました。大好きな彼に嘘をつかれてから、男性の言葉は全て嘘に聞こえたんです。勝手に相手のことを疑ってネガティブになっていました。

でも友達に、「騙されてもいい、裏切られてもいい。そう思える相手に出会ったらいいよ。それくらい大好きな人と一緒になれたらいいね」と声をかけてもらったことで、心がすっと楽になりました。

こじらせ女子からの脱却方法!

自分の好きなことで心を満たす

相手に欲求を満たしてもらおうとする「こじらせ女子」は、自分の心を好きなことで満たしてみましょう。自分で自分のことを満たせるようになると、考え方もポジティブになるし、内面も外見も輝いてきます。

心が満たされ楽しんでいると、あなたの魅力が周りにどんどん伝わっていき、「あの子、変わったね」とか「すごく可愛くなった」など、褒められるようになってきます。

今の自分が好き、と思えるようになったら、その溢れる「好き」を相手に注いでみてください。恋愛が上手くいくようになりますよ。

相手の言葉を素直に受け取る

言葉の裏を読まず、相手の言葉を素直に受け取ってみましょう。仮にお世辞や優しいウソをつかれたとしても、余計なことを考えて心がモヤモヤするより、そのまま言葉を受け取った方が穏やかでいられますよね?

素直な女性って誰からも好かれるし魅力的です。自分に対するポジティブな話題は素直に受け入れて、こじらせ女子をさくっと卒業しましょう!

自分を褒めてあげる

自分を褒めてあげる

こじらせ女子は、自己肯定感が低いのが特徴です。 自分の価値を低く見積もっていませんか? 自己肯定感が低いと「私なんて無理」と思ってしまい、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

今の自分を褒めてあげることで、過去ばかり振り返らず前を向けるようになれます。

「今日も仕事よく頑張った!」「失敗しちゃったけど、頑張ってやり遂げたね」とか、些細なことでいいんです。毎日一回は自分を褒めましょう。いい変化が見られるようになりますよ。

愛されるよりも愛してみる

愛するのが怖いという人が、恋をこじらせているように思うんです。「私が愛す前に、あなたが愛してよ!」 みたいな……そんなオーラを出していませんか?

「好きだな」「愛してるよ」、そんな素直な気持ちでいると、相手の愛を引き寄せることができます。見返りを求めず、素直に人を愛してみましょう。

おわりに

「私はこじらせ女子だ」と思っている方、今回ご紹介した脱却方法を是非実践してみてください。「私は変わるんだ」そう決めたら必ず変わります!

居心地のいい人間関係を構築して、素敵な恋をしていきましょう。

Written by ココロン

ココロンの他の記事を読む