実は無理してます…女性50人聞いた「苦手なノリ」7個

ノリが合うか合わないかで友人関係も左右されるので「無理してみんなのノリに合わせている……」といった方も多いのではないでしょうか?

今回は女性50人に聞いた「苦手なノリ」をご紹介します。

実は苦手なノリ

カラオケのノリ

カラオケのノリ

「カラオケは好きですが、回しカラオケのノリがちょっと苦手です。一曲を回して歌うのですがサビが回ってきたら負けみたいな暗黙のルールがあってどうにか回避しようと爆笑しながらのカラオケになって時間が過ぎます。そして急にハモリパートを要求されてもできません…。」(女性/30代/主婦)

カラオケは歌がうまい人にとっては最高ですが、苦手意識がある人だと辛いですよね……。筆者は音痴なので、ハモリどころか普通の音程でさえとるのが難しいです……(笑)

一緒に行動するノリ

「ママ友のコミュニティで、特定の人達同士で仲良しグループを作り、しょっちゅう一緒に行動するノリがとても苦手でした。誘われて最初はグループに入っていましたが、縛られる感じがストレスになり、途中で開き直って離れてみると楽になりました。」(女性/50代/主婦)

応援のノリ

応援のノリ

「実は、みんなで一つになってチームを応援するノリがかなり苦手です。仲間達とスポーツバーでサッカー日本代表の応援をしたり、みんなでテレビにくぎ付けになってオリンピック観戦をするのが、無理やり一体感を求められているようでかなり苦手です。応援するなら一人でひそかに応援したいです。」(女性/50代/自営業)

大人数での飲み会ノリ

「大人数でのパーティや飲み会などが苦手です。もともと他人との会話がうまい方ではないので、気を使ってしまって全然楽しむことができないです。お互い仲良しであるのならよいですが、顔見知り程度だと何を話したらいいのかわからなくてずっと黙ってしまいます。」(女性/20代/会社員)

「会社の強制参加の飲み会が辛い」と言った声も多くありました。普段そこまで喋らない人だと変に気を使ってしまいますし、飲み会で仕事の話をされるのも嫌ですよね……。

タメ語のノリ

「いきなりのタメ語のノリが苦手です。年上であろうともそこは年齢は関係ありません。相手を敬わることができない人なのかと思い一瞬にして距離をおきます。年配の女性店員の方は特にタメ語対応が多いです。客のわたしが敬語使うのはおかしいので、わたしもタメ語で対応します。それくらいいきなりのタメ語のノリは嫌いです。」(女性/30代/自営業)

無茶ブリのノリ

無茶ブリのノリ

「人前で『〇〇のモノマネしてみて』『歌ってみて』と言われるのが苦手です。自分の声に自信がないので極力人前で歌いたくないし、クオリティの低いモノマネなんてして誰が楽しいんだと思います。よく主人に言われるのですが、家族でさえ嫌です。」(女性/50代/自営業)

急に振ってきて、やったらやってで微妙な空気が流れたりするんですよね……。そっちがやれって言ったのに!(怒)

罰ゲームノリ

「罰ゲームなどがあるゲームは楽しめないのでやりたくないです。人のことをからかったり、やっていることを笑って楽しむという雰囲気が苦手に感じるので、遊びなので罰ゲームをする事になっても楽しめる人が多いと思いますが、見るのもやるのもとても苦手です。」(女性/40代/主婦)

実は自分だけじゃないかも……

ノリが良さは、雰囲気を明るくしたり距離を縮めるためにも大切ですよね。しかし、一方で「距離が近すぎる……」「雰囲気がなんか嫌だ……」など苦手意識があるのもわかります。

自分のストレスが溜まらないように適度に付き合っていくことが大切でしょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む