好きでもない人ととりあえず付き合う心理とは?メリットとデメリットも解説

好きでもない人から告白されて、付き合うかどうか思い悩むことはないでしょうか。本コラムでは好きでもない人と付き合った時のメリットやデメリットに加え、付き合う前にチェックしておきたポイントを紹介しています。お付き合い前の参考に、ぜひ読んでみてください。

(目次)

好きでもない人と付き合うことってアリ?

好きでもない人と付き合うことってアリ?

好きでもない人と付き合うことはアリだといえるでしょう。好きでもない人と「付き合うかどうかで迷う」ということは、「これから好きになる可能性がある」とも言い換えられます。

興味がなかったために今まで気付かなかった相手の魅力に気付いたり、自然体の自分をさらけ出せたりすることもあるでしょう。

注意したいのは、付き合うことでストレスを感じてしまうかどうかです。付き合う前から相手との気持ちの温度差や、スキンシップにストレスを感じるようであれば、おすすめはできません。

好きでもない相手と付き合う前には一緒にいて楽しいかどうかなど、自分なりの判断基準を持つのがよいでしょう。

好きでもない人ととりあえず付き合う5つの心理

好きでもない人ととりあえず付き合う5つの心理

好きでもない人と付き合うタイミングはどんな時でしょうか。アプローチを受けるのはもちろんですが、とりあえず恋人がほしい場合もあるでしょう。

ここからは、好きでもない人と付き合う心理を紹介していきます。

 

1:アプローチを受けたから

好きでもない人と付き合う心理の1つ目は、アプローチを受けたことによるものです。好きでもない人と付き合うのですから、きっかけは相手からのアプローチでしょう。

恋愛対象ではないが、アプローチを受けたので「付き合ってもいいか」という気持ちで付き合いを始めるケースです。

アプローチを受けて付き合うことを決める心理は、「付き合ってもいいか」という他に「断る理由がない」という場合もあるでしょう。

2:付き合っている間にだんだん好きになるかもしれないと考えたから

 好きでもない人と付き合う心理の2つ目は、「これから好きになるかもしれない」という可能性にかけたことによるものです。

 アプローチを受けた時、少なからず相手を意識します。友人たちからの評価も高く、相手の性格などに問題がなければ、さらに意識して「だんだん好きになるかもしれない」という心理にもなるでしょう。

 将来、自分の気持ちが変わることを期待して、好きでもない人と付き合い始めるケースです。

3:とにかく恋人がほしかったから

好きでもない人と付き合う心理の3つ目は、「とにかく恋人がほしい」というものです。常に好きな人がいる状態を望む人や、寂しかったり孤独だったりする状態を避けたい人は「とにかく恋人がほしい」と強く思う傾向があります。

切実に恋人がほしいと思っている時に告白され、相手によほどの問題がなければ、好きでなくとも付き合い始める人も多いものです。

4:まずはどんな人か知りたいと思ったから

好きでもない人と付き合う心理の4つ目は、好奇心によるものです。恋愛対象として見ていなかったため、相手の知らない部分はたくさんあります。「相手にはどんなよさがあるのか」「どんな価値観を持っているのか」など、相手のことを知りたいという気持ちを持つこともあるでしょう。

相手のことを知りたいという気持ちの延長には、好きになるかもしれないという自分への期待も込められています。

5:孤独でストレスがたまっていたから

好きでもない人と付き合う心理の5つ目は、孤独やストレスによるものです。ストレスや困難に弱い人や孤独を避けたい人は、好きでもない人と付き合う可能性があります。

孤独に耐えられなかったりストレスで困難な状況だったりすれば、精神的にだれかに頼りたいこともあるでしょう。だれかに隣にいて欲しいという心理から、好きでもない人を恋人として受け入れてしまうケースです。

好きでもない人ととりあえず付き合う6つのメリット

好きでもない人ととりあえず付き合う6つのメリット

好きでもない人ととりあえず付き合うことに、抵抗のある人もいるでしょう。しかし、恋愛対象ではなかった相手と付き合うことにもメリットはあります。

ここからは、好きでもない人と付き合うことのメリットを6つ紹介します。

1:相手のことがどんどん好きになる

交際がスタートした時は恋愛感情を抱いていないため、彼を好きという気持ちはほぼないと言えるでしょう。しかし、デートの回数を重ねることで、段々と彼のことが好きになっていく可能性があります。

相手のことを知る前に交際がスタートしているので、毎日に新しい発見や刺激があり、彼のことをもっと知りたいと感じるでしょう。一緒に居る時間が長ければ長いほど彼の良い面を発見でき、共通の趣味や好きなものを見つけられることもありますよ。

2:恋愛の経験値がアップする

今まで恋愛経験が少ない方や長い期間恋人が居ない方は、男性との付き合いによって恋愛スキルがアップするというメリットがあります。日常生活で男性との関わりが少ない方は、恋愛に自信をなくし奥手になっていることもあるでしょう。

男性と付き合うことで、恋愛におけるコミュニケーションの取り方や男性との程よい距離感、駆け引きなどの経験値を上げることができます。

恋人がいるというステータスは、女性をより魅力的にするものです。もし、今回付き合った男性のことが好きになれずに短い恋愛で終わった場合も、今後の恋愛では自信を持って行動できますよ。

3:自然体でも愛してくれる

好きな相手と会う時は、人一倍おしゃれに気を遣い、見栄を張って着飾ってしまいがちですよね。好きな相手に好かれたいがために、自分に嘘をついて相手の言いなりになることもあるでしょう。

しかし、自分が好きではない相手に対してそんなに気を遣う必要はありません。自然体のあなたを受け入れてくれるので、一緒にいて楽だと感じられます。

彼は飾らないあなたのことを愛していて、どんなファッションでも性格でも大切にしてくれますよ。彼から大切にされることで心も満たされ、充実した生活が送れるでしょう。

4:相手に頼りやすい

好きでもない人と付き合うメリットには、相手に頼りやすいという点があります。好きな人の前では嫌われたくなかったり、面倒だと思われなくなかったりというように、強がってしまう気持ちが働くこともあるでしょう。

しかし、相手の好意から始まる関係であるため「嫌われなくない」という心配をせず、安心して頼れます。相手に素の自分を見せて甘えたり頼ったりできるのも、好きでもない人と付き合うメリットといえるでしょう。

5:冷静な気持ちで恋愛ができる

好きな人を前にすると、つい気持ちが盛り上がり、自分をよく見せるために空回りしてしまうこともあるものです。しかし好きでもない人には、素の自分を見せ、冷静に向き合えます。

冷静であるがゆえに客観的に判断できるのも、好きでもない人と付き合うメリットといえるでしょう。相手のことが好きなあまり気を遣いすぎて疲れてしまう人や、落ち着いた穏やかな関係、安心感を好む人にとっては気楽な関係といえます。

6:自分とは異なる価値観に触れることができる

人には好みがあり、同じタイプの人を好きになる傾向もあるでしょう。好きでもない人は、自分が興味を持ってこなかったタイプの相手であり、今まで知らなかった新しい価値観を持っている可能性があるといえます。

自分とは異なる価値観に触れられることも、好きでもない人と付き合うメリットです。新しい価値観に触れることは、自身の経験や成長につながります。

価値観の違いで相手に対し疑問や不安を感じても、気を遣わず素で向き合えるため、気軽に話し合える点もメリットといえるでしょう。

好きでもない人ととりあえず付き合う6つのデメリット

好きでもない人ととりあえず付き合う6つのデメリット

好きでもない人と交際を始めることは、スムーズにいかないこともあるものです。しかし、事前に問題を把握しておけば、避けられることもあるでしょう。ここからは、好きでもない人ととりあえず付き合う際のデメリットを6つ紹介します。

1:申し訳ない気持ちになる

付き合いたての頃は、お互いの気持ちに大きな温度差があり、彼からの愛情が素直に嬉しいとは感じにくいものです。彼はあなたのことが大好きなので、記念日やイベントごとにも積極的で、十分に尽くしてくれるでしょう。

しかし、その大きな愛情を受け止めきれずに、重く感じてしまうこともあります。彼との気持ちの温度差に気づき、好きではないのに付き合っていることに罪悪感を覚え、申し訳ない気持ちになりやすいです。気持ちの温度差から別れを切り出すカップルも多く見られます。

2:好きになるまでに時間がかかる

好きではない相手との交際は、恋人同士になるまで時間がかかるというデメリットがあります。特に付き合いたての頃は好きの気持ちが少ないので、手を繋いだりキスをしたりすることが幸せと思えないことも。

また、好きな人と一緒にいるドキドキ感がなく、デートが楽しいと思えず面倒になってしまう場合もあります。恋人同士になるまでは、「会えて嬉しい」とは思えず嫌に感じてしまうかもしれません。

3:わがままな態度になりやすい

好きではない異性と付き合うと「付き合ってあげている」という上からの態度をとってしまいがちです。彼が愛してくれているという自信から、どんなことを言っても許されると思ってしまいます。その結果、自分の思い通りに動かない彼に対し、強い言葉をかけてしまうことも。

好きな人と付き合う場合は、嫌われないようにと優しく接することができるでしょう。しかし、好きではない彼に嫌われても構わないという気持ちから、どうしても優しい気持ちで接することができません。そのため、わがままな態度になりやすいです。

4:相手との気持ちの重さの違いに悩まされる

自分は好きでなくとも相手は自分に好意を持っているため、好きでもない人と付き合う際には気持ちに温度差が生まれます。

こまめな連絡や「会いたい」という言葉に素直に応えられず、面倒くささや疲れを感じてしまう場合や、軽いスキンシップでも触れられることに抵抗を覚える場合もあるでしょう。

相手から受け取る気持ちの重さをストレスに感じてしまったり、同じ気持ちを返せない自分に悩んだりする可能性があることはデメリットといえます。気持ちの温度差は、同じ思いを返せない申し訳なさや、罪悪感につながる可能性が高くなります。

5:相手の悪い部分に目が行きがちになる

興味を持って向き合ってこなかった相手であれば、付き合うことで知らなかった部分が見えてくるものです。気付かなかった悪い部分が特に気になってしまうのも、好きでもない人と付き合うデメリットといえるでしょう。

好きな人であれば、至らない点をかわいらしいと思ったり好ましく思ったりするものですが、好きでもない相手のささいな短所には、イライラしてしまうこともあるでしょう。好きでもない人と付き合う時には、ある程度相手の人柄を知っておくことがおすすめです。

6:他の出会いの機会が減ってしまう

お付き合いしている間は、遊びなどの交友関係も交際相手を優先することが多いため、恋愛対象になり得る人との出会いのチャンスが減ってしまうものです。印象のよい相手と出会ったとしても、自分に交際相手がいるためにそれ以上発展しないことも、デメリットの1つといえます。

気になる相手が現れた際にアプローチしたり誘ったりすれば、交際相手とのトラブルに発展する可能性がありますし、気になる相手からは、「恋人がいる」という理由で恋愛対象から外されてしまうこともあるでしょう。

好きでもない人と付き合う前にチェックしたいポイント4つ

好きでもない人と付き合う前にチェックしたいポイント4つ

好きでもない人と付き合うにしても、一緒にいて心地よい時間を過ごしたいものです。まずは、先ほど挙げた好きでもない人と付き合うことによるデメリットを把握し、乗り越えられるかどうかという判断が大切です。

ここからは、付き合う前にチェックしておきたいポイントを4つ紹介します。

1:相手への興味がわくか

だれかを好きになる時、「相手のことをもっと知りたい」と思うことも多いものです。逆に言えば、興味を持てる相手に対しては好きになる可能性があるということでしょう。

好きでもない人と付き合うか悩む時には、相手に対して興味がわくかをポイントに判断するのも方法の1つです。初めから興味がわかない相手であるならば、気持ちの温度差が埋められず、相手からの連絡やスキンシップがストレスになる可能性が高くなります。

2:付き合っても後悔や苦労をしない相手か

付き合って後悔や苦労をする恋愛は、お互いにとって不幸です。付き合って後悔や苦労しない相手かもチェックポイントといえるでしょう。

「受け入れられない価値観」や「一緒にいて気を遣いすぎて疲れてしまう」「居心地が悪い」、また「人柄が苦手」など、後悔したり苦労したりする可能性があるならば、もう一度考え直してみるのもおすすめです。

3:一緒にいて居心地が悪くないか

一緒にいる時の居心地は、大切なチェックポイントです。「一緒にいて心地よい」「落ち着く」と思える相手であれば、初めは好きでなくともポジティブな印象に変わることもあるでしょう。

相手に対してドキドキし、ときめきを持つ恋愛も楽しいものですが、癒やしや安心感は幸福感につながります。長く付き合っていくうえで大切なポイントといえるでしょう。

笑いのツボが同じだったり趣味が合ったりなど、長時間一緒にいることが楽しくて苦にならないことが大切です。

4:自分の好きな人のタイプとかけ離れすぎていないか

今まで興味のなかった相手の新しい価値観に触れたり、今までと違った経験をしたりなどのメリットを期待して、好きでもない人と付き合い始めることもあるでしょう。しかし、あまりに自分の好きなタイプとかけ離れた相手であるならば、注意が必要です。

自分の好きなタイプとかけ離れすぎているために、付き合ったとしても相手に興味が持てない可能性があります。今まで好きにならなかった原因は、自分の苦手な人柄の場合もあるでしょう。

自分の好きな人のタイプとかけ離れすぎた相手とは、付き合っていくうちに好意に発展する可能性は低くなります。

好きでもない人と付き合う前にどんな相手なのか見極めよう

好きでもない人と付き合うことには、メリットもデメリットもあります。今まで知らなかった相手の魅力に触れてときめいたり、素の自分のまま甘えたり頼ったりすることもできるでしょう。

しかし寂しさや孤独を理由に、相手のことをよく知らず、検討もせずに付き合いを始めてしまった場合には、思わぬ苦労や新たな悩みが生まれる可能性があります。

好きでもない人と付き合う前に、どんな相手なのか見極めて返事をしましょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む