マンネリで別れることで生まれる後悔とは? 復縁の方法もあわせて紹介

恋人との付き合いがマンネリ化してきて悩む方は多いのではないでしょうか。この記事ではマンネリ化で別れたことで生まれる後悔や、マンネリを解消する方法について詳しく紹介します。恋人と別れようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

(目次)

「マンネリ」の言葉に抱く誤解

「マンネリ」の言葉に抱く誤解

「マンネリ」と聞くとマイナスイメージを持つかもしれませんが、必ずしも悪い意味ではありません。恋愛なら、心が通じ合い安定している状態とも言えるでしょう。

初めは相手を知る喜びや、相手の知らない面を知ることになるので、新鮮味を感じるのは当然です。交際期間が長くなり、相手の長所と短所を受け入れられるようになったと捉えられます。

「マンネリ」を迎えたということは、相手を深く理解でき、良好な関係を築けるようになった証拠だと言えるでしょう。

マンネリでの別れで後悔し始める時期とは

関係がマンネリ化したことで別れた場合、勢いに任せたことで数日後悔やんだり、時間が経ってから元恋人のことを懐かしく思ったりする場合もあるでしょう。

後悔する時期は、男女で多少の違いが見られます。もちろん個人差はありますが、一般的に男女とも別れて、数日後に後悔の念が強く出始めます。

男性の場合、別れた直後に未練が強く出て、時間の経過とともに落ち着いてくることもあります。女性の場合、別れて数ヶ月後にふと恋人のことが気になってくることが多いでしょう。

マンネリで別れることで生まれる後悔7つ

マンネリで別れることで生まれる後悔7つ

別れた直後はすっきりしていても、後に元恋人のことを思い出し後悔が出てくることがあるでしょう。

安易に別れを選んでしまう前に、相手との思い出を振り返り、立ち止まることも必要です。次にマンネリで別れた後に生まれる後悔について、具体的なエピソードを紹介します。

1:自分が歩み寄ろうとしなかったこと

恋人との関係がマンネリ化してくると、場合によっては会話がなくなってしまうということもあります。一緒にいるのが苦痛に感じてしまい、別れの原因になってしまうこともしばしばです。

恋人から理解を得ることも必要ですが、自分も相手の気持ちに寄り添うことが大切です。できるだけ相手の言動や態度から思いを汲み取ったり、歩み寄る努力をしてみましょう。

2:気遣いしてくれた大切さがあったこと

自分が辛い時や悲しい時に、恋人の優しさや気遣いに救われることもあるでしょう。特に恋人が献身的な場合、日常的に世話を焼いてくれるため、気遣いに気づきにくくなるでしょう。

それゆえ別れた後に新しく恋人ができた時に、元恋人と比べてしまうことが想定されます。一度相手の気遣いに感謝し、自分の支えになっていることを思い返してみましょう。

3:気軽にメッセージをやりとりできる相手がいたこと

恋人とは日常のことから悩み相談まで、気軽にメールし合える相手と言えます。何気ないメッセージでも、別れた後にメールを読み返すと、その時の感情とともに思い出が蘇ることもあるでしょう。

別れて前のようにメールが送れなくなると、相手がかけがえのない存在であったと気づくでしょう。

4:結婚までを考えていたことに気付かなかったこと

恋人が相手のことより、仕事を優先している時もあるでしょう。そんな時は会えない時間が続いて、愛情がなくなってきたと感じがちです。しかし、恋人はこれから2人で生活するための資金や結婚費用のために、仕事を頑張っているかもしれません。

気持ちがすれ違ったままでは、恋人の真意に気づかず別れを選んでしまう恐れがあります。特に同棲している場合、将来のことについて2人でゆっくり話し合う時間を作ると良いでしょう。

5:季節イベントの時期に一緒にいられる相手がいたこと

誕生日やクリスマスなど、季節のイベントなどは思い出として記憶に残ります。2人で過ごす楽しさを知っているからこそ、1人になった時に思い出し別れたことを後悔してしまうでしょう。

イベントの時期が近づくと、付き合っていた頃を思い出してしまいます。付き合っていた期間が長いほど、イベントでの思い出が印象深くなり、寂しさを強く感じてしまうでしょう。

6:食事を一緒に食べてたときが美味しかったこと

2人で料理の感想など、話をしながら食事を取る時間はとても大切と言えます。時には、新しいお店やテレビで話題のお店に食べにいくこともあるでしょう。

普段からよく一緒に食事を取っていた人ほど、1人で食事を取る時に寂しさを感じることもあります。

7:楽しい思い出があったこと

交際を始めると、たくさんの思い出ができていきます。良いことも悪いことも、思い返すとどの思い出も心に残っているでしょう。

マンネリが原因で別れると、ふと付き合っていたことを思い出します。特に別れた後は、楽しかった思い出は美化されがちです。楽しい思い出を振り返ることで、別れたことへの後悔が生まれるでしょう。

マンネリで別れてから元恋人が後悔しているかの判断材料3つ

マンネリで別れてから元恋人が後悔しているかの判断材料3つ

マンネリ化して別れても、元恋人は未練が残っているかもしれません。次は元恋人が別れを後悔しているか、確認できる判断材料を3つご紹介します。

相手の行動で当てはまる点が多ければ、後悔しており復縁願望があると判断できるでしょう。相手の本心が気になる場合は、ぜひ参考にしてみてください。

1:近況を質問してくる

別れた後メールなどで近況を質問してくるということは、相手のことが気になっている証拠です。共通の知人でもいない限り、別れた後に相手の状況を知るのは難しいでしょう。

今の状況や新しい恋人ができたか、疑問や不安を感じた時に、気になって質問します。また相手からの質問や話が多いほど、別れを後悔している可能性があるでしょう。

2:別れた後の連絡の頻度から考える

別れた後でも連絡を取り合うという男女は、一定数います。そのため、連絡の頻度から、相手が後悔しているか判断すると良いでしょう。

相手から連絡があるほど、別れを後悔している可能性があります。連絡を取りたがる人の心理には、少しでも相手と繋がっていたいという気持ちや、関係をやり直したいという意味が込められていると言えます。

3:相手の浮気で別れた場合は後悔している可能性が高い

関係がマンネリ化してくると、人によっては刺激を求めて浮気に走ってしまう場合があります。最悪の場合、恋人にばれて傷つけてしまったり、関係が崩れてしまうことになるでしょう。

結果として恋人からの信用を失い、別れの原因になってしまいます。相手からの浮気の場合は罪悪感が残り、高い確率で浮気を後悔していると言えるでしょう。

後悔しないためのマンネリ解消法3つ

後悔しないためのマンネリ解消法3つ

マンネリ化すると、お互いの愛情が感じにくくなるため、最悪の場合別れることになってしまいます。しかし、前向きな気持ちや行動次第で、関係が進展する可能性もあるでしょう。

次は、後悔しないためのマンネリ解消法を3つ紹介します。別れを決断する前にぜひ実行してみてください。

1:次の恋愛の段階へ進んだと捉える

交際して初めの頃は、楽しいことや相手の長所が良く見えるでしょう。しかし、恋愛は良いことばかりではありません。

付き合いが長くなれば、苦しいことや乗り越えなければいけない問題が待ち受けています。ここで2人がどう対処するかによって、今後の関係は大きく左右します。これからどう付き合っていきたいか、じっくり考える段階に進んだと捉えましょう。

2:共同で作業する時間を増やす

共同で何か作業すると、感情を共有でき一体感が生まれます。例えば料理を一緒に作ったり、旅行の計画を立てたりすることがおすすめと言えます。

一つの目標に向かって協力することで、相手の長所や居心地の良さを再認識できるでしょう。気軽にできる作業を増やしていくと、関係修復に繋がります。

3:一時的に恋愛のことは考えないようにする

恋愛のことばかりを考えると、相手のことを思うあまり不安になり、束縛の原因になりかねません。

そこで、恋愛から一時的に離れて仕事や趣味に打ち込んだり、恋人以外の人との交流を持ったりすると、考え方や行動の視野が広がるでしょう。気分転換にもなり、恋愛にも良い影響を与えることが期待できます。

マンネリで別れた後に復縁したいときの方法

マンネリで別れた後に復縁したいときの方法

付き合いが長くなると、マンネリ化で別れてしまう場合があります。しかし、別れた後相手の大切さに気づいて、復縁したいと思うケースも出てくるでしょう。

復縁したい場合には、マンネリの原因を探り、良好な関係を築くための努力が必要です。マンネリ化で別れてしまっても、復縁につながる方法を紹介します。

目的を決めて冷却期間を置く

感情を落ち着かせるために冷却期間を決め、しばらく連絡や会うのを控えましょう。会わない間、付き合っていた時の状況を思い出し、恋人への態度や言動など改善すべき点を冷静に考える必要があります。

冷却期間を置くことでこれからどうしたいか、別れようと思ったきっかけなどを冷静に考える良い機会になるはずです。しっかりと問題と向き合えたなら、2人の関係はより良いものになるでしょう。

別れた要因の解決策を考える

マンネリ化して別れた場合、なぜ別れようと思ったのか要因があいまいな事例が見られます。付き合っていた時を振り返って、マンネリ化した要因や、今後気をつけることを具体的に洗い出していきましょう。

例えば、付き合いが長くなることで生まれる、恋人への甘えや思いやりが足りなくなることも要因の一つとして挙げられます。些細なことでも紙に書いていくと、要因や解決策が見つかりやすくなるでしょう。また同じことを繰り返さないためにも、対策をしっかり考えましょう。

マンネリでの別れを後悔しても区切りをつける場合の考え方

別れを選んで後悔しても、落ち込むことはありません。別れた直後は後悔が残るかもしれませんが、その分今回の恋愛で成長できたと考えると良いでしょう。自分が振っても、相手から振られても、人の痛みや相手を思いやる大切さが分かったはずです。

大事なことは、その経験を次の恋愛に活かすことです。また恋愛以外でも、新たに興味のあることに挑戦してみると良いでしょう。自分のペースでできるため、気持ちの切り替えに効果があるでしょう。

別れると後悔するパートナーの特徴6つ

別れると後悔するパートナーの特徴6つ

同じようにマンネリを感じていても、別れたほうがいい相手と、別れないほうがいい相手がいます。今回は、長い目で見て努力して別れずに付き合っていきたい彼氏の特徴をご紹介します。

1:心根が優しい人

恋愛は、ドキドキする相手を求めます。見た目がカッコよくて、学歴が高くて、輝かしい仕事に就いていて……。世間的なイケメン要素の強い人に惹かれる女性も多いでしょう。

そんな彼らも、付き合いが長くなってくればだんだんと素顔が見えてきます。思わぬ性格を目の当たりにすることもあるでしょう。

一方で、性格的に優しいけど、地味で面白みがない、センスがない……。そんな彼氏に「パッとしない」と感じる女性もいるかもしれません。

しかし、性格的に優しくて思いやりがある人は、意外といそうでいないものです。愛情深く接して、あなたの気持ちに応えてくれる心根の優しい人は、恋愛のドキドキよりも貴重です。結婚向きでもあり、相手の優しさに救われることもあるでしょう。

多少頼り甲斐に欠けたりリードが苦手だったりしても、優しい男性のほうが苦労せず長く一緒にいられます。

2:落ち着ける人

今の彼氏とは気兼ねなく付き合えていますか? お互いに言いたいことが言えて、等身大の自分を出せているのであれば、それは貴重な関係だと思います。逆にいつも気を遣ってばかりで背伸びをすることが多い、素の自分を出せない相手では、長い付き合いはしづらいでしょう。

恋人に限らず、友達や家族、仕事仲間にも同じことが言えます。一緒にいて安心感がある、落ち着ける――。そんな風に心を許せる人が身近にいると、心身のリラックスにもつながります。それは、ありのままの自分でいられるということです。

等身大の自分を愛してくれる、心の平穏を保ってくれる彼氏を大事にしましょう。あなたが精神的、身体的に落ちているときでも変わらずあなたを支えてくれるはず。これ以上に心強い彼氏はいませんよ。

3:趣味や嗜好が合う人

人は一人一人、生まれ育った環境も違えば考え方も違います。そうしたなかで、似たような趣味があって同じ嗜好の彼氏と付き合えたなら、それは貴重な出会いといえるでしょう。運命といってもいいくらいの奇跡かもしれません。

価値観や考え方も同じです。自分とぴったり合う相手というのは実際なかなかないものです。どんなにイケメンで高スペックの男性でも、趣味嗜好が合わず価値観や考え方もかけ離れた相手では、現実的に付き合っていくのは難しいでしょう。

これらすべてがマッチするというのは相性がいい相手とは、長い付き合いができるものです。今一度、彼氏との相性を客観視してみてはいかがでしょうか。

4:本気で惚れた人

「いいな」という出会いはあっても、本気で恋に落ちる相手との出会いは、人生にそうあるものではありません。

恋愛は、自分一人でするものではありませんよね。自分が「いいな」と思って相手も「いいな」と思う両想いは、貴重以外の何物でもないでしょう。

彼氏が心から好きだと言える人なら、自然と関係はうまくいく可能性が高いです。好きという気持ちがあれば、相手の趣味嗜好が自分の一部になったり、相手の素敵な一面が自分にいい影響をもたらしたりもするでしょう。

身の回りの友人や知人から「最近〇〇変わったね」「優しくなったね」と言われることが増えたなら、いい彼氏と付き合えている証拠です。

相手の存在が自分にとってどれほどの意義を持つか、冷静になって考えられると、彼氏の存在が一味違ったものになりそうです。

5:目標に向かって努力している人

仕事でも趣味でも、目標を自分なりに立て頑張っている姿は魅力的に映るでしょう。自主的に夢や課題を見つけられる人は、積極的に考え行動していて、計画的で努力家と言えます。

目標を達成することで自信がついていき、堂々としていく姿は頼もしく見えるでしょう。彼氏が努力している姿に、自分も励まされたり、応援したいという気持ちが出てきます。

お互いの成長のために、良い影響を与え合えるでしょう。

6:笑顔が素敵な人

自然に穏やかな笑顔ができる男性は、日頃から笑顔でいることを心がけている場合があるでしょう。意識して笑顔を見せる男性は、場を和ませようとしたり、相手との円滑なコミュニケーションを図ろうと努力していたり、周りに配慮ができると言えます。

そんな男性は、友人や職場の人からも好感を持たれやすい傾向にあるでしょう。彼女に対しても気持ちを察して寄り添って、辛いことや悲しいことがあっても彼氏の笑顔に元気をもらえるはずです。

後悔しないためにマンネリでの別れは慎重になろう

付き合っていれば、相手の素顔にがっかりしたり、喧嘩したりすることもあるでしょう。それでもお互いが真摯に向き合い付き合えているなら、二人の関係はいい意味で変われる可能性があります。

恋愛は努力も不可欠です。貴重な相手と付き合えたなら、別れる選択肢はいったん片隅に置いておいて、どうしたらよりよく付き合っていくことができるか、前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

Written by 柚木深つばさ

柚木深つばさの他の記事を読む