今のうちから知りたいモテるおじさんの特徴7つ|理想の歳の重ね方について解説

歳を重ねてもモテるおじさんになっていくにはどうしたらいいのでしょうか。そこで今のうちからモテるおじさんになれるための年齢の重ね方を紹介していきます。モテるおじさんの特徴を理解して理想の歳の重ね方ができる生き方を目指しましょう。

モテるおじさんになることは可能なの?

モテるおじさんになることは可能なの?

男性の多くは歳を重ねてゆけば若さが失われてゆき、「おじさん」と呼ばれてしまう境遇になっていきます。しかし、年齢を重ねて男としての魅力をますますアップさせる人もいるのです。

おじさんと呼ばれてしまう年齢になっても、本人の努力次第でモテるおじさんとして周囲から認めてもらうことは可能です。「どうせ自分はだめだから」という諦めの気持ちさえ起こさなければ、将来モテるおじさんになれる可能性が高くなるでしょう。

モテるおじさんの特徴7つ

モテるおじさんの特徴7つ

ここからは、モテるおじさんの理想の行動を7つ紹介していきます。男性は、年齢を重ねれば重ねるほどモテる度合いに大きな差が生じる場合があります。そこで、おじさんと呼ばれる年齢になっても若い女性からモテるための理想の行動の特徴をみていきます。

若い女性がどのような行動でモテるおじさんと認知してくれるのかを詳しくみていきましょう。

1:見た目に気を遣っている

見た目に常に気を遣っている男性は、歳を重ねても清潔感を失いません。異性から見てモテるおじさんと認識してもらうためには、外見の良し悪しではなく、年齢を重ねても怠らない見た目への気遣いが大切です。

服装

服装は、見た目を判断されやすい特徴になります。女性は、ヨレヨレ・ダボダボの服装をしていたりしわだらけのジャケットやズボンを着用している男性には清潔感を感じないでしょう。

サイズ感をすっきり出して野暮ったく感じさせない着こなしは、たとえ年齢を重ねた男性であってもおしゃれな印象を与えます。服装に気を遣っている男性に対して、女性は悪い印象を持たないでしょう。

髪型

髪型も、モテるおじさんになるための必須のポイントです。髪型は、服装と同じく第一印象を与えやすい部分です。手入れをしていなくてぼさぼさで寝ぐせのついている髪型は、「不潔」や「非衛生的」といった印象しか持たれないでしょう。

髪型は、見た目に気を遣っているかどうかが一目でわかってしまうだけに、日頃のケアを疎かにできない場所です。

香り

モテるおじさんは、匂いや香りにも気を遣っています。特に加齢臭と呼ばれる年齢からくる匂いは、本人の知らない間に発生し、異性から敬遠される原因になってしまいます。

将来モテるおじさんを目指したいならば、匂いや香り対策をしっかり行なう必要があります。制汗スプレーや制汗シートで汗対策を行ない、シャンプー系やオーガニック系の香りを漂わせる気遣いが欠かせないでしょう。

2:聞き上手でどんな話題にも対応してくれる

モテるおじさんは、女性と会話するときに聞き役に徹してくれます。その上、適度な相槌や質問を挟んで女性の気持ちをはぐらかさないことが多いです。女性が安心して話ができるムードを演出できるでしょう。

さらに、相手からのどのような話題にも対応できるだけの情報量を併せ持っていますが、女性から求められたとき以外は助言やアドバイスをしないでしょう。この聞き上手さが、女性からみたときに安心して聞いてもらえる素敵なおじさん、という印象を抱かせるのです。

3:誰にでも平等に接する

年齢・性別・上司部下の関係を超越して誰に対しても平等に接することができるおじさんは、モテます。平等に接することができるということは、自分の考えや生き方に自信と余裕を持っていることの表われです。

また、人前で恥をかくことを恐れない勇気さも、人に平等に接する要素になります。モテるおじさんは誰に対してもぶれることなく分け隔てなく付き合えるため、周囲の人が心を許せる存在になるのです。

4:包容力がある

モテるおじさんは、包容力があります。「包容力」とは、相手のいい部分と悪い部分の両方を分け隔てなく受け入れられる心の広さのことです。

人は、自分の価値観を中心にして相手と接して物事の判断を下しますが、時にはそれが原因となっていざこざに発展してしまう可能性もあります。しかし、誰に対しても平等に接することができる包容力あるおじさんは、異性から好意を向けられる対象になるのでしょう。

5:相手を褒めるのが上手

相手を褒めることが上手なおじさんも、異性からモテるでしょう。さりげなく具体性を伴った褒め方をしてもらうと、女性は心からその男性に敬意を払い好印象を抱きます。

ただ、漠然と抽象的に褒めるだけでは女性の心には響かないでしょう。モテるおじさんは、そのあたりもよく心得ているため、その女性の具体的な部分を見つけてさりげなく褒める人が多いです。上手な褒め方のセンスをわきまえることも、モテるおじさんになる要素です。

6:趣味を楽しんでおり余裕がある

モテるおじさんは、心から楽しめる趣味を持っているため、常に余裕を感じさせている人が多いです。心から楽しめる趣味は、プライベートを充実させ、人生を楽しんで生きている印象を与えます。

女性も共感できるようなスポーツ・音楽・食べ歩き・料理などの趣味を持っていれば、異性から関心を抱かれる可能性がさらに大きくなるでしょう。

7:お金目当ての女性に騙されない

モテるおじさんは、経済力に余裕がありますが、それを目当てにして近づいてくる女性には騙されないでしょう。お金目当てで近寄ってきているのか、その人の本当の魅力に気づいて接近してきているのかの見極めを的確に行なえるのです。

モテないおじさんの特徴5つ

モテないおじさんの特徴5つ

ここからは、モテないおじさんの特徴をみていきます。歳を重ねってしまったから異性にもてないという考えは言い訳になります。

そこで、モテるおじさんになるために今後、歳を重ねた際のNG行動について詳しく紹介していきます。モテる男性とそうでない男性とでは何が違うのかを気づけるかが重要です。

1:ただ女性を甘やかす

モテないおじさんの特徴は、ただ女性を甘やかすことが「優しさ」である、と勘違いしてしまっている点です。女性の行ないに対して甘い顔をしてそのまま見過ごしてあげることが「モテるおじさん」と思い込んでいるからでしょう。

甘やかす行為は、一見優しさとも思われがちですが、そこには真の包容力はありません。どんな行為も甘やかしてしまうのは、反感を買ってしまうのが嫌だという逃げの気持ちでしょう。𠮟るべき場面ではきちんと叱ってくれるおじさんが実はモテるケースもあるのです。

2:自慢ばかりする

自慢話ばかりするおじさんは、モテない男性の特徴といえます。聞き上手の要素と、自慢話は対局を構成しています。歳を重ねている分、若い人より人生経験があるのは当たり前なのですが、それを自分のアピールポイントにしてしまってはいけません。

自慢話は過去の産物であって、今を一生懸命生きているという印象を与えないところにモテない要因を作ってしまっています。

3:笑いを取ろうとしてすべっている

笑いのセンスがあるのはいいことですが、昔のギャグをしつこく使って笑いを取ろうとして結局すべってしまうという行為は、モテるおじさんとは言えません。

笑いやユーモアは、時や場所、相手などに応じたセンスも問われます。聞いていて相手に苦痛だけを与えるような笑いのしかけは自己満足だと気付いて慎んだ方がいいでしょう。

4:セクハラになる発言が多い

セクハラ発言は、モテないおじさんの代表的特徴です。ハラスメント系の発言の中でも、セクハラニュアンスの発言は、多くの女性から賛同を得ることはないでしょう。性的な発言は、今やそのくらい「禁句」という扱いになっていることを理解するべきです。

いくら場所がお酒の席であっても、女性に「下ネタ」を想像させるような発言は禁物です。それを頻発すれば悪い印象がつく可能性が高くなるでしょう。

5:経済力で女性にかまってもらう

モテないおじさんが勘違いしやすいのが、「経済力」です。おじさん世代となれば若い人よりも経済的には恵まれてくるでしょう。しかし、お金の力だけでモテると思うのはあまり良くありません。

おじさんがモテるためには、内面のセンスを磨いて女性から一目置かれる存在になる努力が必要です。ただ、経済力だけで女性にかまってもらおうという姿勢は、お金目当てだけの女性しか現れないでしょう。

いくつになってもモテるおじさんでいる方法

アンケート調査を参考に、いくつになっても「モテるおじさん」でいる方法をまとめてみました!

・清潔感をキープする

・ファッションに気を遣う

・聞き上手になる

・話を引き出してあげる

・いつも穏やかに過ごす

・さりげなく相手をフォローをする

・相手の嫌がることを絶対にしない

すべてクリアしようとすると、ハードルが高くて挫折してしまいがち。まずはできることから始めてみてはいかがですか?

歳をとっても女性の気持ちに寄り添えるモテるおじさんになろう

歳をとっても女性の気持ちに寄り添えるモテるおじさんになろう

人は、歳を重ねれば若さや体力が失われていきます。しかし、気持ちさえ保っていれば素敵な人生が待っています。内面を磨く努力を続け、女性の気持ちに寄り添える人間を目指してゆけば、モテるおじさんになれる可能性は大きく高まるでしょう。

モテるおじさんは、顔がかっこいいだけではなれません。歳をとっても女性の気持ちに寄り添える、モテるおじさんになりましょう。

Written by mook

mookの他の記事を読む