カップルにおすすめしたい趣味16選|メリットや起こる問題点についても紹介

カップルで共通の趣味を持っていると普段のデートだけでなく、趣味も一緒に楽しめます。一緒に楽しむメリットやアウトドアとインドアでそれぞれ楽しめる趣味、デメリットなどを紹介しています。二人の仲をさらに深くできるカップル共通の趣味を探してみましょう。

カップルが同じ趣味を持つメリット5つ

カップルが同じ趣味を持つメリット5つ

カップルが同じ趣味を持つメリットはどういうものがあるのでしょうか。共通の話題があれば話が盛り上がるように、同じ趣味を持っていれば話が盛り上がるだけでなく、一緒に趣味を楽しむこともできます。趣味を楽しみながら2人の仲を深められるため、有意義な時間を過ごせます。

デートプランに困らない、楽しい時間を共有できるなど、同じ趣味を持つメリットを5つ紹介します。

1:デートプランに困らない

カップルでお出かけをしたり、買い物をしたりするデートもありますが、同じ趣味を持っていれば趣味の時間もデートとして楽しめます。

趣味を楽しむだけでなく、趣味のプランを立てるだけでもデートになります。普通のデートプランももちろん、趣味に関することもデートプランにできるため、マンネリ化もしにくいでしょう。

2:楽しい時間を共有できる

お互いに別の趣味を持っていれば相手が趣味をしに出かけてしまうときや、あまり興味がなくても付き合わなくてはいけないときもあります。しかし、同じ趣味であれば一緒に趣味を楽しめるでしょう。

一緒に趣味を楽しめるため2人で楽しい時間を共有できます。また、趣味に使うグッズを買いに行ったり、どういうグッズがいいのか相談したり、意見を求めるとたくさんのことを一緒に楽しめます。

3:デートがもっと楽しみになる

デートの時間に趣味を楽しめるため、普通のデートよりもさらに楽しめます。

相手が自分の趣味に興味がなければ話が盛り上がらなかったり、理解してもらえなかったりすることもあります。普通のデートコースは一通り行ってしまい時間を持て余してしまうこともあるでしょう。

同じ趣味を持っていれば、大好きな相手と大好きな趣味が一緒にできるため、デートはもっと楽しみになります。

4:さらに仲良くなれる

同じ趣味を持っているメリットにはお互いのことをさらに理解できるようになるという点があります。普段のデートでは見られない一面やいきいきと趣味を楽しむ姿を見られるため、2人の仲は深まり、さらに仲良くなれるでしょう。

趣味に関する知識や楽しみ方などを話し合うことでさらに仲良くなれることもあります。

5:新しい気づきがある

一緒に趣味を楽しむことで新しい気づきがあるというメリットもあります。普段のデートでは見せない一生懸命な姿や趣味の仲間に見せる顔など、これまでに見たことのない新しい相手の一面にドキッとすることもあるでしょう。

スポーツ系の趣味であれば彼氏のたくましさであったり、料理が趣味であれば彼女がとても料理上手だったりと新しい発見はたくさんあります。新しい気づきがあれば、さらに2人の仲も深まります。

インドア派のカップルにおすすめしたい趣味8選

インドア派のカップルにおすすめしたい趣味8選

2人ともインドア派であれば、お出かけデートをしなくてもインドアで楽しめる趣味はたくさんあります。映画鑑賞や料理だけでなく、ゲームやカラオケなども一緒に楽しめるでしょう。2人の時間を有意義に過ごせる趣味を8つ紹介します。

1:ゲーム

雨の日でもおうちでまったり楽しめるのがゲーム。ゲーム機さえあれば、手軽に始められるのが魅力的です。

楽しむコツは、失敗しても相手を責めないこと! オンラインで繋がっていれば、たとえ離れていてもプレイができます。ちょっと難しいゲームに挑戦してみてはいかがですか? 2人で協力してクリアすれば達成感が生まれるはず!

2:お酒を飲む

2人ともお酒が好きなのであれば飲みに行くのも楽しいですが、家呑みも楽しい時間を過ごせます。

普通にお酒を飲むのではなく、いろいろな種類のおつまみを準備して居酒屋風家呑みも楽しいでしょう。メニュー表を手作りしたり、一緒におつまみを作ったりするのも雰囲気が盛り上がって楽しめます。

自分好みのお酒をお互いに紹介すれば、これもまた新しい発見です。

3:映画やドラマ鑑賞

お家でゆっくりと映画やドラマを鑑賞するのもおすすめの趣味です。

有名な名作やホラー映画、今までみたことのないジャンルを一緒に楽しむのもいいでしょう。お互いのお気に入り映画を一緒に見れば、相手の映画の好みがわかるため、好きそうなジャンルの映画をおすすめすることもできます。

人気のドラマをシリーズで一気に見るなども楽しめます。どの映画やドラマを見るか選ぶのも楽しい時間になるでしょう。

4:家庭菜園

同棲中のカップルにおすすめなのが、家庭菜園。小ネギや大葉、ハーブ、ミニトマトなどの野菜をベランダで栽培してみましょう。

2人で水やりの分担をしたり、ガーデニンググッズを買いに行ったり。まるで小さな子供を育てるように野菜の世話をすることで、2人の絆はぐっと深まるはずです。

成長の様子をインスタにアップしたり、交換日記のように成長記録ノートをつければ楽しみも増えそうですね。

5:カラオケ

歌うのが好きなのであれば一緒にカラオケをするのも楽しいでしょう。カラオケ屋さんは個室のため2人きりになれます。真剣に歌ったり、相手に思いを込めて歌ったりするのも良いでしょう。

フードメニューが充実しているお店もあるため、2人きりでゆっくりと時間を過ごしてください。

6:DIY

マンネリを脱したいカップルにぴったりの趣味といえばDIYです。モノ作りに夢中になる楽しみや、達成感を共有することができます。

2人で協力して1つの物を作るのもあり、それぞれで別の物を作ってオリジナリティを競い合うのもあり!

何を作るか決まらないときは、とりあえずホームセンター×新鮮デートを満喫してみてはいかがですか? 思わぬアイディアが思い浮かぶかもしれません。

7:カフェ巡り

おうちデートの多いカップルは、週末カフェ巡りへ出かけてみてはいかがでしょう? いつもとは違う空間で向き合うことで、思わぬ癒しや新たな発見と巡り会えるはずです。

ただし、多くの人が訪れる大衆カフェを巡ってはいけません。できるだけこじんまりとした2人だけ隠れ家を探しましょう。

秘密基地作りに夢中になっていた子供の頃のようなドキドキ感を共有することで、2人の仲がより深まること間違いなしですよ。

8:料理

インドアカップルにもっともぴったりなのは、料理です。1つのメニューを2人で一緒に作ることで一体感が生まれます。

初めから難しい料理に挑戦する必要はありません。簡単なレシピでも、「〇〇の方がいいかも?」「〇〇も入れてみる?」と2人だけのアレンジを楽しみましょう。

キッチンという狭い空間で、スパイスたっぷりの意見交換をしてみてはいかがですか?

アウトドア派のカップルにおすすめしたい趣味8選

アウトドア派のカップルにおすすめしたい趣味8選

アウトドアで楽しめる趣味はたくさんありますが、カップルで楽しむにはどういうものが良いでしょうか。

アウトドアと言ってもハードなスポーツでなくてもいいのです。過ごしやすい時期の散歩や国内旅行などもゆっくりと楽しめる趣味です。その他にもキャンプやスポーツなど、アウトドア派のカップルにおすすめしたい趣味を8つ紹介します。

1:散歩

大人になると、目的もなくぶらぶらする機会は減ってしまいがち。健康のためにも、2人で散歩を楽しんでみましょう!

「行ったことのない街の探検」「美味しいと評判のお店探し」「景色のキレイな場所」など、大きな目標を立てて出発するのがベスト。

天気のいい日に大好きな人と時間を気にせずぶらっと散歩をすれば、幸せな気持ちでいっぱいになるはずですよ。

2:キャンプ

2人だけの空間を楽しめるキャンプは、結婚を考えるカップルにおすすめ。自然の中でのんびり過ごしたり、一緒に準備や片づけをしたり……。非日常×スロータイムが、お互いが大切な存在であることを再確認させてくれます。

まずは週末にアウトドアショップへ出向き、キャンプ用品をチェックしてみましょう。初心者でも簡単に設営できるテントや可愛らしいキッチングッズに思わず心躍るはずです。

3:スポーツ

運動好きのカップルなら絶対に取り入れておきたいのがスポーツですよね。でも、どちらか一方が経験者だと差が出てケンカになってしまうことも……。

そんなときにおすすめなのが、雨の日でも楽しめる「トランポリン」や「ボルダリング」。必要なものはレンタルできるので、手軽にスタートすることができます。また、一緒にジムへ通ったり、ダンスを始めたり、ダイビングなど季節感のあるスポーツを取り入れるのも◎。

2人で新たな挑戦をしてみてはいかがですか?

4:スポーツ観戦

実際にスポーツをするのもいいけれど、ドキドキやワクワクを共有できるスポーツ観戦も魅力的!

たまにはサッカーや野球、バスケットボール、ラグビーなど、お互いに好きなスポーツを観戦してみてはいかがですか?

2人でお揃いのユニフォームを着て応援すれば、ぐっと盛り上がること間違いなし! 何時間もかかったはずの試合も、楽しくてあっという間に終わってしまいます。

5:国内旅行

ちょっと足を伸ばして、普段はいけないような国内旅行も楽しい時間が過ごせます。

普段のデートコースでは見られない、他の街の素敵な景色や名物料理を楽しみましょう。日帰りで行ける距離であれば、わざわざお休みを取らなくても気軽に楽しめます。

2人でゆっくりしたいというのであれば、お休みを取って遠出してもいいでしょう。

6:芸術鑑賞

2人で芸術鑑賞を楽しむのはいかがでしょうか。いろいろな芸術のジャンルがありますが、どこの街でも探しやすいのが美術館です。

芸術に興味がない人もいるでしょうが面白い展示品も多いため、芸術好きではなくても楽しめる場合があります。

常設展示で興味のあるものがなければ期間限定の特別展示を見に行くのもいいでしょう。美術館によって展示されている美術品は違います。いろいろなジャンルの芸術を2人で楽しんでください。

7:ドライブ

アウトドアを楽しみたいけれど、なかなか外出が許されないときはドライブなんていかがでしょう? 近場をドライブするだけでも気分転換になります。

2人にとって思い出の地を訪れるのもあり、季節の移り変わりを堪能できる場所を選ぶのもありです。手作りのお弁当や水筒を持って、遠足気分を満喫してみて!

8:サイクリング

過ごしやすい時期などに2人でサイクリングを楽しむのもいいでしょう。

サイクリングができる施設であれば、自転車をレンタルできるようになっている所もあるため、自転車を持っていなくても2人でサイクリングを楽しむことができます。

春であれば息吹を感じる木々の景色や桜を楽しめます。紅葉していく木々の中を走る秋もすがすがしい気持ちになれるでしょう。

カップルで同じ趣味を持つと起こる問題6つ

カップルで同じ趣味を持つと起こる問題6つ

カップルで同じ趣味を持っているといいことばかりではありません。

同じ趣味なため、1人の時間が少なくなるということもありますし、趣味のせいで喧嘩することもあるでしょう。勝ち負けのある趣味の場合はその結果にふりまわされることもあります。また、たまには1人で趣味の時間を持ちたいと思うこともあるでしょう。

カップルで同じ趣味を持つと起こる問題6つを紹介します。

1:趣味も同じにしてしまうと1人の時間が少なくなる

カップルで同じ趣味を持っているということは多くの時間を一緒に過ごすということになります。

普段のデートの時間も一緒、趣味の時間も一緒となるとプライベートの多くの時間を相手と一緒に過ごすことになるため、1人の時間が少なくなってしまいます。

2:趣味のせいで喧嘩することがある

同じ趣味を持っていると言えども、考え方は人それぞれです。そのため、カップル同士でも趣味に対して違う考え方や楽しみ方もあるでしょう。

それぞれの考え方や楽しみ方があってもいいのですが、受け入れられないということがあったときに喧嘩になってしまうことがあります。

考え方などの違い以外にも1人で趣味を楽しんでいたり、別の仲間と仲良くしていたりと喧嘩の種は意外とたくさんあります。

3:勝ち負けのあるものを趣味にすると結果にふりまわされる

勝ち負けのあるものが趣味の場合はその結果にふりまわされることもあります。負けず嫌いな性格や贔屓のチームや選手が負けるのが許せない性格の人は、勝敗の結果が原因で喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

相手が贔屓にしているチームや選手が勝ったり、自分が負けたりしてもカッとならないように落ち着いて結果を受け止めましょう。

4:趣味の時間を共有したくないときもある

同じ趣味を持っていれば、いつも一緒に過ごせるメリットがありますが、それがかえってデメリットになってしまうこともあります。相手と一緒に趣味を楽しみたいときもあれば、1人でゆっくりと趣味を楽しみたいときもあるでしょう。相手にそういうときもあるということを伝えることも大切です。

5:1人の作業に集中しすぎてしまう

創作系の趣味などの場合、それぞれで創作活動をすることも多いでしょう。相手も集中して作業したいときもあれば、話しながらしたいというときもあります。

作業をするときに集中しすぎてしまい、自分の世界に入ってしまうと相手の話を無視してしまうなどで喧嘩になることもあります。集中すると周りのことが見えなくなるタイプの人は、相手と一緒に趣味をする場合、集中しすぎないように気を付けましょう。

6:マニアックな趣味だと共通の趣味にできないこともある

趣味は趣味でもマニアックな趣味は相手に理解してもらえない可能性があり、共通の趣味にできないこともあります。

無理やりに付き合わせると逆に嫌われてしまうこともあるため、どうしても一緒に趣味を楽しみたいのであれば、少しずつ興味を持ってもらえるようにマニアックすぎない話題を出してみるなどしてみましょう。

無理強いはしないように少しずつ興味を持ってくれるまでは1人で楽しむことも大切です。

カップルで共通の趣味を持とう

カップルで共通の趣味を持とう

カップルで一緒に楽しむ趣味について紹介してきました。アウトドア派でもインドア派でもカップルで楽しめる趣味はたくさんあります。

これまで興味がなかったジャンルでも相手が楽しんでいるのを見て、興味を持ってくれることもあるでしょう。

あまりにもずっと一緒にいるとたまには喧嘩やマンネリ化することもありますが、メリットとデメリットを理解して2人で楽しめる趣味を探してみましょう。

Written by mook

mookの他の記事を読む