相手をイラつかせる人とはどんな人? 特徴や対処法について詳しく紹介

相手をイラつかせる人がいると精神的苦痛を感じることがあります。しかし、距離を取りたくても、周りの人間関係や立場上できないこともあるでしょう。この記事では、相手をイラつかせる人とはどんな人なのか、特徴や対処法について紹介していきます。

相手をイラつかせる人とはどんな人?

相手をイラつかせる人とはどんな人?

上から目線で話す人や人によって態度を変える人、細かいことにうるさい人など、相手をイラつかせる人は周りにいないでしょうか。

しかし、イラつかせている本人としては悪意がないことがほとんどです。自分と気の合う人とだけ付き合っていければ楽ですが、社会に出るとそうはいきません。

本記事では、相手をイラつかせる人とはどんな人なのか、特徴や対処法について詳しく紹介していきます。相手をイラつかせる人に悩んでいる方は参考にしてください。

相手をイラつかせる人の行動4選

相手をイラつかせる人の行動4選

自分が人をイラつかせている存在になっていないか不安に感じる方もいるのではないでしょうか。

仕事であってもプライベートであっても、相手をイラつかせる人は、相手を怒らせてしまうこともありトラブルのもとです。

悪気がなかったとしても許してもらえないケースもあるため、対人関係では慎重に行動した方が良いでしょう。はじめに、相手をイラつかせる行動4選を紹介します。

1:隣で大きなため息をつく

隣で大きなため息をつかれると、「自分が気に障ることをしてしまったかな」「何か嫌なことがあって察してほしいのかな」など、感じることはないでしょうか。

周囲に聞こえるようなため息のつき方は、その場の空気を重くするため周りの人をイラつかせる行動です。

1度や2度であればそこまで気になりませんが、頻度が高いと不満が多そうな印象に映り、面倒な相手だと感じられるでしょう。

2:独り言の声が大きい

独り言の声が大きい人は、所かまわず自宅気分です。オフィスであっても街中であっても、独り言が大きいため目立ちます。

職場の人など毎日顔を合わせる間柄の場合、騒音と感じ、イライラするでしょう。話しかけられているのか独り言なのか、その都度判断しなければならない点も周囲を困惑させます。

3:周りの迷惑を考えずに大きな音を立てる

周りの迷惑を考えずに大きな音を立てることも周りの人をイラつかせる行動です。

会社のオフィスで考えると、ドアや机の引き出しの開閉音が大きい、キーボードを打つ力が強い、電話の声が大きいなどです。本人に悪気がなくても、集中して作業している人にとっては、騒音だと感じられる行為です。がさつな印象としても捉えられます。

4:やる気のない態度をとる

あからさまにやる気のない態度をとる人も周りをイラつかせる行動です。仕事であっても「この人は、一体何をしに会社に来ているのか」と思わせるほど、やる気がない態度の人も中にはいます。

やる気がない態度を指摘したところで、相手が「そう見えるだけでやる気がある」と言えば、それ以上強く出れないため、イライラが募る展開もあるでしょう。

相手をイラつかせる人の口癖3選

相手をイラつかせる人の口癖3選

相手をイラつかせる人は、口癖でイラつかせてくるところもあります。しかし、口癖は本人にとって悪気がないことが多いため、なくなりづらいです。ここでは、相手をイラつかせる人の口癖3選を紹介していきます。自分も相手をイラつかせる口癖がある、という方は注意しましょう。

1:上から目線で話す

明らかに目上な人や尊敬している相手であれば、上から目線の口癖も気になりませんが、基本的に上から目線の発言は、人をイラつかせる可能性が高いでしょう。

たとえば「私くらいになると○○だよ」「結婚しないと不安じゃないの?」など、普通の人なら躊躇しがちな内容でも、悪気なく発言します。

2:D言葉を多用する

「だって」「だけど」「ですから」「でも」など、ローマ字で書いた際に、頭文字がDから始まる否定的な言葉を「D言葉」と言います。

D言葉は、こちらの意見を否定してくるため、何度も使われるとイライラが募るでしょう。

たとえば「○○をお願いできますか」と言った時に「ですから、先ほど報告したように私にはこの作業があるので」や「でも、それは先日の話と違いませんか」など「ですから」「でも」と「D言葉」が口癖になっているケースです。

3:失礼な言葉遣いで話す

失礼な言葉遣いも、相手をイラつかせる口癖です。ただ、口にしている側にとって、失礼な言葉遣いという認識がないことが多いでしょう。

失礼な言葉遣いとは、たとえば「良いですね」と言えばいいところを「悪くないですね」と否定形で返したり、相槌を打つ時に「ふーん」と言ったりすることです。

「悪くないですね」と言われてしまうと「良いというわけではないのか」と相手は受け取り、気を悪くする可能性があります。

「ふーん」は、ただ相槌で使ったとしても、言われた相手は、共感できない部分があるのか、興味がないから早く話題を終わらせたいのかと、こちらも嫌な気分になるでしょう。

相手をイラつかせる女性の特徴6選

相手をイラつかせる女性の特徴6選

相手をイラつかせる女性の特徴を知っておきましょう。甘え上手や人によって態度が違うことなど、これから紹介する特徴を持った女性はイラつかせる要素を持っていることがあります。「自分が周りをイラつかせているかも」と、不安に感じることがある方も参考にしてみてください。

1:甘え上手

職場では円満な人間関係を築くことで仕事がしやすくなります。しかし、男性に対して甘えたり媚びたりし過ぎている女性は、同性から見て気持ちが良いものではありません。

猫なで声を出したり、ボディタッチが多かったりするのも周りをイラつかせる女の特徴です。職場にこういう女性が一人いるだけで仕事がしにくくなると感じる人は少なくありません。

2:人によって態度が違う

人によって態度を変える女性も、周りをイラつかせてしまいます。プライベートならまだしも、職場の人に対して態度を変えてしまうのは男女どちらからも反感を買いがちです。

特に社長や上司に気に入られようと猫を被る姿は、周りからうんざりされる行動の一つ。また、男性と話す時だけぶりっ子をする女性も同性から嫌われる女の特徴でしょう。

3:細かいことにうるさい

細かいことにうるさく、ねちっこい人も周りをイラつかせる女の特徴に当てはまります。

昔の失敗を何度も掘り返したり、いつまでもしつこく嫌味を言ったりする上司や先輩は意外と多いものです。嫌がらせのように何かと難癖を付けてくる人にはイライラしてしまいますよね。

4:モテ自慢

友人関係で周りをイラつかせる女と言えば、やはりモテ自慢をしてくる女性が挙げられます。

「男性からモテて困ってる」という相談話をされ「それ、相談じゃなくて自慢では?」とモヤモヤする女性も多いでしょう。また、さり気なくモテるアピールをしてくるのも周りをイラつかせる女の特徴です。

5:自己中

自己中心的な女性もまた、男女問わず周りをイラつかせます。周りの人が困っていたり嫌がっていたりしても、「自分には関係ない」「自分さえ良ければ良い」というスタンスで、その性格の悪さゆえに周りはイラついて仕方ありません。

6:自称サバサバ女

「私ってサバサバしてるから何でも言っちゃうんだよね~」という、自称サバサバ女も周りをイラつかせる言動をしている可能性が高いです。

サバサバと効率良く仕事や作業をこなせる女性であれば魅力的ですが、自称サバサバ女の場合は、ただ思ったことを思ったままに何でも言う失礼なだけの人です。

人を傷つける発言が多い自称サバサバ女に、周囲はイライラを募らせているでしょう。

相手をイラつかせる人や女性への対処法6つ

相手をイラつかせる人や女性への対処法6つ

相手をイラつかせる人や女性の特徴がわかったところで、そのような女性がそばにいたらどううまく付き合っていくか、考える必要があります。

苦手な相手とはなるべくかかわりたくないですが、仕事など距離をとりにくい場であればうまく対処するしかありません。

1:まずは冷静に対処する

イラッとしても、その怒りを顔や態度には出さず、冷静に対処することを心がけましょう。怒ってしまうと、イライラした気持ちで頭が回らなくなり、適切な返答ができなくなってしまうことがあります。

逆に声を荒らげたり、大人気ない態度で接しったりすると、周りから呆れられてしまうこともあるでしょう。相手が同じ職場だった場合、全面的に対立すると、居心地が悪い状況を生むことになります。

2:相手にしない

マウントをとってくる女性やモテ自慢が多い女性は、相手にしないのが一番です。

相手にしてしまうと延々マウントやモテ自慢が続くので、「そうなんだ~」と軽く流したり「そういえば……」と話の流れを変えるなどしてみてください。

相手にしなくなるうちに、あなたにマウントやモテ自慢をすることを諦めるかもしれません。

3:距離を置く

その女性が、あまりにもあなたをイラつかせるようなら距離を置くのもよいでしょう。

そういう女性は、実際に会わなくてもLINE(ライン)や電話などでもイラつかせるような行動をとるかもしれません。イライラが爆発しそうな時は、できるだけ相手に関連するものを目に入れないようにして平常心を取り戻してみてください。

イラつく女のために、あなたの有意義な時間を使うのはもったいないですよ。しばらく接触を避け様子を見ましょう。

4:嫌なことは嫌と伝える

もしその女性とこれからも付き合っていかなければいけないのであれば、「嫌なことは嫌」とハッキリ伝える意思も大切です。嫌だと思っても言わないままでは、相手には一生伝わりません。

友達としてこれからも仲良くしたいのであれば、「男性の話は控えめにしてほしい」と伝えたり、「自慢に聞こえちゃうよ~」とあえて相手も気付くように言ってみてください。

相手が上司の場合は、役員や社長などの頼れる人に相談してみると良いでしょう。

5:イラつかせる人の背景を考えてみる

自分を基準にして考えてしまうと「なぜあの人はあんなことを言うのか」とイライラが増してしまうことがあります。そういう時は、イラつかせる人の背景を考えてみましょう。

相手がしてくる発言は何かしらの理由があって出てきているため、背景を知ることで「この人はこういう価値観から、あの言動につながっているのか」ということがわかります。

イラつかせる人の背景が見えたことで「それなら仕方ないか」と思えることも出てくるでしょう。

6:自分がイラついてしまう理由を考えてみる

イラつかせる相手に対して、なぜ自分がイラついてしまうか理由を考えてみることも対処法の1つです。イラッとさせられた瞬間を思い出して、何があったか書き出してみましょう。

文章化することで、イラついてしまうパターンや、何に対して嫌な感情を抱くのか、どうしてほしいのかなど明確にできます。「そこまでイラつく問題ではなかったのかも」と言うことも出てくるでしょう。

イラつかせる人の特徴や対処法を知ろう

イラつかせる人の特徴や対処法を知ろう

相手をイラつかせる人とはどんな人なのか特徴や対処法について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。周りをイラつかせる人がいる場合は、毎回イラついていると、きりがないでしょう。

その人と距離を取れれば、イラつく頻度は減りますが、職場の人間であればそうはいきません。イラつかせる人の特徴や対処法を知り、うまく付き合っていきましょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む