with(ウィズ)でブロックすると相手にバレるのか。確認方法、退会や非表示との違いを解説

最近話題のマッチングアプリ with(ウィズ)には、”ブロック”という機能があります。

with(ウィズ)のブロック機能を使うと、これから連絡を取りたくない相手や、関わりたくない相手に使って相互に連絡を取れない状態にすることができす。

with(ウィズ)のブロック機能について、心配な点や気になる点が多く、悩んでる人も多いはず。

この記事は、with(ウィズ)でブロックするとバレるのかどうか知りたい人相手にブロックされているかどうか気になる人ブロックと退会や非表示とどう違うのかわからない人に向けて書いています。

上記に当てはまる方は、ぜひ本稿を最後まで読んでwith(ウィズ)のブロック機能をマスターしましょう。

マッチングアプリのおすすめランキングの記事もぜひチェックしてみてくださいね!

with(ウィズ)でブロックしたらバレる?

ブロックした後、with(ウィズ)のアプリ内で相手側にどのように表示されるのか気になりますよね。

ここでは、with(ウィズ)でブロックした後はどうなるのかについて気になる点を詳しくまとめています。

ブロックしたい相手がいる場合も、事前にwith(ウィズ)のブロック機能がどのような機能か必ず確認しておきましょう!

ブロックしても通知は届かない!

結論、ブロックを知らせる通知はありません。

通知が届かないので、関わりのほとんどないマッチング前の相手には、ブロックしたと気づかれることはないです。

マッチング後の相手には、今までの履歴が急に消えることで勘づかれる可能性があります。

しかし、相手への見え方はブロックと退会が全く同じなので、ブロックをしても退会の可能性を残すことができます。

ブロックすると相手にはどう表示される?

ブロックした人は、ブロック後に相手が見えなくなりますが、ブロックをされた相手側のアプリ内では何が起こるのかブロックしたことがバレるのか、知りたいところですよね。

ここではマッチング前と後それぞれについて、ブロックするとどのようになるのかを解説しました。

マッチングする前はブロックがバレない

マッチングする前の相手をwith(ウィズ)でブロックすると、出会う前に自分の情報が相手に届かないので、ブロックしたとバレることはありません。

表示されなくなるのは以下の項目です。

検索の結果、お気に入りリスト心理テストの結果、足あとの履歴など、相手に関する情報が全てなくなります。

マッチングした後はブロックがバレやすい

今まで見えていた履歴やアカウントなどの情報がいきなり見えなくなるため、相手が違和感を感じ、ブロック機能を使ったことが察知されます。

マッチング後は相手とトークをするため、マッチング後にwith(ウィズ)でブロックすると、トークリスト、メッセージの履歴などのトークに関する情報もなくなります。

相手との履歴が全て消えるので、ブロック後は当然メッセージのやりとりはもちろん、プロフィールも見ることができなくなります。

with(ウィズ)のブロックは解除不可

with(ウィズ)のブロックは、解除不可なので要注意です。

一時的な感情でブロックしてしまっても元に戻すことはできません。

そのため、二度とやりとりを行う必要がない相手のみに使用することを徹底してください。

with(ウィズ)のブロックのやり方を紹介!

ブロックは、基本的に身バレを防ぎたいときに知り合いをブロックしたり、しつこく連絡をしてくる相手を遮断したりするときに使うことができます。

ブロックする方法は3通りあり、マッチングしているかどうかに関わらずいつでもできます。

ブロックの流れ(プロフィール画面)

プロフィール画面でのブロックは、マッチング前に知り合いや友達を見つけたときに即座に使うことができます。

プロフィール画面からブロックする流れは以下のとおりです。

手順
  1. プロフィール画面の右上にある”︙”ボタンをおす
  2. 次の画面で”ブロックする”を選択する
  3. 「ブロックしてもよいですか?」が出てきたら、”ブロック”を選ぶ

1.プロフィール画面の右上にある”︙”ボタンをおす

2.次の画面で”ブロックする”を選択する

3.「ブロックしてもよいですか?」が出てきたら、”ブロックする”を選ぶ

 

ブロックの流れ(トークリスト)

メッセージ一覧からのブロックは、メッセージをこれ以上送ってほしくない時にすぐに使えます。

メッセージ一覧からブロックする流れは以下のとおりです。

手順
  1. メッセージ一覧を開き、ブロックしたい相手の右側にある”︙”ボタンをおし、(もしくは相手のアイコンを長押しする)”ブロックする”を選択
  2. 「ブロックしてもよいですか?」が出てきたら、”ブロック”を選ぶ
  3. 確認画面の”ブロックする”を選ぶ

1.メッセージ一覧を開き、ブロックしたい相手の右側にある”︙”ボタンをおす
(今回はアンドロイド版で”︙”ボタンがないため、アイコンを長押しして”ブロックする”を選択

2.「ブロックしてもよいですか?」が出てきたら、”ブロックする”を選ぶ。

ブロックの流れ(トーク画面)

トーク画面からのブロックは、メッセージのやりとりをしている際にすぐに使えて便利です。

トーク画面からブロックする流れは以下のとおりです。

手順
  1. トーク画面の右上にある”︙”ボタンをおす
  2. 「ブロックしてもよいですか?」が出てきたら、”ブロックする”を選ぶ

1.トーク画面の右上にある”︙”ボタンをおす

2.「ブロックしてもよいですか?」が出てきたら、”ブロックする”を選ぶ

with(ウィズ)でブロックされているか確かめたい!

アプリの中にブロックされたか確認する機能や方法はないです。

そのため、ブロックされたかを知るには、1度アプリを退会する再登録の方法しかありません。

そのため、ここではブロックの可能性が高い状況と、ブロックを確かめる再登録の方法について説明します。

わかり方1 相手がwith(ウィズ)のアプリ内からいなくなる

相手がいきなりいなくなったときはブロックの可能性があります。

先述したように、このときは退会の可能性も残ることを覚えておいてください。

今まで確認できていた検索結果、トークリスト、いいね履歴、足あと履歴を確認しても、相手の情報が全く見つからない場合は、相手がブロックまたは退会しています。

わかり方2 再登録して検索すると相手が見つかったとき

相手に自分がブロックされたかを知るには、with(ウィズ)を1度退会し、30 日間の再登録期間を経て再度登録する必要があります。

再登録は、過去の登録情報が全て消えるため、ブロックに関する情報もなくなります。

再登録後にいなかったはずの相手が表示されるときはブロックされていたと判断できます。

再登録の流れは以下のとおりです。

with(ウィズ)を退会して再登録する

相手のアカウントを検索する

相手が見つかり、with(ウィズ)を利用していることが判明

相手が自分をブロックしていたことが分かる

withでアカウントは消えてないけど返信が来ないのはなぜ?

「アカウントは表示されているのに、なぜか返信が来ない。」という場合もありますよね。

やりとりしている相手から返信が来ない時間は、理由が気になってもやもやします。

with(ウィズ)で相手から返信が来ない場合でも、相手のアカウントや履歴が残っている場合はブロックや退会ではありません。

ここでは、相手は消えていないのになかなか返信が来ないときに考えられる原因を解説します!

①自分が非表示にされているとき

with(ウィズ)の非表示を使うと、非表示を使った側のみ相手が見えなくなります。

つまり、相手に非表示をされたと気が付かずに、見られることのないメッセージを送り続けていることもあるのです。

そのため、相手が確認できるのに自分の送ったメッセージに長らく返信がないときは、相手が自分を非表示にした可能性があると考えられます。

②ただ単に未読無視されている

ただ単に、メッセージを確認していないか無視されている可能性もあります。

以下のような場合が多いので、あまり気にしすぎる必要はありません。

  • 相手が複数の人とやりとりをしていて自分の優先順位が下がっている
  • 返信しづらいからそのまま放置している
  • with以外のアプリを使っていて見ていない

マッチングアプリは出会いを積極的に求めている人が利用する傾向があります。

with(ウィズ)に限らず、複数のマッチングアプリを利用している場合に返信を忘れてしまったり、多くのメッセージを抱えていて返信が追いつかなかったりすることはよくあります

無視されている側に問題がなくても、返信が来ないことはあるので深く考えないようにしましょう。

すぐに使える!返信が来ないときの対策を紹介

無視される頻度が多いように感じる場合や、返信してくれない相手のことが気になるときは、返信がきやすい工夫をして様子をみましょう。

以下にはすぐに実践できる対策をまとめました。

  • メッセージに相手のプロフィール内容に関する内容を含ませて、興味をはっきりと示す。
  • 文章の最後に質問を入れて、返信しやすいメッセージを新たに投げかけてみる。
  • 自分の自己紹介文やプロフィールの項目、サブ写真を新たに設定してから再度メッセージを送信する。
  • 3行以内のシンプルな文章になるように意識する。

このような対策をして返信が来るか様子をみてみましょう。

それでも返信が来ない場合は、後ろ向きになりすぎず次に合う人を探してみてください。

自分の写真や掲載内容を工夫して誠実なメッサージのやりとりをすれば、必ず素敵な出会いがありますよ。

with(ウィズ)でよくある質問

with(ウィズ)のブロックについて気になる点は多いですよね。

ここでは、with(ウィズ)のブロックに関する質問を2つ紹介してそれぞれについて解説します。

with(ウィズ)のブロックって戻せるの?

with(ウィズ)のブロックは解除不可能です。

ブロックした相手とは二度と連絡を取ることはできません。

ブロックしなければよかったと後悔しても遅いので、ブロックするときはよく考え、慎重に行いましょう。

with(ウィズ)のブロック・非表示・通報の違いは?

with(ウィズ)のブロック・非表示・通報は、全て相手側への通知がありません。

ブロック・非表示は、相手をwith(ウィズ)のアプリ内で見えないようにする機能、通報はユーザーから運営側への違反報告の機能です。

ここでは、それぞれの機能の違いをまとめています。

ブロックと非表示の違い

相手をwith(ウィズ)のアプリ内で見えないようにする機能には、ブロックと非表示がありますが、その違いが気になりますよね。

以下には、非表示とブロックの違いをまとめました。

ブロックと非表示の違い
  • ブロックは解除できないが、非表示は解除可能
  • ブロックは相互に見えなくなるが、非表示は自分(非表示を使った人)だけ相手が見えなくなるので、された側に影響はない

with(ウィズ)の通報ってどんな機能?

with(ウィズ)の通報とは、ユーザーが安心・安全に利用するために設けられた違反報告機能

違反報告は、with(ウィズ)の監視サポートチームにより適切に措置が行われます。

不審な人物を見つけたときや、出会い目的以外の利用を確認したとき、なりすましや嫌がらせを見つけたときには通報機能を使って違反報告をすることができます。

違反報告の手順は以下のとおりです。

手順
  1. 相手のプロフィール画面から「・・・」ボタンをおす。
    ※相手が見当たらない場合は、「お問い合わせ」から相手の情報と違反報告理由を記載して連絡する。
  2. ダイアログが表示されたら「違反報告する」ボタンをおす。
  3. 違反箇所を選択。
  4. 具体的な理由を入力の上、「違反報告する」をおして送信。

with(ウィズ)のブロック まとめ

今回はwith(ウィズ)のブロックについて詳しくまとめてみました。

with(ウィズ)の機能について知ることは、アプリを安全にそして快適に利用するために必須です。

with(ウィズ)のブロック機能は、相互に連絡を取れなくするための機能であり、注意点もいくつかあります。

しかし、正しく使えば役立つ便利な機能になることが分かりましたね。

ぜひ今回の記事を参考にして、with(ウィズ)で素敵な出会いを見つけてください。

おすすめの記事