ペアーズ 登録方法

ペアーズは国内最大級のマッチングアプリで、とても人気が高いです。

使い始める前に、どのような登録方法があるのか気になりますよね。

そこでこの記事では、ペアーズの登録方法を詳しく紹介します。

極稀に、ペアーズに登録しようと思っても、上手く進まないという人も…。

この記事では、初心者の人でも簡単に登録できるよう、それぞれの方法ごとに解説しています。

ペアーズの登録で困っている人は、ぜひ参考にしてください。

【本当に出会いがあるマッチングアプリのおすすめは?ランキング記事をチェック!】

目次

ペアーズの登録方法は大きく5つ!

ペアーズへの登録方法は、iPhoneとAndroidで少し異なります

iPhoneでは、以下5つのパターンで登録可能です。

iPhoneでの登録方法
  • Facebook
  • LINE
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • AppleID

一方、Androidは4パターンのみ用意されています。

Androidでの登録方法
  • Facebook
  • LINE
  • メールアドレス
  • 電話番号

Androidの場合は、Googleアカウントなどでの登録はできません。

この中で最もおすすめの登録方法は、AppleでもAndroidでもFacebook経由での登録。

その理由は、次項で説明します。

ペアーズの登録方法①Facebookでの登録

Facebook

マッチングアプリを利用する時に最も心配なのが、身バレですよね。

Facebookで登録すれば、もしFacebookの友達がペアーズを利用していてもペアーズ内では表示されません

そのため、他の方法よりも身バレを防ぎやすくなっています

もちろん、何かしらの投稿が勝手に作成されることも一切ありません。

Facebookのアカウントを持っている人は、ぜひ利用しましょう!

それでは、Facebookの登録方法を紹介していきます。

①Facebookでログイン(サインイン)をクリック

スマートフォンのアプリ版では、上記のトップ画面からFacebookでサインインをタップします。

そして、Facebookに登録しているアカウントの電話番号(またはメールアドレス)、パスワードを入力してログインしてください。

PC(ブラウザ)版でも同様の流れです。

②Facebookとペアーズを連携させる

次に、ペアーズとの連携を許可する画面が出てきます。

ログインのボタンを押せば登録完了です。

また、Facebookに登録されている以下の基本情報は、ペアーズにも自動的に反映されます。

自動入力されるプロフィール情報
  • プロフィール写真
  • ニックネーム(名前)
  • 生年月日
  • 居住地

もちろん、生年月日以外は後からでも変更可能です。

ペアーズの登録方法②LINEでの登録

LINE

次に、LINEでの登録方法を説明します。

ペアーズは、以前はFacebookやメールアドレスなどでしか登録できませんでした。

新しく追加されたLINEでの登録は、より簡単で利用しやすいです。

もしFacebookを利用していなければ、LINEでの登録がおすすめです。

①LINEでログイン(サインイン)をクリック

基本的な流れは、Facebookとほとんど変わりません。

スマートフォンでは、LINEのアプリをインストールしていれば登録もスムーズ。

PC(ブラウザ)版では、メールアドレスとパスワードの入力、またはQRコードでのログインが必要になります。

②LINEとペアーズを連携させる

ログインすると、ペアーズと連携させるための許可画面が表示されます。

許可するボタンを押すと、無事に登録完了です。

この後は、表示に従って規約の確認やプロフィールの入力を進めましょう。

ちなみに、LINEに登録されている連絡先はペアーズに紐付けされないため、安心してくださいね。

ペアーズの登録方法③メールアドレスでサインイン

アプリ版では、トップ画面のメールアドレスでサインインから登録を進められます。

今回は、少しわかりづらいPC(ブラウザ)版の説明をしていきます。

左側にある、今すぐ無料で始めるというボタンを押しても、LINEとFacebookでのサインインボタンしか表示されません。

そのため、まずは右上のログインを押しましょう。

①その他の方法でサインイン(ログイン)を選択

すると、上の画像のように、ログイン方法を選ぶ画面が出てきます。

メールアドレスでログインするには、その他の方法でログインを選んでください。

AndroidやiPhoneでも、同じように選択しましょう。

②メールアドレスを入力して認証コードを受け取る

この画面が表示されたら、登録したいメールアドレスを入力します。

そして、認証用のメールを受け取りましょう。

その後送られてきた認証コードを入力すれば、プロフィール入力画面へと進められます。

ペアーズの登録方法④電話番号でサインイン

電話番号で登録する前に、1つ注意点があります。

それは電話番号登録後ではFacebookでの連携ができなくなること。

「身バレは絶対に嫌!」という人は、できる限りFacebookを利用しましょう!

①その他の方法でサインインを選択

では、登録方法の手順を説明していきます。

まず、上の画像にあるその他の方法でサインインを選んでください。

②電話利用を許可する

次へを押して、ペアーズの電話利用を許可しましょう。

以下はAndroidの画面ですが、iPhoneでも同様に許可して進めていきます。

③電話番号を入力して認証コードを受け取る

許可し終えたら、電話番号を入力してください。

この時、入力する番号を間違えないように入力しましょう。

確認のボタンを押すと、認証コードが記載されたSMSがスマートフォンに送られてきます。

認証コードは6桁の数字です。

加えて、10分以内に認証しないと無効になってしまうため注意しましょう。

無事に認証が終わると、プロフィール入力へと進められます。

ペアーズの登録方法⑤Appleでサインイン

ペアーズ登録iPhone

iPhoneを使っている人限定で、AppleIDを利用してアカウントの作成が可能です。

Appleでサインインを押すと、ログイン画面に切り替わります。

使いたいAppleID(メールアドレス)とパスワードを入力しましょう。

すると、AppleIDのメールアドレスに6桁の認証コードが届きます。

そのコードを使って認証を済ませたら、登録完了です。

ペアーズに登録したらまずやるべきこと5選!

ペアーズへの登録が完了したら、相手を探す前にプロフィールを埋めましょう。

何もしないまま探し始めても、ほとんどマッチングできません。

ここからは、プロフィール設定を含めた最初にやるべきことを5つ紹介します。

①プロフィールを設定する

プロフィール

プロフィールが設定されていないと、どのような人物か一切わからないため相手から警戒されル可能性が高いです。

相手とスムーズにマッチングしやりとりをするためにも、登録後まず最初に、しっかりプロフィールを設定しておきましょう。

自分の趣味や性格、休日の過ごし方といった情報を書き込んでおけば、今後相手との会話のきっかけにすることもできますよ。

実際にどのようなプロフィールにすればいいのかは、以下の記事で詳しく解説しています。

②プロフィール写真を設定する

プロフィール写真

プロフィール写真は相手の雰囲気がわかるうえに、会話のきっかけにもなります

相手からの判断材料として非常に重要なため、登録後は早めに設定しておきましょう。

ただし、Facebookで登録した場合は、Facebookのプロフィール写真が反映されています

身バレが気になる人は注意が必要です。

マッチング率が上がるプロフィール写真は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

③年齢確認をする

ペアーズでは、年齢確認を済ませないとメッセージが送れません

年齢確認に必要なものは、以下の通りです。

年齢確認に必要なもの
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

社員証や学生証、年金手帳といったものは、年齢確認の書類として認められていません。

年齢確認の方法

まずは、先ほど述べた書類を撮影します。

この時に、健康保険証だけは記号・番号・保険者番号を隠しておきましょう

書類を提出したら、24時間以内に審査が完了します。

本人確認書類の提出で可能になること
  • メッセージのやり取り
  • 相手のいいね数の閲覧
  • 6人以上の足あとを確認

さらに、顔認証のシステムで本人確認を行うと、プロフィールに本人確認バッジが表示されるようになります。

各種書類を撮影する際には、文字や顔写真が見切れないよう気を付けましょう。

④有料会員に登録する(男性)

有料会員

男性の場合は、有料会員に登録しなければ相手とメッセージのやり取りができません

有料会員と無料会員とでは、大きく差が開いてしまいます。

というのも、登録してから3日間は、新規ユーザーとして色んな人に表示されやすくなっています。

この3日間でいいねやメッセージを送るなど積極的にアクションを起こしておけば、結果的に出会いやすくなるでしょう

そのため、とくに男性は、有料会員への登録を忘れないようにしましょう。

⑤知り合いをブロックしておく

拒否する女性

ペアーズを始めたら、見つけた知り合いをブロックしておくと安心です。

先にブロックしておけば、相手が会員検索を行っても、自分が表示されることはありません

ブロックしても相手には通知されないため、身バレを防ぐために積極的に利用するのがおすすめ。

その際、誤って非表示を選ばないよう注意してください。

非表示は、自分からは見えなくなりますが相手からは見られてしまいます。

ペアーズで身バレを防ぐためにできる詳しい対策方法については、こちらの記事もご覧ください。

【登録方法別】ペアーズに登録できない原因を解説

「せっかくペアーズを利用しようと思ったのに、登録できない!」と、トラブルに見舞われる人も

ペアーズに登録できない理由は、登録方法ごとに異なります。

登録できない原因がわからない人は、しっかりチェックしてくださいね。

【共通】ペアーズに登録できない理由3つ

まずは、どの登録方法でも共通の原因をご紹介します。

対処法があるのは、1つ目の原因のみです。

①退会してから30日以内

期間

ペアーズを退会した後は、1ヶ月が経たないと再登録ができません

理由は、迷惑ユーザーを極力増やさないようにするため。

短い間に何度も入会できてしまうと、嫌がらせや迷惑行為をするユーザーがアプリを悪用する恐れがあります。

そのため、30日間は再登録できないような仕組みになっています。

もし、もう一度利用したいと考えている人は、退会後1ヶ月(31日)経過したかどうかを確認しましょう。

別の方法でサインインすることもできますが、サブアカウントなどの疑いがかけられる可能性もあるため、控えるのがベターです。

②海外からしようとしている

海外

以前は、海外からでもペアーズの登録は可能でした。

しかし、不正利用が多発したのをきっかけに、2021年7月以降は海外からの利用ができなくなっています

この利用制限は永久的なものではないとのことですが、制限の解除はまだ予定されていません。

海外在住の人、またはその予定がある人は注意しましょう。

③過去に強制退会させられている

強制退会

ペアーズで強制退会させられた過去がある場合、再登録はできません

迷惑行為や規約違反といった理由で強制退会になると、ペアーズ側のブラックリストに登録されてしまいます

他の方法で登録できたとしても、再び強制退会させられる可能性がゼロではありません。

当てはまる人は、他のマッチングアプリを使いましょう。

【Facebook】ペアーズに登録できない理由3つ

身バレを防げるならFacebookで、と思う人は多いでしょう。

しかし、実は条件を満たさなければ登録できません

Facebookでペアーズに登録できない理由は、これから説明する3つのいずれかが原因だと考えられます。

①友達の数が10人未満

友人

ペアーズにFacebookで登録する場合、友達の数が最低でも10人必要

なぜ人数制限が設けられているかというと、業者や迷惑行為をするユーザーの捨て垢などに対抗するため。

要するに、ペアーズへの登録目的でFacebookのアカウントを作っても意味がない、ということになります。

あらかじめ友人を増やしておくか、LINEやメールアドレスといった他の方法で登録しましょう。

②年齢が18歳未満

学生

ペアーズに登録できるのは、18歳以上の人だけ

もし仮に生年月日を偽ったとしても、ペアーズに登録する際は本人確認が必要となります。

必ずどこかでバレてしまうため、利用しないようにしましょう。

③ステータスが交際中・婚約中・既婚になっている

カップル

Facebookでの交際ステータスが独身以外の人は、ペアーズに登録できません

「じゃあ独身に変えたらいいじゃん!」と思う人もいるかもしれませんが、パートナーがいる状態での登録は規約違反です。

もちろん、交際していた・結婚していたけど別れてしまった、という人は変更してから登録して構いません。

ペアーズに登録している人は、将来を見据えて本気で相手を探している人がほとんど。

浮気や不倫といった行為を目的に利用するのはやめましょう。

【メール】ペアーズに登録できない理由3つ

次に、メールアドレスで登録できない理由をご紹介します。

メールアドレスの場合は、以下3つのポイントをクリアすれば、誰でも登録できます。

①メールアドレスが間違っている

メール

認証コードが届かない場合、まず考えられるのがメールアドレスの誤入力。

もう一度、しっかり確認しながら入力し直してみましょう。

特に、普段使用していないメールアドレスを使おうとしている場合は要注意です。

②迷惑メールになっている

メールボックス

メールアドレスを間違えていない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられていないかどうかチェックしてみてください。

振り分け先の名称は、メールサービスによって異なります。

振り分け先フォルダの一例
  • 迷惑メール
  • ゴミ箱
  • プロモーション

上記のようなフォルダを、一度全て確認してみましょう。

③受信を拒否している

NG

もし迷惑メールとしても見つけられなかった人は、そもそも受信拒否になっている可能性があります。

メールサービス側で、あらかじめ@pairs.lvからのメール受信を許可するよう設定しておきましょう。

また、URLが掲載されているメールを受信拒否していないかどうかも、併せてチェックしておくと安心です。

【LINE】ペアーズに登録できない理由

LINEを利用した登録は条件がないため、失敗することは滅多にありません。

ところが、稀にペアーズへの登録が上手くいかないこともあります。

その原因は、ユーザー側ではありません。

①LINE側でトラブルが発生している

LINE側でサーバーなどに何らかの問題が発生している場合は、登録ができません。

様子がおかしい時には、翌日以降に再度トライしてみましょう。

もしそれでも上手くいかない際には、LINE以外の方法で登録する必要があります。

【電話番号】ペアーズに登録できない理由

電話番号で登録ができない理由は2つあります。

1つずつ確認して、原因を探っていきましょう。

①電話番号が間違っている

電話

入力した電話番号が間違っていると、登録に必要な認証コードが届きません

番号をもう一度確かめて、最初からやり直してみてください。

②SMSの受信拒否をしている

メール

電話番号を間違えていない場合、SMSの受信拒否設定を確認してみると解決するかもしれません。

もしかすると、迷惑SMSなどと誤認されて、認証コードを受け取れない状況になっていることも考えられます。

スマートフォンの設定画面から、SMSアプリの設定をチェックしましょう。

【Apple】ペアーズに登録できない理由

最後に、iPhoneの人が遭遇しやすい原因について説明します。

考えられる原因は1つしかありません。

①AppleIDが間違っている

サインイン

AppleIDは、メールアドレスとパスワードのセットです。

アルファベットの綴りや、大文字・小文字、記号が全角になっていないかなどをもう一度よく確認しましょう。

もし上手くいかない場合は、アプリを一度アンインストールしてから再度行ってみましょう。

ペアーズの登録方法 まとめ

ペアーズへの登録は、Facebookの利用が最もおすすめです!

さらに身バレ対策を徹底するなら、プロフィールの内容に注意しながら、知り合いのブロックを徹底しましょう。

もしペアーズへの登録が上手くいかなくても、一旦落ち着いて原因を探しましょう。

再登録の場合はすぐに解決しづらいですが、そうでなければ誰でも登録できます。

ぜひペアーズへ登録して、素敵なパートナーを見つけてくださいね。

ペアーズ

おすすめの記事