イベントプランナーのみくりんです。婚活初心者のジブリオタクです。

オタク婚活?「好き」が一緒で「好き」になる。本当にあったオタク女子の話。

ちまたで話題の「趣味活・趣味コン」。「オタク婚活」なんていうのも、よく耳にします。流行っている理由は大きく2つ。

 

 1.初対面でも共通の話で自然と盛り上がれる。

 2.共通の趣味を持った人と知り合えるので世界が広がる。

 

趣味活・趣味コンは趣味仲間を作るのに、もってこいということですね。

さらにこの中で彼氏が出来たら・・・・・・やりたいこと・行きたい所が同じだからどちらかが合わせることもない。価値観も合うだろうし、デートも楽しめそうですよね♡

まだ見ぬジブリオタクさん。私の隣、空いてますよ(心の声)。

 

冗談はさておき、この度私が開催した2016年3月にアニマックス×街コンジャパンのコラボ企画アニ☆コンで出会いお付き合いをされ、4月に入籍されるカップルさんからご連絡をいただきました。

 

▼ ご連絡いただいた内容

昨年3月26日のアニコンから早数ヶ月。この4月に入籍が決まり、6月には挙式を予定しております!
更に嬉しいことに8月には第一子を出産予定でいます!
リンクバルさんには大変感謝していて、今回はご報告も兼ねて、エピソード投稿させていただきました。

 

なんということでしょう。ご結婚がきまり、8月には赤ちゃんが産まれるとなー!!! 
おめでたい!!おめでたすぎるではありませんか!!

 

早速、このおめでたすぎるカップルに直接お祝いの言葉を伝えるべく、会いに行ってお話を伺ってきました。そこには、なんと想像を超えた「肉食系女子」の秘技がありました・・・・・・。


 

お二人のプロフィール

◆プロフィール

名前:和泉さん(仮名)
性別:女性
年齢:22歳

名前:ゲンさん(仮名)
性別:男性
年齢:29歳

◆出会った日:2016年3月26日

◆イベント名【アニメ好き大集合!】アニ☆コン in AnimeJapan 2016 – 3月26日(土) 東京–

 


▼ 再会した私たち!!

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?


 

一瞬でハッと恋に落ちた

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

――ご婚約とご懐妊、Wでおめでとうございます!!!

和泉さんゲンさん(以下敬称略) 「ありがとうございます。今日はお願いします。」

 

――8月に赤ちゃんが産まれるんですね!お二人がアニ☆コンで出会っていなかったらと思うと、とても感慨深いです・・・・・・涙。

和泉ゲン 「(笑)」

 

▼ 8月にご出産予定。婚約指輪がキラリ

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

 


――どういった経緯で出会ってから連絡先交換までされたんですか?

和泉 「アニ☆コンではお互い存在を知りませんでした。彼が友だち4人で来ていて、友だちグループの人と仲良くなったんです。」

ゲン 「そうそう。そうやった。それで、皆で二次会行こうやって話になってんな。」

和泉 「うん。合流した彼を見た瞬間、『ヨッシャ!!!イケメン来たっ!』ってテンションがもうMAXになって! 本当は次の予定があったから、帰ろうと思ってたんだけど、こんなにイケメンがぐいぐい誘ってくるならって、二次会に参加しました(笑)。」

 

――えええ、和泉さんの一目惚れ? ゲンさんはその時、和泉さんをどう思ったんですか?

ゲン 「じつは、一緒に来てるヤツが和泉をみて『あの子可愛い』って言ってて。『それなら俺が誘うよ!』ってぐいぐい・・・・・・俺はなんとも思ってないから、半ば強引に誘えたんです。」

 

――なるほどー! たしかに、自分のためじゃなくて誰かのためなら確かに強引に誘えますよね。じゃあ二次会で連絡先交換をしたんですね?

和泉 「そうです。でも、LINEを交換したんですけど、彼が本名でLINE登録してなくて。『名前教えて?』ってしつこく聞いても頑なに教えてくれなくて。引かれると押したくなるというか、『何が何でも名前聞いてやろう!』って連絡をしました(笑)。」

 

――えー!すごい、和泉さん!肉食系じゃないですか。

和泉 「そうです。私は肉食系です(笑)。」

ゲン 「和泉がぐいぐい来るから、こっちは『何が起きているんだ?』と思考回路がめちゃくちゃになってん。」

和泉 「あはは。そうそう。しばらく私のこと疑ってたよね?」

 

 

3年目にしてやっと出会えた

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

 

――え、疑う? なんで疑ってたんですか?

ゲン 「実は俺、2年半で40~50回くらいアニメ系の街コンに参加して。大阪出身なんやけど、これのおかげで東京の友だち、めっちゃ出来たんです。友だちは増えるんだけど、彼女は全然出来んくて。こんな経験は初めてで、『何かの罠に決まってる』ってガードを固めてたんですよ(笑)。」

 

――3年で40~50回参加!?!? ひと月に2回は参加した計算ですよね。どうやってそんなにたくさんイベントを見つけてたんですか?

ゲン 「『アニメ 街コン』とか『マンガ 街コン』とかで検索して出てきたやつに参加してた。」

和泉 「私もアニ☆コンには5回くらい参加したかなー。だからもしかしたら、どこかで出会ってたかもしれないねって(笑)。私も街コンジャパンさんのイベントばかり参加してましたよ~♪ いまだにfacebookもLINEも、インスタも友だちです!」

 

――ありがとうございます!嬉しいです! でもなんで街コンジャパンのイベントが良かったんですか?

ゲン 「大手だから安心できるし、イベント数も多い。街コンジャパン主催のイベントはちゃんと身分証で年齢チェックしてて、安心して参加できましたね。イベント内容やプロフィールカードも凝っていて、初心者でもコアでも楽しめるつくりになってたな。

和泉 「そうそう。クイズが簡単すぎたり難しすぎたりしてね(笑)。」

ゲン 「これだけ参加してると、前回と同じ答えのクイズ出てきたりして、すぐ答えがわかるからヒーローになれる(笑)。」

和泉 「それ、ズルじゃん!」

 

――回数をこなしての回答ならズルじゃないですよね(笑)。クイズの難易度にムラがあるのは、おっしゃる通り、いろいろな方に楽しんでいただきたいからです。今後のクイズ作りの参考にさせていただきます!

 

 

『好きなものが同じ』って、嬉しい!楽しい!

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

 

――和泉さんもゲンさんももともとアニメが好きだったんですか?

和泉 「そうです。学生時代、女の子でアニメが好きな子が周りに全然いなくて。イベントに行っても一緒に写真撮る人がいなかったり、興奮とか喜びとか共感できないと寂しいじゃないですか。それで、社会人になってアニ☆コンを見つけて、行くようになったんです。大宮のアニメ好きが集まる趣味コンにも参加したことありますよ!」

ゲン 「俺も大阪に帰ったときとかもアニ☆コンに参加したり。アニメ好きのサークルみたいなコミュニティが出来て、本当に良かったって思う。社会人になるとなかなか友だち作れないから。最近になって『君の名は』とか『この世界の片隅に』とか流行ったけど、特に『アニメ』って趣味の中でも『オトナのくせに・・・・・・』って思われて、世間から少し冷たい目で見られる(笑)。でも、『俺はこれが好きだ』っていうことをわかってもらえるってことが嬉しい。

和泉 「うんうん。アニメのイベントも一緒に行けるから本当に楽しい! アニ☆コンで出会えた事はキセキだと思う!」

 

――お二人とも素敵です! 好きなものが同じだと、価値観も合うから一緒にいて楽しいんですね~。なにより「わかりあえる」っていいですよね。

 

 

超肉食女子、見参!

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

 

――話を戻しまして(笑)。LINEを交換して、和泉さんから連絡されたとのことですよね。そのあとどうやって初デートに持っていったんですか?

和泉 「私が、『●日ヒマですか?』って送ったのが最初かな。あと、2次会が強引だったから、彼が『その後の予定は大丈夫だった?』って聞いてくれたんだよね。あれ嬉しかったなぁ♡」

ゲン 「まぁ、あのとき予定があったのに俺が強引に誘ったからさ(照)。フォローはしなきゃって。」

 

――わかる! 心配してくれるって嬉しいですよね!胸キュンポイントです!男性の皆さんにはメモしておいてほしいです(笑)。

和泉 「でもね、返事は来るけどメッセージがめちゃくちゃそっけなくて。顔文字もスタンプもなし。文章ですらないの。『この人は私に気がないな』って思った。」

ゲン 「まだまだ疑ってたんや(笑)。あ、でもメッセージはよく皆に言われるか。」

 

――ゲンさんは、その時和泉さんの気持ちに気づいていたんですか?

ゲン 「その時は『なんでご飯に誘われるんやろ。変なツボ買わされるんかな。』とか、『ネットワークビジネスに誘われるんかな。』とか思ってた(笑)。意識するというより『この子の目的はなんだ!』と。」

和泉 「ひどくないですかー(笑)!?」

 

――苦笑。世知辛い世の中ですからねぇ。変に期待して傷つきたくないし・・・・・・。うん。ゲンさんの気持ち、わからなくもないです(笑)。でも、疑いつつご飯にいったんですね?

ゲン 「うん。秋葉原で平日の夜にご飯に行ったな。アニ☆コンから10日後くらいだったかな。」

和泉 「あの時、めっちゃ緊張したー! 相変わらずそっけないし! でも次につなげなきゃって、その場で次の会う予定を取り付けたの。秋葉原は私のほうが近かったから、次は彼の家の近くの池袋の水族館に行こうって。」

ゲン 「俺はまだ疑ってたけどな(笑)。でも会って好意を持ってもらってたのはわかったから、それは嬉しかったな。」

 

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

 

――和泉さん、すごい! なかなかその場で次のデートの約束できないですよ!

和泉 「だって、必死で。この人が私以外の人と付き合うのイヤだったから!」

 

――ザ・肉食ですね。(尊敬のまなざし)

和泉 「あはは。私からアクションしないと始まらないって思ってた。だから、2回目のデートで水族館に行って『まだ帰りたくない』ってちょっと困らせてみたの。そしたら、彼が冗談まじりに『うち来る?』って。目もあわせてくれなかったけど(笑)」

ゲン 「まさか本当に来るなんて思わなかったから! 女の子を家に入れるなんてドキドキするでしょ! 誰だって!」

 

――聞いてるこっちがドキドキします!

和泉 「それで私がキスを仕掛けて・・・・・・(照)」

 

――えぇぇぇー(照)!?!?!?!?

ゲン 「付き合うことになった(照)。」

和泉 「それから毎月の付き合った記念日周辺で水族館に行ってるんです♡」

 

――和泉さんすごー!!!!!!!もう神の領域・・・・・・う、うらやましい・・・・・・。

 

ゲンさんの情熱がやがて「結婚」へ

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

 

――お互いに結婚は意識していたんですか?

和泉 「私はまだ全然意識してなくて。付き合って3ヶ月で新潟旅行に行って。ね?」

ゲン 「そう。俺はその旅行で結婚を意識した。『この子と結婚したい』って思って将来の話をしたな。もともと子供が好きで、早く結婚したいって思ってて。」

和泉 「うん。そうだったね。その時私が理想のプロポーズの話をしたんだよね。」

ゲン 「そそ。『プロポーズはサプライズがいい』って言われた。サプライズがいいって言われたら、サプライズじゃなくなるやんって(笑)。」

 

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

 

――プロポーズのシチュエーションは?

ゲン 「24日が付き合った記念日で、毎月24日前後で水族館に行っていて、クリスマスイブに八景島に行こうってなったんです。」

和泉 「クリスマスか年越しにプロポーズされるのでは?と予想してて。私は、八景島でプロポーズしてくれるものだと思ってたから、がっかりしたの。その時はもう彼のアツい気持ちと行動に動かされて、次第に気持ちも変化してて、『私も彼と結婚したいな』と思うようになっていました。」

ゲン 「八景島は普通に楽しんで、な。」

和泉 「うん。それで家に帰って。内心がっかりで。」

ゲン 「出掛ける前に俺がご飯の準備していたから、すぐ食べられる状態だったんだけど、その前に『プレゼントがあるんだ』って言って。」

和泉 「プレゼントはブーツだったんだけど、その中に小さい袋が入ってて。あけたら、手のひらサイズの小さい絵本が出てきて。そこに「一緒に幸せになろう。結婚してください。」って書いてあって。一緒に入ってた箱に指輪が入ってたんですっ! もうビックリしたのと嬉しすぎたのとで、号泣!」

 

▼ プロポーズの絵本

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

 

――素敵すぎるー! 希望通りのサプライズ! しかも一回落として上げるという高度なテクニックを! ゲンさんヤルやないですか!

ゲン 「(照)俺も渡す時に緊張して涙目になってたんですよ。でもバレないように必死で。喜んでもらえて良かったなってホッとしました。」

和泉 「この絵本はいつも持ち歩いてます♡」

――和泉さん、かわいい!

 

▼ 安産祈願で水天宮へ♡

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

 

和泉 「それで年明けに妊娠が発覚して。このタイミングでの妊娠は嬉しかったです。この時点で付き合って9ヶ月でしたが、もう付き合った年月は関係ないなと思いました。」

ゲン 「入籍は4月で、挙式が5月です。」

 

――これから準備で忙しいですね。わたしも幸せな気持ちになりました!

 

クレヨンしんちゃんみたいな家庭に!

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

 

――和泉さんは、ゲンさんのドコが好きですか?どうして結婚を決めたんですか?

和泉 「友だちにも『22歳で結婚って、まだ早くない?』って言われます。でも、彼はカンペキ。優しいし、いつも私の意見を尊重してくれる。困った時は必ず助けてくれる。とっても頼りにしています。だから『彼となら大丈夫だ』って思いました。」

 

――ゲンさんはいかがですか?

ゲン 「まっすぐに気持ちをぶつけてくるところがいいです。あと、ちょっと鈍感なところがカワイイ。こっちは手をつなごうとしてたんだけど全然気づかなかったり。こんなに肉食やのに(笑)。」

 

――ラブラブすぎてこちらが熱くなります(笑)。お二人はどんな家庭を築きたいですか?

和泉 「2人とも大好きな『クレヨンしんちゃん』みたいな家庭にしたいなって話しています。子供は3人ほしい!」

 

――家族想いで、笑いの絶えない明るい家庭になりそうですね! どんなお子さんが生まれてくるか、とっても楽しみです!!!

 

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

 

――それでは最後に、メッセージをお願いします。

ゲン 「アニ☆コンで和泉に出会えた事は、俺にとって本当に幸せなことでした。お互い”ちゃんとしているところ”が違うから、補い合って高めあえる。そんなパートナーと出会えたのは、アニ☆コンのおかげです。俺は40~50回参加してやっと出会えました。なので、これを見て『出会いがほしい』と思っている人には、めげずにたくさんイベントに参加してほしいです。同性の友だちもたくさん出来て、『縁』の大切さを教えてもらいました。粘り強く行ってれば、いつか会えるはず。つながりが広がれば、可能性は広がります。」

 

和泉 「私は同じ趣味の友だちが少なかった。でも男女ともに素敵な参加者の方でいっぱいいるアニ☆コンに参加したおかげで、世界が広がりました。たくさんの素敵な『縁』を繋いでくれるこの街コンがさらに素敵なものになることを祈っています!! 本当にありがとうございました。」

 

――こちらこそ、結婚式前のお忙しい時間に幸せなお話を聞かせていただき、ありがとうございました! 幸せなご家庭を築いてくださいね(´∀`)

 

 

自分の未来は自分で切り開く

オタク婚活?「好き」が一緒だと楽しいから結婚を決めましたが、なにか?

今回、私が携わったアニ☆コンで、出会って、結婚が決まって、お子さんまで出来るなんて、本当に感慨深いです。そして、そんなお二人のお話を直接聞くことが出来て、幸せな時間でした。貴重な経験が出来ました。

こちらのお二人は、『アニメ好き』という趣味が高じて出会って、とても幸せな空気が漂っていました。お互いに補い合って、高めあえる。とても素敵なパートナーとめぐり合えたこと、嬉しいです。

出会いはたくさんあるけれど、それを生かすも殺すも自分次第。自分から行動すれば、『進みたい道』を切り開くことが出来るんだなと、和泉さんとゲンさんのお話を聞いてしみじみ感じました。

 

これを読んだあなたが、少しでも勇気をだすきっかけになってくれたら嬉しいです。
自称・他称問いません。「我こそはオタクである!」という方。幸せな未来に向かって一歩進んでみませんか?

 

アニ☆コン、やるってよ

きたる2017年3月、アニ☆コンが福岡・大阪・名古屋・東京で開催されます。
次の和泉さんとゲンさんはあなたかもしれない!!

 

今回お世話になった会場
TOKYO CUISINE

TOKYO CUISINE

今回、取材にご協力いただいたお店は「TOKYO CUISINE(トウキョウキュイジーヌ)」さんでした。

「新宿御苑前駅」から徒歩2分。
店内はオシャレなインテリアで飾られ、女子会やワインパーティーにピッタリ!
希少豚 “みやざき赤豚DDX”が食べられるお店です。優しい店員さんがお迎えしてくれます♪

 

胸キュンエピソード募集中!!!

胸キュンEP

街コンジャパンでは、街コンジャパン内のイベント参加がきっかけで「交際」「結婚」をされた方の胸キュンエピソードを大募集中です!!!
エピソードが掲載された方には、最大5万円分※のギフト券をプレゼントいたします!!!
※ 金額は条件によって変わります。詳細は下記リンクからご確認ください。

 

胸キュンエピソード
https://machicon.jp/munekyun/

応募フォーム
https://goo.gl/forms/qOz4pa1QTURZ7nT32