登場人物

ユキ子
25歳、独身、神奈川在住実家ぐらし。周りが続々と結婚&出産を報告する中、一人焦りを感じ婚活を始めるが、コミュニケーション能力が低すぎて難航中。彼氏いない歴5年。
 

フユ子
29歳、東京在住主婦。5年付き合った相手と結婚するも、セックスレスに悩まされる。ユキ子とは昔の職場の仕事仲間で、今でもしばしば呼び出しては呼び出される仲。


ネネ香
31歳、転勤族ママ。ユキ子とは長年の付き合いで、電話をよくしあう仲。独身時代は男がコロコロ変わっていたが、結婚後は落ち着いている。


【前回までのお話】
恋活パーティーで知り合った銀行マンとずるずるとした関係を継続中。
浅草デートでもんじゃ焼きを食べ、そのままビジネスホテルで一泊……。
翌日、チェックアウト後も浅草でぶらぶらしながらランチへ。

「んー!美味しい!」 「まさか山葵を目の前でするとはなー すっごい美味しかったからここは奢るよ」 「やった!ご馳走様〜!」 「ねぇねぇ 午後どうする?お茶する?どっか行く?」 「あ〜…ごめん 俺14時から新宿で飲み会があるんだよ…」 「はっ!?」 (14時から飲み会とか…そんなん事前に言ってくれよ…こっちはわざわざ2時間かけて東京に来てんだぞ!?) (ああめまいが…) (よし) 「じゃあ私銀座寄ってくから途中まで一緒に行こ」 「銀座なら俺も少し寄ってくよ」 その後私たちは 銀座シックスを軽く見物した 「わー!(レンハンの写真集…!)」 「あーいたいた探したよ」 「ああごめん」 「それは写真集?」 「うん」 「へー」 「裸だけど 芸術だからいいの?」 「えっ …」 しばらくして近くのトリコロール前で解散した 「じゃ またねー」 「うんバイバイ」 (永遠にな…)

婚活がふりだしに戻ったね……。
次はいい人と出会えるといいね!


※その他の【婚活マンガ】その女、意識低い系につき婚活迷走中」はこちらから!
【婚活マンガ】その女、意識低い系につき婚活迷走中

こんな記事もオススメ!▼
イベントで出会って結婚した人たちの『胸キュンエピソード』