好きな人から毎日LINEがくると、

「これって彼も私のこと気になってるから?」
「それともただの暇つぶし?」
「私のことどう思ってるんだろう?」

と彼の本心が気になってしまいますよね。
好意をもってくれていると思ったら実はキープされていた!そんな悲しい結末を避けるためにも、なるべく早く彼の本心を探りたいところです。

そこで、今回は男性が毎日LINEをしてくる理由や目的から『脈アリなのか脈ナシなのか』を考えてみましょう。

1. 男性は目的もなくLINEをしない

好きな人から毎日LINEがくるってどういうこと? 脈アリ脈ナシの判断基準

「毎日LINEをしてくる彼の気持ちが分からない!」という女の子は多いですよね。そんなあなたに覚えていてほしい事実を1つお教えします。

それは、「男性がLINEをするときは必ず『何かしらの目的』がある」ということです。

好きな人とつながっていたくてLINEをするのは女の子だけで、ほとんどの男性はLINEを『コミュニケーションツール』ではなく『連絡ツール』と考えています。

「男性はダラダラとLINEを続けるのが苦手」と言われているのも、LINEでコミュニケーションを取ろうとは思っていないからです。

そのため、ほとんどの男性は『スケジュール確認』や『報告』をしただけでLINEのやり取りを終わらせようとします。

では、毎日LINEをしてくる男性にはどんな目的があるのでしょうか?

 

2. 毎日LINEをし始めてからの期間に注目

彼と毎日LINEをしているなら、1つの判断材料として『LINEをしてきた期間』に注目してみてください。

もし、1ヶ月以上も毎日LINEをしていて一度もデートに誘ってきたことがない場合や誘おうとする気配すら感じない場合、その男性は脈ナシだと考えられます。
彼があなたに好意をもっているなら、LINEをしてくる目的は

・もっと仲良くなりたい
・好きになってほしい
・付き合いたい

などでしょう。
でも、LINEのやり取りだけを続けていてもこれらの目的は果たせませんよね。

つまり、好意をもって毎日LINEをしてきているのだとすればその男性は必ず近いうちに会おうとするハズです。

もし、1ヶ月以上もLINEをしているのに一度も「これって実は誘いたいってことかな?」などと感じたこともないのなら、その男性は何か他の目的があってLINEをしてきていると考えられます。
例えば、

・淋しさを紛らわしたい
・第二候補としてキープしたい
・暇つぶし相手が欲しい

など。
では、これらの目的のためにLINEをしてきている男性を見抜くにはどんなところに注目すれば良いでしょうか?

 

3. 無視できない理由があるケース

好きな人から毎日LINEがくるってどういうこと? 脈アリ脈ナシの判断基準

これから挙げる3つのケースに当てはまる場合は、本当は毎日LINEをしたいとは思っていないけど何かしらの理由で仕方なく付き合ってくれている可能性が高いです。

◇男性からは送ってこない

毎日LINEをしているとはいえ、自分から送らなければ向こうからはこないケースは脈ナシです。
逆に、もし好意があるなら男性は必ずと言って良いほどLINEを送るきっかけを作ってきます。
LINEを送るきっかけとしてよくあるのは、寝落ちのフリをして朝になったら送る作戦。
「いつも自分の入れたLINEで終わり、時間が経っても次は必ず向こうから送ってくる」という場合は脈アリの可能性大です。


◇返事が遅い、こないときも多い

毎日LINEをしているとは言っても、そんなに何往復もやり取りをしていない場合に多いのがこのケース。
自分が送ったLINEになかなか既読がつかなかったり、やっと既読になったと思ってもなかなか返事がこなかったりする場合、その男性はもしかしたら本当はLINEのやり取りをしたくないのかもしれません。
とくに、返事のない場合が多い男性は脈ナシの可能性大です。
逆に、すぐ既読になる、既読になったらすぐに返事がくる、もしくは遅くなっても必ず返事がくる場合などは脈アリだと考えられます。


◇すぐスタンプで終わらせようとする

2往復ほどしかやり取りをしていないのに、すぐスタンプで会話を終了させようとする男性もいます。
このケースも、男性があまり乗り気ではない場合に多いです。
最初にもお話しましたが、男性はLINEをダラダラと続けるのが苦手なのでスタンプを送ることで遠回しに「用事がないならもう終わりにしていい?」と伝えているのかもしれません。
無視はされなくても、こうしたやり取りだけで毎日LINEをしている場合は脈ナシだと考えられます。

 

4. キープされているケース

好きな人から毎日LINEがくるってどういうこと? 脈アリ脈ナシの判断基準

次に、脈アリに見えて実はキープ対象にされているかもしれない場合を考えてみましょう。


◇家に帰ったらLINEはこない

仕事中や外にいる間は返事がくるのに、家に帰ると返事がこなくなる男性は危険です。
彼女と同棲している可能性だけでなく既婚者の可能性もありますので注意してください。


◇頻繁にくる日と全然こない日がある

何人もの女の子とやり取りをしている男性に多いパターンです。本命がいるかどうかは分かりませんが、何人かのうちの1人だと思われている可能性もあります。
LINEがこない日は、ほかの女の子と会っているのかもしれませんよ。


◇遅い時間にしか送ってこない

夜、それも遅い時間にしかLINEをしてこない男性も怪しいですね。例えば、23時~0時頃はちょうどムラムラしたり人恋しくなったりする時間帯。
もしかしたら女の子はもう寝ているかもしれないのに、そんなことはお構いなしで遅い時間にしかLINEをしてこない男性には気をつけましょう。
また、『酔ったときにLINEをしてくる=好意がある』とは言い切れませんが、酔ったときに電話(LINE通話)をしてくる男性は脈アリの可能性大です。
ただし、かけてきたときに「今から会える?」と言い出す男性には要注意。
誘い出す目的ではなく、「ちょっと話したくなっただけ」「別に用はないけど何となく」という理由なら完全に脈アリですね。


◇質問を質問で返す、はぐらかす

毎日LINEをしていれば話すことも多種多様で、質問をする機会も多いのではないでしょうか。
そんなとき、質問に答えず逆に質問し返してきたり適当にはぐらかしたりする男性には要注意です。
女の子の出方によって答え方を変えようとする性質を見る限り、その男性はやや誠実さに欠けています。
逆に、本命として好意を寄せている女の子が相手の場合は、真剣な話や少し重い話などが出たときに長文でやり取りをすることもあるようです。
男性が長文のLINEを送るのは誠実さをアピールするためだと考えられます。
ほかにも、

・浮気はしない
・彼女を大切にする

などは誠実さをアピールするための発言ですね。
『長文のLINEはこない=好意はない』とは言い切れないものの、男性がまったく誠実さをアピールしない場合は相手の女の子を本命扱いしていない可能性もあるので気をつけてください。

 

5. LINEの『内容』や『期間』に注目して判断すべし

「向こうからもたくさん質問してくるから脈アリ」と判断する女の子もいますが、そうとも限りません。暇つぶしが目的なら、なるべく長くLINEを続けるために質問をすることもあるからです。

逆に、脈アリの場合はちゃんと女の子のことを気遣ったり気持ちを確かめようとしたりして、何とか自分の存在や誠実さをアピールしようとしてきます。

『毎日LINEがくる=自分に好意がある』とは限らないので、LINEの『内容』『期間』に注目して判断してくださいね。

そして、もし完全に脈ナシだと分かったなら、なるべく早く見切りをつけて新しい恋に踏み切ることをオススメします。