社会人になると忙しくて恋愛ができないと思う、大学生の女の子は多いのでは?なので、学生のうちに恋愛したいと思う人もいるでしょう。
しかし、なかなか好きな人ができないというのも珍しくはありません。恋愛したいと思っても好きな人ができない理由は何なのでしょうか?

 

1. 学生が恋愛したいと思っても好きな人ができない理由

20代の学生で好きな人ができないという人が増加していることは知っていましたか?
新しい土地への上京やサークル、合コンなど出会いの機会は多いイメージがありますが、それでも好きな人ができないと恋愛に飢えている女の子は多いようです。

恋愛したいのに好きな人ができない20代の学生には、どのような原因があるのでしょうか。
好きな人ができないのは、主に3つの理由が考えられます。

・出会いが少ない
・勉強やバイトが忙しい
・恋愛感情が湧かない

それでは、恋愛したいのに好きな人ができない理由について、詳しくご紹介していきましょう。

 

2. 好きな人ができない理由1:出会いが少ない

恋愛したいけどできない学生が増加! なぜ恋愛できない?

恋愛したいのに好きな人ができない原因は、出会いの少なさが問題と言えます。
出会いが少ないと感じるパターンには2種類あります。

・奥手で積極的な行動をしない
女の子の中にはなかなか男性と仲良くなれない人もいますよね。
そのような女の子は女の子が多いサークルを選んだり、合コンへ参加する機会が少なかったりすることが多いです。
自ら男性と接触する機会を避け、出会いのチャンスを逃していることが多いと考えられますよ。
出会いは積極的な行動でチャンスが巡ってくるものなので、好きな人ができない奥手の女の子も男性と関わる時間を増やすように努力しましょう。
一人で行動することは難しいので、同性のお友達のサポートを得ると良いですよ。


・理想が高望みになっている
恋愛観や理想像は人それぞれです。
好きな人ができない特徴には、理想像が高望みになっていることも多いでしょう。
「普通の人でいい!」と答える女の子ほど、理想が高くなっているかもしれません。
特に難関大学の学生は自分より頭の良い人は選びたくないという人も少なからずいます。
自分では高望みしていないつもりでも、話が面白い人、ルックスが良い人、身長が高い人、高学歴、高収入……など何かしらでハードルを上げている可能性が高いのです。
大学生はセミナーやサークルで人脈が増えるチャンスは多いですが、なかなか出会いが見つからないと思っている人は理想像が高くなっていて、理想どおりの男性が見つからないので出会いが少ないという事に直結している可能性があります。
自分の理想が高過ぎていないか改めて見直し、妥協点をつくるようにしましょう。

 

3. 好きな人ができない理由2:勉強やバイトが忙しい

恋愛したいけどできない学生が増加! なぜ恋愛できない?

大学生の本業は勉強ですし、上京して一人暮らしをしている女の子ならバイトをしている人も多いでしょう。
学校の後はサークルを楽しみ、20代の大学生なら夜や休日は飲み会を楽しんで毎日きらきらと充実しているはずです。

勉強やバイトに追われている人は生活に余裕がなく、恋愛したくてもできない人もたくさんいます。
生活に余裕のない人はすでに出会いがあったとしても、それが好きという感情にシフトする機会を逃している可能性が高いのです。

このような女の子の場合、好きな人ができないというよりも、恋愛しない女の子になっていると言えるでしょう。

また、毎日の生活が充実している人は、恋愛以外で気持ちが満たされている傾向があります。
気持ちが満たされていると恋愛したい度合いも変わり、大学生のうちは好きな人ができなくても良いという結論に至るケースもあるようです。

本気で恋愛がしたい女の子は、生活スケジュールを見直してみましょう。
自分の生活スケジュールを見直してみると、意外にも時間を無駄にしている部分が見つかるかもしれません。
空いた時間を気になる男性と過ごす時間に利用することが可能です。

勉強やバイトが中心の生活であっても、遊ぶ時は遊ぶメリハリをつけることで、自然と恋も生まれやすくなると言えるでしょう。
スケジュール管理で生活と心にゆとりを作りましょう。

 

4. 好きな人ができない理由3:恋愛感情が湧かない

恋愛したいけどできない学生が増加! なぜ恋愛できない?

恋愛したいと思っても好きな人ができない理由には、恋愛感情が湧かないという心理的な要因が関わっていることも多いです。

人をなかなか好きになれない要因には身近に魅力を感じる人がいないことですが、それは男性の接触を増やすことで改善されることがあります。

しかし、好きという感情を忘れてしまっている場合は、少し難しいかもしれません。
前述でも大学生は勉強が本業なので、本業に集中していると恋愛から遠ざかることもあります。

そうなると恋や好きという感情から離れてしまうため、それが長期に渡るとそれらの感情を忘れたり、鈍くなってしまったりするのです。

感情には“楽しい”や“嬉しい”、“悲しい”といった感情がありますが、好きという感情はそれらのプロセスを男性と共有することで生まれます。

恋愛感情が湧かない人は、もしかして恋愛にトラウマを抱えていて、悲しい、辛い、苦しいという感情から目を背けたいゆえに、感情プロセスをどこかで押さえている可能性があるのです。

恋愛にトラウマがある人には辛い思い出ではありますが、本気で恋愛したいと思っているのなら勇気を持って恋愛感情を思い出しましょう。

自分が恋をしていた時を思い出すことで、感情やその感情になった理由を蘇らせることができます。
少しずつ切り開いていければ、恋愛感情も次第に受け入れられるでしょう。
好きという感情が戻れば、恋愛でも良い一歩が踏み出せるかもしれません。

 

5. 恋愛したい!好きな人をつくるためには?

恋愛したいけどできない学生が増加! なぜ恋愛できない?

原因は分かっても、どうしたら好きな人ができるか悩んでいる女の子もいますよね。
それでは、好きな人ができない現状を抜け出すポイントをご紹介していきます。

・恋愛の感受性を高める
恋愛したいのにできない人は、その気持ちがまだ高ぶっていない状態と言えます。
気持ちのスイッチをONにするために、恋愛の感受性を高めましょう。
感受性を高めるためには、恋愛小説や恋愛漫画を読むのがお手軽です。
その時読むものは女性目線のものが良いでしょう。
同性の目線から展開していく作品は親近感が湧きやすいので、感受性を高める方法として有効です。
しばらく恋愛小説や恋愛漫画から離れている人は特に効果があるかもしれませんよ。

・交友関係を広げる
出会いを探すためには、やはり交友関係を広げることがポイントです。
サークルに参加していない人はサークルに参加し、学校内で出会いないのであればバイトを始めてみましょう。
交友関係は男性だけではなく、同性であっても問題はありません。
出会いは自分で見つける以外にも、友人や知人からの紹介を経て出会いが見つかることもあります。
そのチャンスをつくるためにも、積極的に色々な人とコミュニケーションをとって人間関係を築いていくことが大切です。

・同窓会に参加してみる
学校やバイト先でも見つからない……!という場合は、古い友人から候補を探してみてはいかがでしょうか。
高校卒業後からそれなりに時間が経つと、意外な人が大変身を遂げている可能性もあります。
その大変身が自分の理想とマッチしている可能性もありますよ。
人見知りが激しい人も古い友人なら気軽に話せるという人も多いでしょう。
同級生に理想の相手がいなかったとしても、同級生から別の男性を紹介される機会も増やせるかもしれません。

 

6. おわりに

学生は社会人とは異なる忙しさがあり、なかなか恋愛ができない人も多いです。
しかし、好きな人ができない理由が分かると、好きな人を見つけるヒントも分かります。

恋愛したいのであれば出会いが肝心なので、好きな人ができない理由を把握し、積極的なコミュニケーションで出会いのチャンスをつくりましょう!