2018年が始まりましたが、気になるのはやはり今年の運勢ですよね。
その中でも良い1年のスタートを切るためには、年始の過ごし方に気をつけてみてください。
12星座ごとにご紹介していくので、開運を手にしたい方は参考にしてみましょう!

 

1. 2018年12星座占い ~運気を引き寄せる年始の過ごし方~

2018年も運気アップ! 星座別でわかる年始の過ごし方は?

☆牡羊座(3/21~4/19)

・開運ポイント 新しいスタートを切るために準備をする

2018年に入って早々から忙しくなる予感。
忙しさにも負けない自分になるためには、自分自身を見直すことが必要です。
「何となく」していたことはありませんか?
今まで何となくしていたことをやめ、新しい自分になってスタートすることができると、さらに運気がアップしていくでしょう。

年末に掃除できなかったら年始から本気になって掃除したり、断捨離できるものがないか再度確認してみましょう。
「本当に自分に必要なものはどれなのか」をしっかりと見つけることができれば、2018年も良い年にすることができるでしょう。
物だけでなく、自分の気持ちや習慣においても断捨離はオススメです!

 

☆牡牛座(4/20~5/20)

・開運ポイント 準備を入念にする

2018年も活動的な1年になる予感。
準備が整っていなかったり、まだしたくないと思っていることでもやらざるを得ない状況になってしまいそう。
牡牛座はスイッチが入ってしまうと、誰かに頼らずに自分だけで完結させてしまう傾向にありますが、これが周囲の人間関係を悪化させる可能性があります。

年始のうちにどんな状況でも対応できる心の準備をしておきましょう。
やりたかったことを整理しながら、自分のモチベーションをあげていき、その時が来たらいつでもとりかかれるようにしておきましょう。

 

☆双子座(5/21~6/20)

・開運ポイント 充実できる時間を作ること

2018年は、いつもの自分を出せないことで運気が下がりがち。
周りに合わせることも大切ですが、合わせ過ぎることでどんどん心が窮屈に感じてしまいます。
そのため、年始から自分の理想的な過ごし方をすることで運気を上げていくことができます。

以前から興味のあったことや楽しそうと感じたことなどを始めるのにも良い機会です。
自分が充実できる時間を作って過ごしてみましょう。

 

☆蟹座(6/21~7/22)

・開運ポイント 年始の挨拶をしっかりとする

2018年に最も重要なのは家族や仕事仲間、友人など周囲との信頼関係をしっかりと築いていくことです。
今年は今まで以上に周囲に頼る機会が増えていきます。
そのため、信頼関係をしっかりと築いていくことができれば、今まで以上のモノを手にすることもできるのです。

年始から自分と関わりのある人にきちんと挨拶をして、感謝の気持ちを一緒に伝えると、仕事でもプライベートでも今以上の発展が望めるでしょう。

 

☆獅子座(7/23~8/22)

・開運ポイント 楽しめることをする

2018年は運気が上向き、今までと風向きが変わってきます。
年始から開運の風に乗ることができると、そのまま何事も順調に進んでいくでしょう。

そのためには2017年までの準備期間を生かして、2018年は思いつきでの行動が吉となります。
テンションが上がるようなことを年始から始めてみましょう。
きっとそこでの経験が、開運と変化をもたらしてくれるでしょう。

 

☆乙女座(8/23~9/22)

・開運ポイント やりたいことをメモして目標を作る

2018年は、今までの状況から抜け出してやりたいことを始めることが開運のポイントになります。
「今までやりたかったけど何か言われるかな?」と思って躊躇していたことでも思い切って始めてみましょう。
少し強引に始めてしまったことでも、結果が残れば大丈夫です。
やりたいことは何か、年始のうちにメモして今年の目標にしてみましょう。

 

☆天秤座(9/23~10/22)

・開運ポイント 自分を見直す時間を作って殻を破る

少しデリケートな一面のある天秤座は、何かと遠慮してしまうことがありますが、2018年は少し自分に対して抑えることをやめて、年始のうちに自分と向き合う時間を作ってみましょう。

本当にしたかったことや本当の自分はこんな考えだなど、自分自身を分析して考えて、そこから今までの自分が経験していないことを探して取り組んでみましょう。
食べず嫌いだった食べ物から始めてみるのも良いでしょう。
自分の殻を破ることが開運の道です。

 

☆蠍座(10/23~11/21)

・開運ポイント ゆっくりとした時間を過ごすこと

今までは無茶苦茶な出来事があったり慌ただしい出来事が続いたり、気持ちの面でも落ちつかないのが当たり前のように感じることが多かった蠍座ですが、2018年はとにかく落ち着いて穏やかな年始を過ごしてみましょう。

今までの慌ただしさから落ち着いた時間があると逆に不安になるかもしれませんが、今まで頑張ってきたからこそ、落ち着いた時間がやっと訪れたのです。
とにかく年始は“のんびりゆったり”過ごしてみましょう。
疲れを癒すためにパワースポットに行くこともオススメします。

 

☆射手座(11/22~12/21)

・開運ポイント 周囲との関係を築く時間を作ること

射手座は激しくて優しい反面があり、これによって読めない人だと認定されてしまうこともあったでしょう。
2018年はサポートに回ったりリーダーとなったり、役割がコロコロ変わる年なので、周囲との関係を再確認することが大切。

年始のうちに挨拶をしておき、時間があれば関係を深めたい相手を食事にでも誘ってみましょう。
気遣いと配慮を相手にすることで、良い距離感を作ることができます。

 

☆山羊座(12/22~1/19)

・開運ポイント 意味のある年始を過ごすこと

今までは、スイッチが入ってしまうととことんやり遂げて、スイッチを切ってしまうと完全に無になるような過ごし方をしてきたと思いますが、2018年は無になる時間を有意義に過ごすようにしてみましょう。

今までは無になる時間があったからこそ、頑張ることができたと思いますが、このままでは開運から遠ざかります。
年始から2018年は始まっています。
「2018年になった!計画を立てるぞ!」と、いう感じで休日の計画を立ててから行動してみましょう。

 

☆水瓶座(1/20~2/18)

・開運ポイント 自分にご褒美で運気アップ

今まで周囲の期待に応えなくては……という気持ちで何かをすることが多かったと思いますが、2018年は周囲に使う時間よりも自分のために使う時間を増やすことで大きく変わっていきます。

期待されるとつい応えてしまうため、無理して頑張ってきた部分もあるでしょう。
年始は自分のために少しだけ“ご褒美”をあげると、良い運気に変わっていきます。
美味しい食事やリラクゼーション、高価な物などなんでもOK!
自分へのご褒美を考えてみましょう。

 

☆魚座(2/19~3/20)

・開運ポイント 自分が楽しめることをしてみる

今まで誰かに頼まれたり慕われたりすることが多く、人気運も2018年はさらに高まってきますが、今年は他人よりも自分が楽しいことをしていくことが開運のカギとなります。
これによって、さらに自分に自信がつきます。

この機会に今まで取り組んだことがないこと、普段の自分を解放できるような場所に足を運んでみるのも良いでしょう。
積極的に旅行にいくことも吉なので、年始は近場から出かけてみては?

 

2. おわりに

星座別の年始の過ごし方をご紹介してきました。
2018年の始まりから開運の波に乗ることができるように、これらを参考して自分なりの過ごし方を見つけてみましょう!