40代を迎えても独身を貫いていて、それでいてスマートな男性って若い男性よりも数倍魅力的に見えますよね。

様々な女性を見て来たであろう彼の目に留まるには、どうアプローチすれば良いのでしょう?

今回は寄せられたお悩みを元に、独身貴族の男性へのアプローチ方法を一緒に考えていきましょう。

 

1. 独身貴族の男性はどんな人?

独身貴族の男性と上手くいくにはどうすれば良い?

「会社の他部署の男性で、スマートで、仕事もできる独身貴族40代後半を好きになってしまいました。独身貴族の男性に有効なアプローチってあるのでしょうか。アドバイスお願いします。」
(32歳/女性/OL)

今回お悩みを寄せてくれた女性は、独身貴族の男性に恋をしたということです。
まずこのお悩みに登場する男性のタイプを見ていきましょう。

独身を40代まで貫いた理由は、女性に単純に縁がなかったという訳ではなさそうなスマートな男性です。

独身貴族を謳歌していそうな人となりから、女性の扱いにも充分に慣れている男性の可能性がとても高いです。

仕事も出来、スマートな独身貴族の男性は、なぜそれだけ高スペックながら結婚をしないでいるのでしょうか。

これから独身貴族を男性が貫く心理について考えながら、アプローチ方法も一緒に見ていくことにしましょう。

 

2. 独身貴族でいる男性の心理とは? 理由を知ればアプローチの手掛かりに!

女性と生涯を共にすることをためらっている

独身貴族の男性と上手くいくにはどうすれば良い?

その男性が40代を迎える前までにそれなりに女性とお付き合いがあったと思います。

相談者の方が仰るように、スマートで仕事も出来る男性が何故今まで共に過ごした女性と結婚しなかったのかと言うと生活のペースを乱されたくないという気持ちが根底にあるのかもしれません。

彼が冷たくて自分勝手な男性なのかというとそういう訳ではなくて、仕事に集中して自分の一番良い状態をキープしていくために、結婚という人生の大きな門をくぐることを少しためらってしまったのかもしれません。

もしこの男性が女性と生活を共にすることにためらっているのならば、結婚願望はそんなに大きくはない、自立した女性として生きて行きたいスタンスなのだと彼にアピールすることが、アプローチする上で大切なことになってきます。

 

趣味嗜好に少々癖のあるタイプの可能性も

40代まで一度も結婚したことのない男性の中には、自分の趣味や嗜好にこだわりがあり過ぎて女性の方から敬遠されがちな場合もあるので注意しましょう。

趣味にお金や時間をかけるタイプの男性は、結婚してから自分の給与が生活費に消えていってしまうことに強いためらいを覚えてしまっている場合も否めません。

この場合は変に結婚や恋愛願望を出してアプローチを繰り返すよりも、彼の趣味嗜好に寄り添った話が出来るように事前にリサーチをして臨んだ方が賢明です。

趣味などにこだわりがある男性にとって、自分が好むものに女性が興味を持ってくれること自体が新鮮で嬉しく思う筈です。

例え完璧にその趣味を把握出来なくて中途半端な知識になってしまっても大丈夫。彼の為に一生懸命調べて覚えたのだという気持ちを彼に伝えれば高ポイントを獲得することが出来るはずです。

 

過去に酷い失恋をしている可能性もあり

その男性は、もしかしたら過去に女性関係で嫌な思いをしたことがあるのかもしれません。

きちんと仕事をこなし、スマートな男性であれば女性からしたら恋人にしたい男性のタイプであること間違いなしです。

それなのに結婚をしたことがないということは、過去に付き合っていた女性が浮気をしたとか、酷い浪費癖のある女性だったとか、何かしらトラブルがあった可能性が高いでしょう。

女性特有のネチネチしたやり取りに翻弄される位なら、わざわざ結婚する必要がないと考えてしまった可能性があります。

このタイプの独身貴族の男性にアプローチする場合は、女性の嫌らしい部分も極力見せないように気を付けて、出来るだけ快活でさっぱりした女性像を作り上げて接するように心掛けましょう。

 

自立した女性との付き合いを望んでいる場合

独身貴族を貫く男性の中には、出会いにも恵まれ順調に恋愛経験も重ねてきたのに敢えて結婚という形を望まない方もいます。

女性と男性がそれぞれいち個人としてしっかりと生計を立て自立することを相手にも求め、実行することで既に彼の中で恋人との形は完成しているのです。

もしこの男性にアプローチをするのであれば、自分の今の働き方と将来への展望を一旦洗い出して、彼の望む女性としての生き方に添えるかどうかも考えていきましょう。

 

3. 独身貴族を貫く男性にアプローチするベストタイミング

彼が仕事で何か失敗した時がアプローチのチャンス

独身貴族の男性と上手くいくにはどうすれば良い?

独身貴族を40代まで貫いて来た男性は、その理由が何であれ自分の仕事上での立場を確立していくために若い頃よりもより一層仕事に打ち込んでいるはずです。

彼らの気持ちが弱くなってしまう瞬間があるとしたら、その内の1つは仕事上で何か大きなミスをした時です。

守るべき家族という重圧がない分、独身貴族を貫く男性は仕事上での評価がそのまま自分自身の価値であるかのように感じていることが多いので、仕事上での大きなミスは女性が想像するよりも遥かに深刻に受け止めがちです。

そんな時、ふと自分自身がたった1人でこれからの人生の困難に立ち向かわねばならないことを自覚し、無償に人恋しくなるものです。

今現在その男性に特定の恋人がいないようであれば、アプローチには大きなチャンスと言えるでしょう。

いざという時は、自分という女性が支えになる存在になれるのだと彼の自尊心を傷付けないように励ませば、彼の中であなたの存在意義は大きくなります。

 

将来や老後の話が周囲で出た時もアプローチの良いタイミング

職場ではお子さんがいらっしゃる人や、子供がいなくても夫婦での老後について考える方もいらっしゃるでしょう。

もし職場でそのような話題になったなら、その時こそがアプローチのチャンスです。

若い頃や、男性の働き盛りである40代頃までは独身貴族で気ままに暮らしていた方が楽しかったのかもしれません。

しかし70代、80代を迎えた頃まで独身を貫いていた自分を想像すれば、例え独身貴族を一生貫くと決めた男性であってもどこかで自分の将来に不安を覚えるはずです。

もしこれから先、何かあった時に傍で支えてくれる家族が誰もいないなんて孤独を好む人はそう多くはないのです。

遠い将来の話を職場で誰かが始めたら、自分は彼の傍にいたいと思っていると話の後に思いを伝えてみてはいかがでしょうか。

 

4. 独身貴族の男性へのアプローチは、彼のポリシーを傷付けないことが大切

これまで独身貴族の40代の男性へのアプローチ方法について、沢山お話してきました。

独身貴族を貫く男性も、実は遠い将来のことを考えるとどこか不安を覚えているということ。

そして自分の生活スタイルを変えることに少し抵抗を覚えている場合が多いということ。

彼の気持ちに寄り添って、この2点を踏まえてアプローチ方法を考えれば彼にもきっと受け入れてもらえるはずです。

男性の気持ちに寄り添いながら、良いアプローチが出来ると良いですね!