ラブフェス

婚活&恋愛コラムiVERY

結婚式場を見学する前に知っておくこと3選

婚活・結婚

婚活・結婚

いよいよ本格的に結婚式場選びをスタートするとき。二人で決めなければならない「初めて」が多すぎて、式場見学を目前にして頭を悩ませる女性も少なくありません。

そこで今回は、「結婚式場を見学する前に知っておくべきポイント」をピックアップしてお届け!

一生に一度の晴れ舞台をステキに演出するために、最低限のことをしっかり抑えておきましょう。

1. そもそも「結婚式場見学」って何するの?

結婚式場を見学する前に知っておくこと3選

結婚式を検討しているカップルが、まず初めに経験するのが「式場見学」。チャペルや披露宴会場などの下見をして、プランナーさんとゆっくり打ち合わせできるのが魅力的です。

式場の見学は、土日祝日はもちろん、平日の仕事帰りの時間帯も可能。二人の都合に合わせて「とにかく効率的に、短時間で回りたい」カップルにおすすめです。

ただし平日に見学をする場合は、挙式の予定があまりないため、結婚式用の装花やテーブルコーディネートなど、実際の会場を見ることができません。結婚式のイメージが湧きにくいのが、平日見学のデメリットといえるでしょう。

式場見学での注意点

憧れの式場で「もうこれ以上のところはない!」と心に決めていても、初めての見学での即決はおすすめできません。

確実という保証はありませんが、他の会場の見積もりを引き合いに出すと、費用を安くする値段交渉がしやすくなります。

また、ふらっとデート気分で式場見学をするのもアリですが、事前予約をしてから行くと、先着順や期間限定での「見学特典」がつくケースもあります。

まずは式場紹介サイトで見学情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

2. ブライダルフェアと結婚式場見学の違いってなに?

結婚式場を見学する前に知っておくこと3選

「ブライダルフェア」とは、結婚式会場で行う体験型イベントのこと。模擬挙式や模擬披露宴、試食会、試着会など、式本番さながらの体験をすることができます。

ブライダルフェアは土日祝日に開催されることが多く、所要時間は2~3時間と長め。無料で高級食材やフルコースを試食できるなどプレミアムなものもあり、「デート感覚で楽しみながら式場を決めたい」「ゲスト目線で式場を選びたい」カップルにおすすめです。

しかし、開催日程や所要時間が予め設定されているため、希望の日時とマッチしないケースことも。仕事が忙しい、生活リズムが違うなどのカップルは、少し参加が難しいかもしれません。

ブライダルフェアでの注意点

式場見学と同様、ブライダルフェアも当日に成約するのは避けた方がよいでしょう。

「当日成約特典」は大変魅力的ですが、親族の予定の調整ができなかったり、予算が合わずキャンセル・変更などということもあります。

また、成約の際には、正式に契約を交わす際の手付金(内金)を支払う必要があります。

最終的に内金は結婚式の費用から差し引かれますが、キャンセルをした場合は返金されないことがほとんどです。

他の式場の見積もりと比較して、じっくり検討してから成約しましょう。

3. 参加前に確認したいことをまとめよう!

結婚式場を見学する前に知っておくこと3選

色々迷うことはありますが、最終的にはどこかの結婚式場に決めなければなりません。

では、具体的にどのようなポイントに注意して式場探しをしたらよいのでしょうか。

式場見学やブライダルフェアに参加する前に、二人で事前に決めておくべきことをご紹介します。

結婚式の予算を決める

結婚式の費用は、招待するゲストの人数によって大きく変わります。

見積もりを作成してもらう前に、大まかで良いのでゲストの人数を二人で決めておきましょう。

また、貯金や両親からの支援、招待客からいただくご祝儀の額を想定して、結婚式の予算をシミュレーションすることも大切です。

料理のランクや衣装、演出にかける具体的なプランが決めやすくなります。

どんな結婚式にしたいか

「料理にこだわりたい」「動画撮影をしたい」「お色直しをしたい」など、まずは二人がやりたいと思っている項目をすべてピックアップしてみましょう。

最初に伝えた希望のプランを、すべて申し込まなくてはいけないわけではありません。予算に合わせて、料理をランクダウンしたり、演出を減らすなど、調整すればよいのです。

優先度を決める

予算に合わせたプラン変更をスムーズに行うためには、二人にとって「絶対に譲れないポイントは何か」を明確にしておくことが大切です。

「アクセスのよい式場」「憧れの施設」「カラードレス」「費用」など、予め優先順位を決めておくと、後悔のない式場選びができるでしょう。

また、いつ結婚式を挙げるのか、希望の日程や日柄、曜日を複数挙げておくことも重要です。

「春や秋など人気シーズン」&「土日の昼間」&「〇月〇日」など、あまり限定してしまうと、式場が空いていない! ということもあるため、せっかく式場見学やブライダルフェアに参加しても無駄足になってしまうことがあります。

両家の希望や、記念日、誕生日など、日程が限られている場合は、まず事前にその日に空きがあるかを確認してからの見学をおすすめします。

4. まとめ

いかがでしたか? 女子にとって結婚式は人生の一大イベント! 準備しすぎることはありません。

まずは二人にとって理想の結婚式について、ゆっくり話し合うことからスタートしてみてはいかがですか?

大まかな予算やプランが決まったら、結婚式場見学やブライダルフェアに参加してみましょう。

料理の試食やドレスの試着体験など、デート感覚で楽しみながら二人のモチベーションは確実に高まるはずですよ。

「でも、結婚式の準備中って、ケンカが多発するって聞くから不安……!」

そんなカップルたちの絆をギュッと繋ぎ止めるてくれるのが、カップル専用アプリ『Pairy』です。

カウントダウン&リマインド機能付きカレンダーで日程調整をすれば、「あと〇日で式場見学」「明日は〇時からブライダルフェアに参加」と、仕事の合間でも、うっかり忘れを予防することができます。

もし結婚式場の見学中にケンカになってしまったとしても、恋人同士でしか閲覧できない「二人だけのアルバム機能」で大切な思い出を振り返れば、一歩前に進めること間違いなしですよ。

  • 男性が「結婚したい」と思う女優は?
    婚活・結婚

    男性に人気の「結婚したい女優」 男性が好む結婚相手とは?

    schedule2019.06.02

  • 結婚相手の選び方、決め手は何? 後悔しない結婚をするためには
    婚活・結婚

    結婚相手の選び方、決め手は何? 後悔しない結婚をするためには

    schedule2019.07.09

  • 【漫画】国際恋愛カップルのあれこれ……♡ 第4話『距離感』
    婚活・結婚

    【漫画】国際恋愛カップルのあれこれ……♡ 第4話『距離感』

    schedule2018.02.09

  • 人気記事ランキング

    カテゴリ

    出会いの場

    全国の婚活パーティー

    主要都市の婚活パーティー

    北海道・東北の婚活パーティー
    関東の婚活パーティー
    北陸・甲信越の婚活パーティー
    東海の婚活パーティー
    近畿の婚活パーティー
    中国・四国の婚活パーティー
    九州・沖縄の婚活パーティー