Powered by mavhicon japan
menu
seach

【仕事を頑張るアナタへ】大人の趣味を見つけませんか?乗馬体験 心も体もリフレッシュ!

【仕事を頑張るアナタへ】大人の趣味を見つけませんか?乗馬体験 心も体もリフレッシュ!

アウトドアな大人の趣味 20

ちょっと長い前置きですがお付き合いください。

カメラマン藤ちゃんと

私ヤマモトがタッグを組んで1年ちょっと。今まで数々のブログを書いてきた。

 

1年間、私ヤマモトと共に過ごした藤ちゃんは気づく。

最近のヤマモト、心がスレている。(のが表情に表れている。)

 

という事で急遽、藤ちゃんは考えた。

 

ヤマモトに何か癒しの企画を。

 

動物と触れ合わせてみるか。」

 

 

しかし藤ちゃんに残る一抹の不安。

 

「ウサギやハムスターのような小動物で大丈夫だろうか。

 

 

なぜかというと。

強めの女性って通常『雌豹(めひょう)』とかいう表現をされることが多いが、

▼通常の(強め)女性のイメージ(これでも充分怖い。)

 

ヤマモトは『雌豹(めひょう)』を通り越して『百獣の王』ライオンと表現されている。

態度、発言、その他もろもろが『百獣の王』ライオンなのだ

▼ヤマモトのイメージ

故に、ヤマモトにむやみに小動物を与えては彼らの命が危ない。

しかしヤマモトも人の子。もしかしたら意外とイケるかも。

 

「動物のふれあいができるところとか行ったことあります?」

 

「モルモットのふれあいなら行ったことありますが、言う事きかないモルモットと喧嘩して帰ってきました。」

 

「・・・ダメだ。」

 

 

人間だけではなくモルモットにも服従関係を築こうとするあたりが『百獣の王』ライオンを彷彿させる。

藤ちゃんは半ば飽きれつつヤマモトに癒しを与えてくれそうな動物を探しつづける。

『百獣の王』ライオンに負けない気高さをもちつつ、癒される動物

そうだ!

そんなこんなで始まった乗馬体験

藤ちゃんは乗馬体験と食事ができるCafe、『マリヤの風』馬のマリヤに協力を求めた。

といっても、何かと忙しい馬のマリヤ。

今日は”八王子いちょう祭り”にて乗馬体験を行なっているとの事。

 

藤ちゃん、ヤマモトの2人は”八王子いちょう祭り”へと足を運ぶ。

さすが”いちょう祭り”。

オレンジ・黄色・緑のいちょうが当たり一面を多い、肌で秋を感じることができる。

時々銀杏をふんずけた匂いがするが、そんな匂いもこれだけ綺麗ないちょうの前では風情と化す。

秋色に染められたいちょう並木を歩きながら乗馬体験のブースがある『綾南公園』へと向かう。

発見!!

乗馬体験の様子をみてみる。

この馬がマリヤ

なんと和やか。

ちょっとまてよ。

ヤマモトに不安がはしる。

「私あの少年よりも30キロほど重いと思う。次に私が乗ったらマリヤ的にうわっ!おっも!って感じになりませんかね。」

 


▼くどいようだがヤマモトのイメージ

「はぁ。(『百獣の王』ライオンのくせに意外と繊細で面倒)」

 


しぶりはじめるヤマモト。

「(そうかもしれないけれど)65キロまで大丈夫って書いてあるので大丈夫ですよ!」

 

 

藤ちゃんの説得のおかげでなんとか乗馬体験をする事になった私。

(エサの)人参を持ち、身構える私。

 

「何でそんなに顔がこわばっているのですか?」

 

「なんとなく負けらない戦いになりそうで。」

 

「何でこんなところまで戦闘モードなんですか。」

 

いよいよ、馬のマリヤとご対面

馬ってもっと怖いイメージがあったが、目つきが優しいマリヤ。

やさしい目にヤマモトの戦闘モードは崩れる。

戦意喪失したヤマモトはすっかりマリヤのと虜に。

エサの人参をむさぼるマリヤ。

人参を引っ張る力がとにかく強い。

 

「1日どれくらいエサを食べるのですか?」

 

 

「もういくらでも食べますよ~」

 

 

次第に心が打ち解けていく。

 

心が打ち解けたところで、乗馬体験スタート。

かなりゆれると思っていたが、ほとんどゆれず。快適な乗り心地である。

 

馬の手綱を操れない『百獣の王』ライオン

 

そんなこんなで。

見事ないちょう並木の下をマリヤと共にお散歩。

近くに高尾山がある事もあり、大自然が広がるこのあたり。

マリヤに乗り、目線が高くなることで見える景色も格別となる。

連なる山々と。

 

あめんぼのいる川。

 

見事な紅葉。

 

日本文学にでてくるような秋の景色をマリヤに乗りながら楽しむ。

冷たい新鮮な空気が顔にあたり、爽快感がある。

 

1週終える頃には。

 

自然と私ヤマモトの表情もゆるむ。

 

あっというまに乗馬体験終了。

体に残る爽快感。

 

世界中の大自然を馬に乗って駆け巡ってみたいという思いが広がる。

 

「なんだかヤマモトさんの表情が柔らかくなりましたね。」

 

 

「いやー本当に楽しかった。ありがとうございます。活力をもらえました。」

 

さいごに。

山崎さん(『マリヤの風』担当者)からいただいたお話し。

「何故、マリヤはこんなに温厚なのですか?」

 

 

「勿論、もともと持っている気質はありますが、一番の理由は愛情いっぱいに育てたからです。」

 

 

ってちゃんと伝わるんですね。」

 

 

「はい。とても伝わりますよ。愛を沢山受けて育つと、安心感と信頼が生まれ性格が温厚になります。」

 

 

「なるほど。」

 

 

「人間も一緒ですね。」

 

 

 

そう。

生きとし生ける者、愛なくしては生きられぬのだ。

 

ということで。

誰か私に愛をよこしやがれ!!

 

 

  • 29歳女性の結婚したい理由3選! 婚活のコツと抱えるモヤモヤ
    ライフスタイル

    「友達いない」という悩みを解決! 友達ができない原因と解決法10選

    schedule2018.08.19

  • おフェロって何? 意味や具体的なモテ方法は?
    ライフスタイル

    おフェロって何? 意味や具体的なモテ方法は?

    schedule2017.07.29

  • 一人で寂しい時の対処法。孤独と不安を紛らせよう
    ライフスタイル

    一人で寂しい時の対処法。孤独と不安を紛らせよう

    schedule2019.11.10