Powered by mavhicon japan
menu
seach

Live.meに生出演!初心者でも簡単、マッチングアプリでの出会いを成功させる意外なコツ!

Live.meに生出演!初心者でも簡単、マッチングアプリでの出会いを成功させる意外なコツ!

体験談 出会い 恋愛

はじめに。

こんにちは。ヤマモトです。

先週に引き続き、Live.me「恋活チャンネル」を配信したので、その内容を少しだけご紹介します!

Live.meとは?

オンライン上で異性と出会うオンラインデーティングアプリ「カップリンク」を手がける私たち。

男女の恋愛云々に関してはかなり色々な情報を入手している。

これらの情報をぶっちゃけトークしたらおもしろいのでは?

という事で始まったLive.me「恋活チャンネル」

今日は3回目の配信の会話の1部をご紹介します!

 

本日の出演者紹介。

前回から引き続き、「原ちゃん」と。

 

今回が初出演となる「ヘー」


だれもが可愛い天使になれそうなフォトスポットでも、堕天使ちっくになってしまうへー負のオーラのはんぱなさ!

 

原ちゃんへーは、普段からマッチングアプリを使用するらしく、マッチングアプリ使用経験もふまえながらトークする。

ちなみにこのブログの製作側であるカメラマンの藤ちゃんと。

 

私、ヤマモト。(意地悪編集長みたいな顔)
「ダメ。これでは部数が伸びないわよ。」とか言ってそう。

 

製作側の藤ちゃんと私は、映画「ハイスクールミュージカル」が上映されていた頃、ハイスクールスチューデントだった年代。

一方出演側の原ちゃんヘイは、その頃チュウボウ

 

そこまで年の差があるわけでもないと思っていたが、2人とも普通に。

マッチングアプリを開き、メッセージをうつ。

最近はこれが当たり前の光景らしい。

 

藤ちゃんが軽くジェネレーションギャップを感じ、目眩が起きそうになったところで打ち合わせがスタート。

 

 

今回のお題の1つに、マッチングアプリでどんなメッセージを送るか?がある。

私(ヤマモト)も一緒に考えてみたのだが、なかなか思いつかなく苦戦していた。

 

そんな中……スラスラ書き出す原ちゃんヘー

 


なんだこの”こなれ感”。 

 

ボードの作成も終り。

刻一刻とライブ配信時間が迫るなか。

 

和やかにその時をまつ。

 

ちなみにカメラマンの藤ちゃん1回目の配信の出演者だったが。

2時間前から緊張のあまり口から心臓以上のものがでてきそうで、本番直前は泡をふいていた

 

最近は若い人のほうが、その辺の肝据わっていて凄いと思う。

 

LIVE配信スタート!

視聴者からのプレゼントスタンプのおかげで、かわいいチーターに変身。

耳と鼻がヒクヒク動くのが可愛い。

 

■マッチングアプリの際に贈るメッセージについて

とりあえず2人とも「”いいね”ありがとう」的なお礼はする。

 

原ちゃん:
「ポイントは”?”で返すこと。あとはお酒好きとか言って、誘ってもらえるように仕向ける。」

へー:
「とりあえず、写真ほめる。あとは自己紹介をイジる。」

 

あんまり褒めすぎず、ちょっと意地悪するぐらいにしておくらしい。

へーのやつ。マッチングアプリに関してかなりこなれ感がある。

 

 

■メッセージを送りあったら、どれくらいで会いたいか。

 

原ちゃん:
「できるだけ早く!」

(ちょっとちょっと可愛い女の子がそんな感じだったら大変じゃないの?と思う私はもう古い人間かしら。)

原ちゃん:
早く相手を知りたいし、メッセージだけだと伝わらない。」

へー:
「自分は2週間ぐらい。」

意外と硬派。

原ちゃん:
「えぇ、嘘っぽい。」

へー:
「普通にお互い仕事とかあるから、お店決めたりしてMAX1~2週間とか時間とらない?」

原ちゃん:
超リアルだ。最近本当にありました?」

へー:
「……。」

 

コメントでは

  • 2週間は遅い

という意見が続出。女の子は意外と待てないらしい。

 

へー:
「早すぎるのはどうかな。この間メッセージ2通目で”電話したい”といわれて、さすがにちょっと怖かった。」

 

■いざ会う!となったら、どこで会う?

視聴者からのコメントでは、

”土曜15:00新宿”

”日曜19:00恵比寿”

という意見が飛び交うなか。

 

 

原ちゃん:
「飲むのが好きなので、一緒に飲んでワイワイする。私は横浜の野毛が大好きだからそこで飲みたい。」

へー:
「飲むとって感じになるけど、それでもいいの。」

原ちゃん:
「全然いい!やっぱり飲みたいからね……。」

へー:
「……。へ~。」

 

 

原ちゃん:
「なぜ三丁目?」

へー:
「前住んでいて土地勘があるので、リードできるから。」

その後、新宿二丁目のオカマバーの話でかなり盛り上がる。(詳しくは動画をみてね★)

 

Live.meでは、視聴者の方から沢山の”いいね”を送っていただけたり、スタンプなどもいただける

今回は花束をもらったり。

 

テディベアをいただいた。

これくるとテンションあがる。

 

■初デートで相手のどこに注目する?

原ちゃん:
食べ方・清潔感・紳士っぽさくちゃらーとか凄い嫌だ。あとはシャツがシワシワとかも凄い嫌。あとはデートの時に歩道にさりげなく寄せてくれるような紳士っぽさがあるといい。」

へー:
「えー、右折左折でかわっちゃいません?」

原ちゃん:
「そこを、腰をもってエスコートしてくれるとかがいい。」

へー:
「え、いきなり腰っていいの?」

原ちゃん:
「さりげなくだったらキュンとする。」

へー:
「……。勉強になります。」

 

 

へー:
「私はネイルですね。褒めやすいし、美容に気を使っている感じがある。」

原ちゃん:
「えー!!意外。」

コメントでは結構ネイルに関しては否定的な意見が多い。

  • 小銭拾えない
  • 米が洗えない
  • 林檎むけない
  • 家事ができない
  • 汚い
  • 臭そう

内容がもっと気になった方はこちらを見てね★

 

おわりに。

私たちがオンラインデーティングであるカップリンクを世にだして数年がたつ。

”出会い系サイト”なんて言葉が一昔前に言われ、知らない人と話すことを警戒するような世の中の流れがあったけれど、時代は過ぎて、”マッチングアプリ”で幅広い人たちと出会い恋愛をし、結婚をするという習慣が日本にも手着しつつある。

一昔前の交流は、自分のいる場所の近くにいる人だけで終わっていた。結婚も友人関係も。環境に左右される交流は当然、交流をする上で多少の我慢を強いられてきたものだ。価値観の違う人、趣味の違う人との交流にときに大変な思いをした経験は誰しもがあるのではないだろうか。もっと自分らしくいても、自分と気の合う人と付き合えたら、どんなに楽しいだろうか。

マッチングアプリは、全世界の中から、自分とより合った人を探し、交流する事ができる。

環境に左右されない、自分で選ぶ人間関係なのだ。

欧米では3人に1人の割合で、オンライン上での出会いから結婚に至っているという。自分と同じ趣味をもち、同じ感性をもち、同じものに共感できる……そんな友人や恋人をみつけて自分を隠さない、自分らしい人生を多くの方にお届けしたい。

 

さっそくマッチングしにいこう!

 

  • 【恋愛コラム】ギャップがヤバイ! つき合ってみてわかったカップルの理想と現実の違い
    恋人

    【恋愛コラム】ギャップがヤバイ! つき合ってみてわかったカップルの理想と現実の違い

    schedule2018.08.09

  • クリスマスまでに彼氏がほしい……! ひとりぼっち女から卒業したいならこの3ステップを実行せよ
    恋人

    クリスマスまでに彼氏がほしい……! ひとりぼっち女から卒業したいならこの3ステップを実行せよ

    schedule2017.11.25

  • 話題の可愛い犬画像&動画を紹介! 可愛い名前や犬種ランキングも!
    恋人

    話題の可愛い犬画像&動画を紹介! 可愛い名前や犬種ランキングも!

    schedule2019.07.12