Powered by mavhicon japan
menu
seach

「相手に尽くしたい」気持ちが強いです。相手を思いやり歩み寄れる関係になれたら(男性/神奈川県)

「相手に尽くしたい」気持ちが強いです。相手を思いやり歩み寄れる関係になれたら(男性/神奈川県)

記事から始まる出会い「シングルインタビュー」

シングルインタビュー

記事の最後にメッセージを送ることができるボタンがあります。(送信できるのは18歳以上のみ)

また、記事の内容は取材当時のもので、現在は状況が異なる場合がございます。

インタビューで人柄を紹介する、「シングルインタビュー」

外出自粛の影響が大きいですが、こういった時こそ、記事を通じて普段出会いない方との出会いやつながりが広がれば嬉しいです。

1. プロフィール

【名前】 Y.Uさん

【年齢】 37歳(取材当時)

【性別】 男性

【職業】 技術職(自動車関連)

【出身】 神奈川県

【住まい】 神奈川県

【趣味や好きなこと】ジョギング(マラソン)、ドライブ、読書・音楽鑑賞(J-POP,クラシック)・美術館巡り

2. インタビュー

ーまずはY.Uさんがどのような方か知るために、プライベートについておしえてください。 明日はちょうど休日ですが、何をされる予定でしょうか?
天気が良ければジョギング、雨ならフィットネスジムでトレーニングをする予定です。私の趣味はマラソンで、毎回10km~15kmをゆっくり走ります。

ーとてもアクティブですね。ジョギングを好きになったきっかけがあれば伺いたいです。
きっかけはダイエットです。10年ほど前、体重が100kg以上ある時期があり「このままの体型では将来体が自由に動かせなくなる」と不安を感じました。そこでジョギングと筋力トレーニングを行った結果、今では体重は60kg前半にまで落とせています。

2019年横浜マラソンの完走メダルと時計

ー40kg以上もの減量に成功されたのですね。結果的に運動が習慣化されたのでしょうか
はい、今では1つの趣味となりました。気分もリフレッシュできて、仕事やプライベートのストレスも解消できるので継続的に行っています。食べることが好きなので、たまに少しだけ太ってしまうときもありますけどね。(笑)

ージョギング以外に趣味はありますか?
ドライブです。もともと車に触れることがとても好きで、現在も自動車開発の技術者として仕事をしています。

最近コロナウイルス感染症拡大の影響でできていませんが、以前は湘南や箱根の他に首都高速道路などをよくドライブしていました。「自動車」を仕事にしていることもあり、安全運転なのでドライブデートの際もしっかりとエスコートできると思います!

ー「音楽も好き」と伺っていましたが、やはりドライブ中にもBGMを流して楽しまれるのでしょうか?
いえ、1人でドライブをするときは基本的に音楽を流しません。風景などを楽しみながら、車から聞こえる音を聞きたいんです。もちろん誰かとドライブするときは、ラジオをつけながら音楽を流し気分転換を行うこともありますよ。

ご自宅で撮影していただいたY.Uさんの愛車

自分の気持ちに従って決断し行動できるのは自分の強み

ージョギングやドライブが趣味とのことですが、幼少期から活発的なお子さんでしたか?
そうかもしれません。幼少期はさまざまなことに挑戦した時期でした。親から勧められたことや、自分から「やりたい」と言って始めたことなどさまざまです。特に印象に残っているのは、役者を目指したことですね。

ー役者は自分から「なりたい」と言って目指されたのですか?
きっかけは親がオーディションに応募したことでしたが、挑戦しているうちに「もっと自分で上手にできたら面白い」と思えるようになりました。

負けず嫌いな性格なこともあり、自分で研究しながらオーディションに臨んでいました。最終的には劇団に入りながら演劇をやり、テレビドラマや舞台にも上がらせてもらいました。

ー小学生ながら結果も出されていて素晴らしいです! 自分が好きなことは「他の人に負けたくない」気持ちが強いのかもしれませんね。
そうだと思います。勉強が好きだったので、学校の成績を他の人と競っていました。ただ、社会人になってからは、他の人と調和がとれる人になりたいと思って日々注意しています。争ってばっかりでは、だめですからね。

ー中高生時代はどのような学生生活を送られましたか?
勉強に追いつけずに葛藤していた頃がありましたね。同時に「将来自分はなにをしたいのか?」と迷っていた時期でもあります。「自分の好きなことって何だったっけ?」と考えまして。

ー中学生の頃から将来を見据えていらしたのですね。
はい。自分のなかでは自動車レースのドライバー、政治家、自動車技術者の3つの選択肢がありました。最終的に選んだのが今の仕事でもある自動車技術者です。

そのため高校は工業高校に進学し実務を勉強しました。高校卒業後に就職しましたが、さらに技術関連の勉強をしたかったので働きながら夜間は大学に通っていました。

Y.Uさんの愛車のカギ

ー自分の将来を描けず悩む人も多い中、Y.Uさんは自身の気持ちを貫き進路を決定できる方なのだと思いました。
他の方とは違った進路の選び方かもしれませんが、自分の気持ちに従って決断し行動できるのは自分の強みですし自慢できるポイントだと思います。実際に今も好きな仕事に就けていますから。

「人に尽くしたい」気持ちが強いので、楽しんで笑ってもらえたら嬉しい

ーご自身の性格を「目立ちたがり屋」と教えていただきましたが、盛り上げるのが好きなタイプなのですか?
自分のなかでは周りを盛り上げたいという気持ちが強く、実際に場を明るくできるように振る舞っています。周囲からも同じように場を盛り上げるタイプだと言われることもあります。

ー自他ともに認めるムードメーカーですね!
たまに面倒だと言われることもありますよ(笑) 。でも、目立ったもの勝ちなので面倒に思われても良いと思っています。

一部の人に気に入られなかったとしても、それより多くの方々に喜んで頂けるのならば、それでいいです。「人に尽くしたい」気持ちが強いので、楽しんで笑ってもらえたらとても嬉しいです。

ご友人に撮影いただいたという素敵な一枚

ー恋愛においても尽くしたい気持ちは強いですか?
そうですね。でも尽くしたい気持ちが強すぎて相手に負担になるのは避けたいと思っています。ちょうど良いバランスで貢献できるのがベストです。

ー恋人と一緒に暮らされることがあっても、パートナーの方を一生懸命支えられている光景が思い浮かびます。
一緒に暮らす場合は、家事も率先して行うと思います。女性だけに任せず分担するのが、相手に対しての誠意ではないでしょうか。

ーパートナーが家事をするのが苦手な場合でも大丈夫でしょうか?
問題ないです。「不得意なことは得意な人がカバーする」こともありだと思います。苦手であれば、これからやっていけば良い。

どうしても難しい場合は、自分が引き受けるのも1つの選択肢です。お互いの得意、不得意を理解しシェアできる関係が良いなと思います。

相手を理解しお互いに歩み寄れるのが理想の関係

ー最後にお付き合いしていたのはいつですか?
昨年の秋ごろから月に1回ペースでお会いしている女性がいました。ですが、コロナウイルス感染症拡大の影響で会えなくなり、自然消滅してしまいましたね。

ー次に付き合うなら、どのような女性が良いでしょうか?
相手の話をきちんと聞きながら、お互いを受けとめ会える関係を築ける人が良いです。自分の考えを押し付けずに、お互いに言葉のキャッチボールをしながら歩み寄れる人だと嬉しいですね。「相手に敬意を払える人であってほしい」という思いもあります。

自分も人と接するときは相手のことをちゃんと思える人間でありたいと考えています。失礼なことがあれば、素直に謝れる人でありたいです。恋人も同じように相手を考えて行動できる方が嬉しいですが、価値観を押し付けるのも良くないのでバランスを見て良い関係を築きたいですね。

ー相手を「思いやる」「理解する」といった価値観を大切にされているような印象を受けますが、大事にしようと思ったきっかけはありますか?
以前にメッセージのやり取りをしていて、プライドの高い女性がいたんです。世の中のあらゆることに対して「これはだめ」「あれはだめ」とネガティブな言葉の使い方をする方でした。個人的には彼女の姿勢や性格が自分とは合わないと感じてしまい、お互いに歩み寄り思い合える仲が良いと思いました。

ー結婚相手も同じように、相手を思える女性が理想ですか?
そうですね。「付き合う」と「結婚」は重みが違うので、なおさらお互いの歩み寄りが大切かなと思っています。喧嘩をしてしまったときでも、落ち着いて話し合い解決できる仲が良いです。

現在37歳(取材当時)ですので、40歳までにはこのような素敵な女性と良いご縁を頂戴して結婚できたら良いなと思っています。ただ、ご縁はどこにあるのか分からないのでタイミング次第ですね。

ー「こういう自分でありたい」といったこだわりはありますか?
物事に対して柔軟でありたいです。私が20代のころは「物事はこうあるべき」といった頑固な考え方をもっていました。でも世の中は変わってきています。30代になって考えてみると、2~3年前に常識だったことが今では非常識になっていることも珍しくありません。

個性や軸となる根本の考え方は変えてはいませんが、枝葉となる部分は柔軟に考えないと何事も上手に対応できず、相手の人となりも受け入れられなくなると思います。時代に合っている考え方をすることが、今の人々に求められているのではないでしょうか。

ー視野を狭めず時代の流れに順応できることは、大人だからこそ大事かもしれませんね。最後にこの記事の読者に向けてメッセージをお願いします。
インタビューの内容を拝見すると、私は古風で固い人に思われるかもしれません。でも本当は「人を楽しませたい」という想いを根本にもっています。

実際に打ち解けると「この人こんな人だったんだ」とポジティブな発見をしてもらえると思います。多少は面倒な部分もあるかもしれませんが、ぜひ興味をもっていただけたら嬉しいです。相手のことを想い尽くせる人間だと思っているますので、素敵なご縁が紡がれることを切に願っています。

3. 取材を終えてみて

中学生から将来の選択肢を見つめ直し、自分の「好き」である自動車技術者として活躍するY.Uさん。「人に尽くしたい」といった底知れぬ優しさは、言動や温厚な話し方からも感じられ、温かい恋人像さえ想像できます。

一方で人を楽しませるのが好きなムードメーカーな一面には、打ち解けられたからこそ見つけられる素敵なギャップかもしれません。

お互いを理解し歩み寄れるような恋人生活を送りたい方は、ぜひ一度お話してみてはいかがでしょうか。Y.Uさんの落ち着きのある優しい性格には、他の男性にはない居心地の良さを感じるはずです。

  • 恋活・恋愛

    仕事もプライベートも相手を想い、向き合って接する。(女性/北海道)

    schedule2020.08.03

  • 恋活・恋愛

    【メッセージ受付終了】目標に向かって努力を重ねる毎日。一緒に高めあえる相手が理想。(女性/大阪府)

    schedule2020.08.22

  • 恋活・恋愛

    【パートナー募集】相手に合わせたいから。あえて自分は何も持たない。(男性/静岡県)

    schedule2020.04.19