Powered by mavhicon japan
menu
seach

コロナ禍で婚活アプリを駆使して出会いを増やすコツ! コロナ禍の変化をうまく利用しよう!

コロナ禍で婚活アプリを駆使して出会いを増やすコツ! コロナ禍の変化をうまく利用しよう!

withコロナ時代で変わる新しい結婚・婚活のカタチ

おうち時間 オンライン 出会い

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、気軽に外出することができなくなってしまいました。そんな中、株式会社LeoClieが男女111人に対して行った「コロナ自粛中にマッチングアプリを使う機会は増えましたか?」というアンケート調査によると、コロナ禍でマッチングアプリを使う機会が増えた人が75%を超えたことがわかりました。

今までのように人とコミュニケーションをとることができない状況で、人恋しさを覚える人が増えているよう。

そこで本記事では、婚活や街コンでの出会いが遮断されてしまったコロナ禍だからこそ実践したい、婚活アプリを駆使して出会いを増やすコツについて紹介していきます。

参考文献:【恋活/婚活に変化】コロナ自粛でマッチングアプリ利用率が7割増!|株式会社LeoClieのプレスリリース

1. コロナ禍で出会いを増やすコツ

単純に出会いを「増やす」だけなら、婚活アプリに登録して数を撃つだけです。でもコロナ禍で、恋愛や結婚に対する価値観がたった数ヶ月の間にガラリと変わったと言われています。

恋愛・婚活マッチングアプリ「Pairs」を運営する株式会社エウレカが20〜39歳の未婚男女200人にコロナ禍前後の恋愛観の変化について調査したところ、全体の18%が「変わった」と回答し、経済的な安定性(収入や職業など)だけでなく、「価値観の一致」も重視するようになったとあります。

この背景には、外出自粛期間中に在宅勤務の普及が進み、夫婦やカップルが共に過ごす時間が増えたことが影響していると考えられます。

参考文献:コロナ禍の婚活アプリ、“相手を絞る”が恋の近道? 数撃つとリスク増、「本音で話せる人を」と識者ら提言 – ITmedia NEWS

数撃つのは逆効果!?

もしアンケートに回答した人たちのように、恋愛・結婚の価値観が変化したことを感じていたり、性格や価値観を重視するようになったのならば、数を撃って出会いを「増やす」のはあまりおすすめできません。

まずは自分自身が出会いに対して、

どんな価値観を持っているのか
相手に対して譲れない条件はあるのか
どんなこと・ものが共有できる人を求めているのか

などを考えてみましょう。

ただし、

婚活アプリの使用が初めて
そもそも婚活自体が初めて
自分が相手に何を求めているか分からない

という人は、数を撃ってみてもいいかもしれません。

数を撃って得られた出会いで、自分が「いいかも」と思える人、「この人はちょっと……」と思う人がどんな人なのか分かってくるからです。

婚活アプリを使えば手軽に多くの人と出会うことができますから、出会いを「増やす」のは簡単です。でも、気の合う人と確実に出会いたい場合には、数を撃つのではなく、条件を絞って相手を探すことをおすすめします。

アプリの目的を要チェック

世の中にはさまざまな婚活アプリが登場しています。そのため、数の多さに「どのアプリを使えばいいか分からない」と戸惑う人もいるかもしれません。

ですが街コンなどでの出会いが一般的に認知され、婚活アプリ市場が成長している今、「恋愛未満の気軽な出会いから始めるもの」や「結婚を前提に真剣に出会いを探すもの」など細やかなニーズに応じたアプリが登場しています。

アプリの目的をチェックすれば、自分に合ったアプリが見つかるはずです。まずは自分の価値観を確認し、その価値観に合う出会いが得られるようなアプリを探しましょう。そうすれば、婚活アプリを駆使した出会いをスムーズに始めることができます。

直接会えないからこそ「本音」が大事!?

婚活アプリで気になる人が見つかったとしても、新型コロナウイルスが収束するまでは直接会うのは難しいかもしれません。だからこそ、長い間オンラインでやりとりした後、ようやく会えた時に幻滅してしまうのはお互いに避けたいところ。

そこで、オンライン上でやりとりするからこそ「本音」を大事にして行動しましょう。

オンライン上であっても、細やかな気遣いや身だしなみに気をつけるなどは大事なことです。でも相手によく思われようと意識しすぎたり、一般受けを狙いすぎたりすると、上辺だけのコミュニケーションになってしまうことも。

自分の考えや気持ちを、正直に、素直に、伝えることを意識してください。このことはコロナ禍でなくとも意識したいものですが、直接会えないからこそ、よりしっかり意識してみてください。

2. オンラインデートで意識したいこと

「本音」を心がけ、素直な自分をさらけ出すことは大切ですが、肩の力を抜きすぎて生活感を出しすぎるのは要注意。

オンラインデートを楽しむ際は、画面に映り込む部屋の様子が綺麗かどうか、カメラワークを確認してどんな風に映るのか、どんなものが映り込むのか、事前にチェックすることをおすすめします。

それからオンラインデートを楽しむためにも、ネット回線のチェックは必須。

音声通話と比べてビデオ通話の通信量は大きいため、通信制限のかからないWi-Fiなどを利用して、「途中で回線が途切れて楽しめなかった……」なんてことがないようにしましょう。

オンラインデートの話題が「コロナの話題」になったら意識したいこと

コロナ禍の今、どうしても話題が「コロナの話題」になりがちです。確かに、コロナ禍でどんな風に過ごしていたのか、どんな思いでいるのか、などは話題にしやすく、相手の価値観を知るためには聞いてみたい話題でもあります。

ただ、「コロナの話題」になったら、マイナス面ばかり話さないように意識しましょう。

もちろんマイナス面の話題によってお互いに盛り上がるのであれば、絶対にNGとは言いません。でもポジティブな話題のほうがやっぱり盛り上がるもの。無理やりポジティブな話題につなげる必要もありませんが、ネガティブな発言を繰り返してしまうと相手の気持ちが滅入ってしまうことも。

またコロナ禍での考え方は人それぞれ違いますから、自分と異なる意見を言われたときには真っ向から否定するのではなく、「そういう考え方もあるんだ」と捉えるようにしましょう。

3. コロナ禍だからこそのメリットも

マッチングアプリでひどい目に合わないために! 3つの対策方法

オンライン上での出会いに慎重な人や人見知りな人などにとっては、直接会うことができない今の状況は、慎重に相手との距離を詰めていくことができるので安心できます。

外に出かけにくくなったのはコロナ禍のデメリットといえますが、相手のことをよく知る時間が増えた、と捉えるとメリットにも感じられます。相手の趣味や好きな話題について調べるゆとりができれば、オンライン上にはなるものの、より深く相手のことを知ることができます。

また直接会えない分、出会いに対して自然と慎重になるのもメリットといえます。

残念ながら、婚活アプリユーザーの中に既婚者や恋人がいる人、アプリの目的とは異なる出会いを求めている人もいます。

ですが直接会えないからこそ、「この人はどうなんだろう?」と思った時、相手をしっかり見るゆとりがあるはず。「この人は本当に未婚なのかな?」「この人は結婚したいと思ってくれているのかな?」など、ちょっとした不安や疑問を敏感に感じられるのは今だからこそかもしれません。

4. まとめ

新型コロナウイルスが収束するまでは「リアルな出会い<オンライン上の出会い」がメジャーになることが考えられます。ご紹介した出会いを増やすコツは、決してコロナ禍に限定されたものではありませんが、コロナ禍でも素敵な人と出会うための参考になると幸いです。

  • 【婚活ブログ】【婚活漫画】アラサー街コン物語・第6話「出発!」
    婚活・結婚

    【婚活漫画】アラサー街コン物語・第6話「出発!」

    schedule2017.06.19

  • 【婚活ブログ】【婚活マンガ】その女、意識低い系につき婚活迷走中・考えすぎないこと。気にしすぎないこと。
    婚活・結婚

    【婚活マンガ】その女、意識低い系につき婚活迷走中・「考えすぎないこと。気にしすぎないこと。」

    schedule2017.08.29

  • 婚活アプリで出会いたいなら写真が命! 男ウケのいいモテ写真テクニックをご紹介
    婚活・結婚

    婚活アプリで出会いたいなら写真が命! 男ウケのいいモテ写真テクニックをご紹介

    schedule2019.10.21