Powered by mavhicon japan
menu
seach

近くの図書館に行こう! 東京都内でおすすめの図書館をご紹介

近くの図書館に行こう! 東京都内でおすすめの図書館をご紹介

出会い 友達

最近、図書館に行きましたか?子どもの頃は学校で本を読む機会があったり、家族で一緒に行ったりと図書館に足を運ぶことはちょくちょくあったかもしれませんが、大人になると全く行かなくなる人も少なくありません。

図書館は本がたくさん置いてあるのはもちろん、カフェやレストランが隣接しているなどバラエティに富んだ施設もたくさんあります。

そこで今回は、東京都内でおすすめの図書館についてご紹介します。一人でゆっくり本を読むのも良いですし、デートにも使えるスポットですよ。

1. 図書館は魅力がいっぱい!

「なんかヒマだな」「どこかお出かけしたいな」と思った時は、近くの図書館に行ってみましょう。図書館には多くの魅力があるので、活用しないなんてもったいないですよ!

本がタダで読める

当然と言えば当然なのですが、図書館に行けば本が無料で読めます。

最新のファッション誌や単行本なども置いてあるので、わざわざ買ってまで読みたくないけれど、内容が気になるという時はぜひ図書館を活用するのがおすすめです。

図書館によってはまとめて10冊くらい借りることもできますが、これを全て購入したら結構な出費です。仮に一冊1,500円だとすると、10冊で15,000円ですね。

その中で本当に「買って良かった」と思える本が何冊あるのかは実際のところ分かりません。その点、図書館であればお金を使わずに、読みたい本が読めます。

本の種類も数も多い

図書館の良いところはただ本が多いだけでなく、ジャンルも豊富だということです。政治経済や法律、宗教、建築、化学、芸術、音楽など、ありとあらゆる本が並んでいます。

すでに絶版となっていたり、書店では手に入らないような貴重な文献もあったりするので、本好きにとってはたまらない場所と言えるでしょう。

雑誌や新聞といったものもあるので、最近のニュースやトレンドを知りたい時にも活用できますね。

本を読む方にはよくあることですが、読みたい本があっても発行部数が少なくて手に入らなかったり、価格が高すぎで買えなかったりすることがあります。

そんな本でも大きめの図書館に行けば見つかる場合もあるので、行ってみる価値はありますね。
また図書館では、興味のない本も気軽に見られます。

自分の興味や関心を広げるのは意外にも難しいことですが、図書館に行けば様々なジャンルの本が並んでいるので、表紙を見て気になったらパッと開けます。

本の種類が多く、冊数も豊富という点には多くのメリットがあるものです。

CDやDVDの貸し出しもしている

本だけでなく、CDやDVDの貸し出しをしている図書館もあります。

そうは言っても「結局、演歌とか昔の曲やDVDしかないんでしょ?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

CDで言えばJ-POPや邦楽などが揃っていて、DVDも映画で人気のあった作品を貸し出している場合があります。

どんな作品を取り扱っているかは各図書館にもよるので、気になる方は近くの図書館で様子を見てみると良いでしょう。

自分の好きなアーティストのCDや見たかった映画があればラッキーですからね。

パソコンが使える

図書館には、パソコンを使用できるエリアが設けられています。夏場などは涼しい中で作業ができる上、静かな環境なので読書や勉強も捗るでしょう。

お仕事をしている人であっても、調べものがしやすい環境が整っているので、使わない手はないですね。パソコンは電源席もあって、予約次第では継続して使うこともできます。

パソコンを持っていなくても、図書館に設置されている場合があるので、ネット検索などを図書館で行うのも良いでしょう。

近くの図書館にない本も借りられる

図書館には独自のネットワークがあるため、近くの図書館に在庫がなくても借りることができます。

特に高価な本や部数の少ない本だと、全ての図書館に置いていないことも多くあります。研究者や一部の職種の人しか見ないような、専門性の高い、マイナーな本などがそうでしょう。

もちろんネット通販のようなスピードで取り寄せることは難しいですが、図書館に在庫があって、時間に余裕もあるのであれば利用するのがおすすめです。

とりあえず「あの本が読みたいな」と思ったら、近くの図書館に出向いてみましょう。

リクエストに応えてくれる

図書館のすごいところは、読みたい本のリクエストにも応えてくれる点です。

大勢から人気のあるメジャーな本であればリクエストせずとも置いてくれるのですが、マイナーな本は置いていないことがあります。

そんな時は、図書館に「この本を買ってください」とリクエスト出せば買ってくれます。当然全てのリクエストが通るわけではありませんが、新刊を含めて購入してもらえる可能性はあります。

リクエストから購入まで少し時間はかかりますが、無料で読めると考えればありがたいシステムです。

2. 東京の近くの図書館

図書館は全国各地にありますが、ここでは東京都内でおすすめの図書館をご紹介します。各図書館によって特色があり、外観もキレイなことがあるのでぜひ訪れてみましょう。

東京都立図書館

東京都立図書館は、1908年に開館した東京市立日比谷図書館をきっかけに誕生しました。

現在は中央図書館、多摩図書館の2館により構成されており、国内の公立図書館ではトップレベルの豊富な資料と、使いやすさから信頼を得ています。

学術的な研究資料から日々の生活に役立つ情報までを網羅しており、資料の貸し出しなど2館が連携してサービスを行っています。

中央図書館

都立図書館の一つであり、港区南麻布に施設を構える中央図書館は、1973年に都立日比谷図書館の蔵書を引き継いで開館されました。

蔵書数は国内の公立図書館では最大級の約202万冊を誇り、このうちに約35万冊を自由閲覧できる様式で貸し出しています。来館に年齢制限はなく、誰でも自由に入館できます。

多摩図書館

国分寺市泉町にある都立多摩図書館は、西国分寺駅南口から徒歩7分の距離に位置します。

館内には雑誌や週刊誌、学術雑誌の検索に便利な「東京マガジンバンク」があり、所蔵タイトルは18,000誌に及びます。公立図書館としては、初の雑誌の特性を活かしたサービスです。

もう一つ、多摩図書館では都内の子どもの読書活動を推進する「児童・青少年資料サービス」も行っています。

乳幼児から高校生まで楽しめる本を用意して、子どもや青少年の読書を支援しているのです。子どもの読書の相談にも乗ってくれます。

図書館には約220席が設けられていて入館の年齢制限もないので、誰でも自由に入れます。

国立国会図書館

国立国会図書館の東京本館は、有楽町線・永田町駅から徒歩5分、千代田線と丸の内線・国会議事堂前駅から徒歩12分のところにあります。

今では絶版となった書物を含めて、国内で発行された全ての蔵書が収集・保管されている国会に属する唯一の国立図書館です。

国立国会図書館には本館と新館があり、他に京都府相楽郡精華町にある関西館と、東京都立上野恩賜公園に設置された国際子ども図書館も、国立国会図書館の設備です。

東京本館には、あらゆるジャンルの本が揃っていて、ここに来れば何かう読みたい本が見つかると言えるでしょう。

館内にはおしゃれで近代的な空間が広がっています。新館は本館の北側に設置されているので、訪れた際は合わせて覗いてみたいですね。

国際子ども図書館は、国内で初めての児童書専門図書館です。日本の絵本などはほぼ収容されており、世界の児童書も数多く収められています。

古典的な雰囲気のレンガ棟には、小さい子でも大乗なように休憩や飲食スペースがあり、読み聞かせできる子どもの部屋も完備されています。

「世界を知る部屋」は、世界の国や地域の歴史や民族の絵本のある、子どもがワクワクするような優しい内容で書かれた本が並ぶ部屋です。

日比谷図書文化館

日比谷図書文化館は、都会の緑に囲まれた中にある、三角の形が特徴の建物です。

複合施設である建物には、図書館と歴史や文化が学べるミュージアム、各種講座が開催されるカレッジが入っています。

千代田区の歴史や文化財、明治大正期の書物もあるので、貴重な資料に触れることができるでしょう。

カフェとレストランも併設されていて、本を読んで、飲み物を飲んでゆっくり過ごせる場所です。

北区立中央図書館

東京都北区にある北区立中央図書館は、赤レンガ図書館とも呼ばれている施設。

利用者の使い心地を大事にした図書館は、開放的な天井や自然光が差し込む席など、長く本を読むのに適した環境となっています。

ユニバーサルデザインを採用した空間は、段差のないフロアや車いすでも利用しやすい構造など、全ての人にやさしい設計です。

蔵書は40万冊以上あり、DVDの貸し出し、無線LANによるインターネット利用もできます。

一階の「北区の部屋」には、北区の資料や古写真・古地図が所蔵されており、初心者にも北区のことを理解してもらいやすいように毎月テーマ展示も行われていますよ。

武蔵野プレイス

武蔵野市境南町にある武蔵野プレイスは、図書館に市民活動や青少年活動、生涯学習支援の機能が加わった複合施設です。

JR中央線・西武多摩川線「武蔵境駅」から徒歩1分の距離にあります。武蔵野プレイスは、館内にカフェが併設され、雑誌の持ち込みも自由な滞在型の図書館。

コーヒーやスイーツの提供はもちろん、夜はアルコールの提供もしているなど、昼から夜まで楽しめる空間です。

図書館というとシーンとしたイメージがありますが、武蔵野プレイスは少し会話が聞こえるような、静かすぎない雰囲気をしています。友達同士でも親子でも、気軽に利用しやすい図書館です。

江東区立豊洲図書館

平成元年5月に区内で7番目に開館されたのが、江東区立豊洲図書館です。東京メトロ有楽町線・豊洲駅7番出口から徒歩1分、 新交通ゆりかもめ・豊洲駅の改札フロアからは直結で行けます。

都会にいながら里山がイメージされたテラスは、開放感があり、緑を身近に感じる空間です。眺望の良い大きなガラス壁面など、他の図書館とは一味違った魅力があります。

CD、DVDの貸し出しや視聴コーナーもあるので、本を読みながら息抜きで利用するのも良いですね。

仲町図書館

東京都小平市にある仲町図書館は、公民館と一緒になった複合施設「なかまちテラス」内にあります。

仲町図書館は1975年に開館されましたが、2015年3月に「人と情報の出会いの場」をコンセプトにリニューアルされました。

建物は世界的な建築家である妹島和世が設計しています。施設内にはカフェラウンジがあるので、本を読み疲れたら一息つくのもいいでしょう。

パソコン用電源席や公衆無線LANを利用して、調べものもできる環境です。

3. 近くの図書館を探すのに便利なサイト

中にはご紹介した東京都内の図書館が、「遠くてちょっと行けない」という方もいるでしょう。
そんな方は日本最大の図書館検索である「カーリル」を活用しましょう。

全国7,200以上の図書館やAmazonと連携した検索システム

図書館マップからは、全国7,200以上の図書館から近くの図書館を探すことができます。

北海道から沖縄までの公共図書館や大学図書館、専門図書館が網羅されているので、近い図書館はもちろん用途に合った図書館を見つけられるでしょう。

カーリルは一度の検索で、複数の図書館の蔵書とAmazonなどのデータベースを、同時に検索できます。

相互貸し出し可能な図書館を同時に検索できることで、読みたかった本を取りこぼす心配もなくなりました。

Amazonなどのデータベースとの連携は、直接本の貸し出しとは無関係ですが、図書館に目当ての本がなくても本の情報を確認できる点がメリットです。

「とりあえずどんな本か知りたい」という時にもカーリルは役立つでしょう。

今話題の本と特定の本が探しやすい

カーリルでは特定の本を検索したり、話題の本を見たりもできます。今みんなが読んでいる本を知ることもできるうえ、しかも貸出状況も表示してくれます。

「作家リスト」からは好きな作家や注目の作家をピンポイントで検索できるため、気になる作家がいる時には便利です。

知らない作家でも、検索しているうちに興味が湧いてくることもあります。

部屋で暇な時に眺めているだけでも楽しいサイトは、何か面白そうな本ないかな」という場合にも、ぜひ活用してみると良いでしょう。

4. おわりに

図書館には多数のジャンルの本が揃っており、無料で読むことも借りることもできます。

無線LANが完備されている施設ではパソコンも利用できるため、紙の資料と合わせて、調べものがしやすいでしょう。

近年の図書館は、カフェなどを併設して利用者の使い勝手を追求した施設が増えてきました。

長時間滞在を目的としている図書館もあり、一人で行っても、友人と行っても楽しい時間が過ごせます。

もし近くの図書館が分からない時には、図書館検索「カーリル」も活用してみてください。

  • ライフスタイル

    無料で学べる! おすすめのオンライン学習サービスをご紹介

    schedule2020.06.01

  • ライフスタイル

    オンラインサークルとは? 参加方法や楽しみ方をご紹介!

    schedule2020.06.21

  • ライフスタイル

    話題のremo! 他のチャットツールとは何が違うの? 魅力と使い方、楽しみ方をご紹介

    schedule2020.05.31