ボルダリングコン街コンタイトル

 

 

 

カラフル水玉

 

 

 

ボルダリングコン in ズットン平和が丘

 

 

 

今や関東で人気No.1イベントボルダリングコン

ついに名古屋へ上陸

 

 

 

11131124_5282e2f9eb918 (1)

 

 

 

【この時期うれしい屋内イベント!ボルダリングコン】

 

 

 

今、女性誌やテレビなど、

メディアで話題沸騰中の『ボルダリング』『スポコン』でお馴染み

『ベストパートナー』がタッグを組んで、最高の出会いを提供します

 

 

 

DSC_1562

 

 

 

ズットン平和が丘店を完全貸切♪♪

 

 

 

参加者の7割以上がお1人での参加です。

(女性の1人参加も多数)

ボルダリング未経験者から経験者まで、

どんなレベルの方でもお楽しみいただけます。

(女性の未経験者1人参加も十分にお楽しみいただけます)

 

 

 

ルールが分からなくても安心

 

施設スタッフによる基礎・基本講習を実施いたします。

(ボルダリングに興味があり、どのようなスポーツか知りたいあなたにもオススメ)

専属のMCがボルダリング初体験の方にも親切・丁寧に楽しく進行します。

出会いが目的で、ボルダリングは遊び感覚の内容となっております。

 

 

 

04151629_534cdfeb32642 (1)

 

 

 

イベント参加者限定

 

初回登録料(2,000円)が無料になります。

施設をお気に入りいただきましたら、

2回目以降、個人的に利用する際は、施設利用料のみでご利用頂けます。

 

 

 

街コンタイトル3-2

 

timesche

 

8:30~8:45
 受付

9:00
 イベント開始

9:00~10:00
 イベント説明、自己紹介タイム

10:00~10:10
 諸注意説明、コーチによる準備運動

10:10~11:40
 男女グループに編成後、楽しくボルダリング

11:40~12:00
 フリータイム

12:00
 イベント終了

 

時間は目安です。終了時間は多少前後します。

イベント終了後はお互いに声をかけ合って、一緒に帰るもよし、

ご飯?飲みに?とりあえず連絡先交換!ご自由にお過ごしください。

弊社のイベントでは、グループにてスポーツを楽しむプログラムですから、

仲良く2次会をお過ごしいただいていると聞いております。

 

insyokunituite

 

飲食の提供はございません。
飲料は各自でご準備ください。
同じ趣味の方がたくさん集まりますので、イベント終了後に新しい仲間と・・・

 

uketsukejikan

 

8:30~8:45

 

uketsukebasho

 

ズットン平和が丘店 フロント周辺

受付時に店舗への利用登録をお願いしております。

登録に5分程度かかりますので、あらかじめご了承ください。

 

kaisaibasho

 

ズットン 平和が丘店

愛知県名古屋市名東区平和が丘2丁目219

 

accesu

 

電車でお越しの方
地下鉄東山線「一社駅」から徒歩約15分

 

chusyajou

 

お車でお越しの方
東名高速道路を「名古屋IC」で下りて約10分

平和が丘店では専用の駐車スペースが15台分のみとなります。
満車となった場合、近隣のコインパーキングをご利用ください。
出来るだけ、公共交通機関のご利用をお願い致します。

 

fukusounituite

 

動きやすい服装(Tシャツ、短パン、ジャージ等)をお持ちください。

ジーンズやタイトなズボンなどはひざを上げるときに、

引っかかるのでお薦めしません。

 

shuzu

 

ボルダリング専用シューズが必要となります。

専用シューズをお持ちでない方は、シューズレンタル(420円)が可能です。

施設フロントにてお申し付けください。

室内履きなど、ボルダリング専用シューズ以外の利用は不可となります。
レンタルシューズをご利用の際は靴下の着用をお願いしております。
数に限りがあるので、サイズが前後する場合がございますが、ご理解ください。

 

kousishitsunituite

 

男女別の更衣室ございます。
お着替えをお考えの方は、早めにお越しください。

 

kichohin

 

貴重品ロッカーがございます。ロッカーには、数に限りがございます。
ボルダリング場内にも荷物を置く事ができますので、自己管理をお願いいたします。

 

saisyousaikou

 

男性:6名
女性:6名

 

utennjinituite

 

イベントは屋内施設にて開催いたします。
天候に関係なくイベントは開催いたします。
また、大きく天候が崩れる予報が出た際の営業対応も
施設には確認しておりますのでいかなる場合も中止はございません。

交通機関の遅延等考慮いたしませんので参加者様各自が、
ご注意いただきまして早めに家を出る等の対策をお願いいたします。

 

chuuijikou

 

・イベント開催日当日の受付時にご本人確認とご年齢確認として、
 免許証等公的な写真付ご本人確認書類の提示をお願いいたします。
 ※ ご提示を拒否された場合にはイベントへのご参加をお断りいたします

・イベントへのご参加は未成年の方、既婚者の方はご参加いただけません。
 参加条件を満たしていない方のご参加はいただけません。

・下記の事項に該当する方の参加はお断りさせて頂きます。
 また、いかなる事由も認められず、罰金をお支払い頂くことになります。

●同業他社やそれに類似する業者・団体・個人に関連する方
 (個人的な自己都合の参加も含む)
●既婚者の方

 

 

 

b_bould_main

 

 

 

ボルダリングとは

ボルダリングは男女問わずに人気のスポーツです。

自分の体だけで高い壁を登りきったときの達成感は、

他では味わえないものがあります。

ボルダリングとは、ロープやフック等のクライミング専用の道具を使わず、

手と足だけを使って壁を登る最もシンプルなクライミング方法です。

年齢・性別を問わずどなたでも手軽にボルダリングが楽しめます。

また、初心者~上級者向けに設定された難易度のルートが多数ございますので、

自分のレベルに合ったボルダリングを楽しむ事が出来ます。

 

 

気軽に始められる

他のスポーツに比べて、ボルダリングはとても気軽に始めることができます。

ボルダリングジムで必要な道具をレンタルすることができるので、

まず道具を揃える必要がありません。

動きやすい服装ならどんな服装でもボルダリングを楽しむことができます。

この気軽さがボルダリングの大きな魅力といえるでしょう。

 

楽しみながら運動できる

初心者の方でも楽しんで運動することができます。

ボルダリングは力が強い人だけが楽しめるスポーツではなく、

子供も女性も一緒に楽しめるスポーツです。

様々なコースを課題として取り組んでいくことができます。

体だけではなく頭も使うスポーツなので、実はとても奥が深いのです。

人それぞれの楽しみ方があり、誰でも楽しんで続けることができるはずです。

グレードを少しずつ上げていけば、達成感を味わいながら楽しむこともできます。

 

ダイエット効果もある

ボルダリングはとてもフィットネス効果の高いスポーツでもあります。

全身を使ったスポーツなので、ダイエットの効果も期待できます。

普通のスポーツではなかなか鍛えることができない

インナーマッスルも鍛えることができます。

趣味としてボルダリングをしているという女性の方もとても多いです。

 

ストレス発散できる

仕事帰りにジムを訪れる方も多いです。

とにかく頭も体もリフレッシュできるので、

ストレスを感じている方も心から楽しめると思います。

続けていけばどんどん上達を感じることもできます。

良い汗をかくことがストレス発散にもつながるはずです。

 

 

 

b_bravo_main

 

 

 

ボルダリングのマナーとは

ボルダリングのマナーについて紹介しますので、押さえておきましょう。

 

 

登り始める前に

登り始める前に、自分が登るルートの近くに人がいないか確認するようにしましょう。

ぶつかってしまうことで、お互いバランスを崩して転倒し、

怪我をしてしまいかねませんので注意するようにしてください。

先にトライしている方の邪魔になることで

トラブルに発展してしまうことも考えられますので、

ルートが重なる場合には、登り終わるのを待ってから登るようにしてください。

 

登っている人の下に入らない

登っている人がいる場合は、真下にいないようにしましょう。

登っている人は、いつ手や足を滑らせて落ちてくるかわかりません。

お互いに怪我をする可能性がありますので、絶対に登っている人の下には入らず、

安全な場所で待機するようにしてください。

 

順番を守る

できるだけ上手く登れるよう、

同じ壁で練習に集中したい気持ちも分かりますが、それはいけません。

常に周りを見るようにし、

登りたそうな方がいる場合は優しく声を掛けて譲るようにしましょう。

みんなで思いやりや譲り合いの気持ちを持つことで、居心地もよくなり、

楽しみながら登ることができるでしょう。

 

着地をする時には

着地をする時には、必ず足から行うようにしてください。

膝の屈伸を使って衝撃を緩和するように着地しましょう。

また壁の上部から直接マットに飛び降りないようにしてください。

衝撃が大きく危険ということもありますが、マットの傷みの原因にも繋がります。